アップルスポーツカレッジの評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-24

公開日:2019-06-12

         

アップルスポーツカレッジは新潟県にあるスポーツ・健康系の専門学校です。
アップルスポーツカレッジは学校法人に認可されています。

アップルスポーツカレッジの基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
スポーツ・健康系 新潟県新潟市中央区長潟2-2-8 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。
アップルスポーツカレッジは、新潟県内に28校あるNSGグループ校のひとつです。

アップルスポーツカレッジの
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR新潟駅/JR越後石山駅

アップルスポーツカレッジの入試情報

AO入試:オープンキャンパス参加、面談、書類審査
特待生入試(推薦・スポーツ推薦・自己推薦):書類審査、面接
学校推薦入試:書類審査(面接がある場合あり)
一般入試(専願・併願):書類審査、面接

アップルスポーツカレッジのオープンキャンパス情報

アップルスポーツカレッジでは、毎月オープンキャンパスを開催しています。
内容としては、学科ごとの簡単な説明を受けたあと、器具を使ったトレーニング体験、スポーツ用品のメンテナンス体験など、アップルの授業を楽しく体験します。
入試制度や学費についての詳しい説明もあるほか、奨学金や希望学科にまつわる相談などを個別に受け付けていますので、アップルスポーツカレッジに入学を考えている方はぜひ参加しておきたいところです。
また、AO入試のエントリー条件となっていますので、AO入試を利用した入学を希望する方は、忘れずにオープンキャンパスの開催日程をチェックしましょう。
開催日によっては新潟県内、長野県、福島県などから送迎バスが運行する場合もあるほか、遠方からオープンキャンパスに参加する方向けに交通費の片道分を補助する制度もありますので、送迎バスが利用できない地域の方でも参加しやすくなっています。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

プロトレーナー科|学費:401~500万

概要

プロトレーナー科は、「プロトレーナーコース」と「鍼灸メディカルトレーナーコース」の2コースに分かれています。
「プロトレーナーコース」は、3年間の学習を通してアスリートの能力を最大限引き出すプロトレーナーを目指すコースであり、日本スポーツ協会が認定する「アスレティックトレーナー」など、世界基準で通用する多種多様な資格が取得可能となっています。
「鍼灸メディカルトレーナーコース」は、3年間の学習を通してはり師・きゅう師の資格を取得し、栄養学や心理学なども取り入れることによって、多面的な能力をもってアスリートの最良のパートナーとなることを目指します。

学費詳細・費用

プロトレーナー科 総額406万円
入学金:5万円
授業料:276万円
諸経費:125万円

取得可能な資格一覧

日本スポーツ協会認定アスレティックトレーナー、スポーツリーダー、はり師、きゅう師、NSCA認定パーソナルトレーナー、キネシオテーピング協会キネシオテーピングトレーナー、日本赤十字社認定救急法救急員、健康運動実践指導者、ストレッチングトレーナー、コンディショニングインストラクター、SAQインストラクター、各種サーティファイ認定など、多様な資格が取得可能となっています。

就職・内定先の実績

アルビレックス新潟、京都パープルサンガ、メディカルフィットネス ラ・ヴィータ、RIZAP株式会社、プロフェッショナルトレーナーズチーム、リンク栃木ブレックス、トータルエクササイズ・スクール、丸山接骨院スポコン、新潟リハビリテーション病院、こうふく接骨院・鍼灸院などが主な就職先となっています。
プロチーム、スポーツクラブ、パーソナルトレーナー、医療機関など、スポーツに関係するさまざまな分野で卒業生が活躍しています。

アスレティックトレーナー科|学費:301~400万

概要

アスレティックトレーナー科は、「スポーツトレーナーコース」「メディカルトレーナーコース」「パーソナルトレーナーコース」の3コースに分かれています。
いずれも2年間の学習を通してトレーナーの基礎を学び、一般の方や運動選手のパフォーマンスを引き出すトレーニング指導のプロとなるコースとなっています。
1年次はテーピング、アスレチックリハビリテーション、ストレッチなどの基礎技術を学び、2年次は実習も交えつつ、各希望コースに分かれてフィールドトレーニング、機能解剖学、ストレングストレーニングなど、幅広い分野で役立つ専門技術を学んでいきます。

