亀田医療技術専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

亀田医療技術専門学校は千葉県にある看護・医療系の専門学校です。
亀田医療技術専門学校は学校法人に認可されています。

亀田医療技術専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系 千葉県鴨川市東町1343-4 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

亀田医療技術専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR安房鴨川駅

亀田医療技術専門学校の入試情報

指定校推薦、公募制推薦、スポーツ推薦:書類選考、学科試験(入学試験問題ガイドラインによる)国語のみ<1漢字、知識(漢字検定2級レベルまで「ただし部首は除きます」)2,漢字の書き、読み(対義語・類義語・四字熟語・送りがな・同音・同訓異字から出題します)3,その他ことわざなどの一般常識、4,「社説」レベルの文章を出題>学科試験数学<1,中学3年生までの数学の基礎(公立高校入試程度)/約数・倍数の基礎知識/因数分解/二元連立一次方程式を使って解く文章題/二次方程式を解く/単位の換算/場合の数(順列・組み合わせ)/平面図形・立体図形の求積など、2,数学1(「高校数学!をひとつひとつわかりやすく。」(小島秀男著/学研)範囲・・・P6〜P41、P58〜P101まで、この範囲内の内容と同じレベルの問題を出題(19章〜24章および46章〜54章は出題しない)>英語<連続英単語 入門編(増進会出版社)と同じレベルの単語、英文、英文法の知識について出題(ヒアリングは実施しない)(自由英作文は出題しない)>生物<新課程チャート式シリーズ 新生物基礎 新課程版(数研出版)第1編 生物と遺伝 第2編 生物の体内環境の維持、この範囲と同じレベルの問題を出題する(ただし、「発展」の内容は出題しない)第3編 生物の多様性と生態系は出題しない。
各教科参考書<国語>漢検準二級 漢字学習ステップ(日本漢字能力検定協会)、漢検準二級 分野別問題集(日本漢字能力検定協会)<数学>「高校数学!をひとつひとつわかりやすく。」(小島秀男著/学研)<英語>連続英単語 入門編(改訂第2版 増進会出版社)通称=「速単」※類似名の参考書に注意<生物>新課程チャート式シリーズ 新生物基礎 新課程版(数研出版)特に「チャート」「重要」とある項目から必ず出題する。
社会人入試:書類選考、学科試験国語のみ、面接試験
一般入試:書類選考、学科試験国語と数学・生物・英語から1科目選択、面接試験

亀田医療技術専門学校のオープンキャンパス情報

亀田医療技術専門学校では、夏ごろにオープンキャンパスを行います。
学校・カリキュラム説明では、3年間を通してどんなことを学ぶか、また実習内容について説明します。
また、入試対策などのポイントも解説します。
看護技術体験では、注射体験、身体の音を聴くなど様々なことを体験します。
在校生の指導のもと行うので安心して行えます。
教員・在校生による懇談会も実施!ランチタイムやお菓子を囲みながら行います。
学校・実習先の病院の見学も行います。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

看護学科|学費:201~300万

概要

看護学科では、人間愛を基盤として広い視野を持った看護師、そして、豊かな人間性と知識に裏付けられた主体的な行動ができる看護師の育成を目指しています。
3年を通して学んでいきます。
医療は日々進歩しており、看護師に求められる技術・知識も高まってきました。
そのため看護師国家試験における出題範囲は拡大し、年々難易度も増してきました。
看護師国家試験合格を目指して、亀田医療技術専門学校では1年生のときから国家試験対策をしていきます。
日々の授業や実習を国家試験と関連づけて学習していくことができます。
授業進行にあわせて校内でトレーニングを行ったり、定期的に模擬試験を行い試験対策を行っています。
また、1人ひとりに合わせた学習を行うオーダーメイドの国家試験対策を行っています。

学費詳細・費用

看護学科 総額260万円
入学金:15万円
授業料(3年間)144万円
施設管理費(3年間):60万円
教科書・ユニフォーム代:22万円
学生保険:2万7千円
海外研修費:36万円
奨学金制度もしっかり整っています。
社会人向けの奨学金もしっかりあるため安心できます。

取得可能な資格一覧

卒業することにより、看護師国家試験受験資格を獲得できます。
合格により看護師免許を取得可能。
また、卒業することにより、医療専門士称号授与、助産師学校及び保健師学校の受験資格、放送大学等大学編入学資格を取得可能です。

就職・内定先の実績

亀田総合病院、亀田クリニックなどの病院、または救命救急センターなどがあります。

助産学科|学費:101~200万

概要

助産学科では「助産師として、変動する社会に対応できるようになる!」そして、助産学の発展に貢献できる助産師の育成を目指す学科です。
1年間助産師になるために勉強していきます。

学費詳細・費用

助産学科 総額170万円
入学金:30万円
授業料:72万円
実習費:30万円
施設管理費:26万円
ユニホーム代:2万円 
教科書代:20万円
学生保険:9千円
海外研修費:25万円
学生向けに奨学金制度もしっかり整っています。
社会人向けの奨学金もしっかりあるため安心できます。

取得可能な資格一覧

卒業することにより、助産師国家試験受験資格を獲得、その後国家試験合格後助産師の免許を取得できます。
また、卒業することにより、受胎調節実地指導員申請資格を取得できます。

就職・内定先の実績

主な内定先は産婦人科などのクリニック、亀田総合病院、亀田クリニックなどの病院になります。

亀田医療技術専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

学校自体が亀田グループの一員であり、隣に亀田総合病院もあり実習先もそこを選択できるため、とても近くて便利です。
1年生の頃から看護師国家試験への対策授業があるため、3年生になってから焦る心配はありません。
学校の近くにもアパートがたくさんあり、遠方からきている方にとったら良いと思います。
2号館は新校舎なので、とても綺麗です。
食堂は病院内にあります。
350円で定食が食べることができます。

口コミ元

ネガティブな口コミ

最寄駅から学校まで歩きじゃとても無理です。
バスに乗っても15分ほどはかかります。
幸い近接する亀田総合病院行きのバスはたくさんあるため便利です。
看護学校のため学費は決して安いとはいえません。
テストの再試験を受ける場合、別途で費用がかかります。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*