名古屋経営会計専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-08-25

         

名古屋経営会計専門学校は愛知県にあるビジネス・金融・不動産系の専門学校です。
名古屋経営会計専門学校は学校法人に認可されています。

名古屋経営会計専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
ビジネス・金融・不動産系 愛知県名古屋市千種区池下1-1-4 認可

姉妹校の情報

付属校に名古屋経営会計専門学校日本語科があります。

名古屋経営会計専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

名古屋市営地下鉄池下駅

名古屋経営会計専門学校の入試情報

AO入試:書類審査
推薦入試:面接(出願書類の内容により、書類選考となる場合があります)
一般入試:面接

名古屋経営会計専門学校のオープンキャンパス情報

名古屋経営会計専門学校では、「進路選択に悩んでいる人のためのオープンキャンパス」と題して、「自分がどんな仕事をしたいのかわからない」「どんな学校が向いているのかわからない」といった悩みをもつ方も参加しやすいオープンキャンパスを実施しています。
内容は学科の紹介や施設案内だけでなく、自分の適正がわかる心理テストが行われるのが大きな特徴です。
心理テストの結果と解説によって、一人ひとり違った適性や向いている職業が見えてくるので、今後の進路選択に役立てることができます。
その他にも、在校生と一緒に電卓などを使って授業を受け、実際の教室の雰囲気を知ることができる体験授業をメインとしたオープンキャンパスや、プロの教員が初心者にも分かりやすく教えてくれる簿記入門講座など、色々なタイプのオープンキャンパスが企画されています。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

ビジネス科|学費:100万以下

概要

ビジネス科は、ビジネス速習コースと応用日本語コースの2つから成ります。
ビジネス速習コースでは、授業科目の約80%が資格検定試験に直結しているため、在学中に就職に有利な数多くのビジネス系資格に挑戦することができます。
開設されている科目の中から、先生と相談しながら自分の好きな科目を選択し受講します。
応用日本語コースは、日本語学校などで基礎的な日本語を習得済みの留学生を対象としています。
国公立大学や有名私立大学レベルの難易度の高い応用的な日本語を学び、日本語での論文指導も受けることができます。
また、日本語能力検定2級の合格者は希望をすればビジネス速習コースの授業を聴講することができ、日本語の授業で経営学や会計学を学べます。

学費詳細・費用

ビジネス科 総額70.0万円
入学金:5.0万円
授業料:60.0万円(60.0万円/年 × 1年)
その他:5.0万円

取得可能な資格一覧

マイクロソフトオフィススペシャリストや、販売士、簿記能力検定試験、秘書技能検定、ビジネス実務法務検定試験といった幅広い資格の取得を目指すことができます。

就職・内定先の実績

株式会社エスワイフード、株式会社ダスター、株式会社AMAR、株式会社ファーストスクエア、ABSホールディングス株式会社などに内定しています。

経営実務科|学費:101~200万

概要

経営実務科には5つのコースがあります。
会計ビジネスコースでは、一般企業の経理や会計、事務業務のほか税理士法人・税理士事務所への就職を目指し、簿記・税法・社会保険労務などを2年間学習します。
ショップ経営コースには、将来自分のショップを経営したいという方が集まります。
経営に関する法律や財務的なお金の管理方法、販売のテクニック、店舗設計といった経営のノウハウを基本から実践まで学ぶことができます。
卒業生の中には、実際にショップを開業した方が多くいます。
情報ビジネスコースでは、ネットワークやデジタルスキルなどの情報技術の知識を学習し、仕事でITを活用できる人材を目指します。
ホームページの作成と管理などビジネスに役立つ技術を身につけ、関連する資格取得も目指すことができます。
自分発見コースでは、就職に有利な資格を在学中に多数取得しながら、企業実習を通じて自分の進路を具体的に考えることを支援してくれます。
自分がどんな仕事に就きたいかわからないという方におすすめのコースです。
医療福祉会計コースでは、医療法人や社会福祉法人で必要とされる事務経理を実践的に学びます。
簿記認定試験や医療事務試験の経理系資格の取得と併せて医療系・社会福祉系事務の知識も身につけることで、経営を幅広くサポートできる人材を育成します。

学費詳細・費用

経営実務科 総額135.0万円
入学金:5.0万円
授業料:120.0万円(60.0万円/年 × 2年)
その他:5.0万円

取得可能な資格一覧

マイクロソフトオフィススペシャリスト、ファイナンシャル・プランニング技能士などの取得を目指せます。

就職・内定先の実績

栄税理士法人、株式会社香月堂、株式会社チュチュアンナ、コーチ・ジャパン合同会社などに内定しています。

日本ビジネス科|学費:101~200万

概要

日本ビジネス科は、主に日本語学校等を修了した方を対象としています。
これまでに身につけた基礎的な日本語力を基盤として、さらに応用的な日本語と日本企業のビジネスについて学ぶコースです。
カリキュラムは、ビジネスシーンで求められる高度な日本語や、日本の企業経営や文化、ビジネスマナーなどを総合的に学習できる内容になっています。
卒業後には日本国内の一般企業での活躍や、日本の大学への3年次編入などを目指すことができます。

学費詳細・費用

日本ビジネス科 総額135.0万円
入学金:5.0万円
授業料:120.0万円(60.0万円/年 × 2年)
その他:5.0万円

取得可能な資格一覧

日本語能力試験を受験できます。

就職・内定先の実績

株式会社ファーストスクエアなどに内定しています。

名古屋経営会計専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

「講師の先生はいい人が多いと思います。面白い先生もいます。授業も他の検定が近ければその勉強をさせてくれたりします。」
「教室は科目にもよりますが長机を一人で使えるくらい場所に余裕があります。授業後、自習で5時までパソコン室も使えます。」
「資格の主要な試験スケジュールを教えてもらえますし、学校の校舎が試験会場になることも結構ありますので、慣れた環境で試験を受けられます。」

口コミ元

ネガティブな口コミ

「学費は少し高めですが、それだけの授業内容だと思います。」
「就職サポートはあんまりという感じです。定期的に個人面談はあるけど、自分で就職博などに行って自分で会社を見つけて受ける感じです。学校斡旋は望めばやってくれます。」
「最寄り駅の池下駅からは歩いてすぐだからいいと思いますが、まわりに安い飲食店は少ない印象です。」

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*