船橋情報ビジネス専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-08-21

         

船橋情報ビジネス専門学校は千葉県にあるIT・コンピュータ・Web系の専門学校です。
船橋情報ビジネス専門学校は学校法人に認可されています。

船橋情報ビジネス専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
IT・コンピュータ・Web系
保育・教育系
本館・2号館・4号館:千葉県船橋市本町7-12-16/3号館:千葉県船橋市本町6-8-1/5号館:千葉県船橋市本町6-3-17 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

船橋情報ビジネス専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

本館・2号館・3号館・4号館・5号館JR船橋駅/東武野田線船橋駅

船橋情報ビジネス専門学校の入試情報

推薦入試:書類審査
一般入試:書類審査、面接※ITエンジニア科4年制は共通して書類審査、筆記試験、面接が行われ、こども学科は共通して書類審査、面接が行われます。
その他の学科では、願書受付期間ごとに選考方法が異なり、第1期では共通して書類審査のみ、第2期では推薦入試は書類審査のみ、一般入試は書類審査、面接が行われます。

船橋情報ビジネス専門学校のオープンキャンパス情報

船橋情報ビジネス専門学校では、土曜日を中心にオープンキャンパスを開催しています。
オープンキャンパスでは、学科の説明や体験授業、施設見学、質問及び相談に加えて入学相談ブースや就職ブースも設置されており、在校生や講師に直接、学校のことや勉強、友達についてなどを聞くことができます。
また、学科の説明や体験授業、施設見学、質問及び相談は、毎月開催されている学校見学会でも行われています。
更に、各学科ごとに分かれて授業を受講できる体験入学や、学校の方針及び正確な就職率を知る方法などをメインに専門学校の選び方を案内する保護者向け説明会も毎月開催されています。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

ITエンジニア科4年制|学費:401~500万

概要

ITエンジニア科4年制では、産業能率大学と併修することにより、4年間でIT関連スキルとマネジメントやマーケティングのスキルを身につけたエンジニアを育成します。
1年次は、「アルゴリズムとデータ構造」「Oracleデータベース設計」「ストラテジとマネジメント」などを中心に学びます。
2年次は、情報セキュリティ関連を学ぶと同時にオラクル認定Javaプログラマやシスコ技術者認定試験の合格に向けた演習を行います。
3年次は、Java言語を使用したWebアプリケーションの開発演習や、Androidアプリの作成を行うと共にWebページ作成の基礎について幅広く学びます。
4年次には、ゲーム制作を通じてARアプリ開発演習を行ったり、プロジェクトマネジメントの基礎やシステム開発工程管理の基礎を学習しつつ、3年次のシステム開発演習を発展させた高度なシステム開発を卒業研究として行います。

学費詳細・費用

ITエンジニア科4年制 総額427万円
入学金:15万円
施設費:25万円
授業料:78万円※その他、諸経費預り金が概算で15万円必要です。

取得可能な資格一覧

卒業と同時に学士と高度専門士の資格が得られます。
取得目標資格として、国家資格である経済産業省ネットワークスペシャリスト試験、経済産業省情報処理安全確保支援士、経済産業省応用情報技術者試験、経済産業省基本技術者試験、経済産業省情報セキュリティマネジメント試験を掲げているほか、シスコ技術者認定試験(CCNA・CCENT)、オラクル認定Javaプログラマ(ゴールド・シルバー・ブロンズ)、SEA/J情報セキュリティ技術認定(CSBM)などの資格取得も目指すことができます。

就職・内定先の実績

株式会社エイチ・エル・シー、株式会社エヌシステム、株式会社ジャパンコンピューターサービス、株式会社TSOne、株式会社フォーカスシステムズなどの企業から内定を得ています。
大学のスクーリングに参加することで幅広い職業や業種の人々と交流することができ、また、学校にはキャリアコンサルタントの資格保持者を含めた6名の就職専任スタッフが、クラス担任と共に細やかな指導を行うなど就職サポートが充実しています。

ITエンジニア科|学費:201~300万

概要

ITエンジニア科では、3年間でIT業界の3大技術を習得した即戦力と広い視野を有するエンジニアを育成します。
プログラミング、データベース、ネットワークの全てを習得すると共にAndroidアプリの開発まで行うことを目標として、1年次は情報セキュリティやOffice演習、Oracleデータベース設計などを、2年次はシスコネットワーキングやプログラミング、Androidアプリ作成などの演習を、そして3年次はARアプリ開発やWebアプリ開発の演習、ネットワークとセキュリティの応用などを中心に学びます。

