あいち造形デザイン専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-24

公開日:2019-06-12

         

あいち造形デザイン専門学校は愛知県にあるデザイン・写真・芸術系の専門学校です。
あいち造形デザイン専門学校は学校法人に認可されています。

あいち造形デザイン専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
デザイン・写真・芸術系
アニメ・ゲーム・マンガ系
愛知県名古屋市千種区今池4-10-7 認可

姉妹校の情報

姉妹校として、あいちビジネス専門学校、あいち福祉医療専門学校、名古屋工学院専門学校、東海工業専門学校金山校、名古屋外語・ホテル・ブライダル専門学校があります。
また、電波学園グループが運営する大学・短大として、愛知工科大学、愛知工科大学自動車短期大学があります。
また、高等課程として、各専門学校の高等課程、ぎふ国際高等学校、あいち情報専門学校があります。

あいち造形デザイン専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

東山線今池駅/桜通線今池駅

あいち造形デザイン専門学校の入試情報

指定校特別推薦入試:書類選考
AO入試:オープンキャンパス参加、体験バスツアー参加、個別相談、面接(面接免除の場合あり)
推薦入試:書類選考(面接を実施する場合あり)
自己推薦入試:書類、作文、自由課題(面接を実施する場合あり)
一般入試:書類選考(面接を実施する場合あり)
研究科入試:(選考なし)

あいち造形デザイン専門学校のオープンキャンパス情報

あいち造形デザイン専門学校では、毎月特定の土曜日にオープンキャンパスを実施しています。
原則月1回ですが、7月、8月は3~4回実施していますので夏休みなどを利用して参加しやすくなっています。
各コースとも、実際の道具を使って自分の作品を製作することができ、例えばコミックアートコースでは、実際にペンタブレットとAdobe Photoshop等を用いてデジタルイラストを製作し、完成品を缶バッジとして持ち帰ることができます。
また、AOサポートコースでは、AO入学の詳しい説明が行われるほか、入試における面接免除条件となっておりますので、AO入学をご検討の方はぜひ参加しておきたいところです。
高1、高2生の参加も歓迎しています。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

グラフィックデザイン科|学費:201~300万

概要

グラフィックデザイン科は、「グラフィック・広告専攻」「CG専攻」の2つの専攻コースに分かれています。
「グラフィック・広告専攻」では、パッケージデザイン、イラストレーション、グラフィックデザイン、WEBデザインなどの技術をプレゼンテーションやパソコンの操作とともに2年間学び、様々な分野で活躍できるデザイナーやアートディレクターを目指します。
「CG専攻」では、代表的な2D・3Dソフトウェアの操作、WEBデザイン、映像編集ソフトなど、グラフィッククリエイターとしての幅広い技術を2年間学ぶほか、プランニングや絵コンテなどコンテンツデザインにも深く踏み入って、ゲーム会社やアニメ会社などさまざまなフィールドで活躍できる人材を育成します。

学費詳細・費用

グラフィックデザイン科 総額220.5万円
入学金:17万円
授業料:158万円
施設費等:45.5万円

取得可能な資格一覧

レタリング検定、色彩検定などの資格取得を目指します。
また、専門学校准教員資格や短期大学卒業資格を取得することも可能となっています。

就職・内定先の実績

グラフィックデザイン科では、学科生の詳細な内定先を公表しておりませんが、グラフィックデザイナー、WEBデザイナー、パッケージデザイナー、アートディレクターなどデザイナー職を見据えたカリキュラムとなっており、デザイン事務所、広告代理店、企業企画部、イベント会社などの就職先が想定されています。
あいち造形デザイン専門学校卒業生の主な就職先としては、亀山デザイン、ジャパンプランニングセンター、新日本印刷、ケイアートファクトリーなどがあります。

企画デザイン科|学費:201~300万

概要

企画デザイン科は、2年間の学習を通してレタリングや色彩検定などの資格取得を目指し、アートディレクターやデザインコーディネーターを目指すコースです。
色彩や文章などの基本的な表現知識、広告全般におけるビジュアルデザインやレイアウト構成、商品パッケージからWEBデザイン、さらには陶芸などにも触れ、総合的な能力を養うことでさまざまなフィールドで役立つ企画力・発想力を獲得することを目標とします。
また、自分の発想や創作物を人前でプレゼンテーションする能力を重視しており、ビジネスマナー、コミュニケーション技術、チームワークなども学び、即戦力として現場で活躍できる人材の育成を目指している点もポイントです。

