名古屋ファッション専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-08-25

         

名古屋ファッション専門学校は愛知県にあるファッション・アパレル系の専門学校です。
名古屋ファッション専門学校は学校法人に認可されています。

名古屋ファッション専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
ファッション・アパレル系 愛知県名古屋市中区新栄1丁目9-6 認可

姉妹校の情報

姉妹校に、名古屋栄養専門学校、名古屋製菓専門学校があります。

名古屋ファッション専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

地下鉄東山線新栄町駅/地下鉄名城線・東山線栄駅/地下鉄桜通線高岳駅

名古屋ファッション専門学校の入試情報

NSC特別奨学生入試:調査書、国語(現代文)、面接
NSC専門学校適性入試:書類選考
特別推薦入試:書類選考
推薦入試:書類選考、面接
一般入試Ⅰ:書類選考、面接
一般入試Ⅱ:書類選考、面接

名古屋ファッション専門学校のオープンキャンパス情報

名古屋ファッション専門学校では、オープンキャンパスが年に複数回開催されています。
4・5・6月は体験入学&適性入試直前相談会、7・3月は体験入学、8・9月は体験入学&入試相談会、10・11・12・1月は体験入学&見学相談会が行われています。
体験できる内容は、ショップ体験、アクセサリー制作、ヘアメイクアレンジ体験、スタジオ撮影体験、オシャレ小物制作など豊富なメニューを揃えています。
在校生と交流することもできるので、リアルな学校の雰囲気を知ることができます。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

ファッションマスター科|学費:201~300万

概要

ファッションマスター科は、テクニカルクリエーターコース3年制となっています。
3年間で、デザインとデザイン画をもとに型紙をおこして立体化するパターンを作成する技術を身につけることができます。
基礎のデザインはもちろん、時代の流れを捉えたデザインスキルと、パターンメーキング技術検定などの資格取得はもちろん、更に高度なパターンメイキングの能力を身につけて、クリエーティブな物作りを行うことを目指します。

学費詳細・費用

ファッションマスター科 総額285万円
入学金:20万円
授業料(年額):67万円
施設費(年額):20万円
その他、学外研修費、学生会費、ボディ使用料、同窓会費などが必要となります。

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、パターンメーキング技術検定、ファッションビジネス能力検定、ファッション販売能力検定などがあります。

就職・内定先の実績

就職実績に、株式会社アーバンリサーチ、株式会社アンビデックス、イトキン株式会社、株式会社上野商会、株式会社エフビー、株式会社オンワード樫山、株式会社クレヨン、株式会社コムデ・ギャルソン、株式会社三陽商会、株式会社シップス、松竹衣裳株式会社、株式会社ストライプインターナショナル、株式会社セントラルジャパン、ディーゼルジャパン株式会社、東京衣裳株式会社、株式会社東宝コスチューム、株式会社ナイスクラップ、株式会社ファイブフォックス、株式会社ベイクルーズ、株式会社ベベ、マークジェイコブスジャパン株式会社、株式会社ユナイテッドアローズなどがあります。

ファッション造形科|学費:101~200万

概要

ファッション造形科は、ベーシックコース2年制となっています。
2年間で、アパレル商品企画生産の基礎である、スカート、パンツ、ジャケットなどのデザインや工業用パターンメーキング、縫製を身につける学科となっています。
パターンメーキングの基礎をしっかりと身につけ、パターンメーキング技術検定の資格取得を目指します。
デザイン画の専科では、コンテスト向けの技法を学びデザイン力のレベルアップをはかったり、テキスタイルの専科では、新素材について研究したりすることができます。

学費詳細・費用

ファッション造形科 総額188万円
入学金:20万円
授業料(年額):65万円
施設費(年額):20万円
その他、学外研修費、学生会費、ボディ使用料、同窓会費などが必要となります。

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、パターンメーキング技術検定、ファッションビジネス能力検定、ファッション販売能力検定などがあります。

就職・内定先の実績

就職実績に、株式会社アーバンリサーチ、株式会社アンビデックス、イトキン株式会社、株式会社エフビー、株式会社オンワード樫山、株式会社コムデ・ギャルソン、株式会社サマンサタバサジャパンリミテッド、株式会社サンエー・ビーディー、株式会社三陽商会、株式会社シップス、松竹衣裳株式会社、株式会社ストライプインターナショナル、株式会社セントラルジャパン、ディーゼルジャパン株式会社、東京衣裳株式会社、株式会社東宝コスチューム、株式会社ナイスクラップ、株式会社ファイブフォックス、株式会社ベベ、株式会社ユナイテッドアローズなどがあります。

ファッション流通科|学費:101~200万

概要

ファッション流通科には、スタイリストコース2年制とファッションビジネスコース2年制があります。
スタイリストコースは、2年間で、基本的な衣服縫製、ファッションの歴史、カラーコーディネート、ヘアメイク、ディスプレイ、写真撮影、CGなど幅広いジャンルを学び、スタイリストとしての技術を身につけることができます。
ファッションビジネスコースは、2年間で、流通業界で必要な知識とを身につけ商品装飾展示技能士や接客販売技能検定などの国家資格取得を目指します。

学費詳細・費用

ファッション流通科 総額188万円
入学金:20万円
授業料(年額):65万円
施設費(年額):20万円
その他、学外研修費、学生会費、ボディ使用料、同窓会費などが必要となります。

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、パターンメーキング技術検定、ファッションビジネス能力検定、ファッション販売能力検定などがあります。

就職・内定先の実績

就職実績に、株式会社アーバンリサーチ、株式会社アンビデックス、イトキン株式会社、株式会社上野商会、株式会社エフビー、株式会社オンワード樫山、株式会社クレヨン、株式会社コムデ・ギャルソン、株式会社サマンサタバサジャパンリミテッド、株式会社サンエー・ビーディー、株式会社三陽商会、株式会社シップス、松竹衣裳株式会社、株式会社ストライプインターナショナル、株式会社セントラルジャパン、ディーゼルジャパン株式会社、東京衣裳株式会社、株式会社東宝コスチューム、株式会社ナイスクラップ、株式会社ファイブフォックス、株式会社ベイクルーズ、株式会社ベベ、マークジェイコブスジャパン株式会社、株式会社ユナイテッドアローズなどがあります。

名古屋ファッション専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

目的別にコースが分かれているのでおなじ目標のある友達ができたことも良かったです。
少人数での授業で先生も親身に相談に乗ってくれるのでアットホームな雰囲気でした。
他クラスとの交流のイベントも沢山あったり専門学校の中でも飽きが来ないような校風でした。
1クラスが少人数なのでとても濃い授業が受けられました。
少し人数が多いクラスだと、もう一人配置して満遍なく説明や指導が受けられる様なシステムで、あまり理解が遅い子でも、補佐の先生がマンツーマンで教えてくれるのでおいてけぼりを食らうということは少なかったです。
服をデザインする、作るだけでなく、歌舞伎や古美術など様々なものに触れる機会があります。
昔でいう家政科の様なスタイルは一切なく、現代の服作りに必要な勉強ができます。
ファッションデザイナーの講演会もあり、非常に勉強になります。

口コミ元

ネガティブな口コミ

先生も優しいし楽しく、友達も増えるけど、ファッションの勉強をするには物足りない感じです。
結局、販売に就職する人がほとんどなので、わざわざ専門学校に行かなくても経験をしたほうが良いです。
ファッション系の資格がいろいろ取れるけど、先生にクセがある人が多いので嫌になります。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*