中央動物専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2019-09-20

公開日:2019-08-21

         

中央動物専門学校は東京都にある動物・植物・農業系の専門学校です。
中央動物専門学校は学校法人に認可されています。

中央動物専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
動物・植物・農業系 東京都北区東田端一丁目8番11号 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。
グループ校として、専門学校中央工学校、中央校学校OSAKAなどがあります。

中央動物専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オーキャンコース詳細

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR田端駅/京浜田端駅

中央動物専門学校の入試情報

推薦入試:書類審査、面接(免除の場合あり)
一般入試:書類審査、面接(免除の場合あり)、作文
特待生入試:書類審査、面接、作文
社会人・大学生入試:書類審査
留学生入試:事前面談、面接(日本語)、作文(日本語)

中央動物専門学校のオープンキャンパス情報

中央動物専門学校では、定期的に体験入学イベントや説明会、高1生・高2生対象のオープンカレッジを実施しています。
多様な種類のイベントが用意されておりますので、模擬授業に参加したい方、入試の詳しい説明を聞きたい方、就職実績、学生寮の見学をしたい方など、目的に合わせ、イベント日程をご確認の上でお申し込みください。
動物とのふれあいやリボンつけ、記念写真の撮影なども行われておりますので、ペットが大好きな方、ペット業界のお仕事に興味がある方はぜひ参加しておきたいところです。
説明会参加によって面談を受けられた方は、入試時に面接が免除されるなどのうれしい特典もあります。

コース詳細・著名な卒業生

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。
クリックすると詳細がご覧になれます。

愛犬美容科|学費:201~300万

概要

愛犬美容科は、2年間の学習によってペットトリマーやペットショップスタッフを目指すコースです。
1年次は動物の生態などトリマーとなるための基本的な知識を習得し、グルーミングにおける正しい器具の使用方法や動物との接し方を、豊富な演習・実習を通して習得します。
校内でも多くの犬を飼育しているほか、カットモデル犬が多く用意されますので、犬種に応じた的確なカットやスタイリングを学ぶことができます。
経営マネージメントを学び、さらなる技術習得を目指す3年制の「愛犬美容研究科」も設置されています。

学費詳細・費用

愛犬美容科 総額243万円
入学金:20万円
授業料:48万円(2年次は54万円)
実習費:29万円(2年次は30万円)
施設維持費等:29万円
愛犬美容研究科 総額352万円
入学金:20万円
授業料:48万円(2年次以降は54万円)
実習費:29万円(2年次以降は30万円)
施設維持費等:29万円

取得可能な資格一覧

トリマー、動物看護師、キャットグルーマー、家庭犬訓練士、ハンドラー、ホリスティックアニマルアロマケアセラピー、愛玩動物飼養管理士、リテールマーケティング検定、ビジネス検定ジョブパスなどの資格取得を目指します。

就職・内定先の実績

AHB、ユアペティア、ペットCLUBメルヘン、トリミングサロンブリエ、PetSalon Birthday Midori、Pet Salon& Hotel Joli 神楽坂店、ハートフルペット平井店、ペットプラザ三鷹店、BLISS豊洲店、犬の家などが主な就職先となっています。
ペットショップ、ペットサロン、動物関連企業など、多くの卒業生が動物とふれあいながら働くという夢を叶え、活躍しています。

動物看護科|学費:201~300万

概要

動物看護科は、2年間の学習によって、大切な動物の命を守る動物看護師を目指すコースです。
実習を特に重視したコースとなっており、動物解剖学、動物生理学、動物福祉倫理などを座学で学んだ上で、外科手術実習や臨床検査実習、リハビリや運動療法で動物の運動機能を回復させる応用看護実習などを行います。
動物病院さながらの充実した専門施設が備えられていることも、動物看護科の特長となっています。
応用薬理・薬剤学、応用栄養学など、さらなる応用スキルを習得するための内部進学コース「動物看護研究科」も設置されています。

