横浜調理師専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

横浜調理師専門学校は神奈川県にある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
横浜調理師専門学校は学校法人に認可されています。

横浜調理師専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
製菓・調理・栄養系 横浜市神奈川区鶴屋町3-31-4 認可

姉妹校の情報

姉妹校として、横浜栄養専門学校、国立フランソワ・ラブレ・ホテル学校があります。

横浜調理師専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR横浜駅

横浜調理師専門学校の入試情報

推薦入試:面接
一般入試:作文、面接

横浜調理師専門学校のオープンキャンパス情報

模擬授業、体験実習、試食、校内見学、個別相談ができる体験入学&学校説明会を一年中通して数十回開催しています。
また、学校説明会のみも年数回開催しています。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

昼間部|学費:101~200万

概要

昼間部は、1年間で調理に関する各種操作や調理に関する理論を幅広く勉強することができ、調理師免許を(国家試験免除で)取得することができるコースです。
調理実習は一年間を通じて実施し、包丁の研ぎ方、包丁の扱い方、各料理分野での材料の選び方、それぞれの調理法や火加減、お皿への盛り付け方までの、調理に必要である基本的な技術と知識をオリジナルの調理実習で学ぶことが可能です。
また、校外実習(毎年8月)では、実際にお客様に対して料理を提供することを体験学習することで、プロの技術や厳しさ、料理を提供する喜びを肌で感じ取ることができ、今後の就職活動の起点とすることができます。
実習では、料理界の頂点に達している豊富なキャリアを持つ講師たちが直接丁寧に指導しています。
調理の実践で生きる、プロの心構えから技術までをしっかりと学ぶことができます。
さらに、本校専属の教師陣が、まるで家族と接するような雰囲気の中で、礼儀やマナーなどもきめ細かに指導し、就職後の社会で通用できる人材に成長できるように、常に生徒のそばでバックアップしています。
調理操作の理解に必要な科学的根拠に裏付けされた各種調理の理論や、衛生学、栄養学、食品学など必修理論も学ぶことで、調理操作を深く理解することができます。
これらのカリキュラムを通して、国家資格である調理師免許を(国家試験免除で)卒業と同時に取得することができます。

学費詳細・費用

昼間部 総額126万8千円
入学金:20万円
施設設備資金:15万円
授業料:91万8千円
その他経費:19万6千8百円

取得可能な資格一覧

卒業によって国家試験免除にて調理師免許の取得、食品衛生責任者、専門調理師・調理技能士学科試験免除(技術考査合格者)、食育インストラクター(食育インストラクター認定試験合格者)が取得できます。

就職・内定先の実績

東京、横浜を中心とした各種ホテル、横浜を中心に店舗展開する西洋料理/日本料理/中国料理レストラン、各種医療施設や学校給食調理やブライダル系など様々な就職先実績があります。

夜間部|学費:101~200万

概要

夜間部は、昼間部が1年で学習する内容を1年6ヶ月間のゆとりのある期間で、卒業と同時に国家試験免除で調理師免許を取得することができるコースです。
常時行われる調理実習で、包丁の研ぎ方、包丁の扱い方、各料理分野での材料選び、それぞれの調理法や火加減、お皿への盛り付けまでの基本的な技術と知識を本校オリジナルの調理実習で、ゆとりのある1年6ヶ月間で学ぶことができます。
また、校外実習(8月)では、実際にお客様に対して料理を提供することを体験学習することで、プロの技術や厳しさ、料理を提供する喜びを肌で感じ取ることができ、今後の就職活動の起点とすることができます。
さらに、本校専属の教師陣が、まるで家族と接するような雰囲気の中で、礼儀やマナーなどもきめ細かに指導し、就職後の社会で通用できる人材に成長できるように、常に生徒のそばでバックアップしています。
夜間部に通うのは、短大や4年制大学卒業後からの入学・ダブルスクール・社会人など、多様性のある年代や経験をしてきた学生が多く、色々な年代・経験でありながらそれぞれが切磋琢磨しながら調理師免許を取得するという同じ目的を持った仲間と一緒に学ぶことができるため、調理の技術や調理に関する知識を身に付けるだけではなく、様々な経験を通して「人として」成長できる機会を得ることができます。

学費詳細・費用

夜間部 総額126万8千円
入学金:20万円
施設設備資金:15万円
授業料:91万8千円
その他経費:19万6千8百円

取得可能な資格一覧

卒業によって国家試験免除にて調理師免許の取得、食品衛生責任者、専門調理師・調理技能士学科試験免除(技術考査合格者)、食育インストラクター(食育インストラクター認定試験合格者)が取得できます。

就職・内定先の実績

東京、横浜を中心とした各種ホテル、横浜を中心に店舗展開する西洋料理/日本料理/中国料理レストラン、各種医療施設や学校給食調理やブライダル系など様々な就職先実績があります。

横浜調理師専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

興味を持って聞いていれば授業はすべて役に立つ。
先生が良く話を聞いてくれるし同じ考えの友達もたくさんいる。
常に校内を清掃をしているので実習室はとても綺麗で清潔に保たれている。
設備は調理場で使うものがすべて揃っている。
アクセスの良さが抜群で、横浜駅西口から2分で学校に着きます。
授業料が他校と比較して安い。
就職率が大変高く、就職先が多すぎて選択に困るほどあります。
選定には担任が親身に相談に乗ってくれます。
学校にさえきちんと通っていれば卒業は簡単です。
私は専門調理師の資格と食育インストラクターの資格も取れました。
同じ学校の仲間が同じ興味のある事を学びに来た同志なので非常に話が合う。
就職時も良く話し合って決めることが出来ました。

口コミ元

ネガティブな口コミ

髪の毛の規律が非常に細かく、規定の長さ以上だと授業に出席ができないことがあります。
卒業前の料理の展示会も自宅で作ってから学校に持って行かなければならず余計な費用もかかり予定予算を上回ることになりました。
就職サポートはとても細かく、履歴書まで学校指定されたものを利用する必要があるため手間がかかり、1枚綴りで通常より値段が高いです。
字が汚い教員や、暑がりで冬でもエアコンをつける教員がいます。
設備は最低限はあったでしょうが、あの包丁セットであの値段、実際飲食店では使えるレベルとは到底言えないものでした。
実習授業の先生はプロのシェフであるためレベルが高く大変勉強になるが、座学の先生のレベルは低かった。
特に、情報処理の授業は不要だと思われる。
就職先が微妙な待遇、境遇ばかりだったため、就職後の離職率はかなり高かった。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*