日本電子専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-08-25

         

日本電子専門学校は東京都にあるIT・コンピュータ・Web系の専門学校です。
日本電子専門学校は学校法人に認可されています。

日本電子専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
IT・コンピュータ・Web系
アニメ・ゲーム・マンガ系
東京都新宿区百人町1丁目25-4 認可

姉妹校の情報

姉妹校に東京外語専門学校があります。

日本電子専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR総武線大久保駅/西武新宿線西武新宿駅/都営大江戸線新宿西口駅/JR山手線新大久保駅/JR・私鉄各線新宿駅

日本電子専門学校の入試情報

AO入学:書類選考
推薦入学:書類選考
一般入学:書類選考

日本電子専門学校のオープンキャンパス情報

日本電子専門学校では、入学イベントとして、オープンキャンパスと体験入学・1泊2日で体験するオープンキャンパス&体験入学参加ツアー・新高校3年生&新2年生対象オープンキャンパス&体験入学・高校既卒者対象入学・就職相談日・学校見学&入学相談が行われています。
オープンキャンパス&体験入学では、ランチ付きで、学校の説明と学科別体験授業を受けることができます。
1泊2日オープンキャンパス&体験入学参加ツアーは、1都3県(東京、千葉、埼玉、神奈川)以外の高校に在籍する高校対象にして行われます。
学校見学&入学相談は、学校が開校しているときはいつでも行うことができるので、オープンキャンパス開催日に都合がつかない方も参加することができます。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

CG・映像分野|学費:301~400万

概要

CG・映像分野には、3つの科が用意されています。
コンピュータグラフィックス科は、1979年に日本初のCG専門教育を始めた歴史のある学科で、CGの経験がなくても2年間でプロとして活躍できる知識と技術を身につけることができます。
CG映像制作科は、テレビやCM・PVなど、様々な映像でニーズの多いVFX 制作技術を中心に2年間学び、実写もCGも自在に操れるクリエイターとしての技術と知識を身につけることができます。
コンピュータグラフィックス研究科は、3年間で、高度なCG技術を習得し、プログラミング技術を駆使したテクニカルCGクリエイターとしての知識と技術を身につけることができます。

学費詳細・費用

CG・映像分野 コンピュータグラフィックス科 総額254万5千円
CG映像制作科 総額254万5千円
コンピュータグラフィックス研究科 総額381万7千円 

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、CGクリエイター検定、CGエンジニア検定、色彩検定があります。

就職・内定先の実績

就職実績に、東映アニメーション、白組、オムニバス・ジャパン、デジタル・フロンティア、テレビ朝日クリエイト、NHKメディアテクノロジー、サンジゲン、ユーフォーテーブル、オーエルエムデジタル、MARKなどがあります。

ゲーム分野 |学費:301~400万

概要

ゲーム分野には、3学科用意されています。
ゲーム制作研究科は、3年間でゲーム制作に必要なプログラミング、サウンド、プランニング、デザインなど全てを学ぶことができる学科で、日本ゲーム大賞入選や、学生作品に発売オファーがあるなどレベルの高さは証明済みです。
ゲーム制作科は、専門学校初のゲーム制作専門学科で25年間のゲームプログラミング教育実績があり、2年間でゲームプログラマになるために必要な知識と技術を身につけることができる学科となっています。
ゲーム企画科は、2年間で、プログラミングやデザイン技術を習得しゲームプランナーになるために必要な知識と技術を身につけることができる学科となっています。

学費詳細・費用

ゲーム分野 ゲーム制作科 総額254万5千円
ゲーム企画科 総額254万5千円
ゲーム制作研究科 総額381万7千円 

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、ITパスポート試験[国]、ビジネス能力検定(B検)ジョブパス、情報検定(情報システム試験)、基本情報技術者試験、情報検定(情報活用試験)、色彩検定があります。

就職・内定先の実績

就職実績に、カプコン、セガ、キャメロット、クルーズ、エイティング、フロム・ソフトウェア、ヴァンガード、シムス、アイビー・アーツ、ディンゴなどがあります。

アニメ分野|学費:301~400万

概要

アニメ分野には、アニメーション科、アニメーション研究科があります。
アニメーション科は、2年間で、手描きからデジタルまで制作の全工程を学び、それらを更に質の高いものに高める知識と技術とコツが学べる学科となっています。
アニメーション研究科は、3年間で、アニメーション制作の全工程を習得し、更にRETAS! STUDIOCG、3ds Max、After Effectsなどを使ったよりレベルの高い作品をつくる知識と技術を身につけることができる学科となっています。

学費詳細・費用

アニメ分野 アニメーション科 総額254万5千円
アニメーション研究科 総額381万7千円

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、マルチメディア検定、CGクリエイター検定、色彩検定などがあります。

就職・内定先の実績

就職実績に、ジェー・シー・スタッフ、サンライズ、プロダクション・アイジー、A-1Pictures、Wish、動画工房、グラフィニカ、ライジングフォース、ジーベック、フウシオスタジオ、小倉工房などがあります。

デザイン分野 |学費:201~300万

概要

デザイン分野は、グラフィックデザイン科のみとなっています。
2年間で、広告、雑誌、ポスター、パッケージ、ゲーム、Webなど幅広いフィールドで使用するデザインを学び、更に即戦力となるデザイナーを目指すことができる学科となっています。
企業連携課題の中で、企画立案やプレゼンテーションなど段階的に習得し、即戦力となる力をつけたり、UX/UI、Sketch、デジタルサイネージなど多方向からアプローチできるデザイナーとしてのスキルを高めるなどできます。

