大阪文化服装学院の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-08-21

         

大阪文化服装学院は大阪府にあるファッション・アパレル系の専門学校です。
大阪文化服装学院は学校法人に認可されています。

大阪文化服装学院の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
ファッション・アパレル系 大阪府大阪市淀川区三国本町3丁目35-8 認可

姉妹校の情報

姉妹校として提携しているのは米国ニューヨーク州立ファッション工科大学です。

大阪文化服装学院の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

阪急宝塚三国駅

大阪文化服装学院の入試情報

一般入試A:スーパーデザイナー科のみ課題実習、課題作文、面接、書類選考
一般入試B:条件は大学・短大・専門学校からの再進学を志す者、スーパーデザイナー科のみ課題実習、スーパーデザイナー科AO入試合格で免除、面接、課題作文、書類選考
一般入試C:条件は義務教育を卒業済みで18歳以上、スーパーデザイナー科のみ課題実習、スーパーデザイナー科AO入試合格で免除、面接、課題作文、国語と数学の筆記試験、書類選考
一般入試D:条件は日本以外の国籍を持つ者であること、スーパーデザイナー科のみ課題実習、スーパーデザイナー科AO入試合格で免除、面接、課題作文、書類選考
AO入試:AOエントリー提出、スーパーデザイナー科のみ課題実習、面接
推薦入試:面接、書類選考、スーパーデザイナー科のみ課題実習、課題作文はブランドマネージメント学科だけ
指定校推薦入試:面接、ただし面接はAO入試合格者は免除、書類選考

大阪文化服装学院のオープンキャンパス情報

大阪文化服装学院のオープンキャンパスはAOエントリーの資格を入手できるAO入試説明会があります。
また入試の範囲や学科の特色や授業概要などを詳しくしることができます。
また同時開催で保護者説明会もあります。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

スーパーデザイナー学科|学費:301~400万

概要

スーパーデザイナー学科は1年次は基礎を学び、2年次は表現の進化、向上を目指します。
3年次は自分の考えを商売に上手く溶け込ませられるようになっています。
また海外に短い間留学できるようになります。
4年次は自分ひとりの繋がりでデザインや縫製、コンセプトなどをできるようになっています。

学費詳細・費用

スーパーデザイナー学科 総額394万円
入学金:30万円
維持:24万円
授業料:33万5000円

取得可能な資格一覧

商品装飾展示技能士、高度専門士の称号、日商PC検定3級、リテールマーケティング3級、AFT色彩検定 2級・3級、洋裁技術認定試験、ファッション色彩能力検定 2級・3級、パターンメーキング技術検定 1級・2級・3級、ファッション販売能力検定 2級・3級、ファッションビジネス能力検定 2級・3級、商品装飾展示技能検定3級などの資格を取得できます。

就職・内定先の実績

株式会社アバハウスインターナショナル、株式会社アダストリア、アッシュ・ペー・フランス株式会社などが内定先として挙げられています。

ファッション・クリエイター学科|学費:301~400万

概要

服飾想像し作り出す人のための学科です。
オリジナルの教育で、学生の服づくりに欠かせない能力を育んでいきます。1年次では、基礎的な知識を習得し、自分にあったものを探します。2年次3年次からは専門性のある6つのコースから1つだけ選び学習します。

学費詳細・費用

ファッション・クリエイター学科 総額330万円
入学金:30万円
授業料:28万円
維持費:24万円

取得可能な資格一覧

商品装飾展示技能士、高度専門士の称号、日商PC検定3級、リテールマーケティング3級、AFT色彩検定 2級・3級、洋裁技術認定試験、ファッション色彩能力検定 2級・3級、パターンメーキング技術検定 1級・2級・3級、ファッション販売能力検定 2級・3級、ファッションビジネス能力検定 2級・3級、商品装飾展示技能検定3級などの資格を取得できます。

就職・内定先の実績

株式会社イワサキ、株式会社ソシアル、株式会社レナウンなどが内定先としてあります。

ブランドマネージメント学科|学費:301~400万

概要

大阪文化服装学院のブランドマネージメント学科には2つのコースがあるのです。
ブランドを統括できる在学中から優れた人材を育てるプロデューサーコースと在学中に自分の店を持って企業家やファッション業界のけん引役を目指すコースです。
実際に店を出してショップ経営について必要になるノウハウを積んでいきます。

学費詳細・費用

ブランドマネージメント学科 総額303万円
入学金:30万円
維持:24万円
授業料:33万5000円

取得可能な資格一覧

商品装飾展示技能士、高度専門士の称号、日商PC検定3級、リテールマーケティング3級、AFT色彩検定 2級・3級、洋裁技術認定試験、ファッション色彩能力検定 2級・3級、パターンメーキング技術検定 1級・2級・3級、ファッション販売能力検定 2級・3級、ファッションビジネス能力検定 2級・3級、商品装飾展示技能検定3級などの資格を取得できます。

