大阪ハイテクノロジー専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-08-21

         

大阪ハイテクノロジー専門学校は大阪府にあるスポーツ・健康系の専門学校です。
大阪ハイテクノロジー専門学校は学校法人に認可されています。

大阪ハイテクノロジー専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
スポーツ・健康系
看護・医療系
大阪府大阪市淀川区宮原1-2-43 認可

姉妹校の情報

姉妹校として、大阪医療技術学園専門学校、滋慶医療科学大学院大学、大阪医療福祉専門学校、大阪保健福祉専門学校、大阪医療看護専門学校などがあります。

大阪ハイテクノロジー専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR新大阪駅/大阪メトロ新大阪駅

大阪ハイテクノロジー専門学校の入試情報

適性AO入試:説明会への参加、課題授業、職業興味検査・性格検査、適性確認面談(学科によって、適性検査、作文もあり)
適性クラブAO入試:説明会への参加、課題授業、職業興味検査・性格検査、適性確認面談(学科によって、適性検査、作文もあり)
一般入試:適性検査(一般教養など)、作文、面接(学科によっては数学もあり)
推薦入試:適性検査(一般教養など)、面接(学科によっては作文もあり)
業界推薦入試・卒業生推薦入試:適性検査(一般教養など)、作文、面接
特別指定校推薦入試:現在調査中

大阪ハイテクノロジー専門学校のオープンキャンパス情報

大阪ハイテクノロジー専門学校では、8月から9月にかけ、土日を中心として定期的にオープンキャンパスを開催しています。
当日は全体説明ののち、校舎見学、体験学習&学科説明、個別相談、解散という流れとなっています。
体験学習の内容は日程によって異なりますが、スポーツ、臨床工学、バイオサイエンス、AIロボットなど各学科ごとに分かれ、実際の授業を体感しながらその分野への理解を深めていく内容となっていますので、これらの分野に興味がある方はぜひ参加しておきたいところです。
また、放課後や夜間の説明会も開催しているので、お仕事帰りなどに説明を聞きたいという方はこちらにご参加ください。
さらに、平日10~19時のお好きな時間に予約が取れる個別相談会も随時受け付けています。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

鍼灸スポーツ学科|学費:401~500万

概要

鍼灸スポーツ学科は、3年間の学習でアスレチックトレーナーと鍼灸(しんきゅう)師の資格を取得し、西洋医学と東洋医学の両面からアスリートをサポートできる、マルチスキルなトレーナーや整体師を目指すコースです。
実習時間は3年間で500時間以上におよび、スポーツの現場で現役トレーナーから指導を受けたり、学校附属の鍼灸院で仕事の流れを経験したりと、在学中から現場目線で実践経験を積むことができる点もポイントです。
2020年4月からは、「鍼灸アスレティックトレーナー専攻」「鍼灸ヘルスプロデュース専攻」の2コースが新たに開設されます。

学費詳細・費用

鍼灸スポーツ学科 総額444.5万円
入学金:20万円
授業料:100万円
実習費:20万円
教育教材演習費:11.5万円
設備費:10万円

取得可能な資格一覧

はり師、きゅう師、アスレティックトレーナー、健康運動実践指導者、スチューデントトレーナー、トレーニング指導者などの資格取得を目指します。

就職・内定先の実績

グローバルスポーツ医学研究所、サーティーサーティーフィットネスシステムズ、スポーツプログラムス、日本女子プロ野球リーグ・レイア、アサヒ飲料クラブチャレンジャーズ、あさかわ鍼灸整骨院、A.T.長島治療院、EXPAND、おくむら鍼灸整骨院グループ、銀座HARICCHIなどが主な就職先となっています。
プロからアマチュアまでスポーツを実践する人のコンディションを支えるトレーナーや、鍼灸院・整形外科スタッフ、ジムスタッフなど、卒業生の活躍フィールドは多彩です。

柔道整復スポーツ学科|学費:401~500万

概要

柔道整復スポーツ学科は、3年間の学習で「柔道整復師」と「アスレティックトレーナー」の両資格を取得し、スポーツの指導から怪我の予防・治療まで行えるマルチな人材を目指すコースです。
カリキュラムは人体のしくみや手技についての基礎からはじめ、覚えた事柄を実習で実践しつつ、段階的に専門的な内容を深めていくものとなっていますので、初心者の方でもしっかりとスキルを身につけることができます。
2020年からはパラスポーツ(障害者スポーツ)を学ぶカリキュラムが追加され、関心が高まっているパラスポーツの指導員を目指すこともできます。

