帯広コア専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-07-30

         

帯広コア専門学校は北海道にある介護・福祉系の専門学校です。
帯広コア専門学校は学校法人に認可されています。

帯広コア専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
介護・福祉系
観光・ホテル・ブライダル系
北海道帯広市西11条南41丁目3-5 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

帯広コア専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

帯広駅バスターミナルから東西循環線で25分

帯広コア専門学校の入試情報

AO入試:オープンキャンパス、学校説明会に3回参加(参加者にはスタンプカード配布し回数をカウント)が条件で以降2回の面談による総合評価。
推薦入学:書類審査、面接
指定校推薦入学:書類審査、作文、面接
新入生特待生制度:書類審査、基礎学力検査、面接

帯広コア専門学校のオープンキャンパス情報

2019年に予定している帯広コア専門学校のオープンキャンパスは、8月8日水曜日と、9月1日土曜日午前10:00~午後13:00で開催される予定です。
帯広駅南側から9:20に送迎バスが運行しますが予約が必要です。
ITの仕事から介護の仕事まで幅広い分野の仕事で使う知識や技術を学べます。
帯広コア専門学校に準備された充実した設備も確認でき、どんな授業が行われるのかも体験できて、次回の入試内容もわかるのでメリットの多いオープンキャンパスです。
体験授業を受講されたい方は上履きの用意が必要です。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

歯科衛生士科|学費:201~300万

概要

歯科衛生士科は3年制です。
お口の健康は生きる力を支えると言われます。
食べる、笑う、話す、歌うなど、健康で豊かな毎日を過ごすために欠かせない口腔ケアの専門家である歯科衛生士を目指して、3年間じっくり学びます。
歯科衛生士不足が懸念される歯科医療の現場では、地元での歯科衛生士の養成に期待が高まっています。
帯広コア専門学校では専門性の高いカリキュラムが用意されており、地元医師会の全面サポートの下、卒業までに945時間に及ぶ臨床実習が取り入れられています。
新設された校舎には実際の歯科医療現場に近い環境と設備が整えられているので、より専門的な知識と技術が身につけられます。

学費詳細・費用

歯科衛生士学科 総額225万円
入学金:15万円(46万円/年 × 3年)授業料:138万円(46万円/年 × 3年)
その他72万円

取得可能な資格一覧

歯科衛生士学科では国家資格である歯科衛生士を取得できます。

就職・内定先の実績

現在、調査中です。

高度情報システム科|学費:201~300万

概要

高度情報システム科は3年制です。
ホームページやCGなど、マルチメディア系の作成技術を学ぶWebクリエイターコース、コンピュータシステムのプログラミング技術や制御系(組込み)のプログラミングを学ぶ、ロボットプログラミングコース、ネットワークシステムのセキュリティ管理技術や一般企業でのプログラミングを学ぶ、ICTセキュリティコースがあります。
卒業後に目指す職業は、コンピュータを使用して世の中を便利にするコンピュータシステムを設計・構築するシステムエンジニアやプログラマー、インターネット上のサイトの企画・制作をするWebクリエイター、文書作成、書類整理、受付・接客、電話対応など一般的な事務作業から庶務業務、経理業務などの広範囲な業務を行う経理・事務などです。
ロボコンへの参加や就業体験など校外学習も充実しており、即戦力として活躍できる力が身につきます。

学費詳細・費用

高度情報システム科 総額251万円
入学金:15万円(46万円/年 × 3年)授業料:138万円(46万円/年 × 3年)
その他98万円

取得可能な資格一覧

高度情報システム科では応用情報技術者試験、基本情報技術者試験、ITパスポート試験の国家資格や、情報検定(情報活用試験)【J検】、Excel(R)表計算処理技能認定試験、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)、文部科学省後援ビジネス能力検定(B検)ジョブパス、日商PC検定試験、日商簿記検定試験、秘書技能検定、ビジネス著作権検定、マルチメディア検定、C言語プログラミング能力認定試験など、情報処理の専門的な資格を取得できます。

就職・内定先の実績

高度情報システム科では、㈱曽我、㈱ズコーシャ、㈱大開技術コンサルタント、道東電機工業㈱、帯広電子㈱、㈱阿部など、幅広いIT業界に内定先が有ります。

情報ビジネス科|学費:101~200万

概要

情報ビジネス科は2年制です。
IT技術やリテラシーを理解して、ホームページ管理やシステム環境の整備などのスキルを学ぶICTプログラミングコース、ホームページ管理やビジネスアプリケーション、チラシの作成など、社会の幅広い分野で即戦力となる、ビジネススタッフを目指すビジネスアプリケーションコースがあります。
卒業後に目指す職業は、コンピュータを使用して世の中を便利にするコンピュータシステムを設計・構築するシステムエンジニアやプログラマー、インターネット上のサイトの企画・制作をするWebクリエイター、文書作成、書類整理、受付・接客、電話対応など一般的な事務作業から庶務業務、経理業務などの広範囲な業務を行う経理・事務などです。
ロボコンへの参加や就業体験など校外学習も充実しており、即戦力として活躍できる力が身につきます。

