広島酔心調理製菓専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

広島酔心調理製菓専門学校は広島県にある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
広島酔心調理製菓専門学校は学校法人に認可されています。

広島酔心調理製菓専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
製菓・調理・栄養系 広島県広島市西区福島町2-4-1 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

広島酔心調理製菓専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

広島電鉄西観音町駅

広島酔心調理製菓専門学校の入試情報

推薦入試:書類審査
一般入試:書類審査
社会人入試:書類審査

広島酔心調理製菓専門学校のオープンキャンパス情報

広島酔心調理製菓専門学校では、体験入学を兼ねたオープンキャンパスをほぼ毎月開催しています。
調理師科コースと製菓衛生師科コースで開催日程が異なる場合がありますので、ご希望の参加コースがある方は事前に公式ホームページをご確認ください。
当日は具体的なカリキュラムや就職サポートなどについて説明が行われたあと、校内見学を経て、実際に料理やお菓子作りを体験することができます。
エプロンは学校から貸し出されますので、参加当日にお持ちいただくのは筆記用具のみで大丈夫です。
料理経験がない方でも、講師が丁寧にデモンストレーションを行いますので安心です。
また、3月と7月には高1生、高2生向けに「スペシャルオープンキャンパス」が企画されており、体験実習はありませんが、プロの講師陣が目の前で作った豪華料理をバイキング形式で楽しむイベントとなっています。
どちらも当学校の雰囲気や具体的な授業を知る上で重要な機会となっていますので、入学を検討中の方はぜひ参加しておきたいところです。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

調理師科|学費:201~300万

概要

調理師科は、「2年コース」と「1年コース」の2コースに分かれています。
どちらのコースでも、日本料理、西洋料理、中国料理、和菓子、洋菓子などあらゆるジャンルを学び、総合力に優れた調理師を目指す点は共通です。
「2年コース」の特徴は2つあり、ひとつはホテル、レストラン、病院などでの校外実習を通して現場感覚を磨くことを重視している点、もうひとつはフランス語、経営学、マナー学、茶道、フラワーなど幅広い教養科目を学べる点です。
明確な現場のイメージを持った上で高い教養を身につけることにより、一流のホテル・サロンへの就職、または将来的に自分の店を開業する夢の実現を視野に入れられることが2年コースのポイントです。
「1年コース」は、短期間で集中的にスキルを身につけ、効率的な学習で調理師免許を取得したい方向けのコースです。
高校新卒者や、社会人、主婦、定年を迎えられた方など、さまざまな年齢層の生徒が在籍していることが特色のひとつとなっており、クラス内で刺激を与えあいながらプロの調理師を目指します。

学費詳細・費用

調理師科(2年コース) 総額251万円
入学金:15万円
授業料:64.2万円
実習費その他:53.8万円
調理師科(1年コース) 総額133万円
入学金:15万円
授業料:64.2万円
実習費その他:53.8万円

取得可能な資格一覧

調理師免許、食品技術管理専門士、食品衛生責任者、フードコーディネーター、新調理システム管理者、介護食士、食育インストラクター、キュイジーヌ&バンケットコーディネーター、専門士、調理師養成施設調理実習助手資格などの資格取得を目指します(※一部は2年コースのみ取得可能)。
また、両コースに共通して、「通信課程製菓衛生師科」のカリキュラムを併修することで、製菓衛生師(国家資格)の受験資格を得ることができます。

就職・内定先の実績

ホテルサンルート広島「ヴィアーレ」、広島ダイヤモンドホテル、アルジェントASO、広島赤十字・原爆病院、kitchenしえのり、帰燕、銀座かなわ、東天紅TOH-TEN-KOH、医療法人社団あと会、Ocean Dining海豚などが主な就職先となっています。
和・洋・中とジャンルを問わず、ホテル、料亭、レストラン、病院などさまざまな調理現場への就職例が確認されています。
また、卒業後、念願だった自分の店を開業した卒業生も少なくないようです。

製菓衛生師科|学費:201~300万

概要

製菓衛生師科は、2年間の学習によって国家資格である「製菓衛生師」試験に合格し、世界でも通用する高い技術を持ったパティシエを目指すコースです。
ケーキ、製パン、和菓子、チョコレート、飴細工など、世界中にある300以上のレシピをさまざまな技法とともにマスターし、実習を強く意識したカリキュラムによって着実な技術習得を目指します。
1年次は関西、2年次は東京への研修旅行があり、ホテルやレストランで本場の雰囲気や技術を学べる点もポイントです。

学費詳細・費用

製菓衛生師科 総額292.6万円
入学金:15万円
授業料:68.4万円
実習費その他:70.4万円

取得可能な資格一覧

製菓衛生師、食品衛生責任者、フードコーディネーター、カフェクリエーター、パティスリーラッピング、専門士などの資格取得を目指します。
製菓衛生師はお菓子作りのプロの証明となる資格であり、全国平均の合格率が70%前後であるのに対し、当学科では毎年100%近い合格率を実現しており、本気でパティシエを目指したいと考える方にとって心強い実績となっています。

就職・内定先の実績

ボックサン、白十字、Mehl、PATISSERIE R、あさひ製菓、ハーベストタイム、パティスリー・ナチュール・シロモト、ショコラパブリック、黒船、創作菓子8月のカメリアン、正木牧場などが主な就職先となっています。
キャリアガイダンスに始まり、個別相談会、企業ガイダンス、面接指導など、手厚い就職サポートを受けられる点が広島酔心調理製菓専門学校を選ぶ上での大きなポイントです。
インターンや課外実習制度を利用して実務を経験した店舗への就職例も少なくないようです。

広島酔心調理製菓専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

生徒の事を真剣に考えて下さる素敵な先生の多い所が酔心の強みです。
調理師免許、衛生管理責任者の取得は絶対取れます。
学校の近くには市電が通っているし、駅も近いです。
学校の近くにコンビニもあるのでとても便利。
実習でつかう器具などはたくさんあり、大量生産に使える大きい機械や道具を使ったり出来て将来役に立ちます。
製菓は女子が多く調理科は男子が多いので恋愛に発展することもあります。

口コミ元

ネガティブな口コミ

真剣に学ぶのであればとても忙しく、体力的にもキツイです。
先生達が厳しいのでやりたくなくてもやらなきゃいけなくなる。
ホテルで働きたいと思う人は(求人が少ないため)少し考えた方がいい。
厳しいことを言われたりもします。
朝は早いしなかなか大変です。
製菓衛生師科の就職率は調理科に比べてあまり良くありません。
日々の放課後練習用や、家での練習用の食材費が意外とかかります。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*