群馬調理師専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

群馬調理師専門学校は群馬県にある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
群馬調理師専門学校は学校法人に認可されています。

群馬調理師専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
製菓・調理・栄養系 群馬県前橋市小屋原町1145-1 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

群馬調理師専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR上信電鉄線高崎駅

群馬調理師専門学校の入試情報

AO入試:書類審査
一般入試:書類審査
一般入試:書類審査、面接

群馬調理師専門学校のオープンキャンパス情報

フレンチ、イタリアン、和食、中国料理のコースから興味のあるコースを選択して実習を行うことができるコースになっています。
現場で活躍しているプロから料理の基本や応用、美味しい作り方などを教えてもらうことができます。
実習の他にも、在学生が案内をしてくれる校舎見学があり、施設内をじっくり見学することができます。
学校説明や入試説明の時間もあり、個別の相談にも対応してくれるので、気になることや疑問点をなんでも気軽に尋ねることができます。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

調理高度テクニカル学科|学費:101~200万

概要

入学してまず1年間は、西洋料理、日本料理、中国料理、全ての料理を学習していきます。
2年目からは、生徒が望んいている進路により3つの料理から選択し各コース別で勉強をしていきます。
料理について専門的な知識を身に着け、専門的な技術を修得することができます。
西洋料理は、料理の味だけでなく、テーブルメイキングや盛り付けも華やかです。
身近な料理からフルコースまで、様々なものを学習していかなければなりません。
味だけでなく、料理人のセンスが問われる料理でもあります。
フランス料理、イタリア料理、スペイン料理などヨーロッパの料理を学ぶことができ、西洋料理専門の実習室も完備しています。
日本料理では、季節の移り変わりをあらゆる食材を利用して表現していきます。
包丁や調理器具の使い方をマスターし、まずは基本から学習していきます。
お刺身、焼き物、煮物、揚げ物、蒸し物など日本料理には様々なお料理があります。
どれも繊細なものばかりです。
料理を引き立ててる器選びも重要なポイントです。
の本料理専用自習室を完備し、和食器もたくさんありますので、実践に近いかたちで勉強することができます。
中国料理では、豪快な手さばきと絶妙な火加減が大事とされています。
舌だけでなく五感を使って楽しむ料理であることから、こちらについても学習を進めていきます。
中華包丁や中華鍋の使い方から、調味料の使い方などを学び、土台を作ってから、北京ダックやフカヒレを使った料理など会席料理をマスターしていきます。
それだけでなく、カフェフードなどのあらゆるジャンルについて学習を進めていきます。
群馬県内だけでなく、首都圏の一流ホテルやレストランへの道が切り開かれており、自分のお店を持つことも実現可能なカリキュラムとなっています。

学費詳細・費用

調理高度テクニカル学科 総額108万円
入学金:10万円
授業料:77万円
教育充実費:5万円
施設設備費:5万円

取得可能な資格一覧

調理師免許証、文部科学省認定「専門士」取得、全国調理師養成施設協会食品技術管理専門士登録証、技術考査、国家資格レストラン差イービス技能士3級、介護食士、食育インストラクター、群馬県ふぐ取扱者衛生修了証を取得することができます。

就職・内定先の実績

帝国ホテル、セルリアンタワー東急ホテル、パレスホテル、グランドハイアット東京、プリンスホテル、ヒルトン東京お台場、横浜ロイヤルパークホテル、東急リゾートサービス、俺の、リゾートトラストなどへの就職をしています。

調理師学科|学費:100万以下

概要

1年間で職場で通用する技術を修得し、調理師を目指すコースです。
まず基本的な知識や技術を身につけ、その後にフランスやイタリアといった西洋料理、中国料理、日本料理や応用調理、エスニック料理など世界各国の調理を学習することができます。
食生活や健康、調理理論や食文化概論など座学での学習とより実践を学ぶことができる調理実習と総合調理実習などが用意されています。
調理器具の使い方や素材の見分け方など基礎から学ぶことができるので、安心して授業に取り組むことができます。
座学での授業では、衛生法規、栄養学、公衆衛生学、食品学、食品衛生学、食文化概論、調理理論を学習していきます。
1年間と短い期間ながら、しっかりと蜜の濃い授業を受けることができます。
また、西洋料理では、基礎技術からデザートまでを学び、日本料理では、焼き物や刺し身、そばや寿司まで一通りを学習し、日本料理の基礎を徹底的に学んでいきます。
そして、中国料理では切り方と包丁さばきをマスターしていき、中国料理の特徴でもある中華鍋を使えるよう特訓していきます。
応用料理では、集団給食のために大人数の食事を調理することです。
学校や病院や施設などで提供されとり、基準調理実習とは異なった調理器具や調理法を学んでいきます。

学費詳細・費用

調理師学科 総額108万円
入学金:10万円
授業料:77万円
教育充実費:5万円
施設設備費:5万円

取得可能な資格一覧

調理師免許証、介護職士3級、食育インストラクター、技術考査などを取得することが可能です。

就職・内定先の実績

帝国ホテル、プリンスホテル、セルリアンタワー東急ホテル、東急リゾートサービス、ブライダルプロデュース、三笠会館、アクアプラント、ピッツェリアペスカ、恵愛堂病院、ほたか書い、やまゆり荘などへ内定を獲得しています。

群馬調理師専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

先生と生徒の距離がとても近く、皆仲良く学習することができます。
困ったことがあった時などは助けてくれる先生ばかりです。
放課後に実習室が開放されるので、授業以外で技術の向上をはかることも可能です。
設備も整っており、綺麗なので、これから調理師を目指す者として楽しく学習することができます。
就職率も高く、有名ホテルやレストランなどへの就職が可能です。
就活シーズンには先生が親身になって相談にのってくれ、サポート体制も万全ですので、安心して就活へ挑むことができます。

口コミ元

ネガティブな口コミ

古い校舎ではあるが、設備が整っており、実習室は常に綺麗に保たれています。
また、実際に活躍をしているシェフが授業をしてくれることもあって、若干授業料が高く感じました。
ただし、授業料を支払うだけの実績があることから、その価値がある学校であります。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*