群馬県高等歯科衛生士学院の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

群馬県高等歯科衛生士学院は群馬県にある看護・医療系の専門学校です。
群馬県高等歯科衛生士学院は学校法人に認可されています。

群馬県高等歯科衛生士学院の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系 群馬県前橋市大友町1-5-16 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

群馬県高等歯科衛生士学院の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR前橋駅

群馬県高等歯科衛生士学院の入試情報

公募推薦入試:書類審査、面接
自己推薦入試:書類、面接
一般入試:書類審査、面接、小作文

群馬県高等歯科衛生士学院のオープンキャンパス情報

群馬県高等歯科衛生士学院のオープンキャンパスは、年に数回実施しており、詳細な日程は学校公式ホームページから確認することができます。
開催時間帯は10:00~12:00を予定しており、申し込みはホームページ上のフォームから行うことができます。
主な内容として、校内案内、学院説明、体験実習があり、また各開催日において、先生による講演が実施されています。
各開催日において講演を行う先生は異なり、講演の内容も様々です。
講演内容としては、歯科治療についての具体的な方法や、治療の仕方の違いを説明したり、歯科衛生士がどんな仕事をするのかということを話したり、歯と生活がどのように関わるのかなどがあります。
仕事の具体的なイメージはもちろん、この学校で学ぶことがどのような場面で活かされるのか、より身近に感じることができるような内容になっており、ぜひ一度は参加してみたいと感じさせてくれるプログラムとなっています。
オープンキャンパス以外にも、個人見学も随時受け付けているので、ぜひ気軽に連絡してみてください。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

歯科衛生士科|学費:100万以下

概要

群馬県高等歯科衛生士学院の歯科衛生士科は、この学校唯一の学科であり、歯科衛生士を目指して勉学に励んでいきます。
一言に歯科衛生士といっても、その仕事は様々で、主に3つの内容に分けることができます。
一つ目は、歯科予防措置で、虫歯や歯周病の予防的な医療技術を施します。
患者が歯石除去などの処置を受けるのも、この仕事の一環となります。
二つ目は、歯科保健指導です。
これは、歯の正しい磨き方などを診療所や学校、保健センターなどで指導をすることであり、このことができるのも歯科衛生士だけができることとなります。
三つ目は歯科診療補助で、これは歯科医師の指示のもとで患者の治療を行う、いわゆるチーム医療の一環と言ってもよいです。
治療補助のみならず、患者と医師とのコミュニケーションを円滑にするために働きかけを行うなど、歯科衛生士としての役割はとても大切なものがあります。
他にも訪問診療補助、療養指導を行うこともあり、多様な形での仕事の在り方が求められる職種になります。
こうした求められる歯科衛生士を目指すために、群馬県高等歯科衛生士学院は最新の設備を整え、できる限り快適でかつ有意義な学校生活を送れるように環境を作っています。
学習カリキュラムは3年間で組まれており、学習分野は、基礎分野から専門分野、実習分野と大きく分けることができます。
3年間で学ぶ総時間は、履修時間でおおよそ4000時間にも及び、学校の講義で学ぶだけでもたくさんのことを吸収できます。
歯科衛生士は、チームでの仕事を求められることも考え、群馬県高等歯科衛生士学院はキャンパスライフにおいても年間行事を充実させるなどの試みを行っています。
歯科衛生士を養成する目的で創立された群馬県高等歯科衛生士学院は創立50周年を超え、卒業生は2000名を超え、多くの卒業生が活躍をしている現状があります。

学費詳細・費用

歯科衛生士科 総額:90万円
入学金:30万円
授業料:48万円
実習費:12万円

取得可能な資格一覧

歯科衛生士(国家資格)、専門士を取得することができます。
国家資格である歯科衛生士の合格率は毎年100%となっており、高い合格率を維持しています。
資格取得に向けて学校側は試験対策のサポートを充実させており、270時間以上にも及ぶ「国家試験対策講座」を開講しているなどしています。
模擬試験も年に数回実施しており、学生は何ができるようになってて、どこに課題があるのかなどを細かく確認することができます。
講義は一斉授業の形式で行われるようですが、一人ひとりの習熟度に合わせて講義を行っているようで、クラスがいくつかあるのではないかと、ホームページの記載から推測することができます。
こうした先生が一方的に授業を行うのではなく、生徒に寄り添うような形で授業はもちろん、サポートを行うからこそ、高い合格率を維持できています。
さらに、現役の歯科医師や大学教授が勉強のバックアップを行っており、学校だけでなく、歯科関係の方も一緒になって取り組む姿勢は、学生のモチベーションの支えにもなっているようです。

就職・内定先の実績

具体的な会社名での内定先の記載はありませんでしたが、群馬県高等歯科衛生士学院では、県内外から500件以上の求人があります。
これは、在学中の学生における歯科衛生士資格取得率100%であるということも関係していると思います。
現在、全国的に歯科衛生士は不足している傾向にあり、その中で群馬県高等歯科衛生士学院の求人倍率は11.85倍(2017年度)という数字になっています。
卒業生は主に群馬県内の歯科医院、病院、保険センターなどで活躍しており、就職率においても100%という、全員が就職をしているという結果となっています。
そのサポート体制も充実したものがあり、例えば、卒業生による就職説明会があり、在校生が自身の就職活動に活かせるように、先輩は後輩にその経験を語ります。
他にも、群馬県高等歯科衛生士学院は、一般財団法人就職教育キャリア教育財団認定キャリア・サポーター在籍校にもなっており、専門的な視点からの就職指導を受けることができます。
こうした一人ひとりに活かせる内容は、学生の適性や希望に沿った就職をできる限り可能としているようです。

群馬県高等歯科衛生士学院の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

先生方が親身で、個性的で、楽しい授業が多い。
国家試験の合格率は県内トップクラス。
大学病院の教授や現役の歯科医師の先生などが授業に来てくれるので、現場に必要なことを意識できる。

口コミ元

ネガティブな口コミ

駅から少し離れていることもあり、通学に少し歩かなければならない。
立地自体はそこまで悪い印象はない。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*