日本ウェルネススポーツ専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-08-25

         

日本ウェルネススポーツ専門学校は東京都にあるスポーツ・健康系の専門学校です。
日本ウェルネススポーツ専門学校は学校法人に認可されています。

基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
スポーツ・健康系 東京都練馬区旭町3-23-22 認可

姉妹校の情報

日本ウェルネススポーツ専門学校広島校、日本ウェルネススポーツ専門学校北九州校を始め、多数の姉妹校があります
グループ校として日本ウェルネススポーツ大学、日本ウェルネス高等学校が全国に校舎を構えています。

パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

東京メトロ地下鉄成増駅

入試情報

AO入試:面接
指定推薦校入学:書類審査
一般入学:書類審査、必要に応じて面接
タイケン学園特待生入学:面接試験
スポーツ特待生入学:面接試験
遠隔地・母子特別入学:書類審査

オープンキャンパス情報

日本ウェルネススポーツ専門学校ではオープンキャンパスを積極的に実施しており、募集回数も多い為、参加しやすい環境が整っています。
オープンキャンパスでは授業内容の説明はもちろん、実際の資格取得状況や就職状況についても説明してもらえますので実態をしっかりと把握する事が可能です。
体験授業では運動をする機会もあり、その為に動きやすい服装での参加が必要になっています。
結果的に気軽に、気楽に参加できる雰囲気となっていますので、興味のある方にとっては嬉しい要素かもしれません。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

アスレティックトレーナー科|学費:201~300万

概要

アスレティックトレーナー科はその名の通りアスレティックトレーナーを養成する学科となっています。
選手の健康管理、スポーツ外傷の応急処置を始め、選手と指導者、医師との橋渡しを行うのがアスレティックトレーナーの役割になります。
それを実施するのにはトレーニング方法や栄養学はもちろん、スポーツ医学、科学等の広範囲な知識が必要になります。
それらの知識と、より実戦的なスキルを2年間で身に着けつつ、目指す分野に応じた資格取得を並行出来るのがアスレティックトレーナー科の特徴となっています。

学費詳細・費用

アスレティックトレーナー科 総額210万円
入学金:10万円
在学期間学費:200万円

取得可能な資格一覧

財団法人日本スポーツ協会が認定しているアスレティックトレーナー、スポーツリーダー資格の取得が可能となっています。
それぞれトレーナーや指導者として必須の資格となっており、プロスポーツ選手を目指しながら将来に必要な資格も取得可能なのが魅力的です。
その他、取得可能な資格として健康運動実践指導者、レジャースポーツインストラクター、幼児体育指導者、高齢者運動指導士等のフィットネス、スポーツ業界で働くために必要なものが多数あります。

就職・内定先の実績

目立つところではサッカーJ1リーグで活躍しているヴァンフォーレ甲府等に選手として所属している卒業生がいます。
他にもあおぞら整骨院等のトレーナーとして活躍している方、より深く勉強する為に大学に編入している方等、それぞれ自分の目指す道で活躍、学べる進路が用意されています。

健康スポーツ科|学費:201~300万

概要

健康スポーツ科では実業団やプロ並みの競技練習量を確保しつつ、トップアスリートとして、トレーナー等のスポーツ業界で活躍出来る知識やスキルを学べる学科です。
在校生、卒業生は実際にオリンピックに派遣された選手もいる他、オリンピックに4大会連続でカヌー競技日本代表監督を派遣しているという実績も持っています。
競技スポーツの現役選手として活躍しつつ、引退後のキャリア形成に役立つ資格取得を行えるのが特徴であり、大好きなスポーツを続けつつも人生設計を行いたいという方には最適な学科と言えるでしょう。

学費詳細・費用

健康スポーツ科 総額210万円
入学金:10万円
在学期間学費:200万円

取得可能な資格一覧

医学的な基礎知識、運動生理学の知識を持って、個々に適した運動プログラムを提供できる健康運動実践指導者の資格取得が可能です。
レジャースポーツインストラクター、幼児体育指導者、高齢者運動指導士、障がい者スポーツ指導員等の資格取得も可能であり、年齢層、状況を問わないフィットネス、トレーナーに必要な資格が得られます。
高齢化社会で有利な資格だけではなく、年少者、障がい者への指導といった将来性の高い分野についても強みを持っています。

