東京スクール・オブ・ビジネスの評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-08-25

         

東京スクール・オブ・ビジネスは東京都にあるビジネス・金融・不動産系の専門学校です。
東京スクール・オブ・ビジネスは学校法人に認可されています。

東京スクール・オブ・ビジネスの基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
スクール・オブ・ビジネス ビジネス・金融・不動産系
IT・コンピュータ・Web系
東京都文京区本郷3-43-9 認可

姉妹校の情報

姉妹校に、東京ネットウエイブ、東京観光専門学校、東京デザイナー学院、東京ビジュアルアーツ、システム桐葉外語(日本語学校)、大阪ビジネスカレッジ専門学校、大阪観光専門学校、大阪デザイナー専門学校、ビジュアルアーツ専門学校・大阪、名古屋観光専門学校、名古屋スクールオブビジネス、名古屋デザイナー学園、名古屋ビジュアルアーツ、九州ビジュアルアーツ、九州デザイナー学院、九州スクールオブビジネスがあります。

東京スクール・オブ・ビジネスの
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR山手線代々木駅/JR中央・総武線代々木駅/都営大江戸線代々木駅

東京スクール・オブ・ビジネスの入試情報

AO入試:面接
高校生推薦入試:書類審査
自己推薦入試:書類審査
一般入試:書類審査

東京スクール・オブ・ビジネスのオープンキャンパス情報

東京スクール・オブ・ビジネスでは、オープンキャンパスが毎月実施されています。
その他、体験入学、説明会、個別相談・学校見学、スペシャル講座、AOプレスクール、ドリームキャンパスも随時開催されています。
豊富な種類と日程で開催されているので、ホームページで確認の上、自分にあった体験や説明会に参加することをお勧めします。
オープンキャンパスは、学校説明会、学科説明会、体験講座、個別相談と全てのことが実施されるので、興味のある分野の業界のことと、東京スクール・オブ・ビジネスのことを半日で知ることが出来ます。
特待生を希望する方は、AO特待生試験対策講座が実施されているので、学費を少しでも抑えたい方は、是非、参加してみてください。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

ペットビジネス学科|学費:201~300万

概要

ペットビジネス学科には、トリマーコース、ドッグトレーナーコース 、動物看護コースがあります。
各コース、2年制となっています。
トリマーコースは、グルーミング技術を学びトリマーライセンスなどの資格取得を目指すコースとなっています。
ドッグトレーナーコースは、家庭犬から職業犬まで様々な犬をしつける知識と技術を学び、トレーナーライセンス などの資格取得を目指すことが出来ます。
動物看護コースは、犬の各疾患に合わせた管理や老犬の介護の方法や医療機器の扱いなどを学び、動物看護ライセンスなどの資格取得を目指すコースとなっています。

学費詳細・費用

ペットビジネス学科 総額235万千円
入学金:15万円
授業料:1年次82万円、2年次101万2千円(1年次)
教育充実費:9万円(年額)
施設費18万円(年額)
学生傷害保険料:2千円(年額)
校友会費:5千円(入学時のみ)
その他、教科書代、教材費、研修費等が必要となります。

取得可能な資格一覧

目標とする資格に、動物看護師、サロントリマー検定、リマーライセンス1級、ドックトレーナーなどがあります。

就職・内定先の実績

トリマーコース・ドッグトレーナーコースの就職実績に、イオンペット、オリンピック ユアペティアイ、ケダペットファームペット、フォレスト、 遠藤ドッグトレーニングなどがあります。
動物看護コースの就職実績に、日本動物高度医療センター、 浅葉動物病院、 高島平手塚動物病院、 麻生獣医科医院、 グリーン動物病院などがあります。

