光塩学園調理製菓専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

光塩学園調理製菓専門学校は北海道にある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
光塩学園調理製菓専門学校は学校法人に認可されています。

光塩学園調理製菓専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
製菓・調理・栄養系 北海道札幌市中央区大通西14 認可

姉妹校の情報

姉妹校に光塩学園女子短期大学があります。

光塩学園調理製菓専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

札幌市電山鼻線 西15丁目駅

光塩学園調理製菓専門学校の入試情報

一般入試:書類審査
推薦入試:書類審査
AO入試:面接

光塩学園調理製菓専門学校のオープンキャンパス情報

光塩学園調理製菓専門学校では、校内見学や実際に料理、洋菓子、パンを作る体験授業ができるオープンキャンパスと、ガイダンスを受けて施設と設備を見学できる入学相談会が複数回開催されています。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

調理技術専攻科|学費:201~300万

概要

調理技術専攻科は昼間2年制になっています。
調理師資格取得を目指し基本的な知識の習得と技術を身に付けられる学科となっています。
1年次は、幅広く日本・西洋・中国料理などを学び、2年次には、その中から自分が実際に学びたいジャンルを1つ選択してより知識と技術を深めます。
2年次は、国内外の著名なシェフから最先端の技を教わる特別授業と470時間の高度調理実習があるので、更に専門性を高めて身に付けることが出来ます。
校内のレストラン「ルミエール」やリストランテ「ラ・ルーチェ」で実践的実習が行われており、一般のお客様に対して、調理だけでなく、サービス等の接客・会計までの一貫した接客技術を実践的に学ぶことが出来ます。

学費詳細・費用

調理技術専攻科 総額220万5千万円
入学金:12万円
授業料:57万円
実習費:17万5千円
維持費1年次:11万円、2年次:10万円
施設費1年次:10万円、2年次:9万円
教材費1年次:10万円、2年次4万円
その他の費用1年次:4万円、2年次:1万5千円
給食費のみ別途必要となります。

取得可能な資格一覧

卒業と同時に、調理師・フードコーディネーター3級・食品管理専門士、専門調理技術者考査の資格を取得します。
卒業と同時に専門士の称号を得ます。
希望者のみ食育インストラクターの資格を得ることが出来ます。

就職・内定先の実績

目指せる仕事は、調理師、パティシエ、シェフ、フードコーディネーター、クッキングアドバイザー、料理研究家、テーブルコーディネーター、料理人、和菓子職人、パン職人、ショコラティエ、飲食店員などです。
主な就職実績は、横浜ロイヤルパークホテル、京王プラザホテル札幌、鶴雅グループ、グランドハイアット東京、札幌グランドホテル、日本料理壽山、鮨たなべ、OceanParkCorporation、日清医療食品などがあります。

製菓技術専攻科|学費:201~300万

概要

製菓技術専攻科は、昼間2年制の学科となっています。
製菓衛生士資格取得を目指し基本的な知識の習得と技術を身に付けられる学科となっています。
将来は、ホテルや製菓単などに就職し、活躍することを目指します。
1年次は、洋菓子・飴細工・ショコラといった製菓と製パンのあらゆるジャンルを学び、その中から自分が学びたいジャンルを1つ選択してより知識と技術を深めます。
2年次は、540時間の専門的実習があるので更に専門性を高めて身につけることができます。
ケーキ&ベーカリーショップ「ポナプティKoen」で行われる実践的な実習では一般のお客様に対して、製造だけでなく、ラッピングや接客まの一貫した接客技術を実践的に学ぶことが出来ます。

学費詳細・費用

製菓技術専攻科 総額220万5千万円
入学金:12万円
授業料:57万円
実習費:17万5千円
維持費1年次:11万円、2年次:10万円
施設費1年次:10万円、2年次:9万円
教材費1年次:10万円、2年次4万円
その他の費用1年次:4万円、2年次:1万5千円
給食費のみ別途必要となります。

取得可能な資格一覧

取得できる資格は、製菓衛生師(在学中に受験可能)となっています。
卒業と同時にフードコーディネーター3級の資格を得ます。
卒業と同時に専門士の称号を得ます。

就職・内定先の実績

目指す職業は、パティシエ、和菓子職人、パン職人、ショコラティエ、フードコーディネーター、クッキングアドバイザー、テーブルコーディネーター、パン製菓店員、飲食店員などです。
主な就職実績は、きのとや、石屋製菓、パティスリーアンシャルロット、どんぐり、もりもと、フルーツケーキファクトリー、札幌グランドホテルなどがあります。

光塩学園調理製菓専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

多くの外部の料理長やシェフの方が講師として来てくださって、専門的なことを教えてくれるから充実した学校生活を送ることができました。
調理師免許は卒業する前の実技試験で赤点をとらない限り取得できました。
通常の座学で就職についての基礎知識や自分たちの長所・短所を考えてどういう人間なのかということを分析して、どういう形態の調理に向いているのかを判断することがで来たのが良かったです。
とことん教えてくれ、実践練習も何度でも行ってくれるから、就職活動に自信がついて臨めました。
座学でも調理の和洋中それぞれにおいて基本的なことを学べるので、深く理解をすることができたと思います。
調理に関すること以外にも、栄養や衛生・サービスに関することなど幅広く学ぶことができました。
製菓衛生師試験科目だけではなく、コーヒー、ワイン、カクテルなど色について幅広く学べることができてよかったです。
私が当時学校生活でありがたいと思ったのが給食で、栄養バランスが考えられているので、とても健康的な食事が取れて良かったです。

口コミ元

ネガティブな口コミ

求人はそこそこありましたが、道外ばっかりで探すのに苦労しました。
バイトから就職してた人か結構居たイメージです。
とにかく基礎中の基礎の知識を詰め込む感じでした。
先生方は厳しく規則もしっかりしておりますが、生徒のやる気はあまり高いとは感じられませんでした。
就職率はパンフレットに記載されているようとても高いです。
ですが、アルバイト、パート、契約社員も含まれているため正社員での就職はほとんどありません。
ティシエの
年収はとても低い、そのことをきちんとふまえて、目指すかを考えてくれる指導があっても良かったのではないかと感じています。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*