学費詳細・費用

動物看護科 総額243万円
入学金:20万円
授業料:48万円(2年次は54万円)
実習費:29万円(2年次は30万円)
施設維持費等:29万円
動物看護研究科 総額352万円
入学金:20万円
授業料:48万円(2年次以降は54万円)
実習費:29万円(2年次以降は30万円)
施設維持費等:29万円

取得可能な資格一覧

動物看護師、トリマー、キャットグルーマー、家庭犬訓練士、ハンドラー、ホリスティックアニマルケアセラピー、愛玩動物飼養管理士、ビジネス能力検定ジョブパスなどの資格取得を目指します。

就職・内定先の実績

アリーズ動物病院、もりかわ動物病院、王子ペットクリニック、星動物病院、赤塚ペットクリニック、日暮里動物病院、ポウズ動物病院、たかのペットクリニック、イース動物病院、志村坂下動物総合医療センターなどが主な就職先となっています。
ペットの需要が増加し続けている中、動物看護師の需要も全国的に高まっており、卒業生の業界就職率はとても高い水準が保たれています。

動物共生研究科|学費:301~400万

概要

動物共生研究科は、3年間の学習によって、動物全般の知識を広く習得し、あらゆる業種で活躍できるペット業界のオールラウンダーを目指すコースです。
トリマー、動物看護、しつけ、さらには動物と暮らす住環境や福祉など、動物と人間の社会的共生について幅広く学べるのが当学科の特長です。
内部進学コースである「動物共生総合科」では、「愛犬美容」「動物看護」「動物共生」「家庭犬訓練」の4専攻に分かれ、更なる高度な知識・技能の習得を目指します。

学費詳細・費用

動物共生研究科 総額352万円
入学金:20万円
授業料:48万円(2年次以降は54万円)
実習費:29万円(2年次以降は30万円)
施設維持費等:29万円
動物共生総合科 総額465万円
入学金:20万円
授業料:48万円(2年次以降は54万円)
実習費:29万円(2年次以降は30万円)
施設維持費等:29万円

取得可能な資格一覧

動物看護師、家庭犬訓練士、トリマー、動物介在福祉士、動物共生環境コーディネーター、福祉住環境コーディネーター、介護職員初任者研修、愛玩動物飼養管理士、リテールマーケティング(販売士)、ビジネス能力検定ジョブパスなどの資格取得を目指します。

就職・内定先の実績

ペピカファミリー大宮宮原店、withdog、愛犬美容室わん、dog salon and cafe Copin、アニファ埼玉動物医療センター、城山通りどうぶつ病院、所沢アニマルメディカルセンター、ハムリー、ペットプラザ川崎小向店、マザー牧場などが主な就職先となっています。
ペットサロンや動物病院のほか、ペットシッター、ペットアドバイザーなど、ペット業界の多様な業種で卒業生が活躍しています。

中央動物専門学校を卒業した有名人

中央動物専門学校を卒業した有名人のデータは特にないようです。

中央動物専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

一般教養やパソコンなどの授業もあるので、トリマーだけでなく、動物に関する企業などに勤める時にも役立ちます。
(就職について)自分が働きたいところの条件を伝えると、条件と一致するところをすぐに探してくれます。
分からないところは先生を呼べばすぐに教えてくれるし、近くで見ていてくれます。
他の学校にはない設備もいろいろあるので勉強になります。
動物業界に就職する実績は高く、信用がある学校です。
いろんな犬が来るのでいい練習になります。
オペ室、訓練場、実習室など、きちんと用途に合わせた教室が完備されています。

口コミ元

ネガティブな口コミ

(学費について)動物を扱ってるのでけして安くはないです。
学科での飼育もあるため、他の学科に比べると忙しいです。自分のための時間を取りたい人には向きません(動物共生研究科)。
わかりやすい授業、わかりにくい授業が極端なので復習は必須です。
動物が絡んでくるので、真面目にやらない人とやる人での対立はすごいです。
トリマーの資格は国家資格ではないので持っていても特に意味を感じません。
就職活動は基本的には自分から色々調べて動かないとどこにも就職は出来ません。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*