学費詳細・費用

情報ビジネス科 総額173万円
入学金:15万円
授業料:92万円(46万円/年 × 2年)
その他66万円

取得可能な資格一覧

情報ビジネス科では、国家資格である応用情報技術者試験、基本情報技術者試験、ITパスポート試験や、情報検定(情報活用試験)【J検】、Excel(R)表計算処理技能認定試験、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)、文部科学省後援ビジネス能力検定(B検)ジョブパス、日商PC検定試験、日商簿記検定試験、秘書技能検定、ビジネス著作権検定、マルチメディア検定、C言語プログラミング能力認定試験など幅広いIT資格を取得できます。

就職・内定先の実績

情報ビジネス科では、㈱曽我、㈱ズコーシャ、㈱大開技術コンサルタント、道東電機工業㈱、帯広電子㈱、㈱阿部など情報処理に特化した内定先が有ります。

医療ビジネス科|学費:101~200万

概要

医療ビジネス科は2年制です。
医療現場で欠かせない、患者様との窓口である医療事務やドクターズクラークを目指して学びます。
医療保険制度や医学・薬学の基礎知識から、診療報酬(治療費)の計算や請求業務に関する知識・技能までを、座学や実習、インターンシップを通じて身につけます。
情報処理能力のスキルを高めて、IT化が進む医療現場で医師の負担軽減に貢献するだけでなく、病院の顔として、様々な不安を抱えて訪れる患者様の心に寄り添い、信頼される人材を目指して2年間学びます。
授業はもちろん、校外実習も充実しています。
調剤薬局や医療機関で実際に患者様と接することで知識だけではなく、患者様に安心してもらえるような接し方を体感し、接遇マナーや礼儀作法、コミュニケーション力のスキルアップに繋がります。

学費詳細・費用

医療ビジネス科 総額173万円
入学金:15万円
授業料:92万円(46万円/年 × 2年)
その他66万円

取得可能な資格一覧

医療ビジネス科では、情報処理安全確保支援士試験 、 応用情報技術者試験 、 基本情報技術者試験 、 情報セキュリティマネジメント試験 、 IT パスポート試験などの国家資格や、 日商簿記検定試験 、 日商PC検定試験 、 秘書技能検定 、 マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS) 、 Excel(R)表計算処理技能認定試験 、 C言語プログラミング能力認定試験 、 文部科学省後援 ビジネス能力検定(B検)ジョブパス 、 情報検定(情報システム試験)【J検】 、 情報検定(情報活用試験)【J検】、マイクロソフトテクノロジーアソシエイト(MTA)などITに特化する資格が取得出来ます。

就職・内定先の実績

医療ビジネス科では、社団医療法人北斗 北斗病院、(医)博愛会 開西病院、医療法人社団博遊会、みなみ町皮フ科クリニック、はんがい耳鼻咽喉科クリニック、医療法人社団慶愛、ほんべつ循環器内科クリニック、十勝いけだ地域医療センター、医療法人社団 翔嶺館 音更宏明館病院、㈲ミドリ調剤など医療関係の業種で内定先が有ります。

介護福祉科|学費:101~200万

概要

介護福祉科は2年制です。
介護の必要な方やそのご家族の想いに寄りそえる介護福祉士を目指して学びます。
授業では充実したカリキュラムが用意されており、介護の基礎知識や技術を身につけます。
介護現場での実習や福祉施設のボランティアは、厚生労働省で定められている介護実習時間より30 時間多く設けられており、実際の介護現場を体験することで実践力が身につきます。
地域で開催されている研修や講演会にも積極的に参加しながら、実際の介護現場で求められる知識の向上を図っています。
介護には身体のケアだけではなく、心のケアもとても大切です。
帯広コア専門学校では、心理学、色彩学、カウンセリング技術などを学び、心のケア方法も身につけられます。
介護の現場だけではなく、受講生のストレスケアとしても役立つでしょう。

学費詳細・費用

介護福祉科 総額181万円
入学金:15万円
授業料:92万円(46万円/年 × 2年)
その他:74万円

取得可能な資格一覧

介護福祉科では、国家資格である介護福祉士や、ケアクラーク技能検定試験、ケア・コミュニケーション検定、福祉住環境コーディネーター検定試験(R)、日本赤十字救急法救急員、家庭料理技能検定、色彩検定(R)などが取得できます。

