国際調理製菓専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

国際調理製菓専門学校は新潟県にある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
国際調理製菓専門学校は学校法人に認可されています。

国際調理製菓専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
国際調理師専門学校 製菓・調理・栄養系 新潟県新潟市中央区古町通953-1 認可

姉妹校の情報

学校法人新潟総合学院・国際総合学園 NSGカレッジリーグのグループ校は、新潟ビジネス専門学校(NBC)、新潟公務員法律専門学校(NCOOL)、新潟法律大学校(NLEED)、新潟会計ビジネス専門学校(NABI)、新潟コンピュータ専門学校(NCC)、新潟デザイン専門学校(NCAD)、新潟工科専門学校(NIT)、新潟農業・バイオ専門学校(ABio)、国際トータルファッション専門学校(NITF)、国際メデ、カル専門学校(ICM)、国際外語・観光・エアライン専門学校(AIR)、国際音楽・ダンス・エンタテイメント専門学校(SHOW!)、国際こども・福祉カレッジ(WM)、国際ビューティモード専門学校(BM)、国際ペットワールド専門学校(WaN)、国際ホテル・ブライダル専門学校(wish)、専門学校新潟国際自動車大学校(GIA)、国際映像メディア専門学校(i-MEDIA)、日本アニメ・マンガ専門学校(JAM)、JAPANサッカーカレッジ(CUPS)、アップルスポーツカレッジ(ASC)、長岡公務員・情報ビジネス専門学校(NJC)、長岡こども・医療・介護専門学校(N-heart)、上越公務員・情報ビジネス専門学校(JJC)、国際自然環境アウトドア専門学校(i-nac)、全日本ウィンタースポーツ専門学校(JWSC)環境福祉と伝統文化の専門学校(SADO)があります。

国際調理製菓専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR越後線白山駅

国際調理製菓専門学校の入試情報

AO指定推薦校入学:書類審査
AO特待入学:書類審査
AO推薦入学:書類審査
AO一般入学:書類審査
一般入学:書類審査

国際調理製菓専門学校のオープンキャンパス情報

国際調理製菓専門学校では、随時オープンキャンバスが開催されています。
午前開始の部では、学科説明会と講師によるデモンストレーションが見学できます。
午後開始の部では、学科説明に加と、調理か製菓のどちらかの実習が体験できます。
オープンキャンパスと同時に保護者説明会が開催されています。
オープンキャンバス開催日以外でも、予約制で個別相談や保護者相談が開催されています。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

シェフ学科|学費:201~300万

概要

シェフ学科は、専任プロ講師による高度な授業で、2年間で料理の技術・センスを磨きながら調理師などの資格取得を目指す学科となっています。
1年次は、調理師免許取得に必要な調理の基礎技術を身に付けます。
2年次には、日本料理、イタリア・フランス料理、中国料理の3コースの中から専門コースを選択し、専門知識と技術を磨きます。

学費詳細・費用

シェフ学科 総額211万円
入学金:5万円
授業料:70万円
施設設備費:18万円
施設維持費:15万円
その他:食材費、包丁セット、コックコート、学生保険、食育実習費が必要となります。

取得可能な資格一覧

卒業時に調理師免許(国家資格)、専門士称号を取得します。
専門調理師・調理技能士、食品技術管理専門士、食品衛生責任者、食育インストラクターを取得することが出来ます。

就職・内定先の実績

目指す職種は、,ホテルシェフ、レストランシェフ、専門店調理師、クッキングインストラクター、料理研究家、飲食店オーナーなどです。
主な就職実績は、ホテルオークラ新潟、新潟グランドホテル、イタリア軒、ホテル泉慶、大観荘、長野ホテル犀北館、ミリアルリゾートホテルズ、プリンスホテル、赤坂瑠宮、東天紅となっています。

健康給食学科|学費:201~300万

概要

健康給食学科は、2年間で施設に合わせた調理法、栄養知識について学びながら調理師などの資格取得を目指す学科となっています。
1年次は、調理師おんに必要な調理の基本を学びます。
2年次には、総合給食コースと医療福祉給食コースの2コースから選択して専門性を磨きます。
生産地へ直接出向いて食材の生育法や旬について理解を深めたり、病院・福祉施設等でのインターンシップを通じて集団調理の現場を経験し、幅広い知識と即戦力となる技術を身に付けます。

学費詳細・費用

健康給食学科 総額211万円
入学金:5万円
授業料:70万円
施設設備費:18万円
施設維持費:15万円
その他:食材費、包丁セット、コックコート、学生保険、食育実習費が必要となります。

取得可能な資格一覧

卒業時に調理師免許(国家資格)と専門士称号を取得します。
専門調理師・調理技能士、食品技術管理専門士、介護初任者研修(旧ホームヘルパー2級)、食品衛生責任者、食育インストラクターを取得することが出来ます。

就職・内定先の実績

目指す職種は、病院・福祉施設調理師、学校給食調理師、料理研究家、クッキングインストラクター、専門店調理師などです。
主な就職実績は、保育園給食調理師 など日清医療食品、石本商事、津山商店、日本フードリンク、メフォス新潟事業部、社会福祉法人苗場福祉会、社会福祉法人桜井の里福祉会などがあります。