学費詳細・費用

アスレティックトレーナー科 総額314万円
入学金:5万円
授業料:224万円
諸経費等:85万円

取得可能な資格一覧

NSCA認定パーソナルトレーナー、日本スポーツ協会認定アスレティックトレーナー、スポーツリーダー、日本赤十字社認定救急法救急員、健康運動実践指導者、ストレッチングトレーナー、コンディショニングインストラクター、ジュニアコンディショニングトレーナー、SAQインストラクター、各種サーティファイ認定など、多様な資格が取得可能となっています。

就職・内定先の実績

RIZAP株式会社、ゴールドジム、トータルワークアウト、株式会社ナレッジスポーツ、SACO WORKOUT WELL、Dr.ストレッチ、フットサルクラブ・エフスリー、スワスイミングセンター、アクアフィットネスクラブウェル、長岡市体育館などが主な就職先となっています。
全国各地のスポーツクラブ、スイミングクラブ、トレーナー関連企業、健康増進施設など、さまざまなスポーツやトレーニング施設の現場で卒業生たちが活躍しています。

スポーツビジネス科|学費:201~300万

概要

スポーツビジネス科は、「ショップ・販売コース」「スポーツメンテナンスコース」「イベント企画・チーム運営コース」「スポーツメディアコース」の4コースに分かれています。
アスリートやトレーナーとなって直接競技に取り組む立場となるよりも、より包括的で広範な観点からスポーツ業界に関与し、その楽しさを一般に広めていくのがスポーツビジネス科のポイントです。
販売士として現場で活躍するために有利となるリテールマーケティング資格や各種サーティファイ認定、そしてイベント運営、メディア活動などに欠かせないアシスタントマネージャーなどの資格を積極的な現場実習を通して獲得することを目指します。
各コースとも、修了年限は2年となっています。

学費詳細・費用

スポーツビジネス科 総額294万円
入学金:5万円
授業料:204万円
諸経費:85万円

取得可能な資格一覧

リテールマーケティング(販売士)検定、ファッション販売能力検定、ビジネス実務技能検定協会サービス接遇検定、アシスタントマネージャー、スポーツイベント検定、イベント検定、簿記検定、各種サーティファイ認定、社会常識マナー検定など、多様な資格取得をサポートしています。

就職・内定先の実績

ゼビオホールディングス株式会社(スーパースポーツゼビオ)、アルペン、コナミスポーツ、オオミヤスポーツ、ベースボールショップ eighty9、サッカーショップKAMO、株式会社マスタカスポーツ、新潟アルビレックスBBラビッツ、かわむらスポーツ、ベースボールマガジン社などが主な就職先となっています。
スポーツビジネス科の卒業生は、スポーツショップの店員・メンテナンススタッフなどの他に、プロスポーツチームのマネージャーやスポーツ雑誌のライターなど、さまざまな分野で活躍しています。

こどもスポーツ科|学費:401~500万

概要

こどもスポーツ科は、3年間の学習を通して「スポーツ」と「保育」の両方を学び、保育士資格を得ることができる「スポーツ保育士コース」1コースのみの学科です。
姫路大学教育学部および豊岡短期大学通信教育部との提携により、保育士のほかに「幼稚園教諭二種免許」も取得でき、さらに卒業によって短期大学士の学位を取得することができます。
1年次より実際にこどもたちと触れ合う実習活動を重視し、学生自らが企画・運営を行う「キッズスポーツ教室」は地域でも評判となっています。

学費詳細・費用

こどもスポーツ科 総額470.8万円
入学金:5万円
授業料:276万円
諸経費:189.8万円

取得可能な資格一覧

保育士(国家資格)、幼稚園教諭第二種、短期大学士、日本スポーツ協会認定ジュニアスポーツ指導員、スポーツリーダー、健康運動実践指導者、救急法救急員、各種サーティファイ認定など、多様な資格取得を目指します。
保育士、幼稚園教諭第二種の資格は毎年取得率100%を記録しています。

就職・内定先の実績

北会津こどもの村幼保園、かめだなかの保育園、バディスポーツ幼稚園、ノートルダム幼稚園、認定こども園わかば幼稚園、あおぞらクラブ学童保育所、ラビットクラブなどが主な就職先となっています。
スポーツに関連する資格も多く取得できますので、保育園、幼稚園、児童保育施設などの他に、キッズスポーツスクールなどへの就職も考えられるのがこどもスポーツ科の有利な点です。