就職・内定先の実績

介護福祉科では、特別養護老人ホーム慈恩の里、特別養護老人ホーム太陽園、特別養護老人ホーム帯広けいせい苑、十勝勤医協老人保健施設ケアセンター白樺、医療法人社団 博愛会、(社)刀圭会 小規模多機能型居宅介護にれの木、(社)慧誠会 多機能ホームいなほその他福祉関係の内定先が多く有ります。

観光ホスピタリティ科|学費:101~200万

概要

観光ホスピタリティ科は2年制で、2つのコースに分かれています。
ホテル&ブライダルコースでは、ホテル業界の第一線で活躍している方々が講師となり、接客の基本の技能、技術や「おもてなしの心」を習得するための授業が行われています。
実習を通して、一生の思い出になるセレモニーを演出、サポートできる実践力を身につけます。
卒業後に目指す職業は、ホテルのフロントクラークやベルサービス、ブライダルコーディネーターやセレモニースタッフなどです。
トラベル&エアラインコースでは、旅立つ人と訪ねて来る人が出会う場である旅行・観光・航空・運輸のそれぞれの業界の第一線で活躍できる人材を目指して学びます。
様々な授業を通して、コース名にも入っているホスピタリティマインドあふれる、心に残る接客スキルが身につきます。
卒業後に目指す職業は、旅行業界や空港のスタッフ、観光イベントスタッフなどです。
どちらのコースも校外実習が充実しています。
大きな舞台で実際にお客様と接して、プロフェッショナルの心構えを体感します。

学費詳細・費用

観光ホスピタリティ科 総額173万円
入学金:15万円
授業料:92万円(46万円/年 × 2年)
その他66万円

取得可能な資格一覧

観光ホスピタリティ科では、レストランサービス技能士や、国内旅行業務取扱管理者など国家試験を取得出来る事や、ホテル実務技能認定試験、ビジネス実務マナー検定、実用英語技能検定、観光英語検定試験、サービス接遇検定などの検定試験、地元での珍しい北海道観光マスター検定、北海道フードマイスター検定、事務に必要な日商簿記検定試験、秘書検定、ブロンズライセンス、TOEICR)LISTENING&READINGTEST、Excel(R)表計算処理技能認定試験、アシスタント・ブライダル・コーディネーター検定、マナー・プロトコール検定など幅広い資格を取得出来ます。

就職・内定先の実績

観光ホスピタリティ科では、道北航空サービス株式会社、めむろ新嵐山株式会社、㈱ 観月苑、京屋呉服店、日清医療食品㈱、(社)更葉園 きずな、ベルクラシック、帯広㈱のむら葬祭、北海道旅客鉄道㈱ 旅行センター帯広支店、北海道ホテルその他、観光に特化した内定先が多数有ります。

専攻科|学費:100万以下

概要

帯広コア専門学校には北海道初の放送大学専攻科があり、専門学校に通いながら大学に籍を置くことができるダブルスクール(大学併修制度)制度があります。
時間と場所に制限されず学べて学位を取得できます。
職業教育と技術教育が行われている帯広コア専門学校では、セカンドキャリア希望者や大学卒業者など、幅広い年齢層の受講生がともに学んでいます。
クラスメイトと助け合いながら学習できるので、通信教育特有の勉学の困難さがありません。
放送大学は完全単位制なので、登録した科目のみ授業料を支払い、無駄なく、自分のペースで学習を進められます。
修了(卒業)すると専門士の称号が与えられ、就職に有利な資格も取得できます。
5分野の専門学科の中から他の学科の資格取得も目指せるので、努力次第ではトリプルライセンスも可能です。

学費詳細・費用

専攻科 総額49万
入学金:無料
学費:12万円(半額)
単位制(5,500円×60単位=37万円程度)

取得可能な資格一覧

現在調査中

就職・内定先の実績

現在調査中

帯広コア専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

先生方の指導がとても丁寧で授業内容も充実していました。
生徒1人1人に向き合い、親身になってくれました。
就職率100パーセントなので安心して学ぶことができました。
少人数制のためクラスメイト同士の仲も良く、充実した学生生活を過ごせました。
またライバルとしてお互いを高め合いながら、意欲的に学習に取り組めました。
卒業後も連絡を取り合い、相談や情報交換する仲間ができたのはとても良かったです。
教室は広く、パソコンなどの設備も最新の物が用意されていました。

口コミ元

ネガティブな口コミ

車以外では少し通学が不便に感じることもありました。
学費は決して安い金額ではないですが、その分設備がとても充実していました。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*