岡山医療センター附属岡山看護助産学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

岡山医療センター附属岡山看護助産学校は岡山県にある看護・医療系の専門学校です。
岡山医療センター附属岡山看護助産学校は学校法人に認可されています。

基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系 岡山県岡山市北区田益1711-1 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

中鉄バス国立病院バス停

入試情報

看護学科特別推薦入試(指定校):面接
一般推薦入試:数学Ⅰ、小論文、面接
社会人入試:数学Ⅰ、小論文、面接
一般入試:国語(国語総合(古文・漢文を除く)・現代文B)、英語(コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ)、数学(数学Ⅰ)(全科目・全問マークシート方式)、面接
助産学科一般入試:英語、母性看護学、面接

オープンキャンパス情報

岡山医療センター付属岡山看護助産学校のオープンスクールは7月に2回開催されます。
内容は、学校説明 公開講座(看護学科・助産学科別に実施 )、看護技術体験 、学校見学、学生寮見学 、在校生との交流が取れる座談会 、進路相談 、学習展示です。
9月に開催される学生祭は一般公開されており、公開講座や技術体験、進路相談コーナーが企画されているので、参加することができます。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

看護学科|学費:101~200万

概要

看護学科は、3年課程の全日制で看護師の資格取得を目指します。
1年生では看護についての興味や関心を深めることでチャレンジ精神を磨きます。
2年生では社会人としての専門性や人間性としての知識と技術を磨くことで看護の心を深めます。
3年生では、実習での患者さんや先輩の看護師さんとの関りを通じて成長へ繋げます。
看護の対象である人を総合的に理解し、科学的根拠に基づいた安全な看護が実践できるように基礎的能力を養ったりと専門の職業を行う人としてのアイデンティティを形成することで、自分の行う看護に責任を果たす態度を身につけたりします。
経験豊かな各専門家教授や医療センター、実習施設の専門の医師や看護師等が講師となり、学生を支援します。
学内演習では、実習室など実際の病院に近い現場環境で、演習やビデオ録画での振り返りを行うことで、臨地実習に備えます。
外国人講師による生きた英語の授業もあります。
講義の場では、パソコンやDVD等の視聴覚教材が設置されていたり、学生が利用できるパソコンを備えた情報処理室、図書館には15,000冊以上の蔵書があり学生生活環境の充実を図っています。
実習は岡山医療センターや南岡山医療センター、福山医療センターなど最新医療施設や専門医療施設で直接患者さんと関わりながら、現場で看護を学びます。
卒業生は、岡山医療センターを始めとした国立病院機構に多く就職しています。
看護大学への編入や、保健師養成所、助産師養成所への進学など、卒業後の選択肢も広がります。

学費詳細・費用

看護学科 総額200万円
入学料:20万円
授業料(年額):50万円
教育環境充実費(年額):10万円
その他、テキスト、ユニフォーム、雑費等が必要となります。

取得可能な資格一覧

卒業によって国家試験受験資格を取得後、国家試験合格によって看護師免許が取得できます。

就職・内定先の実績

具体的に内定先の情報は掲載していませんが、国立病院機構グループの病院へ多数就職しています。

助産学科|学費:101~200万

概要

助産学科は、修業年限1年で助産師の資格取得を目指すことができます。
助産の対象となる人の多様な価値観や自然性を尊重し、助産師としての論理観を養ったり、安全や安心、満足のいく出産や育児ができる能力を養います。
助産師としての信念や価値観に基づき意思決定をし、主体的に役割を果たすことができるような教育課程で学習します。
助産学科の実習施設は、岡山医療センターや福山医療センター、四国こどもとおとなの医療センターなどで直接患者さんと関わりながら現場で看護を学ぶことができます。

学費詳細・費用

助産学科 総額140万円
入学料:35万円
授業料(年額):55万円
教育環境充実費(年額):50万円
その他、テキスト、ユニフォム、雑費等が必要。

取得可能な資格一覧

卒業によって助産師国家資格受験資格が取得できます。

就職・内定先の実績

具体的に内定先の情報は掲載していませんが、国立病院機構グループの病院へ多数就職しています。

パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

1学年に100人以上いるのでたくさんの人と知り合うことができるし、先輩方との交流会もあり仲良くなれる機会があります。
寮が2つあるので、県外からの学生もたくさん通っている。
実習室や在宅の実習室などがたくさんあるし、助産学校でもあるので施設や設備は充実しています。
岡山医療センターがメインの実習先なので、そこではレベルの高い医療を自分の目で見て学ぶことができる。
就職に関して、全国にある国立病院機構系列の病院の情報は簡単に集められる。
授業は実際に母体病院の医師や看護師が講義してくれるし、臨床の画像や動画などを使って講義してくれるのでわかりやすい。
学費が年間50万円で専門学校の中でも安い方である 。
就職率がほぼ100%と高く、全体の3~4割が母体病院へ就職している他、大学や本校の助産学科に進学する学生も数人いる。
。看護系専門書は図書館にそろっているので、大体は学内にある本で間に合うし、専門書の本屋さんがたまに学校内で安く売ってくれることもある。

口コミ元

ネガティブな口コミ

学内で恋愛はできるが閉鎖的な学内なのですぐにバレるし、別れるとめちゃくちゃ気まずい。
就職に関して、国立病院機構系列以外の病院の情報は全て自分で集める必要がある。
分かりにくい授業、説明がよく分からない授業もあります。
個人的なひいきが見られるなど、教員により対応が様々であったり、実習の評価に関して非常に不明瞭なところがある。
実習までの事前学習が多く、時間をかける割には役に立たない。
その事前学習が多いため、国家試験の勉強をする時間を直前まで作れない。
国家試験対策は自主的かつ主体的に学ぶ意欲がなければならず、学校に任せておくと大変なことになる。
今は変わっているかもしれないが、自分が就職活動する頃に、看護師不足の病院へ半ば強制的に就職をさせようとする空気があった。
公務員試験を受ける人は自分で勉強しなければならず、学校のサポートはほとんどないと思った方がいい。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*