就職・内定先の実績

フィットネスで人気を集めているカーブスジャパンや佐川急便等、体力が必要ながらも将来性が見込める一部上場企業への内定先が多く見受けられます。
スポーツを通じて得られた知識やコミュニケーション能力を活かせる求人が多いです。
さらなる競技力、知識の向上を目指し、同グループの日本ウェルネススポーツ大学の3年次に編入されている方もいます。

ライフプロモーション科|学費:201~300万

概要

年齢、環境、境遇等にとらわれず、より多くの人々の生活にスポーツや運動が溶け込めるよう指導していくトレーナーの育成を目指しているのがライフプロモーション科です。
高齢化社会が進み、高齢者の健康維持にフィットネス等が注目されています。
一方で幼児、少年期へのスポーツを通じた人格形成、体力向上の重要性についても確認されています。
さらには在日外国人の増加に伴い、そうした方々へのトレーニング環境の提供等、必要とされる分野は多岐に渡ります。
それらに柔軟に対応出来るトレーナーは社会に必要とされており、安定した職に就きやすいのと同時に、メンタル的にも必要とされているという喜びを感じやすいのが魅力と言えるでしょう。

学費詳細・費用

ライフプロモーション科 総額210万円
入学金:10万円
在学期間学費:200万円

取得可能な資格一覧

健康運動実践指導者、エアロビックダンスインストラクターといったフィットネス分野で必要とされる資格の取得が可能です。
幅広い年齢層への指導を可能とする幼児体育指導者、高齢者運動指導士の両資格も取得可能であり、また分野についてもレジャースポーツインストラクター、障がい者スポーツ指導員といった多岐に渡るものに対応しています。
自分の目指す職種に対し、必要な資格を選択して取得する事は容易と言えるでしょう。

就職・内定先の実績

オルソ株式会社、株式会社ニスポといったフィットネス関連企業への内定者がメインとなっています。
社会福祉法人タイケン福祉会等の福祉施設、公的機関へ就職した方も多く、健康を主眼に置いた学習が可能な為、比較的安定した職場が多く見受けられるのが特徴と言えるでしょう。

アスリート研究科|学費:100万以下

概要

アスリート研究科はスポーツ競技力の向上に特化した学科です。
夜間課程ですので働きながら、或いは家事や育児等をこなしつつ、競技力の向上を目指せます。
実際に選手として活躍しながらキャリアアップを目指す方や、様々な事情から働きながらもスポーツ選手になりたい、或いは成長したい方に最適な学科と言えます。
プロスポーツ選手、実業団員といったスポーツを仕事にする事を目指しつつも、様々なトレーナー資格を取得出来ますので、夢を目指しつつ、現実的な選択肢も残せるというのは人生設計においては重要な事と言えるでしょう。

学費詳細・費用

アスリート研究科総額 12万円
入学金:0円
在学期間学費:12万円

取得可能な資格一覧

競技力向上を主目的とした学科ではありますが、競技に取り組みながらレジャースポーツインストラクター、幼児体育指導者、高齢者運動指導士、障がい者スポーツ指導員、JFA公認サッカーコーチといった資格の取得が可能です。
夢を実現し、プロスポーツになったとしても将来に対する選択肢は多いに越したことはありません。
その選択肢を増やすという意味で大変有益な資格が揃っていると言えるでしょう。

就職・内定先の実績

夜間課程であり、またその学習内容から卒業時点での内定先というのは特にありません。
一般企業はもちろん、プロスポーツ、社会人実業団スポーツ、地域スポーツクラブへと進んでいった卒業生が多く見受けられます。