カフェ学科|学費:201~300万

概要

カフェ学科は、2年間でカフェについて学びながら、調理師などの資格取得を目指します。
1年次は、調理師免許取得のために、料理の基本を学びます。。
2年次は、カフェスイーツコース、カフェコース、カフェプロデュースコースの3コースの中からコースを選択し、専門性を磨きます。
調理、製菓の両方だけでなく、ドリンク・サービスなどの知識やメニュープランニング、マーケティング、店舗デザインといったの経営までも学び、カフェスタッフに必要な幅広い知識と技術を学ぶことが出来ます。

学費詳細・費用

カフェ学科 総額211万円
入学金:5万円
授業料:70万円
施設設備費:18万円
施設維持費:15万円
その他:食材費、包丁セット、コックコート、学生保険、食育実習費が必要となります。

取得可能な資格一覧

卒業時に調理師免許(国家資格)、フードコーディネーター、専門士称号を取得します。
専門調理師・調理技能士、食品技術管理専門士、食品衛生責任者、食育インストラクターを取得することが出来ます。

就職・内定先の実績

目指す職種は、カフェスタッフ、カフェオーナー、フードコーディネーター、バリスタ、サービススタッフ、専門店調理師などです。
主な就職実績に、横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル、ミリアルリゾートホテルズ、Berry’sPancake、カフェ青山、パンとカフェシエールなどがあります。

パティシエ学科|学費:201~300万

概要

パティシエ学科は、2年間で製菓について学びながら製菓衛生師などの資格取得を目指す学科です。
1年次に洋菓子・製パン・和菓子の基礎を学びます。
2年次は、製菓コース、製パンコース、製菓製パンコースの3コースの中から選択して専門性を磨きます。
製菓製パンだけでなく、パンとともに提供されることが多い、ドリンクの知識と提供技術も実習を通して学ぶことが出来ます。

学費詳細・費用

パテシエ学科 総額211万円
入学金:5万円
授業料:70万円
施設設備費:18万円
施設維持費:15万円
その他:食材費、包丁セット、コックコート、学生保険、食育実習費が必要となります。

取得可能な資格一覧

パン製菓衛生師(国家資格)、洋菓子製造技能士、和菓子製造技能士、パン製造技能士、食品衛生責任者を取得することが出来ます。
卒業と同時に専門士の称号を得ます。

就職・内定先の実績

目指す職種は、パティシエ、ブランジェ、ショコラティエ、スイーツプランナー、パティスリーなどです。
主な就職実績は、ベーカリーオーナー などプレジール、菓心亭かまだ、フランス菓子レ・ドゥー、プティカナール、スウィートベリー、パティシエ・シマ、パティスリー・キャロリーヌ、アトリエ・ニコ、石窯焼きパン工房麦の詩などがあります。

栄養士学科|学費:201~300万

概要

栄養士学科は、2年間で栄養と調理について学び、調理師と栄養士の資格取得を目指す学科となっています。
2年間で、調理と製菓、製パンなど、すべての調理を学ぶことが出来ます。
調理ができる栄養士を目指します。
最短2年で栄養士を取得するこができ、将来は栄養士取得後3年の実務経験で管理栄養士を取得することが出来ます。

学費詳細・費用

栄養士学科 総額211万円
入学金:5万円
授業料:70万円
施設設備費:18万円
施設維持費:15万円
その他:食材費、包丁セット、コックコート、学生保険、食育実習費が必要となります。

取得可能な資格一覧

卒業時に栄養士免許(国家資格)と専門士称号を取得します。
管理栄養士(実務経験3年で受験資格取得)、食品衛生責任者の取得を目指します。

就職・内定先の実績

目指す職種は、学校給食調理師、病院、各種福祉施設、スポーツ選手の栄養管理スタッフ、フードコーディネーター、保育所などです。
主な就職実績は、栄養士として、日京クリエイト、日本フードリンク、野島食品株式会社、石本商事株式会社、シダックス株式会社などがあります。

国際調理製菓専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

1年生の時から面接対策などをしっかりしてくれ、面接の時の化粧や髪型など細かいところまで教えてくれました。
回転釜やキルティングパン、スチコンなど給食施設で使っているものがほとんどあり、本格的な授業を受けることが出来たので、就職してからもとても役に立ちました。
他のクラスや先輩との交流もあり毎日がとても楽しく学校生活を送ることが出来ました。
健康給食学科は、学校や介護施設、病院など集団調理施設に就職する人のために専門的な道具や機材を使えるとこが出来たので、就職してからも、すぐに即戦力となります。
インターンシップといって、実際の職場体験を2週間×3回も行うことができるので、学んだことを授業や就職活動に活かすことができました。
田植えや収穫、ひきあみ漁など生産者の方の立場に立った授業をクラスみんなと楽しく活動することができるので、就職に活かすことができるのはもちろん、クラスのみんなともより一層仲良くなりました。

口コミ元

ネガティブな口コミ

就職は関東や新潟の就職が多く、山形や秋田などは自分で探さなければいけません。
ひとまず就職率を上げるために、学校側がいい職場も悪い職場も勧めるから 卒業生は意外にもすぐ転職している人が多いです。
調理実習の先生は、だいたいきちんと指導してくれますが、やはり教員免許を持っていないためか指導方針にやや難ありな方ばかりです。
座学の講師もおじいちゃんおばあちゃんばかりで、授業にすらなってないような方もいました。
黒板の文字も読めないほど汚く、話も聞き取れないほどボソボソしている方もいました。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*