国際航空専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

国際航空専門学校は埼玉県にある自動車・鉄道・航空・機械・電子・化学系の専門学校です。
国際航空専門学校は学校法人に認可されています。

国際航空専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
自動車・鉄道・航空・機械・電子・化学系 埼玉県所沢市久米354 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

国際航空専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

西武池袋線所沢駅/西武新宿線所沢駅

国際航空専門学校の入試情報

一般入試:学科試験(数学I・英語I)、面接、書類選考
自己推薦入学試験 (1期~3期):面接、書類選考※運航整備科第1志望・航空整備科の場合は、数学Iと英語Iの試験があります。
推薦入学試験 (1期~3期):面接、書類選考※運航整備科第1志望・航空整備科の場合は、数学Iと英語Iの試験があります。

国際航空専門学校のオープンキャンパス情報

国際航空専門学校のオープンキャンパスは、9月まで月に1度のペースで開催されます。
そのほかにも、地方説明会も充実しています。
関東圏を中心に、九州や那覇市、仙台市といった地域でも開催があります。
入試説明会の別日には、数多くの体験zy業プログラムがあります。
試運転体験会や整備工場見学会、羽田空港給油会社見学会など航空専門学校ならではの企画ばかりで、自らの関心を深められます。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

航空整備科|学費:301~400万

概要

航空整備科は、3年で二等航空運航整備士(飛行機)、二等航空整備士(飛行機・ヘリコプター)を目指すコースです。
1年では基礎を学びます。
2年からは実習が始まります。
3年になるとさらに技術を磨き、国家資格合格に向けて準備をします。
文部科学省の職業実践専門課程に認定されているため、企業と連携しより実践的な技術の習得ができます。
学生は学生総合保障制度に加入するため、学内・学内の実習や課外活動にも安心して取り組めます。
学校行事として、1・2年次に航空関係の航空関係の工場見学を行います。
早期から航空業界の雰囲気を肌で感じることができます。
一等航空整備士取得準備コースもあります。
学校の教育を修了後、JALやANAへ入社し、2年~4年の訓練を積み一等航空整備士の資格取得を目標にします。
就職支援も手厚いです。
最新の企業情報を提示し、説明会をや就職ガイダンスなど様々な就職イベントを開催します。

学費詳細・費用

航空整備科 総額:352万円
入学金:25万円
授業料:162万円
その他:165万円

取得可能な資格一覧

卒業によって国家試験受験資格を取得後、国家試験合格によって二等航空整備士(ヘリコプター・飛行機)、二等航空運航整備士(飛行士)免許が取得できます。
そのほかにも、航空無線通信士や航空特殊無線技士の資格取得も可能です。
講習を受ければ危険物取扱者の資格が授与されます。
また卒業と同時に、工業専門課程の専門士称号が授与されます。

就職・内定先の実績

JALエンジニアリング、ANAエンジンテクニクス、バニラ・エア、春秋航空日本、日本貨物航空、スカイマーク、スターフライヤー、日本トランスオーシャン航空、東北エアサービス、三菱重工業、SUBARU,IHIエアロスペース、西日本空輸、中日本空輸、オールニッポンヘリコプターなど多数の内定実績があります。

運航整備科|学費:201~300万

概要

運航整備科は、2年で二等航空運航整備士(飛行機)を目指すコースです。
1年では、基礎を学びます。
2年になると、国家試験合格に向けて実習が中心になります。
実習では、航空大学校でも使用された実際の機材を用います。
校内で実践的な力を養うことができます。
学生は学生総合保障制度に加入するため、学内・学内の実習や課外活動にも安心して取り組めます。
学校行事として、1・2年次に航空関係の航空関係の工場見学を行います。
早期から航空業界の雰囲気を肌で感じることができます。
就職支援も手厚いです。
最新の企業情報を提示し、説明会をや就職ガイダンスなど様々な就職イベントを開催します。

学費詳細・費用

運航整備科 総額:243万円
入学金:25万円
授業料:108万円
その他:110万円

取得可能な資格一覧

卒業によって国家試験受験資格を取得後、国家試験合格によって二等航空整備二等航空運航整備士(飛行士)免許が取得できます。
そのほかにも、航空無線通信士や航空特殊無線技士の資格取得も可能です。
講習を受ければ危険物取扱者の資格が授与されます。

就職・内定先の実績

JALエンジニアリング、SUBARUIHI運搬機械、日本飛行機、スカイマーク、ANAコンポーネントテスト、関東航空計器、テックササキ、東京機内用品、三菱重工業、三菱日立ガスタービン、ヒラタ学園航空事業部など多数の内定実績があります。

エアロサポート科|学費:201~300万

概要

エアロサポート科は、2年コースです。
空港における整備業務を学びます。
1年次より、グランドハンドリング会社において研修をします。
座学と実習をあわせ、知識と実践力を同時に身につけます。
学生は学生総合保障制度に加入するため、学内・学内の実習や課外活動にも安心して取り組めます。
学校行事として、1・2年次に航空関係の航空関係の工場見学を行います。
早期から航空業界の雰囲気を肌で感じることができます。
文部科学省の職業実践専門課程に認定されているため、企業と連携しより実践的な技術の習得ができます。
就職支援も手厚いです。
最新の企業情報を提示し、説明会をや就職ガイダンスなど様々な就職イベントを開催します。

学費詳細・費用

エアロサポート科 総額:235万円
入学金:25万円
授業料:108万
その他:105万円

取得可能な資格一覧

航空特殊無線技士、大型特殊車両免許、けん引免許の資格取得が可能です。
講習を受ければ危険物取扱者の資格が授与されます。
また卒業と同時に、工業専門課程の専門士称号が授与されます。

就職・内定先の実績

JALグランドサービス、ANA千歳空港、三愛石油、マイナミ空港サービス、国際航空給油、羽田タートルサービス、ドリームスカイ名古屋、ANA成田エアポートサービス、JALカーゴハンドリング、全日本モーターサービス、羽田エアグランドハンドリング、メイワスカイサポートなど多数の内定実績があります。

国際航空専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

就職先が、整備士から給油関係などたくさんあります。
国家試験対策が充実しています。
実際に使われている機器で実習ができます。
学校行事が充実しており、友達がすぐできます。

口コミ元

ネガティブな口コミ

入学後の試験の結果によっては、希望のコースに所属出来ない場合があります。
学校敷地が狭いため、複数のクラスが合同で授業できないです。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*