大原医療秘書専門学校新潟校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-07-30

         

大原医療秘書専門学校新潟校は新潟県にある看護・医療系の専門学校です。
大原医療秘書専門学校新潟校は学校法人に認可されています。

大原医療秘書専門学校新潟校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
大原 看護・医療系 新潟県新潟市中央区花園1‐3‐3 認可

姉妹校の情報

姉妹校は多数あります。

大原医療秘書専門学校新潟校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR新潟駅

大原医療秘書専門学校新潟校の入試情報

AO入学:面接
特別推薦入学:書類選考(必要に応じて面接)
推薦:書類選考(必要に応じて面接)
一般入学:書類選考(必要に応じて面接)

大原医療秘書専門学校新潟校のオープンキャンパス情報

大原医療秘書専門学校新潟校のオープンキャンパスでは、交通費の補助や無料送迎バスを使用するなどして参加することができます。
学校見学&進路相談や、体験入学、保護者説明会、特別イベントなど開催されています。
AO入学によって、無料で早期チャレンジプログラムを受講可能になる特典や、選考料の2万円についても免除となります。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

医療事務|学費:101~200万

概要

医療に関わる知識を基礎の部分から応用まで着実にステップアップし、目標は診療報酬請求事務能力認定試験(医科)の合格です
。薬に関わる知識と、さらに薬局のしくみや調剤レセプト作成、保険制度など、幅広く医療に関わる知識を学習し、活躍を多方面で可能とする知識を修得します。
医療請求事務からはじまり、マナーや法律など多種多様な実力と知識を身につけます。
技術、知識を活かし、それぞれの患者さんに適合したきめ細かい応対ができるようになります。
1年次では、医療請求事務1・2級、医療秘書実務2級、診療報酬請求事務(医科)、ワープロ2・3級、医療請求事務(外来)、基礎医学・病院マネジメントなど、医療請求事務(入院)、医療保険制度・介護保険制度など、医療請求事務実習、業界研究・企業研究、一般常識・SPI、Word実習、パソコン基礎知識、事務職実習(ペン字・漢字・電卓)、受付実習、病院実習があります。
2年次では、医療秘書実務1級、調剤薬局事務、MOS・Excel、医療事務管理士(歯科)、介護事務管理士、内科学・関連法規など、薬理学・医薬品管理など、Excel実習、受付実習、病院実習、歯科報酬の算定、介護報酬の算定、ビジネスマナー実習、医事コンピュータ・電子カルテ実習、卒業研究があります。

学費詳細・費用

医療事務 総額210万円
入学金18万円
授業料:116万円
教材費:16万円
維持費:40万円
実習費:20万円

取得可能な資格一覧

資格取得目標として、診療報酬請求事務能力認定試験(医科)、調剤薬局事務検定、医療請求事務検定1・2級、医療秘書実務検定1・2級、医療事務管理士(歯科) ※選択制、介護事務管理士 ※選択制、マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)などが設定されています。

就職・内定先の実績

JR東日本グループ、近畿日本ツーリスト、慶應義塾大学病院、竹山病院、国土交通省 、外務省などの就職実績があります。

医療秘書|学費:101~200万

概要

医療機関の仕事の内容やしくみを理解し、就職をより着実にするために確認するのが病院サービスです。
短い期間で医療に関わる基礎知識や薬に関わる知識、医事コンピュータなどを基礎からステップアップして着実に習得します。
医療に関わる知識を初歩の基礎から応用まで着実にステップアップし、目標は診療報酬請求事務能力認定試験(医科)の合格です。
1年次では、医療請求事務1・2級、医療秘書実務2級、診療報酬請求事務(医科)、ワープロ2・3級、医療請求事務(外来)、基礎医学・病院マネジメントなど、医療請求事務(入院)、医療保険制度・介護保険制度など、医療請求事務実習、業界研究・企業研究、一般常識・SPI、Word実習、パソコン基礎知識、事務職実習(ペン字・漢字・電卓)、受付実習、病院実習があります。
2年次では、医療秘書実務1級、秘書2級、MOS・Excel、医療事務管理士(歯科)、介護事務管理士、内科学・関連法規など、秘書概論、Excel実習、受付実習、病院実習、歯科報酬の算定、介護報酬の算定、ビジネスマナー実習、医事コンピュータ・電子カルテ実習、卒業研究があります。

学費詳細・費用

医療秘書 総額210万円
入学金18万円
授業料:116万円
教材費:16万円
維持費:40万円
実習費:20万円

取得可能な資格一覧

資格取得目標として、診療報酬請求事務能力認定試験(医科)、秘書検定2級、医療請求事務検定1・2級、医療秘書実務検定1・2級、医療事務管理士(歯科) ※選択制、介護事務管理士 ※選択制、マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)などが設定されています。

就職・内定先の実績

JR東日本グループ、近畿日本ツーリスト、慶應義塾大学病院、竹山病院、国土交通省 、外務省などの就職実績があります。

医療事務&民間就職|学費:101~200万

概要

医療機関をはじめ、民間企業の求人情報が豊富で、取得した情報をもとにして就職活動を有利に進めることが可能です
。ExcelやWordなどのビジネスソフトを基礎から学習し、民間企業へ向けた就職活動もしっかりとした自信を持って行えます。
医療に関わる知識を初歩となる基礎から応用まで着実にステップアップすることで、目標は診療報酬請求事務能力認定試験(医科)の合格です。
1年次では、医療請求事務1・2級、医療秘書実務2級、診療報酬請求事務(医科)、ワープロ2・3級、医療請求事務(外来)、基礎医学・病院マネジメントなど、医療請求事務(入院)、医療保険制度・介護保険制度など、医療請求事務実習、業界研究・企業研究、一般常識・SPI、Word実習、パソコン基礎知識、事務職実習(ペン字・漢字・電卓)、受付実習、病院実習があります。
2年次では、医療秘書実務1級、日商簿記2・3級、MOS・Excel、医療事務管理士(歯科)、介護事務管理士、内科学・関連法規など、簿記(商業簿記・工業簿記)、Excel実習、受付実習、病院実習、歯科報酬の算定、介護報酬の算定、ビジネスマナー実習、医事コンピュータ・電子カルテ実習、卒業研究があります。

学費詳細・費用

医療事務&民間就職 総額210万円
入学金18万円
授業料:116万円
教材費:16万円
維持費:40万円
実習費:20万円

取得可能な資格一覧

資格取得目標として、診療報酬請求事務能力認定試験(医科)、日商簿記検定2・3級、医療請求事務検定1・2級、医療秘書実務検定1・2級、医療事務管理士(歯科) ※選択制、介護事務管理士 ※選択制、マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)などが設定されています。

就職・内定先の実績

JR東日本グループ、近畿日本ツーリスト、慶應義塾大学病院、竹山病院、国土交通省 、外務省などの就職実績があります。

大原医療秘書専門学校新潟校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

「豊富な種類の試験が受けられるため、資格の取得は充実していると思います。」
「内定が2年生の早い段階で決まるケースもあって、そこから実践や面接の練習などのサポートをしていただけました。」
「駅の付近に学校があるので、周囲のお店など環境が充実していました。」
「卒業旅行やスポーツフェスティバルなどもあり、学生生活は充実していました。」

口コミ元

ネガティブな口コミ

「授業についてはテキストを見て、先生が要約したものを黒板に書いていくという内容で、必要性があまりないと思いました。」
「他校と比較して髪の色や服装などで厳しかったです。」
「実習室のようなものがありますが使用することがほとんどなく、学食もなかったですが、新校舎になってから校舎の雰囲気は良くなりました。」

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*