出雲医療看護専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

出雲医療看護専門学校は島根県にある看護・医療系の専門学校です。
出雲医療看護専門学校は学校法人に認可されています。

出雲医療看護専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系 島根県出雲市今市町1151-1 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

出雲医療看護専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR山陰本線(米子~益田) 出雲市/北松江線 電鉄出雲市 (402m)

出雲医療看護専門学校の入試情報

指定校推薦入試:面接
推薦入試:国語総合、小論文、面接
クラブ推薦入試:国語総合、面接
一般入試:総合問題、生物基礎もしくは数学Ⅰ、小論文、面接
社会人入試:総合問題、小論文、面接
業界推薦入試:国語総合、面接
卒業生推薦入試:国語総合、面接
大学推薦入試:小論文、面接
適性AO入試:学科試験、オープンキャンパス参加面接(オープンキャンパスまたは学校見学参加が必要です)

出雲医療看護専門学校のオープンキャンパス情報

出雲医療看護専門学校では、職業体験型オープンキャンパス、学校説明&進路相談会、平日説明会、電話・LINE相談会があります。
医療福祉の分野に興味はあるけど、具体的に決まっていない場合職業体験型オープンキャンパスに参加することで、看護師、臨床工学技士、理学療法士、言語聴覚士の仕事を体験し、自分に合った職業を探したり相談したりすることが出来ます。
オープンキャンパス、学校説明会・進路相談会に参加する場合、交通費が一部支給されるので、ぜひご利用ください。
AO入試希望者は、オープンキャンパスもしくは学校見学に参加してエントリーシートを取得する必要があります。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

看護学科|学費:301~400万

概要

看護学科は、昼間部3年制です。
一人ひとりに合わせた授業が実施され、実際の医療現場で行う臨床実習も充実しているので、即戦力となる知識・技術を身につけることができます。
一人ひとりに対して外部からの講師を招き国家試験対策をサポートしてくれるので、高い看護師国家試験合格率を誇っています。
学習サポート、キャリア育成、資格サポート、就職活動支援などの様々なサポートが充実しており、それらを活用することで、安心して学校生活を送る事ができます。
看護学科のほかに、理学療法士学科、臨床工学技士学科、言語聴覚士学科が併設されているので、在学中からチーム医療を学び、患者に対して連携した医療の提供を理解した看護師の育成を行っています。

学費詳細・費用

看護学科 総額307万円
入学金:10万円
授業料:70万円
実習費:10万円
設備費:10万円
教育教材演習費:9万円
その他教科書代、資格検定代、白衣・実習衣・シューズ代、トレーニングウエア代、学友費、同窓会費、健康管理費、海外研修プログラム積立金など35~45万円程度必要となります。

取得可能な資格一覧

卒業と同時に看護師国家試験受験資格、保健師学校受験資格、助産師学校受験資格、大学編入受験資、医療専門課程専門士の称号を得ることが出来ます。

就職・内定先の実績

主な就職実績は、島根大学医学部附属病院、島根県立中央病院、出雲市民リハビリテーション病院、出雲市立総合医療センター、出雲市民病院、出雲徳洲会病院、松江市立病院、松江医療センター、大田市立病院、島根県済生会江津総合病院などがあります。

言語聴覚士学科|学費:301~400万

概要

言語聴覚士学科は、昼間部3年制の学科となっています。
先天的もしくは後天的に言語、聴覚、音声、認知、発達、摂食、援護に関わる障がいに対し、症状の維持・回復に向けて訓練や指導、助言などを行う言語聴覚士を目指す学科となっています。
こどもから高齢者の方まで、一人ひとりの気持ちを理解し、それぞれの成長発達段階を踏まえた生活に合わせた医療を提供できる言語聴覚士を育成します。
実際の言語聴覚士や患者さまから直に学べる臨床実習時間を多く取り入れています。
臨床実習先で、実際に経験していくことで、患者さまが何を求めているのか、患者さまの気持ちを理解できる力やコミュニケーション能力を身につけていきます。
失語症友の会「あしたの会」の方々と交流を通して、失語症の方とのコミュニケーション方法を学ぶことが出来ます。
中国地方唯一の3年制専門学校となっており、高校卒業後すぐに言語聴覚士を目指すことができるので、いち早く臨床現場に出て活躍することが出来ます。

学費詳細・費用

言語聴覚士学科 総額398万5千円
入学金:10万円
授業料:90万円
実習費:20万円
設備費:10万円
教育教材演習費:9万5千円
その他教科書代、資格検定代、白衣・実習衣・シューズ代、トレーニングウエア代、学友費、同窓会費、健康管理費、海外研修プログラム積立金など35~45万円程度必要となります。

取得可能な資格一覧

卒業と同時に、語聴覚士国家試験受験資格、大学編入受験資格、医療専門課程専門士の称号を得ることが出来ます。

就職・内定先の実績

主な就職実績は、出雲市民病院、出雲市民リハビリテーション病院、つわぶき保育園、あさひ園、安来市立病院、錦海リハビリテーション病院、津山第一病院、ふじわら医院などがあります。

