九州医学技術専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

九州医学技術専門学校は長崎県にある看護・医療系の専門学校です。
九州医学技術専門学校は学校法人に認可されています。

九州医学技術専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系 長崎県長崎市葉山1丁目28-32 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

九州医学技術専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR道ノ尾駅

九州医学技術専門学校の入試情報

学校長推薦:小論文、面接
自己推薦:学力検査、面接
一般入試:学力試験(必須科目)、学力試験(選択科目)、面接

九州医学技術専門学校のオープンキャンパス情報

本校のオープンキャンパスでは、学校の概要や就職、資格、教育内容、入試について職員がご説明いたします。
オープンキャンパスに参加すると学校の雰囲気を味わうことができ、保護者の方や高校1・2年生のご参加も可能になっています。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

臨床検査科|学費:301~400万

概要

臨床検査科の講師は、常勤講師の他にも長崎大学の先生や長崎県内の施設・病院等で活躍されている臨床検査技師の先生方や医師の方が外来講師として、基礎知識から臨床検査技師として必要とされる知識や技術を高めることが出来ます。
また医療現場で求められるさまざまな種類の検査実習も実施しています。
医療の現場で必要とされる検査項目はおよそ2000種越えと言われています。
そうした実情に対応できるように血液型検査をはじめ遺伝子検査などが多岐にわたる実習を実施し、病気発生のメカニズムや、臨床検査において最低限必要な技術、データの解析法などを学べます。
学内での取り組みでは、毎年4月に臨床検査科と医療秘書科との合同で、体力向上と親睦を目的とした一泊二日の宿泊研修も行っています。

学費詳細・費用

臨床検査科 総額353.6万円
入学金:25万円
授業料:(40万円/40万円×3年)
その他:208.6万円

取得可能な資格一覧

超音波検査士、認定心電検査技師、細胞検査士、認定一般検査技師、認定臨床染色体遺伝子検査技師、認定管理検査技師、認定輸血検査技師、緊急臨床検査士、認定臨床微生物検査技師、認定血液検査技師など。
また卒業後に、働きながら放送大学の3年次に編入学して、学士称号取得も可能となっております。

就職・内定先の実績

長崎大学病院、福岡輝栄会病院、池田病院、十善会病院、関西医科大学附属病院などが挙げられています。
就職支援として、社会で通用する人材を育てるため、1年次から就職対策授業を実施しています。
本授業では面接指導や履歴書作成だけではなく、社会人として必要な資質を育て、技術や知識と共に豊かな人間性を兼ね備えた医療人の育成に取り組まれています。
本校の臨床検査科では、4年制大学と同量の科目内容を3年間で集中学習し1年早く卒業して就職できることが本校が選ばれる理由です。
また、本校からは多くの卒業生が巣立ち、全国各地の医療機関をはじめさまざまな分野で活躍されています。
その実績により、常に高い就職率を達成しています。

医療秘書科|学費:100万以下

概要

医療秘書科の授業では、臨床検査科との連携による医療現場の現実に近い環境で学ぶことができ、また臨床検査科との併設により学校内にあるさまざまな医療器具を実際に使用することができます。
実習では、社会で活躍するプロの自覚を育むために、コース中期に行われている病院実習で医療の現場を知り、講義で学んだ実践と知識の違いや現場における接遇の大切さなどの実感。
実践を通すことによって知識を技術として自らの中に落とし込み、その体験を通じて、半年後にはてプロとして活躍する自覚を学生たちに持たせる指導を行うカリキュラムはとても重要です。
そして、さまざまな検査にも立ち会うことで実際の医療現場に近い体験ができ、保険点数の保険点数の計算などもより具体的に理解できるなど、充実した学習環境が本校の授業における大きな強みとなっており、社会で活躍するためのプロの自覚を養成します。
また、1年間でプロに必要な情報や知識を学習し、医療の資格だけでなくExcelやワードなど、より多くの資格を取得できます。
医療事務に欠かせない一般教養、専門知識、接遇マナーなど充実したカリキュラムで、医療の現場で働く人材としてはもちろん、大切な患者様の精神面のサポートやケアもできる心豊かな人材教育を実践します。

学費詳細・費用

医療秘書科 総額80.2万円
入学金:10万円
授業料:35万円(35万円/年×1年)
その他:35.2万円

取得可能な資格一覧

医療秘書技能検定試験、ビジネス文書検定試験、メディカルクラーク、マイクロソフトオフィススペシャリスト(Excel、Word)、秘書技能検定、ORCA技能検定、調剤事務管理士技能検定、手話検定など。
1年間の実践的カリキュラムで医療秘書に必要な専門・事務処理・接遇等の知識と技能を習得し、資格取得を目指します。
また、多くの医療機関で導入されている医療コンピュータソフトの「ORCA」しており、ORCA技能検定を受験でき、資格取得することによって現場でも活かされています。

就職・内定先の実績

ニュー琴海病院、みやむら女性のクリニック、武田内科医院、花みずきレディースクリニック、さいかいクリニック、たぐち薬局、伊崎脳神経外科、おおぞら整形外科、中山整形外科医院、貞松病院、やなぎクリニック、神田クリニックなどが挙げられています。
卒業後に、医療現場で即戦力として活躍できるよう、在学中に実習と理論をきっちり学びます。カリキュラムは他の学校より少しハードですが、それでも学生たちは、授業に充実感を感じながら学生生活を楽しんでいます。
会計事務や受付などを行う医療事務や、医師の円滑な仕事をサポートする医療秘書。
薬局などで処方箋の受付や会計事務などを行う調剤事務。
入退院手続き、病棟職員の補助作業を担う病棟クラーク。
その他に、患者様と医師・看護師など医療従事者とのパイプ役として幅広い職種が目指せます。

九州医学技術専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

古くからある専門学校だけあって、講師の豊富さやレベルの高さが見られます。
医療機関に務めていた講師の教えはとても分かりやすく想像力も養われる。
医療秘書、医療事務、ワード、エクセル、手話などを短期間で資格取得しなければならなかったため、スケジュール的にはハードでしたが、とてもやりがいがありモチベーションにも繋がりました。

口コミ元

ネガティブな口コミ

周りの専門学校がどのくらいの学費を収めているか分かりませんが、確かに高額です。
理系の専門学校では珍しいですが、準備が整っているとは言えないです。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*