長野救命医療専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-01-30

         

長野救命医療専門学校は長野県にある看護・医療系の専門学校です。
長野救命医療専門学校は学校法人に認可されています。

長野救命医療専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系 長野県東御市田中66−1 認可

姉妹校の情報

長野医療衛生専門学校が姉妹校です。

長野救命医療専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

しなの田中駅

長野救命医療専門学校の入試情報

社会人入試:面接、書類審査
AO入試:書類審査、面接
推薦入試:書類審査、面接
一般入試:小論文、書類審査、面接
AO入試:面接、書類審査
特待生入試:教養試験、面接、小論文、書類審査

長野救命医療専門学校のオープンキャンパス情報

長野救命医療専門学校のオープンキャンパスは外傷を治療しよう、保護者も同伴可能の痛み相談室、パフォーマンス向上トレーニングや物理療法機器など触れる実習や柔道整復師や講義を受けられます。
そのほかには施設見学会や学校概要説明などがあります。
在籍学生からのサークル活動や様々な行事を紹介されます。
保護者が参加できるほ保護者対象説明会もオープンキャンパスと同時開催しています。
要予約が必要ですが、予約をしているとランチが無料でサービスされます。
オープンキャンパス参加時は動きやすい服装で、救急救命士学科は運動靴がいります。
筆記用具が必要です。
集合時間10分前に集合してください。
オープンキャンパス以外にも1人暮らし相談会や希望者用に個別相談会も開いています。
在校生と自由に会話ができるので、アルバイトや学校の気になることや入試で心配なことを何でも相談できます。
午後からも参加できます。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

救急救命士学科|学費:301~400万

概要

重傷をおった怪我人が病院に搬送されるまで、怪我人の命を守るために救急救命処置をします。
緊急措置をするにあたって冷静な判断能力と迅速な対応が救急救命士には求められます。
長野救命医療専門学校の救急救命士学科はそんな救急救命士を育て送り出す学科です。
現在、救急救命士はなり手が不足しており、とても必要とされている職業です。
長野救命医療専門学校の救急救命士の授業ではベテランの専任の教師が教えてくれ、大変相談のしやすい環境です。
授業の95%を専任教師が担当します。
実技試験は少人数でします。
実習がとても充実しています。
救命措置の指導で、地域と交流します。
1年次は人体の構造と機能、人文科学、救急処置などの基礎を学び、2年次は体力錬成、呼吸器疾患などの応用や国家試験対策をしていきます。
3年次には国家試験対策はもちろん救急車同乗実習や臨床実習にも力をいれていきます。

学費詳細・費用

救急救命士学科 総額398万円
入学金:20万円
学生会費:1万円
同窓会費:2万円
授業料:90万円
実験実習費:15万円
施設設備費:20万円

取得可能な資格一覧

取得できる資格がないです。

就職・内定先の実績

残念ながら内定先の詳しい詳細は公開されていなかったです。
卒業後の進路としては、自衛隊、救命緊急センター、警察署、警備会社、病院、民間救急会社等があります。

柔道整復師学科|学費:301~400万

概要

長野県須坂看護専門学校の柔道整復学科は骨折や打撲などに施術を行える資格を持つ柔道整復師を育成する学科です。
柔道整復師は開業や健康保険の取り扱いが認められています。
この資格を持つの整復師以外では医師のみです。
整復師は人間の治癒効果を上手に引き出すのが仕事です。
治癒効果を引き出すことで患者の苦しみを少しでも癒すことができます。
リハビリテーション施設で訓練指導や身体機能の回復を手伝う柔道整復師がじょじょに増えてきています。
またリハビリに関して整形外科で行うこともできます。
この様に柔道整復師の資格は有用に使われています。
救命士学科と日頃から交流していることを生かして、知識と技術を習得、コミュニケーションすることで貴重な情報を手に入れる。
トレーニングとリハビリを付属骨折院で学びます。
国家試験で開校以来11年連続認定実技審査合格、柔道整復師の国家試験も90%が合格しています。
授業が改変にあたり、授業日数が増え取得単位も増えています。

学費詳細・費用

柔道整復師学科 総額383万円
入学金:20万円
学生会費:1万円
同窓会費:2万円
授業料:80万円
実験実習費:20万円
施設設備費:20万円

取得可能な資格一覧

柔道整復師の国家資格を取得できます。

就職・内定先の実績

内定先の詳しい詳細は残念ながら公開されていないです。
卒業後の進路は接骨院独立開業、スポーツトレーナー、福祉施設勤務、接骨院勤務等です。

長野救命医療専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

経験をつんでいる先生方が指導してくださるため、消防や医療の実際の現場の生々しい体験をきけました。
医療勉強は一年生の時の基礎が大切となるため先生方は丁寧に教えてくれます。
人数が少ないため、救急救命士学科と柔道整復師学科の交流もあり両学科ともに仲良くなれます。もちろん、先輩後輩も仲が良くなれました。
あまり人数は多くないので、一人一人指導をしていただくことができる。救急救命士学科は医療の勉強はもちろん体力錬成先輩の話を聞くと、とてもいい環境で仕事が出来ていると分かりました!この学校の授業以外に先生から教えてもらったことが現場で役に立つ場面が多いと聞きました!先生との距離が近くてなんでも質問しやすい!!分からないところはすぐに授業中でも聞けて、放課後でも聞きに行ける!先生達も親身になってくれます!試験対策等の授業で細かく教えてくれるので教科書の内容も頭に入りやすいです!

口コミ元

ネガティブな口コミ

就職は正直に言うと、全て自分次第です。公務員試験に受からなければ、資格を生かせる病院で働いたりすることが多いかと思います。
アクセス立地については割と良い方だと思います。田中駅というところから歩いて10分もかからないところに位置しているので、電車を使えば通学は楽です。
学費はけっこう割高だと思います。だいたい一年間で120万くらいかかると思います。あとそれ以外に教材費などもろもろかかるので、けっこう高めです。
施設設備については、出来たばっかなので、新しくて悪くないと思います。ただいろいろな設備は、中古のものが多いので最新機材というわけではありません。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*