水戸看護福祉専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

水戸看護福祉専門学校は茨城県にある看護・医療系の専門学校です。
水戸看護福祉専門学校は学校法人に認可されています。

水戸看護福祉専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系
介護・福祉系
茨城県水戸市浜田2-16-12 認可

姉妹校の情報

姉妹校として、水戸電子専門学校、水戸経理専門学校、水戸ビューティカレッジ、水戸自動車大学校があります。

水戸看護福祉専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

鹿島臨海鉄道大洗鹿島線東水戸駅

水戸看護福祉専門学校の入試情報

介護福祉学科 指定校推薦入学:書類選考
公募制推薦入学:書類選考、面接
一般入学:書類選考、面接
AO入学:オープンキャンパスの参加の上でエントリーシートの提出、面接
看護学科 公募制推薦入学:書類選考、国語(現代文)、数学1、面接
一般入学:書類選考、国語(現代文)、数学1、面接
社会人入学:書類選考、国語(現代文)、数学(一般常識)、面接

水戸看護福祉専門学校のオープンキャンパス情報

水戸看護福祉専門学校のオープンキャンパスは年に複数回の実施があり、日程の詳細は学校ホームページ上に公開されています。
各日受付開始時間が12:30~で、開催時間は13:00~15:30までとなっています。
看護学科に関しては、他の学科よりも開催回数が少なくなっているので、情報に注意が必要です。
アクセスに関しては、学校と水戸駅との間で、専用のマイクロバスによる送迎を行っており、オープンキャンパスの参加申し込みは学校ホームページ上の応募フォームから行うことができます。
オープンキャンパスと同時に保護者説明会を行ったり、9月には出願直前説明会を行うなど、時期に合わせた受験サポートも行うのが特徴になります。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

介護福祉学科|学費:101~200万

概要

水戸看護福祉専門学校の介護福祉学科は2年制の学科で、総合的な福祉サービスを担う、ソーシャルケアワーカーの人材育成を目指します。
介護福祉士の資格合格を大きな目標として、学生は勉学に励んでいきます。
座学のみならず、実習を通しても現場に通じる知識と技術を身に付けていきます。
学生からは、実習に向けて技術的な部分を練習する時間を確保しているという声もあり、休み時間や放課後などを利用して、友人と切磋琢磨していることから、学生の意識の高さが伺えます。
カリキュラムは実習や医療的ケアに関する知識にとどまらず、福祉分野における美容学や、介護アロマ、さらにはコンピュータの授業などを取り入れることで、幅広い分野に通じる勉強を行います。
資格取得に関しても、福祉分野での会計簿記や英語検定など、専門的な資格のみならず、福祉に関連する多岐にわたる分野の資格を奨励しており、学生の進路の可能性を広げています。

学費詳細・費用

介護福祉学科 総額187万円
入学金:10万円
実習費:10万円
施設設備費:16万円
授業料:60万円

取得可能な資格一覧

福祉レクリエーションワーカー、介護事務管理士、社会福祉法人 会計簿記、メンタルヘルスマネジメント検定、メイクセラピー検定、福祉英語検定、認知症ライフパートナー検定などの資格取得を目指すことができます。
これらの資格において、福祉英語検定以外の資格合格率は100%を誇っており、非常に高い合格率を維持しています。
また福祉英語検定に関しては、8期連続全員合格を果たしており、全国の中でも成績優秀者を出すなど資格取得に強い実績・成果を挙げています。

就職・内定先の実績

卒業生の就職先として、グループホーム・デイサービスセンターしゃらく、介護老人保健施設ナーシングホームかたくり、デイサービスクリクリ住吉、障害者支援施設ひまわり、特別養護老人ホームさわの森、介護老人保健施設勝田、特別養護老人ホーム日立市萬春園、特別養護老人ホームうみべの家、岩瀬ケアセンターそよ風などがあります。

看護学科|学費:301~400万

概要

水戸看護福祉専門学校の看護学科は3年生の学科で、看護師になるための人材育成を目指します。
看護師国家資格の取得に向けて、学校側は柳田塾と提携し資格対策の授業を行っています。
現役の学生からは、柳田塾では、復習の大切さや重要なことを分かりやすく指導いただいているようで、理解できないままという状態がないという声を聞きます。
これは、講師である柳田弘章先生が一人ひとりに合わせた指導を行うことや、視覚的に学習を進めていくなどの授業カリキュラムの工夫があってのことです。
実習に関しても国家試験を意識した内容になっており、学生の意識も自然と高まっていきます。
また、看護師としての仕事の在り方も考えていけるように、現役医師による直接指導を行う場を設けているのも特徴になります。
水戸協同病院や筑波大学附属病院の医師を講師として招き、実際の現場での経験談や、最新の医療に関する講和を受けたりなど、学生達に良い刺激を与えて、その後の学習・勉強に活かしています。
学校内では、1年次から基礎分野のみならず、専門分野の学習、実習を行っていき、実践力の高い学習カリキュラムを立てています。
それぞれの年次において、大きなテーマを設けており、1年次は「人と社会を学ぶ」、2年次は「健康と看護を学ぶ」、3年次は「看護の実践力を学ぶ」としています。
このようにテーマを設定することで、医療看護を専門的にかつできる限り広い視野から学ぶ目的を持つことができ、人としても看護師としても成長できるように学校はサポートを行います。

学費詳細・費用

看護学科 総額312万円
入学金:15万円
実習費:17万円
施設設備費:20万円
授業料:60万円

取得可能な資格一覧

看護師国家試験の資格取得を目指します。
水戸看護福祉専門学校の看護学科では、試験合格への特別授業として柳田塾の柳田弘章先生の指導と連携し学校側がサポートを行います。
学生が考える力を身に付けていくために、繰り返しの学習に重きを置いており、3年間をかけて反復学習を徹底して行います。
一人ひとりに合わせた指導法、講師と生徒との距離感を近くすることで、ひとつでも多くの疑問点を解決し、自信を持って試験に挑める授業を工夫しているのが特徴です。

就職・内定先の実績

卒業生の就職先として、水戸協同病院、高萩協同病院、JAとりで総合医療センター、協和中央病院、土浦協同病院なめがた地域医療センター、筑波大学附属病院、県立こども病院、水戸中央病院、愛正会記念茨城福祉医療センター、茨城東病院、ひたち医療センター、日立総合病院、日鋼記念病院などがあります。

水戸看護福祉専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

校舎が奇麗で、実習室の物品なども良いものが多くそろっています。
友人同士の仲が良く、テスト勉強や実習中など、お互いに助け合う環境にあります。

口コミ元

ネガティブな口コミ

先生によって指導内容が異なるので、記録の書き方などで混乱することがあります。
国家試験の合格率が低いです。
学費が思ったよりも高いです。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*