学費詳細・費用

ITエンジニア科 総額288万円
入学金:15万円
施設費:25万円
授業料:66万円※その他、諸経費預り金が概算で15万円必要です。

取得可能な資格一覧

卒業と同時に専門士の資格を得ることができます。
また、経済産業省応用情報技術者試験や経済産業省基本情報技術者試験、経済産業省ITパスポート試験などの国家資格のほか、シスコ技術者認定試験(CCNA・CCENT)やオラクルマスター(ゴールド・シルバー・ブロンズ)、オラクル認定Javaプログラマ(ゴールド・シルバー・ブロンズ)、UMLモデリング技能認定試験、SEA/J情報セキュリティ技術認定(CSBM)などの資格取得を目指すことができます。

就職・内定先の実績

株式会社NID・MI、株式会社FBS、株式会社さくらケーシーエス、株式会社コンピュータマネジメント、富士通データセンターサービス株式会社などの企業から多くの生徒が内定をもらっています。
就職活動準備期間が2年制学科の2倍あることに加えて、700台以上ある学校内のパソコンで求人情報検索ができるなど学校の充実した就職サポート体制も整っています。

情報処理科|学費:101~200万

概要

情報処理科では、2年間で知識に加えて実務に対する仕事力を身につけたプログラマ及びシステムエンジニアを育成します。
1年次は、コンピュータやソフトウェアの基本知識、プログラムに必要な知識であるアルゴリズムとデータ構造、システム開発に必要なシステム設計を学びながら、プログラマやシステムエンジニアとして活躍する時に必要な視点についても学習します。
2年次は、Java言語やC#などのプログラミング技術を学びつつ、卒業研究としてチームでWebアプリケーション開発に取り組み、仕事の理解を深めると同時に実務に向き合う姿勢を含めた「仕事力」も身につけます。

学費詳細・費用

情報処理科 総額197万円
入学金:15万円
施設費:25万円
授業料:66万円※その他、諸経費預り金が概算で15万円必要です。

取得可能な資格一覧

卒業と同時に専門士の資格が得られます。
また、充実した国家試験対策により、経済産業省の基本情報技術者試験や応用情報技術者試験などの国家資格、オラクル認定Javaプログラマ(ゴールド・シルバー・ブロンズ)、オラクルマスター(ゴールド・シルバー・ブロンズ)、UMLモデリング技能認定試験、サーティファイJavaプログラミング能力認定試験、文部科学省後援情報検定の中の情報活用試験などの資格取得を目指すことができます。

就職・内定先の実績

旭情報サービス株式会社、株式会社エヌアイデイ、JFEコムサービス株式会社、株式会社シスコ、システム・アナライズ株式会社、ジャパンシステム株式会社、デジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社、TDCソフト株式会社、日本ナレッジ株式会社、富士ソフト株式会社などの企業から内定を得ています。
学校では週1回の頻度で就職講座を開催しているほか、内定を決めた先輩の体験談やアドバイスを受けられる就職ガイダンスも行われており、就活ノートの作成方法や履歴書の書き方、効果的な自己PRのやり方を指導するなど、就職サポートに力を入れています。

情報ネットワーク科|学費:101~200万

概要

情報ネットワーク科では、2年間でネットワークサービスに関するセキュリティ、管理、設定のスキルと知識を習得したネットワークエンジニアを育成します。
1年次は、CCNA・CCENTやITパスポートなどの試験対策を通じてコンピュータの基礎やインターネット技術を学ぶと同時に、Webページのデザインから素材作成までを含むWeb総合演習を行います。
2年次は、Java言語やLinuxサーバ構築を活用して様々な演習に取り組みつつ、卒業研究としてネットワークエンジニアの実務を疑似体験します。
ルータやスイッチ、サーバなど専門性の高いネットワーク機器のシュミレータを1人1台使用できたり、学校内にある700台以上のネットワーク全てを管理している担当者が教師を務めているなど、学びやすい環境が整っています。