学費詳細・費用

柔道整復スポーツ学科 総額435.5万円
入学金:20万円
授業料:100万円
実習費:20万円
教育教材演習費:8.5万円
設備費:10万円

取得可能な資格一覧

柔道整復師、アスレティックトレーナー、スチューデントトレーナー、アロマテラピー検定、トレーニング指導者、障がい者スポーツ指導員などの資格取得を目指します。

就職・内定先の実績

太洋メディカル、夢限、みやぞの鍼灸整骨院、あすか整骨院グループ、貴島病院本院、勝浦整形外科クリニック、PerfectTrainers、コバメディカルジャパン、長寿生の郷、介護NEXTなどが主な就職先となっています。
在学中に紹介される実習先やアルバイト先にそのまま就職する生徒もおり、卒業生の就職率は非常に高い水準が保たれています。

柔道整復師学科|学費:401~500万

概要

柔道整復師学科は、3年間の学習で「柔道整復師」の資格取得を目指すコースです。
基本的なカリキュラムとしては、柔道整復術の起源である柔道の理解や、骨折、脱臼、捻挫などの固定法、整復法、治療法などとなっています。
当学科の大きな特徴として、平常授業が午前の2コマのみである点が挙げられます。
午後の時間がまるまる空きますので、アルバイトをしながら、学費を稼ぎながら学びたいと考える方に特に適したコースです。

学費詳細・費用

柔道整復師学科 総額435.5万円
入学金:20万円
授業料:100万円
実習費:20万円
教育教材演習費:8.5万円
設備費:10万円

取得可能な資格一覧

柔道整復師、カイロプラクティック、介護予防運動トレーナー、スチューデントトレーナー、アロマテラピー検定などの資格取得を目指します。

就職・内定先の実績

森脇鍼灸整骨院、かがやき整骨院グループ、日本セラピー、スマイルストーリー、あい・メディカル、芦屋市立みどり地域生活支援センター、スマイル・ウォーク機能訓練センター、整形外科おかもとクリニック、整形外科すずきクリニックなどが主な就職先となっています。
整骨医院や福祉施設、病院など、卒業生の活躍フィールドは多彩です。

スポーツ科学科|学費:201~300万

概要

スポーツ科学科は、2年間の学習でさまざまなフィールドで活躍できるスポーツトレーナーを目指すコースです。
2年間を4期に分け、「基礎」「専門基礎」「専門」「応用」と段階的に学んでいくカリキュラムとなっており、2年次からは「アスレティックトレーナー専攻」「ストレングス&コンディショニング専攻」「ライフスポーツ専攻」「フィットネスインストラクター専攻」の4つの専攻コースに分かれ、それぞれの専門分野に対応した知識と技術を実習中心で習得します。

学費詳細・費用

スポーツ科学科 総額258万円
入学金:10万円
授業料:95万円
実習費:20万円(2年次のみ)
教育教材演習費:9万円
設備費:10万円

取得可能な資格一覧

アスレティックトレーナー、NSCA認定パーソナルトレーナー、健康運動実践指導者、フィットネスクラブ・マネジメント技能などの資格取得を目指します。(※専攻コースによって異なります)

就職・内定先の実績

TAIL TOP、Total Body ConditioningSports Lab、フィジカルヴァンガード、ミズノフットサルプラザ潮芦屋、マックスポーツ、マック体操クラブなどが主な就職先となっています。
また、卒業後に大学編入する生徒もおり、鹿屋体育大学、大阪体育大学などに進学実績があります。

臨床工学技士科|学費:401~500万

概要

臨床工学技士科には、「昼間部3年制」「夜間部3年制」「専攻科・昼間部(1年制)」の3つのコースがあります。
昼間部3年制コースでは、朝から夕方までの時間割で、高校分野の理系科目を復習しつつ、基礎からじっくりと臨床工学技士となるための知識・技術を学びます。
夜間部3年制コースは、18時から授業がスタートしますので、昼間働きながら臨床工学技士を目指したいと考える方に適しています。
専攻科・昼間部コースでは、既に工学や医学のキャリアがある方向けに、1年間の短期集中カリキュラムで国家資格の取得を目指します。

