YICキャリアデザイン専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-24

公開日:2019-06-12

         

YICキャリアデザイン専門学校は山口県にある看護・医療系の専門学校です。
YICキャリアデザイン専門学校は学校法人に認可されています。

基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
YIC 看護・医療系
デザイン・写真・芸術系
山口県周南市代々木通2丁目33番地 認可

姉妹校の情報

YICグループは、姉妹校、グループ校が多い点も特徴の一つです。
YICビジネスアート専門学校、YIC公務員専門学校、YICビューティーモード専門学校、専門学校YICリハビリテーション大学校、YIC看護福祉専門学校、YIC保育&ビジネス専門学校、YIC京都ビューテイー専門学校、YIC京都ペット総合専門学校、YIC京都工科自動車大学校があります。

パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

新南陽駅/下松駅

入試情報

書類審査、面接

オープンキャンパス情報

YICキャリアデザイン専門学校のオープンキャンパスは、デザイン系学科と医療事務科を体験することができます。
ホームページは、4月14日と4月20日のオープンキャンパス情報が公開されています。
「3D プリンターの体験」や「白衣を着て医療事務員体験」など、実際に体験することに力を入れており、「どんなことを学ぶのか」だけでなく「実際に仕事をした場合」もイメージできるようなオープンキャンパスです。
学校に通いだしてから「自分の目指していたものと違う」というのでは困りますね。
オープンキャンパスでぜひ、自分の学びたいことが学べるのか、確かめるチャンスにしていただきたいと思います。
また、オープンキャンパス参加者の場合、入試の選考時にその点が考慮されますので、参加しておくことをおすすめいたします。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

医療事務科|学費:101~200万

概要

2年で医療事務の仕事に必要なカルテの読み方や記述方法を学ぶために、治療内容などの専門的な内容を計画・体系的に読み解き、現場での実践に役立つ授業を行います。
さらにカルテを見ながら、パソコンを使って診療報酬の算定方法を学んでいきます。
さらに、高齢者や障碍者の体験をする授業も取り入れているので、様々な立場の人の目線に立ち、対応していくことができるよう、学びます。
そして特に注目したいのは手話です。
医療事務の仕事は病院がメインなので、障害を持っている方と接する機会も多いはずです。
医療事務の仕事に就いてから役立つ知識をあらゆる方向から学べます。
もちろん一般企業への就職も視野に入れ、簿記も学びますので、簿記検定も合格できればこんなに良いことはないでしょう。
とはいえ、YICキャリアデザイン専門学校は卒業と同時に資格が取れる学校ではなく、資格取得の手助けをしてくれる場所であると認識しておく方が良いでしょう。
資格試験に落ちたとしても、それはその人の責任です。
本当に取りたい資格、学びたい目的、希望する就職先は、人それぞれですので慎重に考えることをおすすめします。

学費詳細・費用

入学金は10万円
医療事務科授業料:年額60万円
施設設備費:年額20万円
実習費:年額50万円

取得可能な資格一覧

医療事務科では、資格試験に合格するため、専任講師と専門スタッフが全力でサポートしています。
医療事務技能審査試験(医科、歯科)や調剤事務管理士技能認定試験、介護事務管理士技能試験等への合格に全力で挑みます。
ドクターズクラークやメディカルクラークの取得ももちろんのこと、秘書技能検定の合格もバックアップしてくれる学校です。
デザイン科では色彩検定、Web デザイナー検定、CGクリエイター検定、レタリング技能検定等の資格を取得し、就職をサポートします。

