日本調理製菓専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-08-25

         

日本調理製菓専門学校は兵庫県にある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
日本調理製菓専門学校は学校法人に認可されています。

日本調理製菓専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
製菓・調理・栄養系 兵庫県姫路市安田1丁目2 認可

姉妹校の情報

姉妹校に、日本栄養専門学校があります。

日本調理製菓専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR姫路駅

日本調理製菓専門学校の入試情報

AO入試:書類審査、面談
特別推薦入学:書類選考
推薦入学:書類選考
一般入学:書類選考、作文

日本調理製菓専門学校のオープンキャンパス情報

日本調理製菓専門学校では随時オープンキャンパスが実施されています。
オープンキャンパスは、様々なスタイルがとられており、1日かけてじっくり日本調理製菓専門学校のことがわかる1日体験入学から、1.5時間のプチオープンキャンパスが用意されています。<
オープンキャンパスでは、学校説明会、校内見学、ミニ体験、分野別相談、寮見学(希望者)が3時間で開催されます。
また、交通費補助、面接免除資格、おみやげがあったりと特典がいくつかあります。
オープンキャンパスプチでは、学校説明会、個別説明、学校見学(希望者)が1.5時間で開催されます。
オープンキャンパスプチは、完全予約制で、 交通費補助と面接免除資格取得を取得することができます。
オープンキャンパストライは、学校説明会、希望分野の体験、学校見学(希望者)、個別相談、寮見学(希望者)が3時間で開催されます。
オープンキャンパストライに参加するとAOエントリー資格を取得することができます。
1日体験入学は、体験、ランチタイム、校内見学、個別相談が1日かけて行われます。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

プロ技術経営コース|学費:201~300万

概要

プロ技術経営コースは、2年制となっています。
調理師免許取得だけでなく、独立開業を見据えたカリキュラムで、幅広い知識と技術を身につけることができます。
調理師免許を取得するため法令で決められているカリュキュラムをこなす必要があるため1年次は、調理師コースの内容に準じており、2年次から、講義では、経営学、テーブルコーディネイト、ビジネスマネージメント、国際コミュニケーション、フードサービス、食生活論、集団調理理論などを学ぶことができます。
実習では、食品総合実験、食品開発・加工実習、高度調理技術実習などが行われます。
校舎1階の実習室を使用したみかしほカフェやみかしほレストランをオープンさせで実際にお店を運営する特別実習なども開催されます。

学費詳細・費用

プロ技術経営コース 総額249万円
入学金:10万円
授業料:1年次 66万円、2年次60万円
実習料:1年次48万円、2年次40万円
施設費:15万円
その他教科書・実習用品費、特殊調理実習料・卒業旅行積立金等が必要となります。

取得可能な資格一覧

卒業と同時に国家試験免除で調理師免許を取得できます。
在学中に講習参加にてふぐ調理特別講習会受講済み証を取得することができます。
専門調理師・調理技能士の筆記試験を在学中に受験でき、合格すると将来受験時には実技試験だけになります。
食品技術管理専門士・食育インストラクター・カフェクリエーター3級を取得することがdきます。
卒業すると同時に、専門士の称号を得ることができます。

就職・内定先の実績

就職実績に、京都ホテルオークラ、リーガロイヤルホテル、ホテルモントレ、神戸メリケンパークオリエンタルホテル、神戸ポートピアホテル、阪急阪神ホテルズ、美濃吉、ボックサン、リッチフィールドなどがあります。

調理師コース|学費:101~200万

概要

調理師コースは、1年間という短期間で調理師免許を効率よく取得することができるコースです。
400時間以上の調理実習時間を設けており、西洋料理、日本料理、中国料理を中心にアジア各国の調理を実際に行いながら、調理師として現場で必要な知識と技術を身につけることができます。
90時間の総合調理実習もあり、衛生管理、献立、食事環境、接遇等、調理師として必要な業務全体を理解する実習も設けられています。
特別実習では、校舎1階の実習室を使用しレストランをオープンする店舗運営実習が行われ、実践的な力も身につけることができます。

学費詳細・費用

調理師コース 総額139万円
入学金:10万円
授業料:66万円
実習料:48万円
施設費:15万円
その他教科書・実習用品費、特殊調理実習料・卒業旅行積立金等が必要となります。

取得可能な資格一覧

卒業と同時に国家試験免除で調理師免許を取得できます。
在学中に講習を受けると、ふぐ調理特別講習会受講済み証を取得することができます。
厚生労働大臣より与えられる専門調理師・調理技能士の筆記試験を在学中に受験でき、合格すると将来受験時には実技試験だけになります。

就職・内定先の実績

就職実績に、京都ホテルオークラ、リーガロイヤルホテル、ホテルモントレ、神戸メリケンパークオリエンタルホテル、神戸ポートピアホテル、阪急阪神ホテルズ、美濃吉、ボックサン、リッチフィールドなどがあります。

調理製菓Wライセンスコース|学費:201~300万

概要

調理製菓Wライセンスコースは、2年間で製菓衛生師と調理師免許の2つの免許が取得できるコースとなっています。
1年次で、製菓・製パン・カフェについて学び、2年次は、日本料理・西洋料理・中華料理など調理について学びます。
1年次の製菓製パンコース終了後に、製菓衛生師国家試験を受験し、取得を目指します。
2年次の調理師コース修了時は、無試験で調理師免許を取得することができます。
2年次には、店舗実習があるので、実践力と総合力を身につけることが出来ます。
本格的なスイーツを作ることができる調理師を目指す事が出来ます。