学費詳細・費用

臨床工学技士科(昼) 総額463.5万円
入学金:10万円
授業料:120万円
実習費:10万円(2年次以降は20万円)
教育教材演習費:9.5万円
設備費:5万円
臨床工学技士科(夜) 総額365.5万円
入学金:10万円
授業料:95万円
実習費:10万円
教育教材演習費:8.5万円
設備費:5万円
臨床工学技士科・専攻科 総額127万円
入学金:10万円
授業料:100万円
実習費:10万円
教育教材演習費:7万円

取得可能な資格一覧

臨床工学技士、第1種(第2種)ME技術実力検定試験、工業英語能力検定などの資格取得を目指します。

就職・内定先の実績

大阪急性期・総合医療センター、大阪市立総合医療センター、大阪大学医学部附属病院、京都大学医学部附属病院、滋賀医科大学医学部附属病院、芦屋セントマリア病院、京都九条病院、草津総合病院、豊橋ハートセンター、大阪労災病院、SWHメディカルなどが主な就職先となっています。
全国各地の医療センターや大学病院などに、多数の就職実績が確認されています。

診療放射線技師学科|学費:501~600万

概要

診療放射線技師学科には、4年間の学習で診療放射線技師を目指すコースです。
「昼間4年制」と「夜間4年制」の2つのコースがあり、生活スタイルに合わせ、任意のコースを選べる点が大きな特徴です。
昼間コースは1コマ50分を1日7コマの時間割となっており、基礎からじっくり学びますので文系出身の方であっても着実にスキル習得を目指せます。
夜間コースは1コマ90分を1日2コマ、18時開始の時間割となっており、昼の時間帯を仕事なり学びなりに生かすことが可能です。
両コースとも、現役の診療放射線技師が直接指導にあたります。

学費詳細・費用

診療放射線技師学科(昼) 総額568万円
入学金:10万円
授業料:100万円
実習費:20万円
教育教材演習費:9.5万円
設備費:10万円
診療放射線技師学科(夜) 総額484万円
入学金:10万円
授業料:80万円
実習費:20万円
教育教材演習費:8.5万円
設備費:10万円

取得可能な資格一覧

診療放射線技師、第一種・第二種放射線取扱主任者、医療情報技師、エックス線作業主任者、ガンマ線透過写真撮影作業主任者などの資格取得を目指します。

就職・内定先の実績

2019年4月に開設されたコースであるため、内定先のデータはまだないようです。

生命工学技術科・バイオサイエンス専攻|学費:301~400万

概要

生命工学技術科・バイオサイエンス専攻は、3年間の学習によって、医薬品、再生医療、化粧品、食品、環境など、幅広いフィールドで活躍できるバイオ技術者を目指すコースです。
国立大学や研究機関等へのインターンシップが充実しているほか、2年次以降は就職を強く意識し、専門性を伸ばすための5つのゼミに分かれ、実習中心の授業で現場で役立つ実践的な知識や技術について学んでいきます。
また、希望者は海外研修も受けることができます。

学費詳細・費用

生命工学技術科・バイオサイエンス専攻 総額396.5万円
入学金:10万円
授業料:95万円
実習費:20万円(2年次以降のみ)
教育教材演習費:10.5万円
設備費:10万円

取得可能な資格一覧

中級・上級バイオ技術者認定、危険物取扱者乙種、毒物劇物取扱責任者、知的財産管理技能検定、技術士、特許管理士、アロマテラピー検定などの資格取得を目指します。

就職・内定先の実績

協和発酵キリン、ニプロ、JCRファーマ、扶桑薬品工業、三洋化成工業、ADEKA、ピカソ美化学研究所、神鋼溶接サービス、医薬基盤研究所、関西グリコなどが主な就職先となっています。
在学中に身につけた高いスキルが評価され、卒業生の就職率は例年100%となっています。

生命工学技術科・AIロボット専攻|学費:201~300万

概要

生命工学技術科・AIロボット専攻は、3年間の学習でAIやロボット工学に精通した情報技術者を目指すコースです。
さまざまなモノとインターネットをつなぐIoT技術、自動運転技術、生活に密着したAI搭載ロボットの開発など、AI人材の需要は今後急激に高まると予想されています。
当学科では、プログラミング、電子回路、ロボット制御など、ソフト・ハードの両面で専門的なスキルを学び、自分で計画し、自分で作り、幅広い現場のニーズに答えられるAIロボット分野のスペシャリストを目指します。

