熊本総合医療リハビリテーション学院の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

熊本総合医療リハビリテーション学院は熊本県にある看護・医療系の専門学校です。
熊本総合医療リハビリテーション学院は学校法人に認可されています。

基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
リハビリテーション学院 看護・医療系 熊本県熊本市東区小山2-25-35 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR光の森駅

入試情報

高等学校長推薦入学試験:面接
自己推薦入学試験:面接
特別専願入学試験:面接、作文
一般入学試験:国語(古文・漢文除く)、数学(数学1・数学A)、面接
AO入試(社会人のみ):オープンキャンパス等に参加、AO入学エントリー、面談

オープンキャンパス情報

熊本総合医療リハビリテーション学院のオープンキャンパスは、3月の下旬に行われているようです。
医療職種説明会のご案内と題して、各学科で学ぶ分野、仕事に関しての理解を深めていきます。
熊本県各方面への送迎バスを運行しており、この送迎バスを利用するには、事前に電話かFAX、メールにて申し込みをしなければなりません。
例えば、理学療法学科においては、将来なるべく理学療法士としての仕事の在り方を考えることはもちろん、具体的な体験として、けが予防のストレッチや、筋力測定などを通し、参加する方にできるだけ身近に感じてもらえるようなプログラムを準備しています。
オープンキャンパスのほかにも、進学相談会(ガイダンス)を定期的に実施したり、キャンパス見学(要事前予約)を実施したりして、この学校のことを知ってもらうための準備をしています。
AO入試での入学を考えている方は、社会人限定にはなりますが、このいずれかに参加して、説明、学校の理念の理解を受けることが必要になるので、詳細な日程などは、学校HPから確認をしてみてください。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

理学療法学科|学費:101~200万

概要

熊本総合医療リハビリテーション学院の理学療法学科では、理学療法士として必要な知識、技術を習得し、病院のみならず、地域からも必要とされる人材の育成を目指しています。
この学科の大きな特徴としては、国家試験の合格率が高いことで、平成29年度3月卒業生に関しては、合格率100%となっています。
この高い合格率は、就職にも強く、また即戦力として活躍できる環境が整っているようです。
充実した実習カリキュラムなど、学ぶことは様々ですが、何より大切にしているのは、この仕事に適した人物像で、笑顔が大事にできる人、患者さんに寄り添うことができる人、そして常に疑問を持ち、改善案など考えることができる人をこの学科では求めているようです。
入学後も実際の現場を意識した人物像への成長を促しているようで、学術のみならず、人間としても成長ができる学科となっているようです。

学費詳細・費用

理学療法学科 総額150万円
入学金:30万円
授業料:60万円
実験実習費:30万円
施設充実費:30万円

取得可能な資格一覧

理学療法士(国家資格)、高度専門士(大学院入学資格)

就職・内定先の実績

内定先に関する情報の記載はHP上にはありませんでした。

作業療法学科|学費:101~200万

概要

熊本総合医療リハビリテーション学院の作業療法学科は、臨床実践能力の獲得を通して、誠実さや頼もしい精神を備えた人間として、周りの人々を支える人材を育成することを目的とした学科となっています。
作業療法として必要な知識は、専門的なことから、日常生活における価値観、また社会人としての姿勢、態度まで求められ、非常に幅広い分野での学びが必要になります。
なので、求められる人物像は、様々なことに興味、関心のある人、物事の捉え方が素直で、自ら進んで行動ができる人、自分の経験を仕事に活かせる人となっています。
この人物像と、実際に学科で学ぶことを通じて、地域に貢献できる作業療法士としての活躍が期待されています。

学費詳細・費用

作業療法学科 総額150万円
入学金:30万円
授業料:60万円
実験実習費:30万円
施設充実費:30万円

取得可能な資格一覧

作業療法士(国家資格)、高度専門士(大学院入学資格)