こどもインストラクター科|学費:301~400万

概要

こどもインストラクター科は、「体育指導者コース」と「体育指導者短大併修コース」の2コースに分かれています。「体育指導者コース」は、サッカー、野球、バスケットボール、陸上競技などのさまざまな実技科目を通して体育指導者やジュニアスポーツ指導員を目指すコースです。
「体育指導者短大併修コース」は、体育指導者としての能力を磨きながら、保育士の資格取得を目指すコースです。
姫路大学教育学部および豊岡短期大学通信教育部と提携していますので、短大卒業資格を得られることもポイントです。
両コースとも、修業年限は2年となっています。

学費詳細・費用

こどもインストラクター科「体育指導者コース」 総額314万円
入学金:5万円
授業料:224万円
諸経費:85万円
こどもインストラクター科「体育指導者短大併修コース」 総額348.8万円
入学金:5万円
授業料:184万円
諸経費:159.8万円

取得可能な資格一覧

日本スポーツ協会認定ジュニアスポーツ指導員、スポーツリーダー、健康運動実践指導者、日本サッカー協会公認キッズリーダーU-10、4級審判員、救急法救急員、サーティファイ認定など、多様な資格を取得することができます。
「体育指導者短大併修コース」ではこれらに加えて、保育士、幼稚園教諭第二種の資格取得を目指すことができます。

就職・内定先の実績

株式会社ルーキーズ、株式会社グリーンスポーツ企画、幼体連スポーツセンター、カワイ体育教室、コアラ体育サービス、パルスポーツクラブ、白ゆり幼稚園、白根児童センターなどが主な就職先となっています。
ジュニア向けのさまざまなスポーツクラブで採用例があるほか、保育士や幼稚園教諭としての道が開けている点も、こどもインストラクター科を選ぶ上での重要なポイントとなります。

バスケットボール専攻科|学費:401~500万

概要

バスケットボール専攻科は、3年間の訓練・学習を通してプロバスケットボール選手を目指すための男子専科コースです。
新潟アルビレックスBBが全面バックアップしている当学校の強みを活かし、プロによる現場実習やトレーニングマッチなど本格的な実習が行われます。
実技が中心のコースとなっていますが、戦術理論、心理学、栄養学、トレーニング理論、ゲーム分析など理論面でも幅広い知識・技術を習得することにより、将来的にプロとしてやっているだけの高い専門的素養を養うコースとなっています。

学費詳細・費用

バスケットボール専攻科 総額406万円
入学金:5万円
授業料:276万円
諸経費:125万円

取得可能な資格一覧

日本スポーツ協会公認スポーツリーダー、日赤救急法救急員、日本バスケットボール協会認定C級レフェリーライセンスおよびC級コーチライセンス、各種サーティファイ認定、ビジネス能力検定などの資格取得を目指すことができます。

就職・内定先の実績

新潟アルビレックスBB、東京エクセレンス、広島ドラゴンフライズ、株式会社イカイ、大分ヒートデビルズ、群馬クレインサンダーズ、TGI・Dライズなどが主な就職先となっています。
提携している新潟アルビレックスBBからのスカウティングや、Bリーグ・プロチームのトライアウトに参加することにより、在学中にプロ選手やチーム練習生として選出される例も多くあるようです。

バスケットボール選手育成科|学費:301~400万

概要

バスケットボール選手育成科は、2年間でプロバスケットボール選手としてのトップレベルの技術や知識を身に着け、チームの即戦力として活躍することを目指す男子専科のコースです。
アップルスポーツカレッジならではの強みとして、新潟アルビレックスBBなどプロチームの現役アシスタントコーチから直接指導を受けることができますので、2年の実技・トレーニングを通して、プロの世界で通用するトップスキルを体得することができます。

学費詳細・費用

バスケットボール専攻科 総額314万円
入学金:5万円
授業料:224万円
諸経費:85万円

取得可能な資格一覧

日本スポーツ協会公認スポーツリーダー、日赤救急法救急員、日本バスケットボール協会認定C級レフェリーライセンスおよびC級コーチライセンス、各種サーティファイ認定、コミュニケーション能力検定、ビジネス能力検定などの資格取得を目指すことができます。

就職・内定先の実績

新潟アルビレックスBB、東京エクセレンス、リンク栃木ブレックス、信州ブレイブウォリアーズ、株式会社イカイなどが主な就職先となっています。
プロの世界と強い結びつきを持っているアップルスポーツカレッジでは、有名チームのコーチが指導に当たるだけでなく選手のスカウティングを行うこともあり、プロバスケットボール選手に本気でなりたいと考える方にとって大きなチャンスがある環境となっています。

