HAL名古屋の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-24

公開日:2019-06-12

         

HAL名古屋は愛知県にあるIT・コンピュータ・Web系の専門学校です。
HAL名古屋は学校法人に認可されています。

HAL名古屋の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
HAL IT・コンピュータ・Web系
アニメ・ゲーム・マンガ系
名古屋市中村区名駅4-27-1 認可

姉妹校の情報

姉妹校としてHAL(大阪・名古屋)があります。
グループ校として、モード学園(東京・大阪・名古屋)、メディカル総合学園大阪医専・名古屋医専・首都医校、CREAPOLE(モード学園パリ校・HALバリ校)があります。

HAL名古屋の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR名古屋駅/地下鉄名古屋駅/名鉄名古屋駅/近鉄名古屋駅

HAL名古屋の入試情報

AO入試:面接・筆記
推薦入試:書類審査(書類審査の結果、面接を実施する場合があります。)
一般入試:書類審査、面接(書類審査の結果、面接を免除する場合もあります。)

HAL名古屋のオープンキャンパス情報

体験入学は、月2回程度のペースで開催されています。
体験実習中に保護者説明会が開催されているので、子供の目指している職業で就職ができるのか、HALでの生活になじめるのかなど、親の目線で確認することが出来ます。
その他に質問や疑問などがあれば、個別相談を受けることが出来ます。
イベント参加時に指定学生寮への無料宿泊や見学、また、学生向けのアパートやマンションを紹介してくれるので、入学後の住まいも同時に確認することが出来ます。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

ゲーム4年制学科 ゲームデザインコース|学費:501~600万

概要

ゲーム業界で活躍できるデザインのセンスやスキルを身に着けることが出来るコース・専攻になっています。
デザインや色彩感覚といった基礎から習得し、CGデザイン、背景デザインなどのデザイン、さらにはプロ蔵ミンギなど、将来ゲーム業界で活躍するために必要なスキルを身に着けることが出来ます。
ゲーム機の新館も出来るCG技術を身に着けられることが出来ます。
任天堂と教育連携をしており、第一線のプロによる直接指導を受かることも出来ます。

学費詳細・費用

ゲーム4年制学科 ゲームデザインコース 総額529万2千円
入学金:28万円
授業料:83万円
教育・充実費14万1千円
施設・設備維持費28万2千円
その他に教材費(教科書・プリント代)が必要です。
卒業該当学年に進級時は、卒業関連費が必要となります。

取得可能な資格一覧

目標とする資格は、カラーコーディネーター2級・3級、CGクリエーター検定、CGエンジニア検定、基本用法技術者試験、マルチメディア検定などになっています。

就職・内定先の実績

目標とする職種は、ゲームCGデザイナー、ゲームクリエイター、キャラクターデザイナー、CGデザイナー、CGクリエイター、3DCGクリエイターなどです。
2019年卒業予定者では、株式会社カプコンにゲームプログラマーとして内定者がいます。

CG映像学科|学費:401~500万

概要

3DCG・VFX・アニメーションなどの、デジタル映像制作の総合能力が身に着けられる学科となっています。
CMや映画のような実写風作品、メカニカルな3DCGアニメ、キャラクターが登場するアニメーションなど、様々なジャンルの映像作品の制作を通じて身に着けることが出来ます。
プロ用のCG政策機材で学ぶことが出来るので、ハイレベルな制作が可能となっています。
産学ケーススタディで、実際、テレビ番組のオープニング映像制作や企業関連CM を制作することが出来きるので、就職しての即戦力としての力もつけることが出来ます。

学費詳細・費用

CG映像学科  総額529万2千円
入学金:28万円
授業料:83万円
教育・充実費14万1千円
施設・設備維持費28万2千円
その他に教材費(教科書・プリント代)が必要です。
卒業該当学年に進級時は、卒業関連費が必要となります。

取得可能な資格一覧

目標とする資格は、カラーコーディネーター2級・3級、CGクリエイター検定、CGエンジニア検定、基本情報技術者試験、マルチメディア検定、応用技術者などです。

就職・内定先の実績

目標とする職種は、ゲームCGデザイナー、CGデザイナー、CGクリエイター、映像ディレクター、映像プロデューサー、映像編集者などです。
CG映像学科卒業予定者では、株式会社スクウエア・エニックスのキャラクターデザイナー、アニメーターや、株式会社サンジゲンに3DCGオペレーター、株式会社オー・エル・エム・デジタルのCGデザイナーとして内定者がいます。

アニメ・イラスト学科|学費:501~600万

概要

アニメーター・イラストレーターを目指す学科になっています。
基礎的な画力を学んだりキャラクター造形の力を養うことができます。
最新のデジタルアニメやイラスト作品を作り出すことが出来るノウハウを身に着けていきます。
HALでは、キャラクターや背景などを書くスキルはもちろん、動かすスキルや3DCG技術までを身に着けることが出来ます。 

学費詳細・費用

アニメ・イラスト学科 総額529万2千円
入学金:28万円
授業料:83万円
教育・充実費14万1千円
施設・設備維持費28万2千円
その他に教材費(教科書・プリント代)が必要です。
卒業該当学年に進級時は、卒業関連費が必要となります。

取得可能な資格一覧

目標とする資格は、カラーコーディネーター2級・3級、CGクリエイター検定、CGエンジニア検定、基本情報技術者試験、マルチメディア検定などになっています。

就職・内定先の実績

目指す職種は、アニメーター、CGアニメーター、アニメ背景デザイナー、キャラクターデザイナー、プロジェクトマネージャー、イラストレーターなどです。
アニメ・イラスト学科卒業予定者の中に、株式会社ドワンゴにアニメーターとして内定者がいます。

HAL名古屋の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

まず駅の近くにあるったことで、色々なクリエイティブ、発想を豊かにする能力がつきました。
人が多いこそ発想がつきやすく、田舎でもいいが都会には都会なりの考え方がつくと思うからです。
経験がないのに語ることは出来ないので、教師はすべて業界を経験した人のみが教師だったので非常に良かったです。
世の中に出ても困らないために校舎内の機材は本当にプロが使うものばかりが揃っていたので、今業界に出てるが今ひとつ困ったことはありません。

口コミ元

ネガティブな口コミ

2年制課程の場合、広く浅く学ぶ事になり、就職活動をする時にはまだ十分な知識がない状態になってしまいました。
授業料は、正直、高いなと感じます。
追加の教材(ノートPC等)や希望者向けの講習(10回20000円~)でも別途料金がかかってきます。
相当な数のマシン全てに最新バージョンのソフトが装備されていることを考えたら妥当なのかもしれないですが、クラス内でも奨学金で授業料を賄っている同級生は少なくありません。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*