就職・内定先の実績

株式会社チェスト、株式会社ジャヴァコーポレーション、株式会社ジャパンイマジネーションが内定先のデータとしてあります。

ファッション・ビジネス学科|学費:101~200万

概要

販売経営者に必要な知識、ノウハウ、話術、交渉能力を身につけていきます。
1年次では知識とスキル、2年次ではプレス&インフルエンサー、ショップスタッフ、バイヤー等のコースから選択し専門的な分野に足を踏み入れて未来の仕事に活用していく必須になるであろうスキルと役立つ知恵を獲得していくことになります。

学費詳細・費用

ファッション・ビジネス学科 総額190万円
入学金:30万円
維持:24万円
授業料:28万円

取得可能な資格一覧

商品装飾展示技能士、高度専門士の称号、日商PC検定3級、リテールマーケティング3級、AFT色彩検定 2級・3級、洋裁技術認定試験、ファッション色彩能力検定 2級・3級、パターンメーキング技術検定 1級・2級・3級、ファッション販売能力検定 2級・3級、ファッションビジネス能力検定 2級・3級、商品装飾展示技能検定3級などの資格を取得できます。

就職・内定先の実績

内定先として株式会社ジャヴァコーポレーション、有限会社シューズミニッシュ、ディーゼルジャパン株式会社などがあります

スタイリスト学科|学費:101~200万

概要

大阪文化服装学院はスタイリスト学科は2年制・定員70名の学科です。
TVやCMで活躍できるような優秀なスタイリストを輩出している学科です。
講師は現在も現役で活躍しているスタイリストを講師を招き講義をしています。
プロの指導なのでとても丁寧で、含蓄にとんで今後に生かせる現場仕込みのスキルと知識を習得できます。

学費詳細・費用

スタイリスト学科 総額190万円
入学金:30万円
維持:24万円
授業料:28万円

取得可能な資格一覧

商品装飾展示技能士、高度専門士の称号、日商PC検定3級、リテールマーケティング3級、AFT色彩検定 2級・3級、洋裁技術認定試験、ファッション色彩能力検定 2級・3級、パターンメーキング技術検定 1級・2級・3級、ファッション販売能力検定 2級・3級、ファッションビジネス能力検定 2級・3級、商品装飾展示技能検定3級などの資格を取得できます。

就職・内定先の実績

株式会社ロビン・インターナショナル、株式会社マッシュホールディングス、株式会社TSIグルーヴアンドスポーツ、瀧本株式会社が内定先としてあります。

大阪文化服装学院の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

毎年1人に対して何社ほどの求人があり、県内だけでなく県外の有名な会社に就職する人も昨年の先輩のなかにはいるので、実績はほかの専門学校と比べて圧倒的にあります。先生方も親身になって相談を聞いてくれて、ひとりひとりの希望に沿った企業も一緒に探してくれます。面接の練習も授業の他放課後もしてくれます。
2年制では基礎的なことがほとんどですが、マスター学科はパターン、ミシン、スタイリング、ドローイング、ブランド企画、デザイン、パソコン、就職対策まで密に学べます。
インターンシップでも自分の就きたい師匠さんの元で長期でアシスタントができるので、学生の頃から現場の仕事を学べます。
課題が多くて大変ですが少人数クラスなので皆と高め合って学ぶことができます。

口コミ元

ネガティブな口コミ

やっぱ何かと東京には負けてるなと日に日に痛感します。
本気で服飾につきたいなら本場の東京、文化服飾をおすすめます。
大阪は治安もそんなよくないし、しかもなにかと人柄は悪いし、変に目立とうとしてる人多いし、みんな本気で服飾目指してるんか分からないです。
そんな中で授業してもなぁ~って感じはします。
実際大阪文化から羽ばたいて有名になった人ってそんな居ないのが現実で東京はコシノジュンコ、ツモリチサト、emma とか色々活躍してる方々でいっぱいだけど大阪はそう及ばないのが現実です。
大阪文化に来るくらいなら上田安子とかに行った方がマシだと思います。
自分も実際上田安子と悩んだ結果名前で大阪文化に来ただけであって失敗したな~と思っています。
ほんとうに本気で大阪文化に行こうと思ってる人には本気でもう一回考え直してほしいなと思います。
本気で服飾につきたいなら全くもって本気でオススメしないです。
あと、東京の方が環境もいいし、道具なんかも揃ってるようです。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*