平岡栄養士専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-08-25

         

平岡栄養士専門学校は福岡県にある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
平岡栄養士専門学校は学校法人に認可されています。

平岡栄養士専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
製菓・調理・栄養系 福岡県小郡市大保1434-3 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

平岡栄養士専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

天神大牟田線大保駅

平岡栄養士専門学校の入試情報

指定校推薦入試(高校生):作文、面接
推薦入試(高校生):作文、面接
一般入試(高校生):一般常識、作文、面接
社会人入試(高校卒業以上):作文、面接
一般入試(中学卒業以上(1年コースのみ)):一般常識、作文、面接

平岡栄養士専門学校のオープンキャンパス情報

平岡栄養士専門学校のオープンキャンパスでは、授業見学やランチ&デザートビュッフェといったイベントが用意されています。
また、栄養満点ヘルシーランチ体験、ベジスイーツメニュー、栄養士コース体験メニューであったり、在校生とのランチタイムなど、学校についての理解を深めることができます。
さらに、プロの教員が和食や洋食、製菓や中華のパフォーマンスを行ったり、プロ教員の調理したデザートを食べることができるティータイムなど、楽しめる内容になっています。
福岡県内と九州、また山口各地へは送迎バスを運行しており、無料で移動することができます。
また、新3年生限定で一人1回限りの交通補助を受けることが可能であり、対象の地域は九州、沖縄、山口、広島、島根、四国とされています。
体験入学は私服での参加も可能となっています。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

栄養士コース|学費:201~300万

概要

栄養士コースは、栄養士になるために必要なことをしっかりと学ぶことが出来る環境になっています。
献立作成力を磨くカリキュラムでは本校特有の個人指導体制や複数教員指導などによってしっかりと学習できる環境が準備されています。
給食管理実習や学外実習にリンクしており、実際に栄養士として働くことを意識した学習をするために、献立の基礎を複数の科目にわたって勉強し、進行状況に合わせて個別指導も実施することによりレベルアップを図っています。
和食、中華、洋食、製菓のすべてができる栄養士の育成に取り組んでいて、調理の基礎をしっかりと身に付けることが可能です。
またすべての実習室に1人1台の実習台とガスコンロ、フライパン(22㎝、24㎝)、雪平(和洋鍋)、巻き鍋、中華鍋、まな板、ソテーパン、お玉、穴生お玉、巻きす、中華お玉、スパテラ、レードル、しゃもじ、フライ返し、ゴムベラ、菜箸、ザル、ボール、計量カップ、パイレッシュ、計量スプーンが揃えられており、1人1人が広いスペースでしっかりと練習ができるため、豊富な経験を積み上げることができます。
学園内に製菓衛生士科が併設されていることにより、一流の施設・講師・設備による指導力を備えていて、栄養だけでなく美味しさを追求した料理提供が可能となる栄養士の育成を行っています。
豊富な実習の中でも、基礎調理学実習では包丁の使い方などを学び、調理学実習ではクリスマス料理などを学び、臨床栄養学実習ではエネルギーコントロール食などを学習します。
加工食品を手作りすることによって、製造原理や食の安全を学び、本物の味に触れることで技術や知識を体得できます。
味噌や蒟蒻、ジャムやパン、梅干しやソーセージ、ビールや北京ダック、豆腐やマーマレードなどの手作りについても手掛けています。
栄養士ならではの大量調理の授業も準備されていて、約300食の料理を15人のチームで仕込みから始まり盛り付けまで実践的に行います。
また卒業メニューといわれる2年間の学びの集大成でおせちや大皿盛りの中華、洋食のセレクトメニューなどを献立作成、栄養価計算、調理を行います。
様々な分野を学習するための設備や施設やカリキュラムが充実していて、解剖生理学実習・保健体育では人体の仕組みにも触れて、フィットネスルームを利用して運動器具や体組成計、血圧計や骨密度計などによって身体測定を実施する授業が準備されています。
また食品学・食品衛生学実験では実験や座学の内容を結び付けて様々なテーマについて授業を行います。
将来に役立つ授業や講座として特別料理講座や糖尿病講座、イラスト講座やお茶の入れ方講座、食べ歩きや工場見学など準備されています。
本校は社会人の入学も可能であり、割合は約2割とされています。
授業料の分割払いについては基本的に一括か2回払いとされていますが、教育ローンなどの審査を通過できなかったなどの場合、認められることもあるようなので相談してみるとよいかもしれません。
奨学金については数種類があり、日本学生支援機構の奨学金について対象となっていて、おすすめは高校在学中の予約採用とのことです。
住まいについては女子寮が6つと男子寮が3つあり、アパートタイプやマンションタイプなどありますし、家具や家電がついていることから費用負担の軽減も可能、また希望に従って近郊のマンションやアパートなど不動産業者の紹介なども実施しています。
また当校では自動車による通学も可能であり、駐車場が150台以上完備されており、自動二輪や原付バイク、自転車による通学も可能、学園から歩いて二分の場所に西鉄電車大保駅があることから徒歩による通学も便利です。
アルバイトをすることを認められています。

学費詳細・費用

栄養士コース 総額241.5万円
入学金:22万円
授業料:118万円
実験実習費:56万円
施設設備費:32万円
学生諸費:13.5万円

取得可能な資格一覧

栄養士(国家資格)、管理栄養士(国家試験受験資格(4年の実務))、専門士(衛生専門課程)、介護職員初任者研修課程(選択制)、食育栄養インストラクター(認定制)となっています。

就職・内定先の実績

就職実績として、エームサービスジャパン株式会社、若葉保育園、地方独立行政法人 筑後市立病院、などがあります。

平岡栄養士専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

「栄養士として様々な進路を選べるので良いと思います。」
「他校にはあまりない設備があるので充実しています。」
「授業の内容がしっかりとしていてよかったです。」
「生徒一人一人に調理台が準備されているので効率よく学習ができました。」
「実技の授業が豊富なのが良かったです。」
「実際の現場に近いシチュエーションで献立作成などを学べるので卒業してから役立つスキルが身に付きます。」
「栄養士以外の資格も取得ができます。」
「実習室やコンベンションホール、モニターなど設備が充実しています。」
「駅から近い立地のため、買い物などについても便利です。」

口コミ元

ネガティブな口コミ

「学費が高いです。」

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*