陸上競技専攻科|学費:201~300万

概要

陸上競技専攻科は、陸上競技を専門的に学ぶための2年制のコースです。
このコースは、オリンピック選手を含む国内トップクラスの選手が所属する「新潟アルビレックスRC」が全面的にサポートしており、第一線で活躍するコーチから最新理論や、低酸素運動などの最先端のトレーニング指導を受けることができます。
実技・練習だけではなく、ビジネス系の資格取得も重視することで、陸上選手の狭き門だけに的を絞るのではなく、スポーツ関連の幅広い業種に対応できるように考慮されたカリキュラムもポイントです。

学費詳細・費用

陸上競技専攻科 総額294万円
入学金:5万円
授業料:204万円
諸経費:85万円

取得可能な資格一覧

日本スポーツ協会認定スポーツリーダー、健康運動実践指導者、救急法救急員、日本陸上競技連盟公認B級審判員、各種サーティファイ認定、サービス接遇検定、ビジネス文書検定3級など、多様な資格取得を目指すことができます。

就職・内定先の実績

新潟アルビレックスRC(ランニングクラブ)、株式会社STEP、新潟市鳥屋野体育館などが主な就職先となっています。
実業団の選手としてだけではなく、高い運動技術や指導理論の知識を生かし、トレーニングスクールのコーチや、スポーツ用品メーカー会社などの道を選ぶ卒業生も少なくないようです。

スポーツ研究科|学費:100万以下

概要

スポーツ研究科は、より専門的に学びたい、さらに高い技術を身に着けたいという方向けに、今までの経験にプラスしてさらにワンランク上の実力を目指すためのコースです。
アップルスポーツカレッジの全学科・全コースのカリキュラムの中から自分が希望する科目を選択・構成することができ、希望の業界で活躍するために必要な資格対策授業も自ら選択し受講することができます。
1年制のコースとなっており、限られた時間をどのように使い、どのように成果につなげていくかは、本人の努力次第となっています。

学費詳細・費用

スポーツ研究科 総額80万円
入学金:5万円
授業料:60万円
諸経費:15万円

取得可能な資格一覧

スポーツ研究科では、アップルスポーツカレッジの全学科・全コースから必要な資格取得対策授業を選択することができます。
トレーナー向けのアスレティックトレーナー、販売士向けのリテールマーケティング検定など、多様な資格取得を目指すことができます。

就職・内定先の実績

アルビレックス新潟、アルビレックス新潟BBなどが主な就職先となっています。
プロ選手、トレーナー、コーチ、インストラクター、ショップスタッフなど、希望したカリキュラムに応じて多様な職種を目指すことができます。

卓球専攻科|学費:

概要

卓球専攻科は、2020年4月に開設されるアップルスポーツカレッジの新しい専攻科です。
卓球の技術力向上を第一に掲げ、実業団、Tリーグなどを見据えたプロ選手となるために必要な修練を積むだけではなく、栄養学やトレーナー知識を身に着けることで優れた指導者としても活躍できるよう、総合的な学習を行うコースとなっています。(※開設準備中につき、具体的なカリキュラムなどにつきましては調査中です)

学費詳細・費用

現在調査中

取得可能な資格一覧

現在調査中

就職・内定先の実績

実業団メンバー、Tリーグなどで活躍できるプロの卓球選手を目指します。
また、トレーナーなど指導者としての活躍する進路も見込まれています。

アップルスポーツカレッジの
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

みんな仲良く、騒ぐ時はみんなで騒ぎものすごく楽しい学校生活がおくれます。
トレーニング施設は充実している。
施設がきれいであり、沢山のコースがある。また、実習なども多くとてもとても、勉強になりました。
資格を取りやすい。
サポートが手厚いのでどの資格も他の環境よりは授業はたのしい。大変な部分よりたのしい部分の方が大きい。
設備はバッチリ。
(学費は)妥当。少し高く感じたが学んでみて納得しました。

口コミ元

ネガティブな口コミ

生徒の話を最後まで聞かずに頭ごなしにダメダメいう先生や精神的に追い込んでくる先生がいるため期待をしない方がいいと思います。
奨学金制度がないとやってられない。
(学費は)少し高く感じます。
ヤル気がない学生が多いのも事実で、本気でトレーナーになろうと思ってる人間とそうでない人間の差が激しい印象。
アスレチックトレーナーを目指し入学しても3年の課程の中で習得するのは難しく、専攻科に延長する生徒もいます。
駅から離れていて徒歩だと結構時間がかかる。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*