就職・内定先の実績

内定先に関する情報の記載はHP上にはありませんでした。

臨床工学学科|学費:101~200万

概要

熊本総合医療リハビリテーション学院の臨床工学学科は、信頼・安心できる医療を行うための医療機器のスペシャリストとしての臨床工学技士としての活躍を目指す学科となっています。
医療機器を扱うことは、患者さんの命に直結する場面もあり、大変責任感が求められる仕事になります。
医療事故等などで、信頼・信用を失わないためにも、臨床工学技士の役割は大きいものがあり、この学科でも多くの医療機器を扱い、学びを深めていくようです。
求められる人物像は、人を思いやる心を持ち、行動に移せる人、正しい正義感を持ち協調性のある人、そして何事にも好奇心を持っている人となっています。
医療の現場を、機器を扱うという側面から支える仕事として、必要なことばかりです。
平成26年から4年連続で国家試験合格率100%の実績もあることから、医療関係の各方面から高い評価を受けている学科でもあるようです。

学費詳細・費用

臨床工学学科 総額145万円
入学金:40万円
授業料:60万円
実験実習費:25万円
施設充実費:20万円

取得可能な資格一覧

臨床工学技士(国家資格)、専門士

就職・内定先の実績

内定先に関する情報の記載はHP上にはありませんでした。

義肢装具学科|学費:101~200万

概要

熊本総合医療リハビリテーション学院の義肢装具学科は、義肢装具士として患者さんに適切な義肢や装具を提供する医療専門職としての活躍を期待される学びを深める学科となっています。
必要な知識と技術の習得のみならず、高いコミュニケーション能力を身に付けることができるのも特徴となっています。
患者さんをはじめ、医療関係者とも円滑なコミュニケーションが取れなければ、正しい処置を行うことができないため、コミュニケーション能力も重視した学習を進めていきます。
基本的な就職先は義肢装具の制作所となるようですが、義肢装具を必要としている世界であれば、活躍できる環境があるのも確かです。
国家資格以外にも資格取得ができるようで、専門職としての学びはもちろんですが、医療分野、福祉分野など、視野を少し広く持てる学科であることも確かなようです。

学費詳細・費用

理学療法学科 総額170万円
入学金:30万円
授業料:70万円
実験実習費:45万円
施設充実費:25万円

取得可能な資格一覧

義肢装具士(国家資格)、専門士、福祉住環境コーディネーター2級、2級技能士(義肢制作、装具制作)、ケアマネージャー

就職・内定先の実績

内定先に関する情報の記載はHP上にはありませんでした。

救命救急学科|学費:101~200万

概要

熊本総合医療リハビリテーション学院の救命救急学科は、救急医療の最前線と言われるプレホスピタル(病院前)での活躍を目指して、学びを深める学科です。
救命救急士としての活躍の場は、年々広がりを見せており、多くの人が集まる場所での活動が多くなってきています。
これまでは、心肺停止者に特定の行為を行うのが、救命救急士としての仕事の主だったようですが、現在では重症患者を心停止させないための処置を行うことが主になりつつあり、求められることがより高度になってきています。
その役割を全うしていくためにも、基礎医学から、現場実習まで、多くのことを学んでいきます。
カリキュラムは最短2年で国家資格取得が可能となっており、密度の濃い学習ができる環境を整えていると言ってもよいでしょう。

学費詳細・費用

救命救急学科 総額135万円
入学金:30万円
授業料:60万円
実験実習費:25万円
施設充実費:20万円

取得可能な資格一覧

救命救急士(国家資格)、専門士

就職・内定先の実績

内定先に関する情報の記載はHP上にはありませんでした。

パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

授業は分かりやすく、学院の先生のみならず、外部講師を迎えて教えていただくこともある。
国家試験の合格率が非常に高い。
就職に関しても求人がたくさんあり、内定先が決まりやすい。

口コミ元

ネガティブな口コミ

最寄り駅が近くになく、通学までのアクセスが悪い。
スクールバスが出ているので、その面は少しは解消されるが、自分のタイミングでの通学が難しい。
キャンパスは奇麗だが、実習で使用する機器はやや古い。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*