群馬パース大学福祉専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

群馬パース大学福祉専門学校は群馬県にある介護・福祉系の専門学校です。
群馬パース大学福祉専門学校は学校法人に認可されています。

群馬パース大学福祉専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
介護・福祉系 群馬県渋川市渋川1338-4 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

群馬パース大学福祉専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR上越線吾妻線渋川駅

群馬パース大学福祉専門学校の入試情報

AO入試:面接、書類審査
指定校推薦入試:面接、書類審査
推薦入試:面接、書類審査
社会人入試:面接、書類審査
一般入試:面接、作文、書類審査

群馬パース大学福祉専門学校のオープンキャンパス情報

群馬パース大学福祉専門学校のオープンキャンパスは、年に数回実施があり、参加特典もいくつか準備されています。
特典として準備されているものは、AO入試エントリーシート、お昼ご飯、オリジナルグッズのプレゼントと記載があります。
受付は各開催日の9:30~10:00で、オープンキャンパスの内容は、学科説明、入試案内、体験授業、校内見学、個別相談会、在校生との懇談となっています。
開催場所は渋川キャンパスで送迎はありません。
ですが、駐車場の準備があり、私用車での来校が可能になっているようです。
オープンキャンパスの申し込みは、学校ホームページからフォームがあるので、ホームページからになります。
また、ツイッターで公式SNSを設立しているようなので、最新の情報はホームページと合わせて、確認してみてください。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

保育学科|学費:100万以下

概要

群馬パース大学福祉専門学校の保育学科は、修業年限2年で、保育の現場に必要な技術・知識を学んでいきます。
実践力を養っていくために、学校は実際に子どもと触れ合いながら学ぶ場を提供しています。
「渋川市子育て支援総合センター」との相互連携をとっており、現場に強い保育者の育成を目指します。
また、保育の知識のみならず、医療知識の習得も目指し、医療の分野にも精通する保育者を養成していきます。
保育の仕事をする上では、子どものアレルギーなどに関して知る必要があり、またいざというときの救急対応を求められる場合もあります。
そのため、この学科では医療系カリキュラムを組み、医療系大学との連携を図ることで、専門的な知識、技術を吸収していきます。
卒業後の働く面においてもサポートをしてくれるのが、この学科の特徴でもあります。
就職はもちろん、その後の転職などのサポートも教員をはじめとして職業紹介事業所である「株式会社サフラン」が行ってくれるので、安心して働く環境について考えることもできているようです。
在校生は子どもとのたくさんの交流、親身になってくれる先生方の存在などを通して、有意義な学校生活を送っているようです。

学費詳細・費用

保育学科 総額95万円
入学金:10万円
授業料:85万円

取得可能な資格一覧

保育士資格、幼稚園教諭二種免許状、専門士、短期大学士、社会福祉主事任用資格などがあります。

就職・内定先の実績

具体的な企業名での内定先の記載はありませんでしたが、卒業生は、保育園、児童福祉施設、障がい者支援施設、幼稚園、乳児院、児童養護施設、学童保育、認定こども園、障がい児入所施設、児童館、児童発達支援センターでの就職を目指していきます。

介護福祉専攻科|学費:100万以下

概要

群馬パース大学福祉専門学校の介護福祉専攻科は、平成31年4月から新しく開設された学科になります。
修業年限は1年となっており、対象者は保育士資格を取得した方や、群馬パース大学福祉専門学校の保育学科で2年間学んだ学生が対象になります。
この学科の目的は、介護福祉士受験資格を1年間の学びの中で取得することです。
実際に介護福祉士資格を受検する場合、2年以上の教育を受ける必要があり、時間的に半分で済むこの学科での学びは、大変貴重なものになるのではないかと考えます。
特に、保育学科で学んだ学生が、この学科で学びを進めるということは、保育の面と介護の面での知識、資格を取得することにもつながり、将来的には就職選択の幅が広がるという利点があるようです。
学ぶ分野を広げていきたいという方に向けての学科です。

学費詳細・費用

介護福祉専攻科 総額95万円
入学金:10万円
授業料:85万円

取得可能な資格一覧

介護福祉士、専門士、「喀痰吸引等基本研修」受講証明書、「特定行為業務従事者」認定証、普「通救命講習1」認定証など

就職・内定先の実績

具体的な会社名での内定先の記載はありませんでしたが、卒業生は、学校卒業後、保育業務か介護業務での仕事に就くようです。
保育・介護の両面での各種資格を持って就職を目指すことにより、就職の選択肢や活躍の場が広がっているようです。

介護福祉学科|学費:100万以下

概要

群馬パース大学福祉専門学校の介護福祉学科は、実践的な学びを通して、現場に強い介護福祉士を育成していくことを目的としています。
介護福祉士は身体だけでなく、心についても配慮を持ち、介護を行うことができる人材であることが望ましく、コミュニケーション能力を大切にしたケアが必要だとも言われているようです。
そのことを踏まえて、群馬パース大学福祉専門学校では「認知症予防」「リハビリテーション」「レクレーション」「コミュニケーション能力」の4つの観点から学びを進め、実践的な学びも含めることで現場に強い人材を育成していくことを目標ともしています。
例えば、群馬パース大学との連携を行うことで、医療的ケアのカリキュラムを165時間実施することが可能になっています。
演習や実地研修などを卒業後すぐに行えることも、特定の資格取得に向けての奨励につながっています。
この学科の就職率は100%となっており、就職面においても強い側面をみせているようです。

学費詳細・費用

介護福祉学科 総額95万円
入学金:10万円
授業料:85万円

取得可能な資格一覧

介護福祉士、専門士称号、「喀痰吸引等基本研修」受講証明書、「特定行為業務従事者」認定証、「普通救命講習1」認定証など

就職・内定先の実績

主な就職実績として、駒井病院、沼田クリニック、こすもすクリニックなどの病院や、ほのぼの荘、群馬県社会福祉事業団、ききょうの里などの介護福祉施設、ケアハウス沼田といった老人ホームがあります。
また、他にも、介護保険在宅サービス、(認知症対応型老人共同生活介護事業者)グループホーム、小規模多機能型居宅介護、有料老人ホーム、介護老人保健施設、障がい者支援施設などの職種においての就職を目指します。
この学科における就職率は100%で、病院や施設などから毎年300件、6000人を超える求人が寄せられているようです。

群馬パース大学福祉専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

クラス内の居心地、団結力がとてもよく、楽しく学校生活が送れる。
求人が多数あり、中には実習でお世話になった施設などがあり、基本的に就職できる環境にある。

口コミ元

ネガティブな口コミ

特に2年次の授業は、1年次の授業の繰り返しという印象を受ける場合がある。
授業の充実度に差が出ることもある。
学校までのアクセスはあまりよくない。
送迎バスが運行はしているが、時間の融通が利かないときもあるのが少し不便。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*