大阪ファッションアート専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2019-09-20

公開日:2019-08-21

         

大阪ファッションアート専門学校は大阪府にあるファッション・アパレル系の専門学校です。
大阪ファッションアート専門学校は学校法人に認可されています。

基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
ファッション・アパレル系 大阪府大阪市西成区天下茶屋3-20-13 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

パンフレット・資料を見る

入試・オーキャンコース詳細

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

南海電気鉄道天下茶屋駅/大阪市高速電気軌道天下茶屋駅

入試情報

AO入試:課題実習、面接(エントリーシート提出必須)
推薦入試:書類審査※面接を要する場合有り
一般入試:書類審査※面接を要する場合有り※留学生志願者は、面接があります。

オープンキャンパス情報

大阪ファッションアート専門学校では、土曜日を中心にオープンキャンパスを開催しています。
オープンキャンパスでは、午前中に学校案内及びカリキュラム説明、そして、ファッションデザイン体験(ミシンとロックミシンを使用した作品製作など)、ファッションビジネス体験(イラスト着色とイメージマップ作成など)、グラフィックデザイン体験(最新ソフトを活用した画像加工やイラスト作成など)の3つから事前に申し込んだ製作体験を行い、在学生たちと交流しながらのランチタイムの後、コーディネイト及び写真加工体験をして終了となります。
また、入試や学費についての説明会なども同時開催しており、入学を検討している子どもを持つ保護者の参加も歓迎しているほか、オープンキャンパス参加者全員に大阪ファッションアート専門学校で使用できる1万円相当のクーポンと1千円のQUOカードがプレゼントされます。

コース詳細・著名な卒業生

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。
クリックすると詳細がご覧になれます。

グラフィックデザインコース|学費:101~200万

概要

グラフィックデザインコースでは、2年間でアパレル業界の多様化した販路に対応できる技術を身につけた人材を育成します。
1年次にソーイングの初歩~トレンド分析までのファッション業界における基本的な知識や技術を学び、2年次はグラフィックデザインやWEBデザインのスキル習得と共に企画力やコミュニケーション能力を養います。
企画立案から始まり、マーケティングやブランディング、デザインという流れを繰り返し学ぶと同時に、ソーシャルネットワークやネットショップの使用及び活用方法を学ぶことで、仕入れや在庫管理、接客、入金、発送までを総合的に理解できるようなカリキュラムが組まれています。
少人数制であることのメリットを活かし、生徒1人1人の個性やスキルを最大限に引き出す指導が特徴です。

学費詳細・費用

グラフィックデザインコース 総額135.2万円
入学金:12万円
授業料:45.6万円
設備維持費:16万円※その他、教科書等の諸経費がかかります。

取得可能な資格一覧

公式サイトでは非公開となっていますが、口コミサイトなどでは、パターンメーキング技術検定、ファッション色彩能力検定などファッションに関わる資格が見受けられました。

就職・内定先の実績

株式会社アトリエドール、イトキン株式会社、株式会社カネコイサオ、株式会社のんのん、ジョルジオアルマーニジャパン株式会社、フォルムアイ株式会社、株式会社犬印本舗、吉田元工業株式会社、株式会社フランドル、株式会社イムズ、パルグループなどのデザイン系やWEB系、アパレル系、そして印刷会社など様々な分野の企業から内定をもらっています。
アートディレクターやWEBディレクターなどチームを指揮する職種で活躍している生徒も少なくありません。
学校では、少人数体制に加えて就職活動の相談などが気軽にできる雰囲気作りを常に意識しており、生徒1人1人に丁寧な就職サポートを行っています。

ファッションビジネスコース|学費:101~200万

概要

ファッションビジネスコースでは、2年間で時代のニーズを感じ取ると同時に新しいニーズを生み出すことができるファッション業界の先導者を育成します。
1年次にファッション業界についての基礎的な知識やスキルを幅広く学び、2年次には商品企画やプレゼンテーション、ディスプレイに加え、商品流通や市場調査などのビジネスを支えているものについても学びます。
特にディスプレイの授業では、空間の活用方法や顧客を惹きつける店舗及び売り場の演出を行うための法則などを、現役で活躍している講師から直接学ぶことができます。
ヨーロッパ研修旅行や、年に1回開催されるファッションショーなどを通じてセンスを磨きつつ、接客に必要なマナーやコミュニケーション能力を養います。

学費詳細・費用

ファッションビジネスコース 総額135.2万円
入学金:12万円
授業料:45.6万円
設備維持費:16万円※その他、教科書等の諸経費がかかります。

取得可能な資格一覧

公式サイトでは非公開となっていますが、口コミサイトなどでは、ファッション色彩能力検定、ファッションビジネス能力検定、ファッション販売能力検定などの資格が見受けられました。

就職・内定先の実績

有限会社ダブルオーバー、株式会社日本ウエディング、株式会社オンリー、株式会社タップ、ヘンケル株式会社、株式会社レナウン、株式会社ドリーム、DIESEL JAPAN株式会社、株式会社ファーストリテイリング、株式会社ミキハウス、株式会社コスパなどの企業から多くの生徒が内定を得ています。
職種も、アパレル販売やマーチャンダイザー、ファッションアドバイザーなど多岐に渡っています。
学校では、既に多数の卒業生をファッション業界に送り出しており、その実績が企業の信頼を勝ち得て、多くの生徒の内定獲得の助力となっています。

ファッションデザインコース|学費:101~200万

概要

ファッションデザインコースでは、2年間でファッション業界の創造的な仕事に携わることができる人材を育成します。
1年次は、ファッション業界の基礎であるソーイングやデザイン、マーケティング、パターンメイキング、造形、色彩、トレンド分析などを総合的に学びます。
2年次は、国内のアパレル業界が多用しているアパレルCADの技術を身につけつつアパレルCAD検定の資格取得を目指すと同時に、ファッション造形やファッションイラストの授業を通じて、発想力やデザイン力そして創造力を養います。
少人数で行われるため、特に実習では必ず全員が作業に関わることができるように配慮されており、講師にも質問しやすい環境が整えられています。

学費詳細・費用

ファッションデザインコース 総額135.2万円
入学金:12万円
授業料:45.6万円
設備維持費:16万円※その他、教科書等の諸経費がかかります。

取得可能な資格一覧

授業の中に取り入れられているアパレルCAD検定を中心にファッション関係の資格取得を目指すことができます。

就職・内定先の実績

株式会社ベルモード、株式会社シティーヒル、株式会社ファイブフォックス、丸高衣料株式会社、株式会社ヤマダヤ洋品店、株式会社オンワード樫山、株式会社ルームズ、株式会社サンエーインターナショナル、株式会社ワールドストアパートナーズ、株式会社又一洋行などの企業から多くの生徒が内定をもらっています。
ファッションデザイナーやパタンナー、ファッションアドバイザー、ネット販売員などの職種が多く、会社内で複数の職種の仕事を1人でこなしている生徒も見られます。
学校として就職のバックアップに力を入れており、生徒と先生及び講師の距離を近くするなど、きめ細やかな支援を行うことができる環境を整えています。

卒業した有名人

大阪ファッションアート専門学校を卒業した有名人のデータは特にないです。

パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

少人数制の授業も魅力で、先生方もとても丁寧に教えてくれます。
大阪では有名なファッション専門学校です。
学費の部分も同様の専門学校と比べて、補助して貰える部分が多く魅力的です。

口コミ元

ネガティブな口コミ

現在、調査中です。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*