専門学校 千葉デザイナー学院の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-07-09

         

専門学校 千葉デザイナー学院は千葉県にあるIT・コンピュータ・Web系の専門学校です。
専門学校 千葉デザイナー学院は学校法人に認可されています。

専門学校 千葉デザイナー学院の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
IT・コンピュータ・Web系
デザイン・写真・芸術系
千葉県千葉市中央区弁天1丁目2-11 認可

姉妹校の情報

千葉デザイナー学院に姉妹校はありませんでした。

専門学校 千葉デザイナー学院の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR千葉駅

専門学校 千葉デザイナー学院の入試情報

一般入試:面接、書類選考
AO入試:面接
推薦入試:書類選考

専門学校 千葉デザイナー学院のオープンキャンパス情報

千葉デザイナー学院のオープンキャンパスで参加できる体験実習ではプロが実際に現場で使用しているハイエンドなPCとデザインすることに特化したソフトでデザインに挑戦できます。
参加者に特に制限はないです。
どなたでも参加できます。
保護者の方と同伴でも大丈夫です。千葉デザイナー学院のオープンキャンパスは毎月開催されています。
また平日の学校見学も受付しています。
学校見学では授業も見学できます。
それ以外では中学生を対象とした進路相談会などを開催しています。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

デザイン科・3年制|学費:201~300万

概要

デザイン科・3年制には2つのコースがあります。
マスターデザインコースとWEB・CG・アニメーションコースです。
マスターデザインコースは将来の日本の商業デザイン業界を背負う人材を育成しています。
授業は課題として広告のデザインをしたり、画材をつかって絵を描いて表現力を磨いたり、広告の潜在能力を生かすために媒体に沿わせてデザインすることを学んだり、サイトを作るのに必要なPCの設定からサーバーやドメインの取り方など学習することは多岐にわたります。
将来的に本コースに入学することで目指せる職業は、グラフィックデザイナー、キャラクターデザイナー、WEBデザイナーなどです。
WEB・CG・アニメーションコースは時代のニーズに合わせたクリエイターを育てています。
授業はアートの基礎からはじまり、マスターアニメーションやキャラクターデザインなどの勉強もします。
指導する教師は現場で活躍しているプロのデザイナーです。
プロとしての高い技術だけでなく将来、クリエイターとしてやっていくうえで大切なことを聞けます。
教師の評判は教え方が丁寧だと評判がいいです。
就職に関して急かされることなく自分1人でゆっくりと考えられるので就職は個人にあった職種を探せます。
プロとして独り立ちされる卒業生もいます。
本学科はPCが1人一台使えます。

学費詳細・費用

デザイン科・3年制 総額290万円
入学金:20万円
教育:6万円
施設:12万円
授業料:72万円

取得可能な資格一覧

POP広告クリエイター技能審査試験、マルチメディア検定、DTP検定、CGクリエイター検定、DTPエキスパート認証試験、アドビ認定エキスパートなどを取得できます。

就職・内定先の実績

イートラスト、ららぽーとエージェンシー、文京クリエイトオフィス等が本学科の実績としてあります。
内定は民間の中小企業が多いです。

デザイン科・2年制|学費:101~200万

概要

デザイン科・2年制ではイラストレーションコース、グラフィックデザインコース、マンガコースから自分にあうコースを選べます。
イラストレーションコースではなれる職業はグラフィックデザイナー、イラストデーター、アートディレクターです。
イラストレーションコースが育成するのは絵柄の幅がひろく画力のあるイラストレータ―です。
授業では基礎を学んでから専門知識を深め実技で技術を鍛えます。
グラフィクスデザインコースは技術力が確かにあるデザイナーを輩出しています。
このコースでは総合的な目を養います。
そのために、アナログ技術や編集、グラフィックデザイン、WEBデザインなど幅広いデザイン知識がいります。
グラフィックデザインは商業的に重要な位置をしめるので、学ぶことで技術力を高められます。
本コースで、進める職業はグラフィックデザイナー、エディトリアルデザイナー、クリエイター等です。
時代の変化で移り変わりる需要に対応できる逞しい製作者を育成しています。
このコースで将来なれる可能性がある職業はイラストレータ―、漫画家、キャラクターデザイン等です。
マンガコースのカリキュラムはイラスト、漫画、アニメなどさまざまな表現方法を学びます。
本校の方針として、色々な分野を学習することを推奨しているからです。
これは漫画の表紙を描く、ポスターを作成するなど複数の役に立つ技術を習得するのに有用です。

学費詳細・費用

デザイン科・2年制 総額200万円
入学金:20万円
教育:6万円
施設:12万円
授業料:72万円

取得可能な資格一覧

デザイン科・3年制で取得できる資格と同じです。

就職・内定先の実績

カミシロデザイン事務所、エムディエムコーポレーション、千葉日報などが内定先としてあります。

専門学校 千葉デザイナー学院の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

デザイン業界で将来活躍したい、あるいは、デザインに興味があり専攻してみたなど、色々な理由で入学している学生がいて、入学してから自分将来したいことを見つけられたり、希望のことをすることが出来て、サポートが手厚くとても良い先生の教え方はとても上手く、面白くなおしっかりとわかるように教えてくださいます。
実際今でも先生から教わったものは活用してる部分もあります。

口コミ元

ネガティブな口コミ

同じ授業でもクラスによって講師が別れているものもある。そういう場合、大抵進み具合に大きな差があったりやっていることが違ったりして説明もばらばらです。
違う授業ではなおさら、課題を出すタイミングも特に相談などはしていないです。
何をどこまで習ったのかをほぼすべての講師が何も把握しておらず自分の授業しか見ていないです。
もっと連携が必要です。
授業で使うソフトが入っているPCが少なく、教室が変わると何も出来ないときがあります。
また、入っているソフトのバージョンが古い、PCが重い、同じ教室でも使えるPCと使えないPCがある、故障したPCが何か月も修理も撤去もされず置いたままなど 学校としてどうかと思います。
設定を変えるのが禁止な為色々と不便なことも多いです。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*