就職・内定先の実績

医療事務科の卒業生は、セントヒル病院、医療法人医誠会都志見病院、相川病院、佐々木外科病院、耳鼻咽喉科のの花クリニック、メディカルサービス山口、あずま歯科医院、大西眼科、くらしげ整形外科クリニック、防府病院、特別養護老人ホームくりや苑、香田整形外科医院、桜田内科医院、花のまち上関薬局、ひかる薬局など、山口県内の病院やクリニック、薬局への就職が多く見られます。
その一方で山口銀行や高山石油ガス会社などの一般企業、さらに松本智税理士事務所や藤中会計サービスのような、税理士事務所や会計事務所への就職もあり、内定先は広い範囲から選べるといった印象を受けます。
大きな病院で働きたいか、小さな病院が良いか、それとも薬局で働きたいか等、選択肢が多いのはありがたいのですが、「ここで働きたい」「この分野で頑張ってみたい」と最終決定を下すのは、生徒の皆さん自身なのでじっくりと考えて選択することをおすすめします。

総合デザイン科|学費:101~200万

概要

総合デザイン科は3年間のうちに、じっくりと実力を養成していきます。
1年目は色彩について学び、色の持つ効果やバランス等の他、色彩検定の受験対策も行います。
さらに写真の基礎やレタリング、デザイナーに必要なセンスや構成力を、道具を使って身につけて線画を書いていくドローイングも授業に組み込まれています。
2年目からはコースごとに分かれて学習していきますので、自分の興味がある分野についてさらに学ぶことができます。
マーケテイング等も授業に含まれていますので、社会に出た時にも役立つ即戦力となります。

学費詳細・費用

入学金は10万円
総合デザイン科授業料:年額60万円
施設設備費:年額30万円
実習費:年額30万円
デザイン専攻科授業料:年額50万円
施設設備費:年額20万円
総額130万円~170万円

取得可能な資格一覧

デザイン科では色彩検定、Web デザイナー検定、CGクリエイター検定、レタリング技能検定等の資格を取得し、就職をサポートします。

就職・内定先の実績

瞬報社写真印刷株式会社、有限会社マシヤマ印刷、大村印刷株式会社、赤坂印刷株式会社、株式会社林写真館、株式会社地域情報新聞、など、印刷や写真に関係する会社への就職が多く見られます。
とはいえ、山口銀行や山口日産自動車株式会社、株式会社山口グランドホテル等への就職もあり、就職先の選択肢は広いと言えそうです。
制作会社や出版社、デザイン系の会社への就職に強いことはもちろんですが、一般企業の宣伝部や広報部で活躍している卒業生も大勢いることに加え、プロの漫画家やイラストレーターになった卒業生もいることも、覚えておきましょう。
就職へのサポートが手厚い学校ですが、「どんな会社に就職したいか」「どんな分野を極めたいか」と決めるのは、一人一人の責任です。

パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

在学中に資格をたくさん取得できる点が良い点や、資格試験の合格率が高い点が、良い評価につながっています。
さらに、学生一人一人を大切にしてくれる点や、丁寧な指導が受けられる点も、高く評価されています。
加えて駅から近いというアクセスの良さや、飲食店やコンビニなどが学校の周りに多い点も、学生生活を快適に過ごすことができる、おすすめポイントとなっています。
高校卒業後に、YICキャリアデザイン専門学校に進学する人だけでなく、一度他の学校で学んだものの、やはりYICキャリアデザイン専門学校で学びたいという人や、社会人になってから資格を取得したい、という方も受け入れています。
学校周辺は一人暮らしのしやすい環境ですので、その点もおすすめポイントの一つです。
できるだけ多く資格を取りたいと考えている人、しっかり勉強したいと考えている人にふさわしい環境と言えそうです。

口コミ元

ネガティブな口コミ

才能のある生徒、出来の良い生徒にばかりかまっているように感じた、という口コミ、さらに先生に好かれた生徒から順番に就職の案内をしていた、という悪い口コミがありました。
理由はどうあれえこひいきはいただけません。
資格がたくさん取れることは事実だが、高校生が取る程度の資格ばかりという声も聞かれました。
とはいえ悪い口コミには、書き込んだ本人がどんな学習態度だったか、という点までは書かれていないので、鵜呑みにするのも危険です。
心配な点はオープンキャンパス等に参加して、気がかりな点を質問してみるのも良いかもしれません。
どんな資格を取れるのか、そして自分が取りたい資格が取れる学校なのか、見極めてから入学することをおすすめします。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*