スポーツビジネス学科|学費:201~300万

概要

スポーツビジネス学科には、スポーツマーケティング専攻と健康スポーツマネジメント専攻があります。
各専攻とも、2年制となっています。
スポーツマーケティング専攻は、スポーツビジネス研究、スポーツマーケティング研究、プロダクトデザイン研究を学び、販売士(リテールマーケティング)検定などの資格取得を目指します。
健康スポーツマネジメント専攻は、スポーツトレーニングやメディカルマネジメント、スポーツコンディショニングについ学び、健康運動実践指導者などの資格取得を目指します。

学費詳細・費用

スポーツビジネス学科 総額235万千円
入学金:15万円
授業料:1年次82万円、2年次101万2千円(1年次)
教育充実費:9万円(年額)
施設費18万円(年額)
学生傷害保険料:2千円(年額)
校友会費:5千円(入学時のみ)
その他、教科書代、教材費、研修費等が必要となります。

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、販売士(リテールマーケティング)検定、健康運動実践指導者、障がい者スポーツ指導員などがあります。

就職・内定先の実績

スポーツマーケティング専攻の就職実績に、アシックスジャパン、ニューバランスアスレチック、アディダスジャパン、バートンジャパン、デサント、アンダーアーマーなどがあります。
健康スポーツマネジメント専攻の就職実績に、THINKフィットネス、JR東日本スポーツクラブ、トータル・ワークアウト、総合体育研究所、幼児活動研究会があります。

経営学科|学費:201~300万

概要

経営学科は、ビジネスマネジメント専攻、流通・マーケティング専攻、グローバルビジネス専攻 、会計ファイナンス専攻があります。
各専攻とも、2年制となっています。
ビジネスマネジメント専攻は、企業論などを学び、中小企業診断士などの資格取得を目指します。
流通・マーケティング専攻は、店舗マネージメントなどを学び、販売士などの資格取得を目指します。
グローバルビジネス専攻は、海外営業や貿易事務などを学び、通関士や貿易実務検定などの資格取得を目指します。
会計ファイナンス専攻は、簿記会計やコンピューター活用、マーケティングなどを学び、日商簿記検定やFP技能士などの資格取得を目指します。

学費詳細・費用

経営学科 総額235万千円
入学金:15万円
授業料:1年次82万円、2年次101万2千円(1年次)
教育充実費:9万円(年額)
施設費18万円(年額)
学生傷害保険料:2千円(年額)
校友会費:5千円(入学時のみ)
その他、教科書代、教材費、研修費等が必要となります。

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、中小企業診断士、販売士1級、通関士、貿易実務検定、ビジネス文書検定試験、日商簿記検定試験、秘書技能検定、ファイナンシャル・プランニング技能士、宅地建物取引士、TOEIC Listening & Reading、ビジネス実務法務検定試験、Excel表計算処理技能認定試験、PowerPointプレゼンテーション技能認定試験、ITパスポート試験、サービス接遇検定などがあります。

就職・内定先の実績

就職実績には、中央労働金庫〈金融・証券・保険〉、 第一生命保険〈金融・証券・保険〉、 阪急阪神エクスプレス〈運輸・物流〉、 佐川グローバルロジスティックス ティーガイア〈商社・通信〉、 日本経営〈コンサルタント〉があり、就職先は、多業種にわたります。

ITビジネス学科|学費:201~300万

概要

ITビジネス学科には、プログラマー専攻とモバイルアプリ専攻があります。
各専攻ともに、2年制となっています。
プログラマー専攻では、プログラミング基礎を学び、1年次にITパスポート、2年次に基本情報技術者試験と応用情報技術者試験などの資格取得を目指します。
モバイルアプリ専攻では、モバイルプログラミングやアプリ開発などを学び、1年次に ITパスポート、2年次に、Android技術者能力認定試験とWebクリエイター能力認定試験などの資格取得を目指します。

学費詳細・費用

ITビジネス学科 総額235万千円
入学金:15万円
授業料:1年次82万円、2年次101万2千円(1年次)
教育充実費:9万円(年額)
施設費18万円(年額)
学生傷害保険料:2千円(年額)
校友会費:5千円(入学時のみ)
その他、教科書代、教材費、研修費等が必要となります。