学費詳細・費用

情報ネットワーク科 総額197万円
入学金:15万円
施設費:25万円
授業料:66万円※その他、諸経費預り金が概算で15万円必要です。

取得可能な資格一覧

卒業と同時に専門士の資格が得られます。
また、経済産業省の情報セキュリティマネジメント試験やITパスポート試験などの国家資格、文部科学省後援のビジネス能力検定ジョブパス、情報検定の中の情報活用試験、そして日本漢字能力検定やシスコ技術者認定試験(CCNA・CCENT)、Linux技術者認定試験(LPIC)(LinuC)、MOSなどの資格取得を目指すことができます。

就職・内定先の実績

株式会社IIJエンジニアリング、MKIテクノロジーズ株式会社、クロス・ヘッド株式会社、CTCシステムマネジメント株式会社、TISシステムサービス株式会社、データ・マネージメント株式会社、株式会社働楽ホールディングス、トレンドマイクロ株式会社、日本通信機株式会社、ネットワンシステムズ株式会社などの企業から内定をもらっています。
学校では都内、県内から企業を招いた企業説明会を年間40回近く開催しているほか、企業によっては一次選考を校内で行うなどIT業界を中心としたパイプの強さを活かした就職サポートを行っています。

Webクリエイター科|学費:201~300万

概要

Webクリエイター科では、2年間でWebスキルを駆使し様々な業界で活躍することができる人材を育成します。
1年次は、illustratorやPhotoshopなどのグラフィックソフトの操作スキルを身につけつつ、Dreamweaverを通じてHTML・CSSを学びます。
また、提携しているデジタルハリウッドの講師によるWebデザイン概論も受講します。
2年次は、PremiereやAfter Effectsなどの映像加工ソフトの操作スキルを身につけつつ、レイアウトソフトであるInDesignを使用しながらDTP応用技術を学び、並行してCGやキャラクターデザインの基礎から作品制作までを行います。
ジーンズメイトが主催する専門学校生を対象とした「Tシャツデザインコンテスト」には毎年応募しており、6年連続で入賞しています。

学費詳細・費用

Webクリエイター科 総額217万円
入学金:15万円
施設費:25万円
授業料:76万円※その他、諸経費預り金が概算で15万円必要です。

取得可能な資格一覧

卒業と同時に専門士の資格が得られます。
それ以外にも、サーティファイWebクリエイター能力認定試験、文部科学省後援のビジネス能力検定ジョブパスや色彩検定、情報検定の中の情報デザイン試験及び情報活用試験、そしてMOSやDTP検定、日本漢字能力試験などの資格取得を目指すことができます。

就職・内定先の実績

株式会社アドグローブ、アットホーム株式会社、株式会社あとらす二十一、株式会社キャンドゥコンセプト、三報社印刷株式会社、株式会社スタジオーネ63、株式会社トッパングラフィックコミュニケーションズ、株式会社トランプソフト、ニーズシェア株式会社、株式会社ピーエスシーなどの幅広い分野の企業から内定をもらっています。
学校では就職サポートに力を入れており、特に就職で大切な要素の1つである面接について、集団面接や個人面接の際の通常面接だけでなく、圧迫面接やリラックス面接など実践的な練習時間を用意しており、受け答えの内容はもちろん、表情や服装、話し方などの細かい指導を行っています。

ITビジネス科|学費:101~200万

概要

ITビジネス科では、ビジネス社会で活躍できるITを使いこなす力を身につけた人材を2年間で育成します。
1年次は、企業にとって不可欠な簿記会計や表計算スキルを学ぶと同時に、ITパスポート試験対策を通じてIT分野の知識を習得します。
2年次は、住所管理システムや売上管理システムなどのデータベースシステムの構築演習を行い、企業内での重要スキルであるプレゼンテーション能力やビジネスマナーを鍛えます。
また、市民パソコン講座開講に代表される事業提案、企画、そして実行をテーマとした卒業研究に取り組みます。

学費詳細・費用

ITビジネス科 総額197万円
入学金:15万円
施設費:25万円
授業料:66万円※その他、諸経費預り金が概算で15万円必要です。

取得可能な資格一覧

卒業と同時に専門士の資格が得られます。
それ以外に、経済産業省情報セキュリティマネジメント試験、経済産業省ITパスポート試験などの国家資格をはじめ、日商簿記検定、文部科学省後援の秘書検定や情報検定、ビジネス文書検定、そしてMOSや日本漢字能力検定など幅広い分野の資格取得を目指すことができます。

