埼玉医療福祉専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

埼玉医療福祉専門学校は埼玉県にある看護・医療系の専門学校です。
埼玉医療福祉専門学校は学校法人に認可されています。

埼玉医療福祉専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系 埼玉県上尾市井戸木2-2-1 認可

姉妹校の情報

姉妹校として学校法人 葵学園 葵メディカルアカデミーがあります。

埼玉医療福祉専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR桶川駅

埼玉医療福祉専門学校の入試情報

AO入試:一般常識テスト、面接(オープンキャンパス・学校見学に参加及び個別相談必須)
一般入試:一般常識テスト、面接
公募推薦入試:小論文(600字程度)、面接
指定校推薦入試:作文(400字程度)、集団面接
社会人入試:小論文(600字程度)、面接

埼玉医療福祉専門学校のオープンキャンパス情報

埼玉医療福祉専門学校では、土日を中心にオープンキャンパスが開催されています。
オープンキャンパス昼の部では、学校紹介、施設見学、保護者会、個別相談のほか、開催日によって「脳について学ぼう」や「筋肉について学ぼう」などの講義形式の模擬授業を受講したり、スポーツテーピングや治療「徒手療法」体験、そしてグループ学習などの授業体験をすることができます。
オープンキャンパス夜の部では参加者の希望に合わせて、授業見学や教職員との個別面談、体験授業など当日のプログラムや開始時間を調整してくれます。
その際、夜間部に重点を置いた総合的な説明を受けられるほか、タイミングが合えば施設案内の後に休憩中の在校生と面談することもできます。
また、オープンキャンパス開催日に都合が合わない人のために、授業見学も可能な個別相談会も行われています。
特にAO入試を検討している人は、オープンキャンパスもしくは個別相談会への参加が必須になることを意識しておく必要があります。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

理学療法学科|学費:401~500万

概要

理学療法学科は、生徒全員が理学療法士の資格を取得できるように4年間かけて育成します。
1年次には、解剖学などの基礎科目を中心に接遇実習や見学実習を、2年次には、病気や障害が起こる仕組みや理学療法に関した評価を中心に検査測定実習を、3年次には臨床的な学習や実技の試験で知識の確認をしつつ、5週間の臨床実習1や8週間の臨床実習2をこなし、そして4年次前半の8週間の臨床実習3を経て本格的な国家試験対策が始まります。
カリキュラムは4年間で118単位(3,405時間)で構成されており、多くの時間が問題解決型学習である演習時間に割り当てられているのも特徴です。
6~7名に1名の講師という授業スタイルで、講義と実技そして復習を繰り返すことでスキルを高めます。
中でも重要視されている臨床実習に対しては、電話の対応方法などコミュニケーションの取り方指導から始まり、132ヶ所の実習先施設の確保、様々なフィードバックを行うなど、学校としての充実したサポート体制が整っています。
もちろん、国家試験対策には普段の授業から口頭試問を行うなど、理学療法士という職業意識の定着とともに、4年間を通じて万全な指導が行われています。

学費詳細・費用

理学療法学科 総額490万円
入学金:10万円
授業料:80万円
実習費:25万円
教育充実費:15万円

取得可能な資格一覧

大学卒業時に得られる学士と同等の、高度専門士の資格が卒業と同時に得られます。
また、学校全体での取り組みにより、理学療法士の資格取得のための国家試験の合格率は95%で全国平均の81%を大幅に上回っています。

就職・内定先の実績

提携医療機関である深谷中央病院をはじめとして、さいたま記念病院、上尾メディカルクリニック、伊勢崎福島病院、ヘリオス会病院、介護老人保健施設いるまの里、西東京警察病院、東邦大学医療センター大森病院、特別養護老人ホーム諏訪の苑、川西赤十字病院、総和中央病院など、埼玉県を中心に、群馬県や栃木県、東京都、千葉県、長野県に多くの学生が就職を決めています。
また、卒業と同時に得られる高度学士の資格を活かして、国際医療福祉大学大学院や新潟大学歯学部大学院などの大学院に進学をする生徒もいます。
学校として、姉妹校である葵メディカルアカデミーと合同で多数の施設を招いて開催する就職説明会や、就職面接に向けた個別指導など就職サポートにも力を入れているため、就職率は100%を誇っています。
実際、平成29年度には学校に届いた求人件数が926件、人数にして3,274人の求人があり、卒業生全員が自分の希望先へ進んだという実績もあります。

理学療法学科(夜間)|学費:301~400万

概要

理学療法学科(夜間)は、通常4年間かける理学療法士の国家資格取得を、働きながら3年間で目指す人のために平成29年4月に開校した学科です。
1年次に基礎と専門基礎の大半を終わらせ、2年次に専門基礎の残りと専門を、そして3年次では治療面にまで踏み込んだ臨床実習を中心に、国家試験対策と卒業研究に取り組むカリキュラムが組まれています。
特に3年次全体の授業時間である930時間のうち、810時間を実習に充てるなど効率よく確実に力をつけられる環境が整っています。
仕事をしながら通う生徒や大学とのWスクールとして通う生徒のために、授業時間や日数そして経済的配慮がされています。
授業は平日18時20分~21時30分で終了し、希望すれば土日のどちらかで補講が行われるシステムになっているほか、給与所得が130万円以下の場合に所得税が免除される勤労学生控除の制度も採用しています。
昼間部である理学療法科のノウハウや実習先及び就職先が活かされている一方、就職や勉強に役立つ整体関係や介護職、リハビリ助手、機能訓練指導員などを中心に学校としてアルバイト先の紹介も行っています。

学費詳細・費用

理学療法学科(夜間) 総額355万円
入学金:10万円
授業料:80万円
実習費:25万円
教育充実費:10万円

取得可能な資格一覧

卒業と同時に専門士の資格が得られます。
また、3年制のため、早い段階で理学療法士の国家試験を受験でき、早期の理学療法士の資格取得を目指すことができます。

就職・内定先の実績

理学療法学科(夜間)は平成29年4月に開校したため、まだ内定者はおりませんが、昼間部である理学療法学科の卒業生の多くが、埼玉県を中心に東京都や群馬県、栃木県、千葉県の多数の医療関係機関から内定を受けているという高い就職率、さらに国家試験合格率95%という実績のノウハウを活かした授業や指導が行われています。
全ての学生が国家試験に合格し、自分自身の望む就職先の内定がもらえるように、学校として万全な体制で臨んでいます。

埼玉医療福祉専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

実習の時も勉強のみならず精神面で助けられたこともありましたし、勉強のことだけでなく人としての相談も先生が聞いてくださるので人としても成長できると思います。
外部から来ている先生は全員凄い方が多いです。
先輩たちは、病院のリハビリ室だけでなく、福祉施設への勤務や独立している人もいます。
毎年、5割が地域の総合病院の回復期病棟へ、3割が福祉施設へ、残りは独立などして就職しています。
実技の指導や練習はとても充実しています。
教え方の上手な講師が多いです。
専門知識を学べるのでとてもいいと思います。

口コミ元

ネガティブな口コミ

先生も良い方ばかりですが、在校生の意識の低さが深刻に思えます。
授業内容は良い人もいれば悪い人もいます。
本当に理学療法士になりたい人でなければ厳しい勉強内容です。
毎年国家試験には2割くらいの方が落ちています。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*