名古屋スクール・オブ・ビジネスの評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-08-25

         

名古屋スクール・オブ・ビジネスは愛知県にあるビジネス・金融・不動産系の専門学校です。
名古屋スクール・オブ・ビジネスは学校法人に認可されています。

基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
スクール・オブ・ビジネス ビジネス・金融・不動産系 愛知県名古屋市中区栄5-1-3 認可

姉妹校の情報

姉妹校として滋慶学園COMグループの学校が全国にあります。

パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

市営地下鉄名城線矢場町駅/市営地下鉄東山線栄駅/市営地下鉄名城線栄駅

入試情報

AO入学:書類審査、面接
高校推薦入学:書類選考
自己推薦入学:書類選考
一般入試:書類選考

オープンキャンパス情報

名古屋スクール・オブ・ビジネスでは体験入学ができるオープンキャンパスがあります。
それぞれの学科にて行われているので、予約にて確認をしながら決める事ができます。
それぞれの学科に関係する業界の説明や、ペット科による動物の紹介など多種多様な体験ができます。
体験入学以外にも短時間で学校の説明から業界の現状までを聞ける学校説明会もありますので、ぜひ足を運びたいところです。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

ペットビジネス科|学費:201~300万

概要

ペットビジネス科では業界が求めるペットに関する幅広い知識とペットを扱う技術を総合的に学びます。
資格取得への学校としてのサポートも万全で、1年次に動物系とビジネス系の資格対策を授業でしっかり学んで取得、その後の就職活動に備えています。
NSBペットフェスティバル、NSBトリミングサロン運営など職実認定校としての多彩な授業やイベント、研修が様々用意されています。
実習の授業ではトリミングサロンやペットショップで実際に使われているプロと同じ機材や設備を使用し、契約ブリーダーから毎日来校するたくさんの犬や猫たちでスキルと経験を積んでいきます。
2年間でシャンプーや爪切りにはじまり耳そうじ、カットといった基本の技術と接客スキルを身につけ、動物にストレスを与えないように短時間で手早くそして美しく仕上げる応用力を養っていきます。
また犬猫の基礎的な病気や動物の健康を維持するための知識、それぞれの動物の健康をチェックする方法など幅広い知識を学習します。
またドッグトレーナーとして飼い主と愛犬が幸せで健康的な生活を送れるようサポートをする仕事についても学習できます。
家庭犬のしつけから警察犬などの特殊な訓練まで、求められる技術はさまざまで、犬種や特質を学び実習を通じて訓練技術やドッグトレーナーとしてのセンスを身につけることができます。
ペット業界の連携企業とコラボしたカリキュラムがあるので、実践を通してスキルを磨き業界での屈指の即戦力を目指すことができます。

学費詳細・費用

ペットビジネス科 総額254万円
入学金:15万円
授業料:172万円
設備費:36万円
校友会費等:2万円
教科書、教材費:29万円

取得可能な資格一覧

APAトリマーライセンス(ベーシック~B級)、ICCキャットグルーマーライセンス、JKC愛犬飼育管理士、APAドッグトレーナーライセンス (C級、B級)、愛玩動物飼養管理士、ICCキャットグルーマーライセンス、サービス接遇検定、日本語ワープロ検定、情報処理技能検定、ペットマッサージセラピスト、ペットアロマセラピストなど幅広い分野の資格取得を目指します。

就職・内定先の実績

株式会社 Fun Place、株式会社松波動物病院メディカルセンター、株式会社AHB、ドッグスクールmelumo、ペットシッター&介護ケア puttyなどペットに関わりの深い職業への実績があります。

総合ビジネス科|学費:201~300万

概要

総合ビジネス科では企業経営に必要な人とモノ、お金、IT情報をそれぞれどう管理し、動かしていくかの総合的なマネジメントを学びます。
経営戦略や財務、会計、組織のリーダーとしての統率力といったITの基本を学習し、企業内の問題解決や新規開拓の為に、前例にとらわれない新しい発想と知恵の創造力、的確な指示で周囲を動かし会社に変化を起こすリーダーとしての資質を磨きます。
開業にあたって出店場所の選択から店舗周辺環境の分析などを通して、実際の店舗をどのように開発し、運営いていくかを学びながら、投資回収や業績向上施策を実習にて習得していきます。
多くの人を巻き込みながら綿密にコミュニケーションし、目標の達成力を養います。
前例ケースや想定される場面を使いながら考え、自ら成長していく実習なので、売り上げや利益を生み出すためにこれまでにない革新的な製品やサービスについて習得することができます。
人やモノ、カネや情報など総合的な経営資源を駆使して会社を方向づける有効な経営戦略ストーリーの策定も重要となりますので、運営方法や事例をと合わせて学ぶ実践的な学科になります。

学費詳細・費用

総合ビジネス科 総額244万円
入学金:15万円
授業料:172万円
設備費:36万円
校友会費等:2万円
教科書、教材費:19万円

取得可能な資格一覧

ファイナンシャル・プランニング技能検定、日商簿記検定、リテールマーケティング(販売士)検定、情報処理技能検定、ビジネス実務法務検定®、日本語ワープロ検定、サービス接遇検定などの資格を取得します。