就職・内定先の実績

株式会社アクティオ、株式会社近鉄コスモス、株式会社広域高速ネット二九六、株式会社コンピューターマネジメントセンター、佐原信用金庫、株式会社システムエグゼ、株式会社シーネット、株式会社ディー・エス・ケイ、日本NCRサービス株式会社、三井ホームコンポーネント株式会社など多様な業界の企業から多くの生徒が内定をもらっています。
学校に設けられている就職指導室には、キャリアコンサルタントの有資格者を含めた6名の専任スタッフがおり、生徒への親身な指導のほか、県内外の企業開拓も行っていて、校内のイントラネット対応の700台以上のパソコンから常に求人情報検索が可能なシステムが整備されているなど、就職活動をしやすい環境が整えられています。

こども学科|学費:301~400万

概要

こども学科では、3年間で現場力を身につけた保育士や幼稚園教諭として活躍できる女性を育成します。
1年次は、教育の基礎である教育原理や教育心理学、保育に関する保育内容総論を中心に学びます。
2年次は、1年次の基礎を踏まえた上で発達心理学や食育、そしてダンスや手遊びを通じた音楽表現を中心に学びます。
3年次は、看護や応急処置及び障がいのある子どもへの対応や子どもの社会的養護、ソーシャルワーカーのスキルを身につけると共に、保護者心理の理解や子どもの成長を見通した保育のための青年心理学を中心に学びます。
校舎の1階には保育園が併設されているほか、園長の実体験から保育現場での失敗談や保護者対応を学ぶことができるなど、実際の現場を常に肌で感じられる環境が整っています。

学費詳細・費用

こども学科 総額348万円
入学金:15万円
施設費:25万円
授業料:86万円※その他、諸経費預り金が概算で15万円必要です。

取得可能な資格一覧

近畿大学九州短期大学との併修により、卒業と同時に幼稚園教諭二種免許と国家資格である保育士を取得できます。
それ以外にも、社会福祉主事任用資格、文部科学省後援秘書検定、MOS(Word/Excel)、医療事務技能認定試験などの資格取得を目指すことができます。

就職・内定先の実績

千葉県職員、杉の子保育園、はぐくみの杜君津 赤ちゃんの家、前原ひまわり保育園などから内定をもらっている生徒が多いです。
クラス担任と就職専任スタッフによる学生1人1人の性格や希望を考慮した指導や、企業説明会、就職ガイダンス、就職講座に加え、女子学生向けにプロのメイクアップアーティストを学校に招いて就職活動用のメイク講座を開催するなど、学校では細やかな就職サポートが行われています。

船橋情報ビジネス専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

1年間でたくさん資格が取れるので、好きな分野ならどこまでも伸びます。
内定が決まるまでいくらでもサポートしてくれます。
資格に関する授業とビジネスマナーに関する授業はしっかりしています。
1年生の最初は動画を見て課題をする授業から始まるのでパソコン初心者でも大丈夫なのでとても良いです。
自転車通学有りで自転車駐車場もあります。
学園祭が面白いです。
学校全体が綺麗です。
Web業界を希望している生徒は少ないように見えますが多岐にわたる就職先を見つけることができます。
ポートフォリオなどの成果物にも載せられるのでやりがいがあります。
学校の周りは飲食店、娯楽施設など多いです。
先生との距離が近くていいです。
パソコンが約700台あるので、情報に関しては最高です。
就職には本当に強い学校だと思います。
いろいろな検定試験に合格できたのは、先生がわかるまで教えてくれて、試験前は夜の8時くらいまで残って付き合ってくれました。
校内のテストで1位を取ると学費免除の特待生なれます。

口コミ元

ネガティブな口コミ

学生用のロッカーがないので置き勉はできません。
授業によりますが、丁寧に教えてくれる先生もいれば、これやってーと課題を出してどっか行ってしまう先生もいたので、何ともいえません。
ビルとビルの間に建っているせいもあって広さはあまりないです。
体育館など、大きいホールがないので運動部の人は毎回バスや電車に乗って他のグラウンドや体育館に移動しなければならないです。
自主学習時間が少ないです。
資格は取得できますが、少数で受かるとほぼ自習になるのであまり上の資格はなかなか取れません。
学科ごとの授業だとクラスの人数と先生の割合が悪いからわかる人とわからない人で差が出ます。
クラスごとではなく、学年ごとに一括の授業もあったので授業に追いつくのが大変でした。
教材費やその他経費のお金はあんまりかかってない気がするのに学費は高いと思いました。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*