横浜スイーツ&カフェ専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

横浜スイーツ&カフェ専門学校は神奈川県にある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
横浜スイーツ&カフェ専門学校は学校法人に認可されています。

横浜スイーツ&カフェ専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
製菓・調理・栄養系 神奈川県横浜市神奈川区西神奈川1-7-5 認可

姉妹校の情報

姉妹校として、札幌スイーツ&カフェ専門学校、仙台スイーツ&カフェ専門学校、大宮スイーツ&カフェ専門学校、東京スイーツ&カフェ専門学校、横浜スイーツ&カフェ専門学校、名古屋スイーツ&カフェ専門学校、横浜医療秘書歯科助手専門学校、横浜リゾート&スポーツ専門学校、横浜ビューティー&ブライダル専門学校、横浜こども専門学校、東京未来大学があります。

横浜スイーツ&カフェ専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

東急東横線東白楽駅/JR東神奈川駅/京浜急行仲木戸駅

横浜スイーツ&カフェ専門学校の入試情報

AO入試:AO入試対象のオープンキャンパス参加、学校見学、進学相談会、その他イベントに参加、書類審査、面談にて選考、AO特待生入学又はAO入学を選択、AO特待生入学のみ面接試験
高校推薦入学:書類審査
自己推薦入学:書類審査
一般入学:面接試験

横浜スイーツ&カフェ専門学校のオープンキャンパス情報

横浜スイーツ&カフェ専門学校では、様々な学校イベントが複数回開催されています。
高校1年生、2年生の内から体験できる、旬のデザートを使ったお菓子作りを体験できるイベントや高校3年生参加必須の入試説明会、特待生セミナー、AO入試・学費説明会などがあります。
また予約制で平日個別相談会を行っております。
高校2年生、3年生、既卒の社会人対象で、交通費補助支給があります。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

スイーツパティシエ科|学費:101~200万

概要

スイーツパティシエ科は、1年次に全員が受ける授業です。
少人数で調理、パン、スイーツ、ドリンクのトータルを基礎から学び、最大400のレシピを修得できます。
2年次にパティシエ専攻またはカフェフード専攻を選ぶことができます。
自分に合った専攻を選べるよう、実習授業を通して技術と知識を確実に身につけていきます。

学費詳細・費用

スイーツパティシエ科 総額134万円
入学金:10万円
授業料:66万円
施設設備費:26万円
実習費:32万円
年間学費と別に教科書代、材料費、検定受験料等に15万円~20万円程度必要になります。

取得可能な資格一覧

卒業までに食品衛生責任者、菓子製造技能士・パン製造技能士2級受験資格、製菓衛生師(※実務経験が必要となります)、フードコーディネーター検定、ラッピング検定、サービ接遇検定、色彩検定などの資格取得を目指すことができます。

就職・内定先の実績

株式会社ノバレーゼ、株式会社ダイヤモンドダイニング、株式会社SLD、株式会社ミリアルリゾートホテルズ、ザ・リッツカールトン東京、株式会社プリンスホテルなど、全国の有名店や、ホテル、カフェレストランへの内定者を輩出しています。
また、企業様と提携し、イベントへ参加や商品開発などを経験することにより、就職に有利になるポイントの一つとなります。

パティシエ専攻|学費:101~200万

概要

パティシエ専攻では、プロから直接指導や十っ州メインで、レシピの考案、学内店舗での実技実習、学外での実習など、より本格的により高いレベルでの知識・技術を身につけ、お客様から感謝されるプロのパティシエを目指します。

学費詳細・費用

パティシエ専攻 総額124万円
授業料:66万円
施設設備費:26万円
実習費:32万円
年間学費とは別に教科書代、材料費、検定受験料等に15~20万円程度必要となります。

取得可能な資格一覧

食品衛生責任者:菓子製造技能士・パン製造技能士2級受験資格があります。
製菓衛生師(※実務経験が必要となります。)、フードコーディネーター検定、ラッピング検定、サービ接遇検定、色彩検定などがあります。

就職・内定先の実績

株式会社ノバレーゼ、株式会社ダイヤモンドダイニング、株式会社SLD、株式会社ミリアルリゾートホテルズ、ザ・リッツカールトン東京、株式会社プリンスホテルなど、全国の有名店や、ホテル、カフェレストランへの内定者を輩出しています。
また、企業様と提携し、イベントへ参加や商品開発などを経験することにより、就職に有利になるポイントの一つとなります。

カフェフード専攻|学費:101~200万

概要

カフェフード専攻では、実際にメニューやドリンクを作ったり、カフェのプロデュースやメニュープランニングを、即戦力として活躍できるよう、業務を想定しながら、カフェのプロを目指します。

学費詳細・費用

パティシエ専攻 総額124万円
授業料:66万円
施設設備費:26万円
実習費:32万円
年間学費とは別に教科書代、材料費、検定受験料等に15~20万円程度必要となります。

取得可能な資格一覧

食品衛生責任者:菓子製造技能士・パン製造技能士2級受験資格があります。
製菓衛生師(※実務経験が必要となります。)、フードコーディネーター検定、ラッピング検定、サービ接遇検定、色彩検定などがあります。

就職・内定先の実績

株式会社ノバレーゼ、株式会社ダイヤモンドダイニング、株式会社SLD、株式会社ミリアルリゾートホテルズ、ザ・リッツカールトン東京、株式会社プリンスホテルなど、全国の有名店や、ホテル、カフェレストランへの内定者を輩出しています。
また、企業様と提携し、イベントへ参加や商品開発などを経験することにより、就職に有利になるポイントの一つとなります。

特別授業として、実際の現場をリアルに体験、実践できる「インターンシップ・ヨーロッパ研修」や自分だけの強みを身につけ、深く学べる「特別ゼミ」を開講しています。
ほかにも企業の方々と提携し、学校では体験できない、イベントへの参加や商品開発などを積極的に行っています。|学費:

概要

学費詳細・費用

取得可能な資格一覧

就職・内定先の実績

横浜スイーツ&カフェ専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

製菓、調理を幅広く学べて、明るい雰囲気です。
1年生は料理もお菓子も授業を受けるが、2年生になると選択することができるから良いです。
実技系以外にも、衛生や栄養などの理論の授業もあり、2年生の時には店舗実習に大変役に立ちました。
施設や設備がとてもきれいです。
学費は県内でも安いほうです。
資格に対して対策授業や補講があるので助かります。
生徒同士関わることが多いので、自然と仲良くなれます。
先輩たちも優しく声をかけてくれるので楽しいです。
就職指導の授業が1年生の時からあり、担任の先生が面談やアドバイスもしてくれます。
一人一人を思って気にかけてくれたのでサポート体制は大変良いです。
検定対策の座学があり、テストや補講も受けることができます。
卒業生が来校し、企業の説明会などを聞ける機会がありました。

口コミ元

ネガティブな口コミ

覚えることが細かく多すぎて何度も挫折しそうになることがあります。
先生によっては授業とは関係のない、イベントに力を入れている先生もいます。
就職しても1年以内で退職する人が多いです。
地元の人には就活のサポートが強く、遠方から来た学生に対してサポートがほぼなしです。
実習の先生は、生徒によって態度を変える先生もいて不快に感じることがありました。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*