平岡調理・製菓専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-08-25

         

平岡調理・製菓専門学校は福岡県にある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
平岡調理・製菓専門学校は学校法人に認可されています。

平岡調理・製菓専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
製菓・調理・栄養系 福岡県小郡市大保1451 認可

姉妹校の情報

姉妹校として平岡栄養士専門学校、平岡介護福祉専門学校があります。

平岡調理・製菓専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

西鉄大保駅

平岡調理・製菓専門学校の入試情報

指定校推薦入試:作文、面接
推薦入試:作文、面接
社会人入試:作文、面接
一般入試:作文、面接、筆記

平岡調理・製菓専門学校のオープンキャンパス情報

平岡調理・製菓専門学校ではオープンキャンパスを年に複数回開催しています。
調理師科・製菓衛生師科それぞれで行われる体験実習では、入学したら実際に使うことになる実習室を使用して、在学中の先輩と一緒に製菓や調理を体験します。
参加者だけで行うのではなく先輩達と一緒に和気あいあいと行うことで、普段の授業の雰囲気を垣間見ることができる上に入学後にもつながる絆ができます。
また、教員が行うパフォーマンスでは大型モニターに華麗な技術が映し出されて、調理や製菓に対する憧れをより一層高めてくれます。
福岡県内、九州、山口各地へ無料送迎バスが規定のルートを運行する日があり、事前に申し込むと利用することができるのでとても便利です。
さらに、沖縄などの遠方から訪れる方には交通費補助も用意されているので、旅費の心配をせずに安心して参加できます。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

調理師科|学費:101~200万

概要

調理師科は、和食・洋食・中華の基礎を1年でしっかりと身につけられる本科1年制コースと、基礎技術から始まり高度なテクニックまで身につけられる専修科2年制コースから成ります。
どちらも、1人1台使用することができる実習台や最大600食もの調理が可能な総合調理実習室など、平岡調理・製菓専門学校ならではの豊富な設備を使って学習することができます。
学内に併設され一般開放されているカフェレストラン「CAFE DE HIRAOKA」では、実際にお客様へ料理を提供。
現場で役に立つ実践力に直結する貴重な実習です。
さらに、在学中に本科は2回、専修科では3回の現場実習を実施します。
一人ひとりの希望に応じて実習先を斡旋してもらえ、実際の現場がどのようなものか肌で感じることができるため調理の腕や感性、社会人としての責任感などがこの機会に大きく成長します。
就職支援では、学生それぞれの希望や性格、思い描く将来の夢まで踏まえた上で丁寧に就職先選びをサポートしてもらえます。
そのおかげもあり、毎年希望者全員が就職を果たし、有名ホテルのレストランや結婚式場、各ジャンルの専門レストランや給食サービスといった調理分野全般で活躍しています。

学費詳細・費用

本科1年制コース 総額151.7万円
入学金:15.0万円
授業料:60.0万円(60.0万円/年 × 1年)
その他:15.0万円
専修科2年制コース 総額245.4万円
入学金:18.0万円
授業料:120.0万円(60.0万円/年 × 2年)
その他:18.0万円

取得可能な資格一覧

調理師免許を取得できる他、専門調理師受験資格を学科免除で取得できます。
さらに専修科では、食品技術管理専門士や全国調理師養成施設助手資格を目指すことができます。

就職・内定先の実績

卒業生は帝国ホテル東京・大阪、ホテルオークラ東京・福岡 、JRハウステンボス・アムステルダムなどに内定しています。

製菓衛生師科|学費:101~200万

概要

平岡調理・製菓専門学校の製菓衛生師科は、洋菓子・和菓子・製パンの基礎を1年で身につける本科1年制コースと、各分野の基礎技術に始まり高度なテクニックまで身につけられる専修科2年制コースから選ぶことができます。
本科では、学科講義の時間数が510時間と実習&理論の時間数が510時間。
1年という最短期間で集中して、製菓理論や食品衛生学、衛生法規といった基礎知識とともに製菓実習、カフェ実習などの充実した実習経験も重ねて製菓衛生師を目指します。
専修科では、学科講義の時間数が660時間に実習&理論の時間数が1200時間と、実習に重きを置いたカリキュラムです。
ナッペやクリーム絞りといった製菓の基本となる技術の徹底した反復練習や、設備が整っている学校でなければ経験できないケーキやパンの大量製造、さらには商品コンセプト立案から原価を意識した価格設定、試作の繰り返しまで行い実際に店頭に並ぶ商品を作り出す商品開発プロジェクトなど、様々な実習が行われます。
また、フランス語などの語学や美術指導といった、現場で役に立つ豊かな視野を育むための講座も充実しています。
こういった多彩なカリキュラムを通して、就職した時に即戦力として活躍することのできる人材を育成しています。

学費詳細・費用

本科1年制コース 総額147.0万円
入学金:15.0万円
授業料:60.0万円(60.0万円/年 × 1年)
その他:15.0万円
専修科2年制コース 総額264.0万円
入学金:18.0万円
授業料:120.0万円(60.0万円/年 × 2年)
その他:18.0万円

取得可能な資格一覧

製菓衛生師国家試験の受験資格、菓子製造技能士を取得できます。
専修科ではそれに加えて、専門士(衛生専門課程)や選択制で介護職員初任者研修課程を取得することができます。

就職・内定先の実績

ル・パティシエ ヨコヤマ、トシ・ヨロイヅカ、モンサンクレール 、ジャン=ポール・エヴァンといった製菓業界に内定しています。

平岡調理・製菓専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

「担任、副担任の先生が親身になって話をしてくださるから相談しやすいです。どこに就職すればいいか分からなかったとき先生がおすすめの専門店を教えてくれました。」
「求人の数が多く、有名なホテルや専門店のシェフ達が直接授業に来て下さるので安心して就職しやすいです。」
「1人1台の調理台があるので自分のペースで技術をつけることができます。」

口コミ元

ネガティブな口コミ

「座学は「とりあえず教科書読んどけ」「プリント配っとけ」といった感じに見えました。」
「学費は決して安い訳では無いですが、入学後に包丁やコックコートなど合計15万ほどかかります。」
「大保駅が近いですが、快速は止まらないし小郡駅までは遠いので行くのは大変だと思います。」

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*