熊本歯科技術専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

熊本歯科技術専門学校は熊本県にある看護・医療系の専門学校です。
熊本歯科技術専門学校は学校法人に認可されています。

熊本歯科技術専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系 熊本県熊本市中央区本荘3‐1‐6 認可

姉妹校の情報

学校法人中島学園 熊本情報経理専門学校

熊本歯科技術専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR熊本駅

熊本歯科技術専門学校の入試情報

指定校推薦入試:面接、適性検査(石膏ブロックによる工作)
推薦入試(高等学校・歯科関係機関)面接:国語総合(古文・漢文除く)、適性検査(石膏ブロックによる工作)
社会人入試:面接、作文又は国語総合(古文・漢文除く)のどちらか1科目選択、適性検査(石膏ブロックによる工作)
一般入試:面接、国語総合(古文・漢文除く)、適性検査(石膏ブロックによる工作)

熊本歯科技術専門学校のオープンキャンパス情報

オープンキャンパスでは学校説明会や入試の詳細、他にも歯科技工士という職種の詳細や就職についてのお話が聞けます。
在校生と一緒に歯科材料を使用した簡単な体験実習も行います。
主なプログラムとしては、学校説明、歯科技工士の仕事や就職についての詳細説明、歯科材料を使った体験コーナー、入試時の実技試験対策となっています。
体験コーナーでの実習の内容は毎回変わるようなので、複数回参加しても、そのたびに楽しい体験ができます。
実習コーナーでの内容はホームぺージにて掲載があるので、事前にサイトで確認しておくのも1つの手かもしれません。
実習の最後には、入試試験実技対策が行われ、石膏ブロックを切り出しナイフ使って形を整えていくというものを行っています。
キャンパスライフについては、オープンキャンパス内にあるティータイムにて、在校生とのコミュニケーションをとる機会も設けられており、普段の学校生活を実際に通っている学生の目線からのお話も聞くことができます。
保護者に向けても、保護者説明会が同日開催されています。
また、日中のオープンキャンパスとは別枠でナイトキャンパスという名目で実際の授業をキャンパス内で体験することもできます。
どれも予約制ですので、参加の際は公式サイトから事前に予約をしておく必要があります。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

歯科衛生士科|学費:101~200万

概要

歯科衛生士としての専門知識や技術だけではなく、人間の心理の基礎でもある「心理学」を学び、歯科医療現場でのスムーズなコミュニケーション力の習得を目指します。
さらに一般教養や礼儀作法などコミュニケーション能力の向上を目指します。
独自の授業カリキュラムで、衛生士業務だけでなく、歯科医療をトータル的に学べます。
1年次では歯科衛生士としての専門的なノウハウとスキルを何度も繰り返して学び必要なノウハウやスキルへの理解を深めていき、2年次は臨床実習の場で実践経験を積み重ねていきます。
そして、3年次では歯科衛生士に必要不可欠な問題解決力を身につけ、3年間を通して、現場に出た際に即戦力となれる「新人スタッフ」の育成を目指すと共に国家試験の合格を支援します。
また、学内での授業と施設での実習とを繰り返し行っていく事で確かな知識と技術を身につける事ができます。
歯科衛生士は、幼稚園や小学校、介護施設などと、幅広くさまざまな職域で活躍する場があり、そのため、そうした歯科衛生士という職の重要性や存在意義を理解し、その場その場にいる患者様一人ひとりの心に寄り添う技術や知識を学び、実習を通して人間としても大きく成長することを目指しています。

学費詳細・費用

初年度納入金:84万円(入学金30万円を含む)
※その他、教科書代・材料代・学生費・研修旅行積立金・学生総合保険として、1年次に別途約45万円が必要。

取得可能な資格一覧

卒業課程終了後、歯科衛生士(国家資格)の受験資格を得られます。

就職・内定先の実績

熊本大学医学部附属病院 、 伊東歯科口腔病院 、 堀川歯科診療所 、 慶歯科医院 、 Uデンタルオフィス など 様々な病院、歯科医院への就職が主となっています。
2018年度は就職・内定率が100%です。

歯科技工士科|学費:101~200万

概要

話す食べるなどの大切な役割を担う歯を作るのが歯科技工士です。
入れ歯、さし歯、矯正装置の製作や、近年ではCAD、CAMやスポーツのためのマウスピースなど、患者様の多種多様化する需要に応えれるように幅広い知識と高い技術力が学べます。
人体、口腔、歯についての基礎知識や歯科技工士として必要な専門用語、専門技術を1年次に学びます。
そして2年次には、基礎に加えた応用技術などを学び、実際に臨床の場において使うことのできる実践力を養います。
また、人体は人それぞれ形が異なるため、個人に合った歯を製作することが必要となってきます。
授業では、歯の形態や口の中の構造についての学びや、美的感覚と色彩学なども専門的に学習する事ができ、一人ひとりに合う歯を作るために必要な美的感覚を養えます。
顔の見た目なども噛み合わせや歯並び1つで変わってくるなど、こうした歯科技工士ならではの観点から専門的な技術の向上を図ります。

学費詳細・費用

初年度納入金:126万円(入学金50万円を含む)
※その他、教科書代・材料代・学生費・研修旅行積立金・学生総合保険として、1年次に別途約62万円が必要です。

取得可能な資格一覧

卒業資格取得後、歯科技工士国家試験の資格権利を得られます。
国家試験受験の後、合格すれば歯科技工士の資格を取得することができます。

就職・内定先の実績

(株)愛歯 、吉永歯科医院 、(株)アラキ 、(株)ASSIST などのメーカーへの就職が多く、2018年は就職率100%の実績を誇っています。
例年の就職率の高さから、在学中の学びも安心して受けることができ、その安心感がこの就職率の高さにも繋がってきているのだろうと推測されます。

熊本歯科技術専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

普段の授業から先生方がとても丁寧に一から教えてくれるため、確かな知識と技術を身に付けることができます。
国家試験対策もしっかりと行ってくれて、学生の試験合格率もとても高いです。
学費も他の専門校と比べても比較的に安めの設定になっています。
基礎からしっかりと学べ、学校の雰囲気もとても穏やかで学びの場としては素晴らしいです。
立地も駅から徒歩で通え、買い物や飲み会などに使えるお店も充実しています。
男女比も半分ずつくらいなので、その点に不安がある方も安心して通うことができます。

口コミ元

ネガティブな口コミ

基本的な設備は結構充実して、基礎を学ぶにはよくに問題はないですが、CAD CAMがまだ導入されていません。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*