広島製菓専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

広島製菓専門学校は広島県にある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
広島製菓専門学校は学校法人に認可されています。

広島製菓専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
製菓・調理・栄養系 広島県広島市中区加古町1-19 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。
広島製菓専門学校は、学校法人吉沢学園のグループ校のひとつです。

広島製菓専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

広島電鉄袋町駅/広島電鉄市役所前駅/広島電鉄舟入町駅

広島製菓専門学校の入試情報

一般入試:書類審査、面接、適性試験
推薦入試:書類審査、面接
指定校推薦入試:書類審査、面接
トライ入試:オープンキャンパス参加、書類審査(面接を実施する場合あり)

広島製菓専門学校のオープンキャンパス情報

広島製菓専門学校では、毎月オープンキャンパスを開催しています。
特に7月や8月は複数回の開催となっていますので、高校生の方などは夏休みを利用して参加しやすくなっています。
当日は学校説明・入試説明のあと、洋菓子コースとパンコースに分かれて体験実習を行います。
体験メニューは日程によって異なり、洋菓子コースではロールケーキ、シュークリーム、マカロン、ガトーショコラ、パンコースではドーナツ、ベーグル、クロワッサンなど多様なメニューが用意されています(※この体験実習への参加を希望される方はエプロンをご持参ください)。
進路相談も受け付けていますので、入学後のキャンパスライフや卒業後の就職先など具体的なところが気になる方はぜひ参加しておきたいところです。
また、「トライ入試」をご利用予定の方は、オープンキャンパス参加によって与えられる「修了証」の提出が応募条件のひとつとなっていますので、忘れずに開催日程をチェックしておきましょう。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

洋菓子科|学費:201~300万

概要

洋菓子科は、2年間の学習で製菓の基礎知識や材料の扱い方について体系的に学び、豊かな感性と高い技術を両立したパティシエを目指すコースです。
実習による技術習得を重視したカリキュラムが洋菓子科のポイントとなっており、1年次から有名洋菓子店のオーナーシェフ、有名ホテルのチーフパティシエなど、超一流のパティシエがじかに生徒の指導にあたり、高度な技法習得を促します。
2年次は、1年次に学んだ理論や技術を踏襲しつつ、シュガークラフトやアメ細工など、さらに発展的な技法の習得を目指し学んでいきます。
調理技術だけではなく、カラーコーディネイト、デッサン、外国語、接客マナー、栄養学、ラッピング、POP作成など、教養科目やディスプレイ技術などを総合的に学べる点も洋菓子科の特徴であり、ただ「作る」だけではなく、深い「おもてなし」の心を持って人を喜ばせることに長けた感性豊かな製菓職人の育成を目指します。

学費詳細・費用

洋菓子科 総額225万円
入学金:15万円
授業料:52万円
実習費:33万円
設備費:20万円

取得可能な資格一覧

製菓衛生師、製菓製造技能技士、食品衛生責任者などの資格取得を目指します。
1年次のカリキュラムを修了することによって製菓衛生師資格の受験資格を得ることができ、2年次に同資格の試験を受験するスケジュールとなっています。
在学中に製菓衛生師資格を取得できるため、就職活動時に有利に働きます。
また、卒業後3年の実務経験を積むことによって、お菓子作りの先生として指導できる職業訓練指導員の資格を得ることができます。

就職・内定先の実績

ANAクラウンプラザホテル、ホテル東急、ケーキショップ・プティ・スリール、ラ・セゾン洋菓子店、プチフランス、シフレ洋菓子店、洋菓子工房プランタン、ケーキハウスアルファ、シューベルト、シーホースなどが主な就職先となっています。
ホテルや洋菓子店などに豊富な就職実績があり、オーナーシェフなど責任ある立場を任されている卒業生も少なくありません。

製パン科|学費:201~300万

概要

製パン科は、2年間の学習で製パンの奥深い知識・技術を身につけたブーランジェ(パン職人)を目指すコースです。
「ブーランジェになるためには毎日パンを作ること」をキーワードに、仕込み、発酵、形成、焼成までの行程を毎日繰り返します。
シンプルでありふれた食材だからこそ、さまざまな味や食感を出すために基本を何度も反復して覚えることが重要となるからです。
1年次で基礎から応用まで必要なスキルを余さず習得することを目指し、2年次になれば社会人としてすぐ現場で働ける人材となるよう、就職を強く意識したカリキュラムとなっているのがポイントです。
大型オーブン、製餡プラント、大型ミキサー、ホイロなど、現場同様の充実した設備に慣れることができる点も特徴です。

学費詳細・費用

洋菓子科 総額229万円
入学金:15万円
授業料:52万円
実習費:35万円
設備費:20万円

取得可能な資格一覧

製菓衛生師、食品衛生責任者などの資格取得を目指します。
デザインやカラーコディネートの授業もありますので、本人の努力次第でさまざまな資格取得を目指すことができます。

就職・内定先の実績

アゴラ製パン、タカキベーカリー、福山ニューキャッスルホテル、ナガイ製パン、エンジェルパルテ、リリエンベルグ、西村ベーカリー、リョーユーパン、備北自然想菓風季舎、レアールパスコベーカリーズなどが主な就職先となっています。
広島製菓専門学校では、就職のためのオリエンテーション、適性検査、複数回の面談、履歴書の書き方から模擬面接まで、ひとりひとりが希望の業種・職場に就職できるよう多様なサポートを行っています。
すぐに自分の店を持つのが難しくても、どのような職場で腕を磨いたらよいかアドバイスを行っており、就職率は毎年高い水準が保たれています。

広島製菓専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

調理器具や調理設備も充実していて、学びやすい環境で大変良いです。
比較的新しい建物で調理器具なども充実していて非常に学びやすい環境でした。
年間の学費から実習で使う材料費にあてるので、後から材料費を払うことはありません。
希望するお店に就職決まる人がほとんどでした。
広い実習室があるし、放課後は練習するのに使わせてもらったり。
(就職について)学校とお店がつながっていて、いろいろなお店を学校から紹介してもらえる。
学校で出会った友達は同じ職種に就くことになるので一生の関係になる。

口コミ元

ネガティブな口コミ

毎日実習があって大変。
先生は生徒を贔屓していたり、座学の授業もあんまり身につかなかった。
向き不向きがあるのでやはりパティシエとして成功するという強い信念がないとこの業界も厳しい。
駅から徒歩だと少し距離がある。
スクールバスが決まった時間にしかないので逃すと行き帰りが大変でした。
授業をするにあたって自分専用の器具や制服を購入しなければならないので、学費は少し高いように感じました。
学費が高い割には使う材料が安いものだったりする。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*