東日本栄養医薬専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-01-30

         

東日本栄養医薬専門学校は群馬県にある看護・医療系の専門学校です。
東日本栄養医薬専門学校は学校法人に認可されています。

東日本栄養医薬専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系
製菓・調理・栄養系
群馬県前橋市小屋原町1098-1 認可

姉妹校の情報

姉妹校として、群馬調理師専門学校、東日本調理師専門学校、東日本製菓技術専門学校などがあります。

東日本栄養医薬専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR駒形駅

東日本栄養医薬専門学校の入試情報

AO入試:体験入学参加、面接審査、書類審査
推薦入試:面接診査、書類審査
一般入試:面接診査、書類審査

東日本栄養医薬専門学校のオープンキャンパス情報

東日本栄養医薬専門学校では、5/25、6/8、6/22、7/6、7/20、7/31、8/9、8/23、9/7の日程でオープンキャンパスを開催しています(2019年)。
当日は施設見学、学校説明などのほか、毎回異なる体験実習が用意されていますので、学校の設備を見学したい、普段の授業の様子を体感したいと考えられる方はぜひ参加しておきたいところです。
ランチも用意されており、栄養士学科では、体験実習で調理したメニューがそのまま朝食として提供されます。
高3生以外の高1生、高2生、社会人の方も歓迎しており、保護者の方には体験実習の代わりに説明会が実施されます。
参加費は無料です。
また、日程によっては高崎駅、新前橋駅、伊勢崎駅、大胡駅、太田駅、本庄駅から無料バスが送迎しますので、バスをご利用希望の方は前日16時までにお申込みください。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

栄養士学科|学費:201~300万

概要

栄養士学科は、2年間の学習によって、食生活で人々の健康管理をサポートする栄養士を目指すコースです。
本学科では実習に特に力を入れており、調理学実習、食品衛生学実験、栄養学実習、給食実務実習など、器具の使い方、献立作成、調理、栄養管理まで一連の仕事の流れを学ぶことで、即戦力として活躍できる栄養士を育成します。
広く清潔な調理実習室に、スチームコンベクション、IH回転釜、ティルティングパンなど、現場同様の専門設備が整っていることも本学を選ぶ上でのポイントです。
研修旅行や工場見学など、現場に触れる機会も多く用意されています。
福祉分野、教育分野、スポーツ分野など、栄養士の活躍分野は広く、就職における選択肢が広いことも当科のメリットです。

学費詳細・費用

栄養士学科 総額232.7万円
入学金:10万円
授業料:79万円
教育充実費:5万円
施設設備費:5万円
実験実習費:10万円
その他諸経費:24.7万円(2年間)

取得可能な資格一覧

栄養士、介護食士3級、食育栄養インストラクターなどの資格取得を目指します。
本科で必要な単位を履修することによって、卒業と同時に栄養士免許を申請、取得することができます。
また、卒業によって衛生専門士の称号が得られます。

就職・内定先の実績

群馬県教育委員会、前橋市役所、東洋大学、三育学院、深谷中央病院、群馬リハビリテーション病院、宏愛会第一病院、日本ケアセンター、三郷保育園、山田食品産業株式会社などが主な就職先となっています。
病院や保育施設への就職が多くなっていますが、役所、給食センター、学校、福祉施設、食品会社、ドラッグストア、スポーツ関連企業など、栄養士が求められる業種は多く、卒業生の活躍するフィールドはとても多彩です。

医薬学科|学費:201~300万

概要

医薬学科は、2年間の学習によって登録販売者の資格を取得し、医薬品の販売スタッフなどを目指すコースです。
主なカリキュラムは、さまざまな医薬品の成分やその作用などを知る薬物学、健康・美容の管理、アンチエイジング、人体学、医療事務・受付事務、ハーブやアロマによるリフレッシュ効果などと多岐にわたり、さまざまな顧客のニーズに対応できる幅広い学びによって、即戦力として活躍できる人材を育成します。
座学と同時に企業への就業を併行して行うデュアルシステムにより、給料を得ながら現場に即した知識や技術を習得することができます。

学費詳細・費用

医薬学科 総額243.4万円
入学金:10万円
授業料:79万円
教育充実費:5万円
施設設備費:5万円
実験実習費:20万円
その他諸経費:15.4万円(2年間)

取得可能な資格一覧

登録販売者、調剤事務管理士、ヘルスケアアドバイザー、販売士検定などの資格取得を目指します。
登録販売者とは、一般用医薬品の95%を販売することが許可される資格です。

就職・内定先の実績

マツモトキヨシ、クスリのアオキ、ベイシア、ウエルシア薬局、ココカラファイン、トライウェル、セキ薬品、植原整形外科医院、銀座矯正歯科、大島胃腸科内科クリニックなどが主な就職先となっています。
大手を含むさまざまなドラッグストアに就職例が確認されているほか、病院への就職実績も確認されています。
就職におけるサポートは手厚く、講師陣が自分に合った就職先をしっかり探してくれると口コミでも話題です。

東日本栄養医薬専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

周りと同じ夢を持っている同士なので、支えあえていると感じます。
栄養士にとって大事なことはもちろん、社会に出るにあたって大事なことも教えてくれます。駅も近いのでよいです。
系列の学校が近いので交流が持てます。
少人数制なのでクラスみんな仲良いし、先生とも仲良くできます。
登録販売者の先生、薬剤師の先生方が一年次からサポートしてくれます。
授業の内容はとても分かりやすいです。
太田駅、新前橋駅、高崎駅から無料のスクールバスが出ています。
駐車場もあります。
実習室があり、ドラッグストアに似た環境で勉強することができます。
調理器具も様々な大きさなど揃えているので使いやすいし調理が行いやすいです。

口コミ元

ネガティブな口コミ

就職については、栄養士の就職くらいしかないので、もし他の仕事に就きたいなら自分で考えなきゃいけません。(栄養士学科)
体育の授業はあまり設備は整っていないです。
(就職について)新卒枠はなかなか厳しくギリギリまで待つ必要も出てきます。
クラスは多くて10人くらいなのでケンカとかしてしまうと大変です。
座学はひたすら書いてるだけです。
補講が発生すると、実習にかかる材料費は実費です。
やはり実習のお金がかかり、2年間だと思うと少し高めです。
学校の近くにはコンビニしかありません。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*