学費詳細・費用

調理製菓Wライセンスコース 総額249万円
入学金:10万円
授業料:1年次 66万円、2年次60万円
実習料:1年次48万円、2年次40万円
施設費:15万円
その他教科書・実習用品費、特殊調理実習料・卒業旅行積立金等が必要となります。

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、製菓衛生師(国家資格)、調理師(国家資格)、ふぐ調理講習会受講済証(講習受講者)、介護食士3級(講習受講者)などがあります。

就職・内定先の実績

就職実績に、帝国ホテル、ホテルオークラアムステルダム、メリケンパークオリエンタルホテル、美濃吉、ボックサン、リッチフィールドなどがあります。

プロパティシエコース|学費:201~300万

概要

プロパティシエコースは、2年制となっています。
製菓衛生師の取得だけでなく、独立開業を見据えたカリキュラムで、幅広い知識と技術を身につけることができます。
1年次は、製菓衛生師を取得の為、製菓製パンコースの内容に準じ、2年次に、製菓衛生師を受験します。
2年次、製菓衛生師受験対策・製菓製パン理論・フランス語・ショップ経営経営学などの講義と、スイーツショップ運営、百貨店前でケーキ菓子ショップ開催、インターシップなどを通し、より実践的な力をみにつけます。

学費詳細・費用

プロパティシエコース 総額249万円
入学金:10万円
授業料:1年次 66万円、2年次60万円
実習料:1年次48万円、2年次40万円
施設費:15万円
その他教科書・実習用品費、特殊調理実習料・卒業旅行積立金等が必要となります。

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、製菓衛生師受験資格(2年在学中に受験可)、専門士、ラッピングクリエーター3級、カフェクリエーター3級などがあります。

就職・内定先の実績

就職実績に、京都ホテルオークラ、シーサイドホテル舞子ビラ、ホテル日航姫路、ホテルモントレ、ホテル・シーショアリゾート、夢乃井バサラダイニング、神姫フードサービス、グリーンハウス、ターナ、美濃吉、木乃婦、旬平、ラヴィマーナ神戸、117グループ、T&G、バルニバービ、アトリエダーシなどがあります。

製菓製パンコース|学費:101~200万

概要

製菓製パンコースは、1年間という短期間で製菓衛生師の受験資格を効率よく取得することができるコースです。
洋菓子を中心に、和菓子やパンの基礎知識と技術を身につけることができます。
更に、放課後練習することができるので、授業で学んだ技術を確実に身につけることができます。
土曜日は基本的には自由登校日で、自主トレーニングに設けられています。

学費詳細・費用

製菓製パンコース 総額139万円
入学金:10万円
授業料:66万円
実習料:48万円
施設費:15万円
その他教科書・実習用品費、特殊調理実習料・卒業旅行積立金等が必要となります。

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、製菓衛生師の受験資格があります。

就職・内定先の実績

就職実績に、ウエスティンホテル、シーサイドホテル舞子ビラ、神戸パティスリーエスコヤマ、ルドルフ、ケーニヒスクローネ、カタシマ、ラトリエ・イチコ、ル・クール、シャウムクレーム、ル・プティブルー、菓子の実ヤマオカ、木いちご、ロマラン洋菓子店、メリーウィドウ、白バラ洋菓子店、大江の郷自然牧場、マリーポアラーヌなどがあります。

日本調理製菓専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

厳しい校則ですが、その分、現場にでて役立つことを多く教えてもらえて、実際に現場にでて役立つことも多かったです。
少人数制で先生との距離も近く一人一人の生徒をしっかりと見てくれます。
製菓衛生師の国家試験前は国家試験対策が毎日のようにしっかり時間を設けてありました。
過去問もしっかり対策して対策中のテストで合格点に満たない生徒に対しては別にしっかり対策してくれます。
学校にある機械や設備は基本的に現場に必要なものは揃っていました。
実習を多く体験することができるし知識も様々なことを教えてくれました。
大量に調理する機会も多々あるので貴重な経験もできました。
就職は、自分の希望する企業があれば親身になってサポートしてくれます。
みんな仲が良く楽しい学校でした。
講義も実習もわかりやすく自分でやる力を身に付けることができます。
学費が安くて、先生がフレンドリーで、少人数グループで、すごく良かったです。
卒業と同時に調理師免許がもらえるので普通に学校に行けば資格は確実に取ることができ、意欲次第では複数の資格も取れました。

口コミ元

ネガティブな口コミ

授業は至って普通です。
就職に対する意識が持てなかったです。
就職先について相談をしてくれませんでした。
上の先生たちが地域の催し物など、参加したいことが多すぎて、指導する現場の先生たちが大変そうでした。
やることが多すぎて大変でした。関西コンクールに選出されたらもっと大変でした。
学費はかなり高いです。
寮費も結構高いです。
入学前後もめちゃくちゃお金がいります。
1年だけ通う人は奨学金はもらえません。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*