専門学校YICリハビリテーション大学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-07-09

         

専門学校YICリハビリテーション大学校は山口県にある看護・医療系の専門学校です。
専門学校YICリハビリテーション大学校は学校法人に認可されています。

基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系
介護・福祉系
山口県宇部市西宇部南4丁目11番1号 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR宇部駅

入試情報

指定校推薦:指定する各高等学校などに連絡
高校推薦:書類審査、面接、学力試験国語(現代文のみ)、小論文
併願:書類審査、面接、学力試験国語(現代文のみ)、小論文
一般:書類審査、面接、学力試験国語(現代文のみ)、小論文
社会人(大学など卒業見込み者含む):書類審査、面接、学力試験国語(現代文のみ)、小論文
編入学:書類審査、面接、学力試験国語(現代文のみ)、小論文

オープンキャンパス情報

専門学校YICリハビリテーション大学校のオープンキャンパスは、日付・学科・イベントの3要素から選択し参加することが可能です。
学科は理学療法学科と作業療法学科の2つから選択します。
イベントでは体験講座、学校説明会、入試説明会・入試対策講座、授業参加、平日個別相談会、夜間オープンキャンパス、出張オープンキャンパス・出張学校説明会、その他のイベントから選択します。
体験講座には、理学療法。作業療法体験講座があり、どちらの分野も体験可能で、在校生との触れ合いで学校生活や勉強のことについて聞くこともできますし、別途、個別相談も行っています。
また高校1・2年生を対象としたオープンキャンパスがあり、リハビリという仕事についてよくわかる当学校の教員と学生が演ずる演劇により、作業療法や理学療法のことを易しく学ぶことができます。
学校説明会では、学校のこと、作業療法・理学療法について詳しく知りたい方に向けて、当学校の紹介や、作業療法・理学療法の仕事の内容紹介、それぞれ学科の特色について知ることができますので、高校3年生のみならず、1年生2年生の方々も参加可能となっています。
平日個別相談会では、仕事や部活が多忙で、土日のオープンキャンパスに参加ができない社会人や高校生の方や、空いている時間を使って話を聞きたい保護者などが参加しやすいように行っています。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

理学療法学科|学費:501~600万

概要

理学療法学科では、学校生活の4年間を通して、理学療法士国家試験に必要な基本的な技術と知識や、社会や医療の変化に臨機応変に対応できる教養であったり、チーム医療の中で活躍することができる社会性を高めて、国際化が進む医療に対応可能な人材を育てます。
2名の教員が専門理学療法士という、理学療法士の中でも優れた人にだけ与えられる資格を持っており、講師陣も日々研鑽を重ねて、学生の技術や知識の発展を進めています。
チーム医療に関わる一因として、温かい心で接することができる理学療法士の育成を目指し、学生の個性を大切にし、優したと厳しさを持ち合わせて指導をするよう心がけています。
卒業生は日本全国各地で活躍していて、プロスポーツチームのメディカルスタッフになるという目標を達成した先輩もいますので、可能性はとても大きいです。
アメリカ、カナダ、韓国をはじめ、世界の理学療法士養成校と交流することで国際感覚を磨き、将来、国際学会の場で研究成果を発表することができるほどの世界で活躍する理学療法士の育成を目指します。

学費詳細・費用

理学療法学科 総額560万円
入学金:40万円
授業料:328万円
施設設備費:80万円
教材費:122万円程度

取得可能な資格一覧

受験し合格することによって梨国家資格の理学療法士を取得することができます。

就職・内定先の実績

県内では、山口大学医学部附属病院、宇部興産中央病院、山口県立総合医療センター、国立病院機構関門医療センター、宇部西リハビリテーション病院、宇部リハビリテーション病院、宇部興産中央病院、宇部第一病院、岩国市医療センター医師会病院、吉南病院、光市立大和総合病院、光中央病院などがあります。
県外では、産業医科大学病院、中国電力株式会社中電病院、広島厚生病院、済生会熊本病院、福岡赤十字病院、北九州市立門司病院、熊本機能病院、浜脇整形外科病院、新横浜リハビリテーション病院、聖マリア病院、北海道厚生連、益田赤十字病院などがあります。

作業療法学科|学費:501~600万

概要

作業療法学科では、社会や人との協調性、考えながら行動ができる柔軟性、率先して学ぶ、行動することができる主体性、世界に通用する国際性、作業療法士として豊かな人間性を持った人材の養成を目指しています。
各教員のゼミに各学年5名といったゼミ制により、学年の違う学生同士がお互いをサポートして、実習に対する助言や、プライベート生活での交流などを通して協調性を持った人材を養います。
作業療法士は病気や事故によって日常生活に支障をきたした方々の回復を手伝い次の人生を創造していく大事な仕事で、本学科では病院のみならず様々な施設で実習をすることで、人の心に寄り添う医療専門職を目指します。

学費詳細・費用

作業療法学科 総額568万円
入学金:40万円
授業料:328万円
施設設備費:80万円
教材費:120万円程度

取得可能な資格一覧

受験し合格することによって国家資格の作業療法士を取得することができます。

就職・内定先の実績

県内では、山口大学医学部附属病院、宇部興産中央病院、山口県立総合医療センター、国立病院機構関門医療センター、宇部西リハビリテーション病院、宇部リハビリテーション病院、宇部興産中央病院、宇部第一病院、岩国市医療センター医師会病院、吉南病院、光市立大和総合病院、光中央病院などがあります。
県外では、産業医科大学病院、中国電力株式会社中電病院、広島厚生病院、済生会熊本病院、福岡赤十字病院、北九州市立門司病院、熊本機能病院、浜脇整形外科病院、新横浜リハビリテーション病院、聖マリア病院、北海道厚生連、益田赤十字病院などがあります。

パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

「国家試験の合格率はほとんど100%のようです。」
「立地は最寄駅から近く、お店もたくさんあり、種類も豊富で非常に良いと思います。」
「先生方が丁寧に教えてくださいますし、わからないことにもわかるまで教えてくださり、コミュニケーションがとりやすい環境です。」
「大学院に進むことでさらに専門性を高めることができます。」

口コミ元

ネガティブな口コミ

「設備や器具が古く感じて、必要なものが足りていないと思いました。」
「学費は安くないですが、医療業界の中では比較的安いと思います。」

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*