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、ITパスポート、基本情報技術者試験、応用情報技術者試験、Android技術者能力認定試験、Webクリエイター能力認定試験、Excel表計算処理技能認定試験、 Word文書処理技能認定試験、 Javaプログラミング能力認定試験、 PowerPointプレゼンテーション技能認定試験、 ビジネス実務マナー検定、 ビジネス文書検定などがあります。

就職・内定先の実績

就職実績に、みずほオペレーションサービス、 MKIテクノサービス、 IIMヒューマン・ソリューションズ、 JCDソリューション、 ビジュアルリサーチ、 青山コンサルティング、 金融システムソリューションズ、キヤノン電子テクノロジーなどがあります。
Tビジネス学科の求人は1人につき平均7社と豊富な求人先から選ぶことが出来ます。

オフィスビジネス学科|学費:201~300万

概要

オフィスビジネス学科には、ビジネスライセンス専攻とビジネスコンピューティング専攻と秘書専攻があります。
各専攻とも、2年制となっています。
ビジネスライセンス専攻は、在学中から10種類以上の資格取得が可能で、自分に適した様々なビシネス系検定・資格の取得を目指すことが出来ます。
ビジネスコンピューティング専攻は、専門的なPCソフトの操作方法やITの知識を学び、ITパスポートなどの資格取得を目指します。
秘書専攻は、秘書検定セミナーは勿論、マナーや心理学などを学び、秘書技能検定などの資格取得を目指します。

学費詳細・費用

オフィスビジネス学科 総額235万千円
入学金:15万円
授業料:1年次82万円、2年次101万2千円(1年次)
教育充実費:9万円(年額)
施設費18万円(年額)
学生傷害保険料:2千円(年額)
校友会費:5千円(入学時のみ)
その他、教科書代、教材費、研修費等が必要となります。

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、 ITパスポート、日商簿記検定、 販売士(リテールマーケティング)検定、 ビジネス実務法務検定、 Excel表計算処理技能認定試験、Word文書処理技能認定試験、Accessビジネスデータベース技能認定試験、ビジネス実務マナー検定、ビジネス文書検定、 MOS(Microsoft Office Specialist)サービス接遇検定、秘書技能検定、パーソナルカラーコンサルタント、ビジネス電話検定 知識B級があります。

就職・内定先の実績

不動産業界では、スターツコーポレーション、エステートトーワ、 大和住販などがあります。
ホテル業界では、東京ディズニーランドホテル、ホテルニューオータニなどがあります。
銀行業界では、 横浜銀行、ゆうちょ銀行などがあります。
小売業界では、イオンフォレスト、桂新堂、ロフト、セキ薬局などがあります。
商社では、 ワールドストアパートナーズ、 フロンティア、 高瀬物産などがあります。
メーカーでは、 阿蘇製薬、 富士フイルム、 東洋ビューティなどがあります。
流通業界では、 セブン-イレブン・ジャパン、 JR東日本リテールネットなどがあります。
印刷業界では、美松堂、帆風などがあります。
IT業界では、インフォメーションクリエーティブ、電算などがあります。
自動車業界では、トーワオート、モーターハウスアサノなどがあります。
オフィスビジネス学科では、このように、メーカー、小売、不動産など、さまざまな業界に就職実績があります。

ファッションビジネス学科|学費:201~300万

概要

ファッションビジネス学科には、ファッションスタイリスト専攻とアパレルショップスタッフ専攻があります。
各専攻とも、2年制となっています。
ファッションスタイリスト専攻は、ファッション実習・スタイリストスキル・スタイリングセレクションを通してニーズに合ったスタイリング提案力を身に付けることが出来ます。
アパレルショップスタッフ専攻は、ファッション実習・VMD(ヴィジュアルマーチャンダイザー)実習・ホスピタリティなどを通して業界で活躍できるためのセンスを身に付けることが出来ます。