学費詳細・費用

企画デザイン科 総額212.5万円
入学金:17万円
授業料:158万円
施設費等:37.5万円

取得可能な資格一覧

レタリング検定、色彩検定などの資格取得を目指します。

就職・内定先の実績

企画デザイン科では、学科生の詳細な内定先を公表しておりませんが、プランナー、企画デザイナー、商品企画・宣伝スタッフ、グラフィックデザイナーなどの職種を想定したカリキュラムが組まれており、放送制作会社、イベント企画会社、出版社、デザインコーディネート会社などを主な就職目標としています。
あいち造形デザイン専門学校卒業生の主な就職先としては、竹田印刷、トッパングラフィックコミュニケーションズ、リテイルネット、ライズプランニング、トヨタ紡織などがあります。

イラストレーション科|学費:201~300万

概要

イラストレーション科は2年制の学科であり、「イラスト・絵本専攻」と「コミックアート専攻」の2つの専攻コースがあります。
「イラスト・絵本専攻」では、デッサンや平面構成などの基礎を中心に学び、トップクリエイターや幅広い作家活動を行っているプロ講師が、生徒それぞれの個性を生かす指導を行います。
また、世にあるさまざまなコンペティションへの参加を奨励しており、目的意識を根付かせることで着実な技術向上を狙います。
「コミックアート専攻」では、鉛筆の持ち方など基礎から学ぶことができ、デッサン、画面構成、背景、キャラクター、世界観の作り方など、作品を作るための知識・技術をトータルに学びます。
広く普及しているPhotoshop等を使ったデジタルイラストを学べる点もポイントです。

学費詳細・費用

イラストレーション科 総額212.5万円
入学金:17万円
授業料:158万円
施設費等:37.5万円

取得可能な資格一覧

レタリング検定、色彩検定など、グラフィッククリエイターとしての基礎となる資格取得を目指します。

就職・内定先の実績

イラストレーション科では、学科生の詳細な内定先を公表しておりませんが、イラストレーター、絵本作家、ゲームデザイナー、DTPデザイナーなど幅広い職種に対応したカリキュラムが組まれており、印刷会社、出版社、広告代理店、デザイン事務所などさまざまな就職先が想定されています。
あいち造形デザイン専門学校卒業生の主な就職先としては、メイエイ企画、中部印刷、ディスプレイアトム、日興美術、パンプレストなどがあります。

まんが科|学費:201~300万

概要

まんが科は、2年間の学習を通してプロの漫画家になることを目指す学科です。
1年次はペンの持ち方や使い方、トーンの貼り方や削り方、さまざまな画材の扱い方など、漫画を描くために必要となる基礎的な知識や技術を学びます。
2年次では、人体の構造を理解して描く技法や、背景を描くためのテクニックを学びます。
まんが制作の核心ともいえるストーリーの制作・編集にあたってはプロ編集者の細やかな指導を受けることができ、新人賞への投稿作品や出版社持ち込み用の作品を制作していきます。
ComicStudioやPhotoshopなど、近年の制作現場に欠かせないデジタル技術を学べる点もポイントです。
在学中にデビューを果たす学生も毎年増えています。

学費詳細・費用

まんが科 総額212.5万円
入学金:17万円
授業料:158万円
施設費等:37.5万円

取得可能な資格一覧

レタリング検定、色彩検定などの資格取得を目指します。

就職・内定先の実績

まんが科では、学科生の詳細な内定先を公表しておりませんが、これまでに集英社(少年ジャンプ)などでのデビュー実績が確認されており、漫画家、漫画家アシスタント、アニメーション作家、イラストレーターなどとして活躍するための実践的なカリキュラムを実施しています。
漫画家以外でも、そのコンテンツ制作力を生かして出版社、ゲームソフトメーカーなどの就職先が想定されています。
あいち造形デザイン専門学校全体での主な就職実績としては、エイベックス、中央出版、全国書籍出版、川口デザイン、名古屋広告センターなどがあります。