ウェルネスIT科|学費:201~300万

概要

ウェルネスIT科ではスポーツ競技力を高める部活動に励みながら、IT系、ネット系の仕事に必要なスキル、知識の取得が可能な学科となっています。
プロスポーツ選手や実業団選手を目指しつつも、社会に出て幅広い分野で役立つ知識、資格が得られるという事で、日本ウェルネススポーツ専門学校内では最も高い就職率を誇っています。
プロ選手になれた場合であってもIT機器を操作するスキルは必要とされている時代ですので、本当の意味で全ての分野で役立つ知識と言えるでしょう。
プロという狭き門を目指しつつ、現実的な選択肢を残せるのは特に若い学生にとっては魅力的な学科です、

学費詳細・費用

ウェルネスIT科 総額210万円
入学金:10万円
在学期間学費:200万円

取得可能な資格一覧

小売・流通業界で唯一の公的資格となる販売士資格が取得可能なのが大きな特徴です。
ビジネス能力検定、日本語ワープロ検定といったどのような分野でも必要とされる資格はもちろん、救急法救急員、レジャースポーツインストラクターといった日本ウェルネススポーツ専門学校らしい資格も同時に取得出来るのが強みとなっています。
将来性の高いフィットネスや健康関連企業就職に有利な資格が多いのが目立ちます。

就職・内定先の実績

就職率は学内でも最高となっており、内定企業としてコナミスポーツ株式会社、株式会社アートスポーツ、住友不動産株式会社、株式会社全日警、株式会社丸井、株式会社伊藤園といった上場企業が連なっています。
財団法人スポーツ会館や福祉施設等への就職者も多く、業種、業界は多岐に渡っており、求人数もそれに応じて多くなっています。

3Dアニメゲームクリエイター科|学費:301~400万

概要

昨今需要が高まり続けている3DCGデザイナーを養成するのが3Dアニメゲームクリエイター科です。
業界ニーズは「より専門的に」「よりハイクオリティに」と先鋭化が進み、以前までのように2Dイラストレーターが3DCG制作も兼ねるというのは時間的にもスキル的にも難しくなってきているのが実情です。
そうしたニーズにしっかりと応えられるよう3年間3DCG制作にじっくりと取り組み、業界が本当に必要とする人材になれるのがこの学科の特徴です。
ゲーム、アニメーション制作がメインですが、様々な販促物、デザインにも3DCGが用いられており、希望する進路の実現性が高いのも特徴と言えるでしょう。

学費詳細・費用

3Dアニメゲームクリエイター科 総額376万円
入学金:9万円
在学期間学費:315万円
諸費用:52万円

取得可能な資格一覧

専門分野での資格はもちろん、社会全般で必要とされている一般資格についても多数取得可能です。
色彩士検定資格や色彩士検定資格、情報処理関係資格やコミュニケーション関連資格等、それぞれ授業を通じて取得出来るのが特徴的です。
上級資格については個人での受験が必要になりますが、それについても学校としてサポートしてくれますので心強いところです。

就職・内定先の実績

株式会社ジーベック、株式会社ジェー・シー・スタッフといったアニメ制作会社やゲーム制作会社、株式会社プレスメディアや株式会社テクスファームといった広告代理店が内定先として多く見受けられます。
一般企業として株式会社宮崎商店、株式会社モンテローザといった全国展開している企業の内定先も多く、新潟県内の製造業者から多くの求人もあり、就職先について悩む事は無いでしょう。

パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

「部活に打ち込めるところはとても良いです。プロを目指すのならウェルネスに入ってやるのはありだとおもいます。」
「半径500メートル付近にすべてのキャンパスがあり、とても便利です。学食とかはありませんが、駅から5分程度なので特に困りません」
「学費はとても安いと思います。もともと部活の特待を取りやすいのでそこに関しては体育大学等と比較すると6割程度だと思います」

口コミ元

ネガティブな口コミ

「ウエイトルームなどしっかりしていますがスポーツ学校としてはグラウンドなどの環境は整っていません。」
「2年制なので大学と比較すると就活する時間が少ないのに、インターン実習を80~180時間しなくてはいけないので企業の説明会などに行く時間があまりありません。」
「スポーツ関係の就職はあまり期待できないです。スポーツに関連のある仕事についている人は同学年ではあまりいないと認識しています。先生によっては親身になってサポートしてくれる方もいます。」

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*