学費詳細・費用

ファッションビジネス学科 総額235万千円
入学金:15万円
授業料:1年次82万円、2年次101万2千円(1年次)
教育充実費:9万円(年額)
施設費18万円(年額)
学生傷害保険料:2千円(年額)
校友会費:5千円(入学時のみ)
その他、教科書代、教材費、研修費等が必要となります。

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、ビジネス文書検定試験、ファッション販売能力検定、ファッションビジネス能力検定、ビジネス実務マナー検定、Word文書処理技能認定試験、Excel表計算処理技能認定試験、Illustratorクリエイター能力認定試験、サービス接遇検定があります。

就職・内定先の実績

就職実績に、sacai、 エストネーション、ラルフローレン、マーク・ジェイコブス、TOMORROWLAND、BEAMS、UNITED ARROWS、MOUSSY、ZOZOTOWNなどがあります。

フラワービジネス学科|学費:201~300万

概要

フラワービジネス学科には、フラワーコーディネーター専攻、ブライダルフラワー専攻、フラワーショップ専攻があります。
各専攻とも、2年制となっています。
フラワーコーディネーター専攻では、ホテルなどで行われ結婚式や祝賀会などで花を活用した装飾方法、フューネラル(葬儀)における知識や技術も身につけ、花を使った空間装飾のプロを目指すことが出来ます。
ブライダルフラワー専攻では、基本的な技術に加え、ウェディングブーケやコサージュ、髪飾りなどブライダルフラワーをメインに知識と技術を身につけ、ブライダルフラワーのプロを目指すことが出来ます。
フラワーショップ専攻では、店舗運営に関する知識と花束やアレンジメント技術を身につけることが出来ます。

学費詳細・費用

フラワービジネス学科 総額235万千円
入学金:15万円
授業料:1年次82万円、2年次101万2千円(1年次)
教育充実費:9万円(年額)
施設費18万円(年額)
学生傷害保険料:2千円(年額)
校友会費:5千円(入学時のみ)
その他、教科書代、教材費、研修費等が必要となります。

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、華道家元池坊師範免状、フラワー装飾技能士、色彩士、ラッピングコーディネーター、リテールマーケティング検定、日商簿記検定、サービス接遇検定などがあります。

就職・内定先の実績

就職実績に、花秋、花茂本店、鈴花園、日比谷花壇、ニコライバーグマン、パーク・コーポレーション(青山フラワーマーケット)、インパック(ピーターラビットフラワーズ)、小田急ランドフローラ、京王グリーンサービスがあります。

東京スクール・オブ・ビジネスの
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

外部講師の先生方の授業の質は大変素晴らしく、社会人になってからも学んだことが生かされているなぁと常に実感してます。
将来事務がしたいと思っている方にはうってつけの学科だと思います。
事務職ではパソコンを主にするのでその辺に重きを置いていてパソコンの授業は週3はあります。
電話対応や敬語、マナーなども学べます。
他にはテーブルマナーなども学べるので、事務職などにはうってつけです。
経営学を教えてくださった先生がとてもわかりやすくおもしろく、受けていた授業の中でいちばん好きでした。
将来、経営に携わってみたい方は是非受けてもらうと将来に役立ちます。
わたしは貿易実務という授業をとり、かなり難関の貿易実務検定を取るために日々授業を受けておりましが、先生がとても教えてくださるのがうまく、また試験対策もたくさん授業外でサポートしたくださったおかげもあり、毎回難関の試験に合格することができ無事に資格を取れました。

口コミ元

ネガティブな口コミ

学校に在籍の先生方の授業はあまりよろしくなかったです。
Mosの検定やビジネス検定などは、自分で勉強すれば取得できるものなので、わざわざこの学校にお金払って通ってまで検定の勉強に時間かける必要はなかったです。
生徒が内定をもらえれさえすればそれでいいという感じの先生方が多かったです。
書類の確認や面接の練習などちゃんとサポートしてくれなかったです。
施設は、駅から近いだけで校舎の中はパソコンなど古いものばかりであまり綺麗とは言えませんでした。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*