学費詳細・費用

生命工学技術科・AIロボット専攻 総額245.5万円
入学金:10万円
授業料:60万円
実習費:10万円
教育教材演習費:8.5万円

取得可能な資格一覧

IoT検定、3次元CAD利用技術者、第二種電気工事士、基本情報技術者、ITパスポート、危険物取扱者乙種、知的財産管理技能検定、機械設計技術者などの資格取得を目指します。

就職・内定先の実績

日立超LSIシステムズ、カワサキロボットサービス、日本電産テクノモータ、ダイセン電子工業、OKK、アサミテクノ、HCI、アイディエス、生野金属、岡本銘木店などが主な就職先となっています。
多様な工学系・情報系資格を取得できることもあり、設計、製作、デザインなど、幅広い分野で卒業生が活躍しています。

専攻科|学費:100万以下

概要

専攻科は、これまで学んだ学科内容に加えて、プラス1年でさらに高度なスキルを習得することを目指すコースです。
「スポーツ科学専攻」「バイオサイエンス専攻」の2つの専攻科があり、それぞれの分野で更に理解を深めたい、さらに高いレベルの資格取得に挑戦したいという方に適しています。
また、本校のキャリアセンターにはさまざまな求人が集まるほか、就職のためのサポートも充実していますので、時間をかけてでも希望の会社・職種へ就職したいと考える方にも適したコースです。

学費詳細・費用

専攻科 総額63万円
入学金:10万円
授業料:45万円
教育教材演習費:8万円

取得可能な資格一覧

スポーツ科学専攻ではアスレティックトレーナー、スチューデントトレーナー、バイオサイエンス専攻では危険物取扱者乙種、中級バイオ技術者認定などの資格取得を目指します。

就職・内定先の実績

専攻科のみの内定先のデータは発表されておりませんが、概ね「スポーツ科学科」「生命工学技術科・バイオサイエンス専攻」の内定先データに準じると推測されます。

日本語学科|学費:未発表

概要

日本語学科は、日本語を母語としない方を対象に、1年半の学習で日本語の習熟を目指すコースです。
日本語の文法、読解、聴解、会話、作文、漢字、語彙などを初級から学んでいくほか、日本社会にまつわる文化・風習についても学ぶことにより、多くの語彙に触れて日本語の理解を深めます。
日本の大学や専門学校で高度な教育を受けたいと希望する学生が多く所属しており、既に多くの優秀な人材を卒業生として輩出しています。

学費詳細・費用

学費情報は未発表となっています。

取得可能な資格一覧

日本語能力試験(N1、N2、N3)、日本留学試験、J.TEST、第2種ME技術実力検定などの資格取得を目標とします。

就職・内定先の実績

大阪ハイテクノロジー専門学校(本校)の各学科や、大阪滋慶学園グループ校、全国の国公立・私立大学などに進学実績があります。

大阪ハイテクノロジー専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

在学中にした経験が本当に生きています。
施設はとても整っています。
鍼灸師とアスレティックトレーナーの両方の資格を取れるので貴重な学校だと思います。
資格取得に対する意欲と意思があれば、サポートは充分にしてくださいます。
教科書上にはない臨床における話も聞けるので大変ためになります。
新大阪駅から徒歩5分圏内で通いやすく、夜間女性が通うのも安心できます。
わからない科目は先生方が丁寧に教えてくれます。
1人あたり20件の求人が学校に届くため、選ばなければ就職できます。

口コミ元

ネガティブな口コミ

校舎の利便性が悪いです。エレベーターでしか行けない教室もあり、授業前にはエレベーター前が混雑します。
卒業の試験と国試の勉強との両立は結構しんどかったです。
教科書を買っても半分以上は使わなかったりしたので学費は高い設定だと思います。
大阪の就職は多いですが、遠方の就職が希望なら自分で探さないといけません。
国家試験の合格率が低過ぎます(柔道整復師学科)。
校舎がいくつかありますが、間が離れているため、移動授業の時が手間でした。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*