造形デザイン科|学費:201~300万

概要

造形デザイン科は2年制の学科となっており、「アクセサリー・フィギュア専攻」と「雑貨・インテリア専攻」の2つのコースに分かれています。
「アクセサリー・フィギュア専攻」は、さまざまな立体物をクリエイトとする能力を養い、プロダクトデザイナーや造形作家を目指すコースです。
1年次はデザイン概論・色彩論・CADなどの基礎となる技術・知識を学び、2年次は実際にさまざまな立体物を製作しながら実践的な力を身に着けます。
造形技術以外にも、企画書の書き方、アイデアスケッチ、レンダリング、図面の引き方、プレゼンの方法などクリエイターとしての総合的な力が身につく点がポイントです。
「雑貨・インテリア専攻」では、インテリアコーディネーター資格を取得し、ディスプレイデザイン、ショーウィンドウデザインなどを学び、空間設計のスペシャリストとなることを目標とします。

学費詳細・費用

造形デザイン科 総額212.5万円
入学金:17万円
授業料:158万円
施設費等:37.5万円

取得可能な資格一覧

レタリング技能検定、色彩検定、インテリアコーディネーターなどの資格取得を目指します。(※インテリアコーディネーターは「雑貨・インテリア専攻」コースのみとなっています)

就職・内定先の実績

造形デザイン科では、学科生の詳細な内定先を公表しておりませんが、インテリアコーディネーター、舞台美術スタッフ、雑貨企画デザイナー、家具デザイナーなどの職種に対応したカリキュラムが組まれており、ハウジングメーカー、雑貨メーカー、家具メーカー、イベント会社などさまざまな就職先が想定されています。
あいち造形デザイン専門学校卒業生の主な就職先としては、ワールドディスプレイ、ヤマダ電機、富士製作所、バウハウス丸栄、東洋化成などがあります。

研究科|学費:100万以下

概要

研究科は、生徒自らが決めた「作品制作」に1年間じっくりと取り組むための学科であり、「コミックアートコース」「イラストコース」「まんがコース」の3コースに分かれています。
納得いく作品制作には何よりもまとまった時間の確保と制作環境の確保が条件となっていますが、研究科ではコンピュータなど学校の施設は自由に使うことができ、講師の指導を受けることも可能と、プロのクリエイターを本気で目指したい方にとって、大変恵まれた環境となっています。

学費詳細・費用

研究科 総額68万円
入学金:10万円
授業料:39万円
校費等:19万円

取得可能な資格一覧

研究科では作品制作を主眼としているため、取得目標とする資格はありません。

就職・内定先の実績

研究科では学科生の詳細な内定先を公表しておりませんが、作品制作を通じ、プロのアーティスト、デザイナー、イラストレーター、漫画家になることを目指す学科となっています。
あいち造形デザイン専門学校6学科全体の主な就職先としては、千代田印刷、ニホン美術印刷、クリエイティブジャスト、あさひ工芸、ちらし屋ドットコムなどがあります。

あいち造形デザイン専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

周りに刺激されながらデザインを学ぶことができます。先生たちもフレンドリーで接しやすいです。
学校にあった学費だと思います。
パソコンに関しては充実しており、2年生になると1人1台利用できる。
比較的遅い段階で就職活動が始まるが、意欲的に会社説明会に行ったりしている。自分で就職先は見つけた方が就職率が高い。
就職活動はサポートもしっかりしてもらっていました。たまに自分で動かなきゃいけないこともあるので気を抜かずにおれると良いと思います。
学校のアクセスは駅からでて1分もかからないうちに学校がありますので雨や雪に濡れることがないので便利です。

口コミ元

ネガティブな口コミ

これといって良いことは学べない。自力でどうにかするしないような感じです。
印刷機械に関しては、いいものと悪いものがある。
卒業後に研究科に進めますがはっきり言って時間の無駄なのでオススメしません。
就職についてはあまり力は入ってませんが、希望者には案内や紹介をしてくれます。
学校に求めるばかりではだめです。
デザイン系に就職を考えてる人には必要な経験と知識はつけられますが実力につながるか否かは自分次第です。
絵の世界はなかなか厳しいので、本当にやりたい仕事に付けている人は少数だと思います。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*