学費詳細・費用

デザイン分野 グラフィックデザイン科 総額245万5千円

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、CGクリエイター検定、CGエンジニア検定、色彩検定などがあります。

就職・内定先の実績

就職実績に、東映アニメーション、白組、オムニバス・ジャパン、デジタル・フロンティア、テレビ朝日クリエイト、NHKメディアテクノロジー、サンジゲン、ユーフォーテーブル、オーエルエムデジタル、MARKなどがあります。

IT分野|学費:301~400万

概要

IT分野には、たくさんの学科が設けられています。
AIシステムの構築を学ぶAIシステム科、企画立案・プレゼンテーション・デザイン制作・サイト構築などをトータルに学ぶWebデザイン科、アプリ開発だけでなくビジネスマネジメントも学ぶことができるケータイ&アプリケーション科、キャリアと業界を選ばない汎用性の高いスキルを身につけることができる情報ビジネスライセンス科、未経験者でも2年間でプログラミングの知識と技術を身につけることができる情報処理科、プログラミン技術とシステム設計を短期間で効率よく学ぶことができる情報システム開発科、上級システムエンジニアの知識と技術をみにつける高度情報処理科、巧妙化するサイバー犯罪から人々の暮らしを守るセキュリティエンジニアを目指すネットワークセキュリティ科が設けられています。

学費詳細・費用

IT分野 AIシステム科 総額245万5千円
Webデザイン科 総額245万5千円
ケータイ・アプリケーション科 総額245万5千円
情報ビジネスライセンス科 総額244万1千円
情報処理科 総額244万1千円
情報システム開発科 総額244万1千円
ネットワークセキュリティ科 総額245万5千円
高度情報処理科 総額369万3千円

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、Python3エンジニア認定 、統計検定 、XMLマスター、Androidアプリケーション技術者認定試験 、モバイルシステム技術検定(MCPC) 、オラクル認定Javaプログラマ(OCJ-P)、HTML5プロフェッショナル認定試験 、情報検定(J検)、基本情報技術者、Microsoft Office Specialist(MOS)、ITパスポート 、サービス接遇検定 、簿記能力検定 、秘書検定などがあります。

就職・内定先の実績

就職実績に、日本マイクロソフト、フトバンク・テクノロジー、富士通、IBM、Google、ドワンゴ、日本オラクル、リクルート楽天、FRONTEOなどがあります。

電気・電子分野|学費:301~400万

概要

電気・電子分野には、3年制の高度電気工学科と、2年制の電気工学科と、2年制の電気工事技術科と、2年制の電子応用工学科があります。
高度電気工学科は、電気主任技術者・電気工事士資格W取得だけでなく、エネルギー管理システム(HEMS)やスマートメータなど、電気・工事・新エネルギーをまとめて学ぶことができます。
電気工事技術科は、第二種電気工事士を全員取得し、電気工事、設備工事を行う技術と知識を身につけることができます。
電子応用工学科は、電気主任技術者または電気工事士資格を取得し即戦力となる力を身につけることができます。
電子応用工学科は、ハードウェア技術やプログラミング技術を習得することができます。

学費詳細・費用

電気・電子分野 電気工学科 総額228万5千円
電気工事技術科 総額231万9千円
電子応用工学科 総額228万5千円
高度電気工学科 総額340万9千円

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、電気工事士(二種)、エネルギー管理士、消防設備士(甲種)、電気工事施工管理技士、工事担任者DD第三種などがあります。

就職・内定先の実績

就職実績に、三菱電機プラントエンジニアリング、東洋ビルメンテナンス、興和不動産ファシリティーズ、野村不動産パートナーズ、首都高電気メンテナンス、東急ファシリティサービス、関東電気保安協会、中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京、古川計装、いすゞビルメンテナンスなどがあります。

日本電子専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

各教科の先生がわからないところを徹底的に教えてくれるし、非常に接しやすかったです。
就活対策も徹底していました。
実習でやったことを講義で説明してくれるのでインプットとアウトプットがしやすかったです。
良質な機材が揃っており、本格的な製作などができました。
職業を何も決めていなかった自分は今まで職業の種類や業種までも全くと言っていいほど知らなかったのですが、この学校に来てさまざまな業界や職業を知り、就職することができました。
生徒一人一人にパソコンが支給されるのが魅力的でした。
就職のための施設が設置されており充実していると言えます。
先生方の授業はとてもわかりやすく頭に入ってきます。
プログラミングの授業は大体二人以上先生がついていて質問もしやすかったです。
インターンシップがあったり、説明会が多いので色々な企業を知る機会が多かったので就職活動で助かりました。
在学生専用のインターネットページがあり、そこにも多くの求人表があり色々な企業から募集をみることができます。

口コミ元

ネガティブな口コミ

教師が優しい方もいますがかなりきついことをいう方もいます。
自分たちで勉強してもなかなか難しいのにちゃんとした説明がありません。
特にPrの先生は自分の意見以外信じないので自分たちの良いところなどは評価せず、自分の考えだけを押し付け強制的にそれにされます。
授業スピードがはやく質問したくて手を挙げても来ないこともあります。
授業が終わってから質問しようとしたら、わからないと速攻いわれ帰る教師もいます。
熱を出したら先生はすぐ休むし授業がなくなることが多々がありました。
就職活動サポートがあまりありませんでした。
謎の授業がありました。
検定対策の授業はありますが、放課後の補習はありませんでした。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*