就職・内定先の実績

イオンリテール株式会社、KeePer技研株式会社、株式会社バローホールディングスの他、独自の会社を企業したり、運営している卒業生が多くいます。

マスコミ広報科|学費:201~300万

概要

マスコミ広報科では編集者やライター、プランナーといったマスコミ関連の職業をめざす学科になります。
企画と編集のノウハウからはじめ、記事のライティング、取材のテクニックやメディア制作のプロセスなど、さまざまな現場で役立つカリキュラムが幅広く展開されています。
自分の企画をカタチにしたい!という夢を実現できる環境です。
メディアに自身の企画をアピールするため、クリエイティブなで明確な表現スキルを身につけるだけでなく、PRをより効果的にするためのアイデア作りやセンスを磨いていきます。
関連企業を取り巻いている仕組みの知識を実践から学習し、企画力や実行力、達成感など広告業界で求められる人材に育てるカリキュラムが整っています。
講師陣もプロがそろっており大手通信会社情報誌の編集長や官公庁でプロモーションに携わった経験のある先生様々な広告を世に送り出しているプランナーなど、現役で活躍している人達からノウハウを学べます。
身のまわりのニュースや趣味、観光、歴史といった様々なテーマをもとに事実や自分の意見、スポットの紹介文の書き方などを学びます。
決められた時間内で長くまとまった文章を完成できるようになります。
広告に重要なコピーの役割を知り言葉の持つ魔力を認識することで、言葉を使ってのコミュニケーションをマスコミ業界の様々な媒体で実践していきます。
取材に関して学びながら校外体験取材を行い、企画書や原稿の作成、イベント提案、カメラ撮影技術、編集作業、企画など広範囲にわたり習得します。
テレビといった映像メディアだけでなく雑誌や情報誌などの紙媒体からwebやブログなどのデジタル媒体などのそれぞれのメディア特性を認識しつつ、その役割をクリエイティブに制作します。

学費詳細・費用

マスコミ広報科 総額248万円
入学金:15万円
授業料:172万円
設備費:36万円
校友会費等:2万円
教科書、教材費:23万円

取得可能な資格一覧

マーケティング・ビジネス実務検定、サービス接遇検定、日本語ワープロ検定、色彩検定、情報処理技能検定などの資格取得を目指します。

就職・内定先の実績

有限会社樹林舎、株式会社キャラメル・ママ、有限会社エヌツー、クオリア株式会社、株式会社 フォーチュンエンターテイメント、株式会社ニックなどの就職実績が多数あります。

ファッションビジネス科|学費:201~300万

概要

ファッションビジネス科は服を制作するのではなく、販売士としての接客力やファッションコーディネート、スタイリングのセンスを磨くことで現場での即戦力を身につける事を目指しています。
ファッションの業界で、今も現役で働くプロの講師による授業が充実しおり、業界で活躍するための市場動向や最新トレンドを押さえる技術を身につけながら、ファッションの基礎知識や技術を幅広く実践的に学ぶ環境です。
マーチャンダイザー 、バイヤー、プレスやブランドマネージャーなどのファッション業界で活躍する仕事を目指す方が多数います。
販売の接客からファッションの商品企画までをプロから実践的に学び、業界で必要とされる知識、社会人としての意識、ファッション業界人としてのセンスを身につけます。
販売している商品をより魅力的に見せるためのVMD概論や販売スペースの構成はとても重要でディスプレイ、陳列、導線計画やゾーニング、什器や照明といった認識の分野やシーズンVMD、店舗デザイン演出などをかなり広範囲に深く学びます。
毎年2月に開催される学生が主催となったファッションコーディネートショーの制作を通じて、コンセプトワークやプロジェクト進行、コーディネート力、集客力、プレゼンテーション力を実際の作業経験から身につけます。
マーケティング基礎の知識やマーケティング戦略の市場細分化分類法、商品サイクル、ファッションサイクルの他、分類方法、市場調査の基礎知識などをより実践的にプロから学びます。
商品企画からブランドプロデュースまで、自身でトレンドをつくり、そして伝える手法を流れで学び、無から有を生み出す創造的なアイディアワークやスキルを習得していきます。

学費詳細・費用

ファッションビジネス科 総額248万円
入学金:15万円
授業料:172万円
設備費:36万円
校友会費等:2万円
教科書、教材費:23万円

取得可能な資格一覧

リテールマーケティング検定、ファッションビジネス能力検定、色彩検定、色彩技能パーソナルカラー検定®、サービス接遇検定、日本語ワープロ検定、情報処理技能検定などの資格取得を目指します。

就職・内定先の実績

株式会社 High and Rising Feeet2nd、株式会社エス・グルーヴ、株式会社ワールドストアパートナーズ、テネリータ、ディーゼルジャパン株式会社、株式会社ジョイックスコーポレーションなど幅広いファッション業界での就職実績があります。

パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

本人のやる気次第ですが、たくさん資格を取得することができることがこの学校の魅力です。
ファッション販売能力検定を受けると学んだことが就職後に活かされました。
ペットビジネス学科でしたが、犬や猫の勉強だけでなく、パソコンスキルや一般常識、ビジネスマナーのような内容も勉強することが出来ます。
資格は持っていても絶対に損しないので、取得に対しては積極的に取り組むと将来の役に立ちます。
就職活動で面接試験があるとき等、先生方に指導をしてもらうことができサポートもされます。
社会に出てからの当たり前やマナーを学生の内から身につけることが出来ます。

口コミ元

ネガティブな口コミ

サポートや機材の面で入学前に聞いていた話と違ったことがいくつかあったので、純粋にファッションビジネスを学びたいという方にはあまりお勧めできません。
複数の学科があるので設備があまり揃っておらず、授業によってはファッションのことを理解していない先生も多いので他校と比べてしまうとレベルが低いです。
一年生の頃はファッションに関する授業は多かった覚えがなく、本当にこの授業が必要なのかと疑問に思う科目も多々あります。
1年生のときに100万ぐらいかかるのは新しく教材とか買わないといけないからということは理解できますが、2年生になってからも授業内容が充実した様には思えず、1年生の時とほぼ変わらない額を取られたので高いです。
1年生への待遇が良すぎて、2年生から粗雑に扱われるので学費は不満です。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*