ヤマザキ動物専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

ヤマザキ動物専門学校は東京都にある動物・植物・農業系の専門学校です。
ヤマザキ動物専門学校は学校法人に認可されています。

ヤマザキ動物専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
動物・植物・農業系 東京都渋谷区松濤2-16-5 認可

姉妹校の情報

姉妹校に、ヤマザキ動物看護大学、ヤマザキ動物看護専門短期大学があります。

ヤマザキ動物専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

京王井の頭線神泉駅

ヤマザキ動物専門学校の入試情報

AO入試:講習会参加、面接
学校長推薦入試:書類審査、作文、面接
社会人・大学生枠入試:書類審査、作文、面接
一般入試:書類審査、作文、面接

ヤマザキ動物専門学校のオープンキャンパス情報

ヤマザキ動物専門学校では、ヤマザキ専門職短期大学と合同でオープンキャンパスが、開催されています。
AO入試のエントリーには、オープンキャンパス、進路ガイダンス等に参加していることが条件となっているので、AO入試希望者は、注意が必要です。
部活動等でなかなかイベントに参加できない方を対象にした「個別説明・相談会」も開催されているので、日程調整がつかない方は、連絡をとることをお勧めします。
オープンキャンパスでは、各校の教育内容や入試、就職、学費等についての説明と、実習体験(専門学校)や模擬授業(専門職短期大学)が開催されます。
模擬授業と実習体験の内容は、随時変更されるので、内容と日程を確認して参加してください。
専門短期大学(午前 )・専門学校(午後)の両方参加の方には無料ランチが付いてきます。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

動物看護・美容・トレーニング学科|学費:101~200万

概要

動物看護学科(2年制)美容・トレーニング学科(2年制)が、2019年4月より、動物看護・美容・トレーニング学科(2年制)に統合されました。
2年間で動物看護・動物美容・トレーニングを総合的に学ぶ学科となっています。
実習率50%以上で、多くの実習をこなし総合力を身につけることが出来ます。
選択実習で必修科目に加えて好きな実習を選べるので、興味のある分野への知識と技術と経験がさらに身に付こことができます。
認定動物看護師をはじめ、6つの資格取得をめざすので、幅広い知識と技術を修得することで就職先の幅が広がることに繋がります。
姉妹校であるヤマザキ動物看護大学への編入学ができるので、更に専門的に勉学を積むことが出来ます。
インターンシップを正課科目として位置づけられており、朝8時半から午後5時までの間インターン生徒として職場の現従業員とともに、併設する動物病院アニマル・メディカル・センターで受付や診療介助、入院患畜の世話などの業務を行なったり、シブヤ・ドッグ・ビューティーで動物の健康チェックやシャンプードライニングを実施したりと、実践力を身に付けけていきます。
学びの場は教室の中だけではないと考え、自由参加での1971年からおもなわれている海外研修・動物実習短期留学や、国内研修などの課外授業が開催されています。

学費詳細・費用

動物看護・美容・トレーニング学科 総額円137万4千円
入学金:15万円
学費(毎年):56万6千円
諸費用(1年次):2万2千円・(2年次)5万円
同窓会費(毎年):1万円
その他、教材費(教科書・ 実習関係器具・実習用ユニフォーム)が、別途必要となります。

取得可能な資格一覧

目指す資格は、動物看護師統一認定機構が認定する動物看護師、NPO法人日本動物衛生看護師協会が発行するAHT(動物衛生看護師)・DGS(犬の美容師)・CGS(猫の美容師)・CDT(家庭犬のしつけ訓練士)・CRT(犬の理学療法士(基礎))の取得などです。

就職・内定先の実績

主な就職先は、81%が動物病院、9%がペットショップ・サロンとなっています。<
その他では、動物園、水族館、訓練所、検疫所、動物プロダクション、ペットフード関係、動物愛護団体、教育・研究機関、ペットシッター、ペット同伴リゾート施設、ドッグカフェ、キャットカフェ、編集・出版社、実験動物管理会社などへ就職実績があります。
就職率は95%になっています。

ヤマザキ動物専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

犬が好きな人はとても楽しいし、沢山学べる学校だとおもいます。
看護の先生がとても良い人で、質問にもしっかり答えてくれるし勉強しようって思わせてくれる人たちです。
行事は少ないですが楽しいです。
先生たちが楽しそうにしていて見てて面白いです。
動物好きが集まった学校なので、とても穏やかで優しい人たちばかりなので、生活しやすかったです。
先生も若いので会話が弾んで楽しいです。
動物看護学校の中で1番古いので、信頼も厚いと思います。
就職率95%ととても高く、卒業生も就職アドバイスとして来校してくれたりと、とても充実した支援がありました。
最大6個の資格を取得でき、そのサポートも、先生方が全力でやってくれるので、とても頼りになっています。
合わない人もいるけど仲いい人ができれば普通に楽しいと思います。
他の学校では学習できないような専門技術が学ぶことが出来ると思います。
犬関連の専門職を目指すにはいい学校だと思います。
先生の人数が多く、分かりやすく教えてくれたりユニークな話を織り混ぜたりと、比較的いい先生ばかりで楽しく授業を受けられました。

口コミ元

ネガティブな口コミ

時間割が月ごとに出るのですが20日と少し遅いし、20日が土曜や日曜、祝日なら休み明けに出されるので不便でした。
急に授業変更があったりするのでそれも不便でした。
校舎が古いこと、狭いこともあり、トラックが通れば学校が揺れるので、不快な気持ちになりました。
綺麗に保たれてはいるが、教室以外何もないのがネックだと思います。
専門で学んではいますが実務経験がない方が講師をしてる場合もあるので、為にならない内容の授業がたくさんありました。
借りてくる民間の犬が、扱いやすい大人しい子達ばかりなので、就職後の実務では通用しないと思いました。
就職は、求人は多くあるが、支援課がサポートするのは最小限だったと感じました。
教師によりますが、おしゃべりを注意しない教師が多く、授業中うるさい事が日常で呼び出されて注意されてる人もいるほどでした。
たまに年配の先生が何をしゃべってるのか、黒板の文字が達筆すぎてなんと書いてあるかわからないことがありました。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*