函館短期大学付設調理製菓専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-08-25

         

函館短期大学付設調理製菓専門学校は北海道にある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
函館短期大学付設調理製菓専門学校は学校法人に認可されています。

基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
製菓・調理・栄養系 北海道函館市柏木町7番25号 認可

姉妹校の情報

姉妹校として、函館大学、函館短期大学、函館歯科衛生士専門学校、函館看護学校、函館大学付属有斗高等学校、函館大学付属柏稜高等学校、函館短期大学付属幼稚園、函館自動車学校、指定管理児童館があります。

パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

函館市電柏木町駅

入試情報

特別奨学生推薦入学:書類選考、一般常識、作文、面接
推薦入学:書類選考
事故推薦入学:書類選考
一般入学:書類選考
社会人入学:書類選考

オープンキャンパス情報

函館短期大学付設調理製菓専門学校では、年に数回実際に授業体験のできるオープンキャンパスが開催されています。
現場で実際に活躍していた教員と、在校生と一緒に料理やスイーツを実際に作れます。
午前中を中心に行われ、初めに施設見学が行われ、学校説明後に実際に実習が行われます。
実習後は試食を行い、保護者の方が一緒に参加されている場合は、保護者説明会も行われます。
最後に入試説明が行われ、個別に相談会も実施されていますので、気になる事などは聞いてください。
時間が取れない方も、個別に相談もできますので問い合わせてみてください。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

調理師科|学費:101~200万

概要

調理師科では、2年間で食のエキスパートを目指します。
実習が充実しているので、知識だけでなく技術をしっかりと習得できます。
学習する内容は、「西洋料理」「日本料理」「中国料理」「鮨・麺・カクテル」です。
「西洋料理」ではフランス料理を中心とし、西洋料理についての技術と知識を幅広く学習し、実習で本格的なフルコースメニューを作ります。
世界に通用する高度なセンスと技術が磨かれます。
「日本料理」では包丁の扱い方や、調理法、材料選び、盛り付け方など基本的となる知識やぎじゅつを学び、特殊な技術も学べます。
「中国料理」では上海、北京、広東、四川に分けられる中国料理の歴史や基礎理論、多彩な調理技術を学習します。
系統によって違った香辛料の使い分けや、火加減、鍋の使い方などを徹底して学習します。
「鮨・麺・カクテル」ではハイレベルな技術を調理師として幅を広げる為に身に付ける為、鮨・麺・カクテルなど技術と専門知識を学習します。
カリキュラムでは、1年次に食生活と健康、食品の安全と衛生、食品の栄養と特製、調理理論と食文化概論、総合調理実習、調理実習などを学習します。
2年次に高度調理実習、フードサービス実習、パン・スイーツ実習を学習します。
教養分野では調理に関する国際コミュニケーション、マーケティング、陶芸、就職講座、デッサン、色彩などを学習します。
資格取得前には特別授業が行われますので最大のサポートが受けられます。

学費詳細・費用

調理師科 総額177万円
入学金:12万円
授業料:48万円
実習費:24万円
教材費:7万円
諸経費:7万円

取得可能な資格一覧

調理師免許(国家資格)、専門調理師試験学科試験免除、専門士、薬膳アドバイザー、食育インストラクターの資格を取得できます。

就職・内定先の実績

函館交際ホテル、平成館、ホテル函館ロイヤル、湯の川観光ホテル、グリーンピア大沼、きくよ食堂、郷土風味魚来亭、鮨処木はら、とんき、和食料理きむら、中国料理東春、ピッツァリア・アモリーノ、みなとの森、うみの星保育園、日清医療食品、函館平安システム、朝山病院などで活躍ができます。

製菓衛生師科|学費:101~200万

概要

製菓衛生師科では、2年を通してパティシエやプーランジェを目指します。
実習が充実しており、実際の現場で行われる校外実習も全4回設けられています。
学習内容は「洋菓子」「和菓子」「製パン」です。
「洋菓子」では材料や色彩、道具、デッサンなどの知識を学び、お客様に感動や夢を与えられる豊かな創造性や技術力を磨きます。
「和菓子」では伝統である和菓子の技や心を学習します。
伝統技術を巧みに生かし、現代の味覚や視覚に合った和菓子を創造する技術を身に付けます。
「製パン」では発酵パンや無発酵パンなど、様々なパンを作れる基礎知識と技術、センスを身に付けます。
カリキュラムでは、1年次に衛生法規、栄養学、食品衛生学、製菓理論、公衆衛生学、食品学、社会(菓子店経営論)、製菓実習を学びます。
2年次に高度菓子実習、カフェサービス実習を学びます。
教養分野では、国際コミュニケーション、製菓衛生師国家試験対策講座、マーケティング、就職講座、特別講座、陶芸、デッサン、色彩などを学習します。

学費詳細・費用

製菓衛生師科 総額185万円
入学金:12万円
授業料:52万円
実習費:24万円
教材費:7万円
諸経費:7万円

取得可能な資格一覧

製菓衛生師(国家資格)、専門誌、薬膳アドバイザーの資格を取得できます。

就職・内定先の実績

パン・エスポワール、ミモザ、トロイカ、きのとや、もりもと、キハチ、マジカルキッチン、ベーカリーサンライズ、はこだて柳屋などで活躍ができます。

パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

「就職に関して求人がたくさんリストがあるので、先生のサポートで安心して就職活動ができ感謝しています」
「資格取得へ向けての特別授業が行われているので、充実しています」
「授業内容が難しくても、楽しく授業をする事ができました」
「駅から近いので通いやすかったです」
「新設された場所もあるので、実習はやりやすかったです」
「グループワークが多くあったので、クラスメイトと楽しく学校生活を送れました」
「実習は実際に現場に出て学習するので、色々詳しく教えてくれました」
「先生もきさくで話しやすく、相談もしやすかったです」
「クラスメイトは幅広い年齢がいるので、社会勉強にもなりました」
「先生は熱心に指導をしてくれ、初心者でしたが無事に就職先で役立つレベルまで引き上げてくれました」
「実習で使う道具は、一生使える物ばかりです」
「ダブルライセンス制があり、1年は調理科、1年は製菓と2つを学習する事ができました」

口コミ元

ネガティブな口コミ

「近くに学校が多いので、駅から近いですが朝の通学は混みます」
「調理製菓の専門学校なので、学費はそこまで安くはありません」

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*