理学療法士学科|学費:301~400万

概要

理学療法士学科は、昼間部3年制です。
運動療法や物理療法などを用いて、身体的障害がある人や今後障害の発生が想定される人に対して、身体の基本動作能力低下予防や回復を支援する理学療法士を目指す学科となっています。
山陰地方で唯一、教員陣が、「整形外科」「脳」「子ども」「心臓」「地域」など専門としている分野があり、専門分野を持った理学療法のことが学べます。
理学療法士の資格だけでなく、在学中にスチューデントトレーナー、介護予防運動トレーナー、 福祉住環境コーディネーターなどの資格を取ることができるのでスポーツトレーナー、介護予防、福祉に強い理学療法士になれます。

学費詳細・費用

理学療法士学科 総額368万5千円
入学金:10万円
授業料:80万円
実習費:20万円
設備費:10万円
教育教材演習費:9万5千円
その他教科書代、資格検定代、白衣・実習衣・シューズ代、トレーニングウエア代、学友費、同窓会費、健康管理費、海外研修プログラム積立金など35~45万円程度必要となります。

取得可能な資格一覧

卒業と同時に、理学療法士国家試験受験資格、大学編入受験資格、医療専門課程専門士の称号を得ることが出来ます。
在学中に、 スチューデントトレーナー中級、介護予防運動トレーナー、福祉住環境コーディネーター2級・3級の資格も取得することが出来ます。

就職・内定先の実績

主な就職実績に、出雲徳洲会病院、おおつかクリニック、松江生協病院、松江市立病院、浜田医療センター、隠岐病院、鳥取赤十字病院、鳥取市立病院、鳥取県立中央病院、新開山本クリニックなどがあります。

臨床工学技士科|学費:301~400万

概要

臨床工学技士学科は、昼間部3年制となっています。
医療現場の様々な医療機器といった専門的な基礎知識・技術を養い臨床工学技士の資格取得を目指す学科です。
講義で勉強した事を実際の医療機器を使用して演習し、演習中心のカリュキュラムとなっているので、医療機器の専門知識や操作技術などを確実に身につけることができます。
実際の医療現場で扱う最新の設備が学内実習で使用できるので、実践力を培うことが出来ます。
2年次のアメリカ短期研修では、ロマリンダ大学での講義やアメリカの病院見学を通して医療機関の実際とリスクマネジメントの一面を体験し、幅広い知識と視野をもった臨床工学技士の育成が行われています。

学費詳細・費用

臨床工学技士学科 総額398万5千円
入学金:10万円
授業料:100万円
実習費:10万円
設備費:10万円
教育教材演習費:9万5千円
その他教科書代、資格検定代、白衣・実習衣・シューズ代、トレーニングウエア代、学友費、同窓会費、健康管理費、海外研修プログラム積立金など35~45万円程度必要となります。

取得可能な資格一覧

卒業と同時に、臨床工学技士国家試験受験資格、第1種・第2種ME技術実力検定試験、大学編入受験資格、医療専門課程専門士の称号を得ることが出来ます。

就職・内定先の実績

主な就職先に、出雲徳洲会病院、おおつかクリニック、松江生協病院、松江市立病院、浜田医療センター、隠岐病院、鳥取赤十字病院、鳥取市立病院、鳥取県立中央病院、新開山本クリニックなどがあります。

出雲医療看護専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

付属の病院がないので、県内のさまざまな病院で実習ができたので、就職する上でよかったです。
外部講師による国試対策がわかりやすくとてもよかったです。
高校の時の延長のような教室と雰囲気でした。
専門的な勉強ができて、授業もわかりやすかったです。
先生たちもみんな優しくて、質問したらわかりやすく教えてくれました。
先生の指導は、分からないところも質問したら答えてくれるので充実しています。
先生が一人一人に対応してくれます。
女の先生が多いから、生活のことや人間関係など、勉強面以外でも相談にのってくれました。
新しい学校であるため、設備が新しく最新の機器を使用して演習が可能でした。
他学科との交流があるため、自分の学科だけでなく他職種の仕事内容など学ぶこともできました。
模試や、会社からの説明会な、授業以外でも国試対策がとられていました。
授業でわからないところは、友だち同士で教え合い、先生を捕まえて個別指導もしてもらえました。

口コミ元

ネガティブな口コミ

県内で評判がとても悪く就職にも響いていました。
ある科目の先生の授業は威圧的でした。
田舎の学校であるからなのか、定員人数よりも少なかったです。
学校祭は規模が小さく、あまり期待できません。
時々やばい先生もいます。
就活は担当の人が1人だけしかいなかったので、順番待ちが長く、20時過ぎることも普通でした。
勉強がとても難しく医療系だからこそ課題なども大変でした。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*