御茶の水美術専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

御茶の水美術専門学校は東京都にあるデザイン・写真・芸術系の専門学校です。
御茶の水美術専門学校は学校法人に認可されています。

御茶の水美術専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
デザイン・写真・芸術系 東京都千代田区神田駿河台2-3 認可

姉妹校の情報

姉妹校に御茶の水美術学校(予備校)があります。

御茶の水美術専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR中央線 御茶ノ水駅/JR中央・総武線 御茶ノ水駅/東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅/東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅

御茶の水美術専門学校の入試情報

AO入学者選考:自己PR文(200字以内の文章もしくは5MB以内の画像1枚)、インタビュー(面接)
学校推薦入学者選考:書類、推薦書、インタビュー(面談)
一般入学者選考:自己PR文(作文)、インタビュー(面接)

御茶の水美術専門学校のオープンキャンパス情報

御茶の水美術専門学校では、入学希望者に対して、学校説明会と、体験授業と、授業見学会が週末(金曜日。土曜日)を基本に開催されています。
学校説明会では、仕事に活かせるクリエィティブについて学んだり、カリキュラム・マネジメントの実際と卒業後の進路について説明を受けたりすることが出来ます。
体験授業では、クリエィティブ・マーケティングとビジュアル・コミュニケーションの初歩を短時間でさらに2種類の授業を体験することが出来ます。
個別相談は、学校説明会・体験授業・授業見学会と同時に受けることが出来ます。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

デザイン・アート科|学費:301~400万

概要

デザイン・アート科は3年制となっています。
デザイン・アート学科では、ゼロワーク・プログラムで、自分の思い込みや先入観に捉われずに課題を発見および解決していく能力を育成します。
アーティストやデザイナーの考え方を視覚化するテクニックを学び、デザインアート思考を鍛えていきます。
先生が教壇に立ち、学生が講義を聞くという受け身な座学ではなく、先生と学生が意見交換をしながら授業を進めていくアクティブラーニングで授業が進められていきます。
ビジュアルコミュニケーションを日常的に使い、建設的なディスカッションを率先して使用し、コミュニケーションを活性化させながらディスカッションを行っていきます。。
御茶の水美術専門学校1年次必修の商品開発は有名であり、近江兄弟社とリップクリームとしてヘタレな乙女を商品開発、千代田区と千代田区役所の推進する千代田学に参画、千代田区消費生活センターのマスコットキャラクター「キッくん」を開発、adidasと2010 FIFAワールドカップの際に、JR東日本企画の協力を得て、渋谷駅の女子トイレをサムライブルーに染めたり、Panasonicデザインカンパニーと産学連携、商品開発を行っています。
プレゼンテーションが年4回、入学時から卒業まで繰り返し行われています。

学費詳細・費用

デザイン・アート学科 総額359万円
入学金:20万円
授業料:80万円
教育充実費:15万円
施設・設備費:18万円
その他:国内文化研修・卒業関連費用として80万円別途必要となります。

取得可能な資格一覧

卒業と同時に、専門士の称号を得ることが出来ます。

就職・内定先の実績

目指す職業は、商品企画・開発、カメラマン、漫画家、映画監督、ファッションデザイナー、グラフィックデザイナー、WEBデザイナー、イラストレーター、プロダクトデザイナー、インテリアデザイナー、照明スタッフ、音響スタッフ、美術スタッフ、カーデザイナーなどです。
主な就職実績は、アーテン、アールエヌエー、アイ・エム・ジェイ、アイディール、イーター、EBA、大川印刷、キデイランド、サン・アドセンター、三雄などがあります。
デザイン・アート科の就職内定率は89.3%となっています。

高度デザイン・アート科|学費:401~500万

概要

高度デザイン・アート科は、4年制となています。
定員数、15名と超少人数制の学科となっています。
2年間でクリエィティブの基礎、応用を集中的に学びます。
起業の手続き、または大学院への進学対策を行っていきます。
、プレゼンテーションが年4回、入学時から卒業まで繰り返し実施しされており、プレゼンテーション能力が鍛えられます。

学費詳細・費用

高度デザイン・アート科 総額472万円
入学金:20万円
授業料:80万円
教育充実費:15万円
施設・設備費:18万円
その他:国内文化研修・卒業関連費用として80万円別途必要となります。

取得可能な資格一覧

卒業と同時に高度専門士の称号を得ることが出来ます。

就職・内定先の実績

目指す職業は、カメラマン、漫画家、映画監督、ファッションデザイナー、グラフィックデザイナー、WEBデザイナー、イラストレーター、インテリアデザイナー、カーデザイナーなどです。
主な就職実績は、アロワナ、パジコ、BHCダイニング、プライベートコミュニティなどです。
就職率は100%となっています。

御茶の水美術専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

皆、同じ境遇にいるせいか、互いにアドバイスを言い合ったり褒めあったりと友人関係は最高でした。
とにかく仕事をするための学校でした。
産学連携の授業が多く、普通に通ってれば就職することができました。
話し合う授業が多いおかげで、就職活動でのグループディスカッションではちゃんと自分の意見が言うことができました。
チームワークが多いので、学年のほぼ全員と話す機会があり、そのぶん意見が合わない人とは激しく対立することもありますが、コミュニケーション能力が鍛えることが出来ました。
先生も専門の知識を持っている方がたくさんいるので、的確なアドバイスをいただくことが出来ます。
分からないところは、実際にお手本をやってみせてくれるので大変勉強になりました。
技術力をしっかり定着出来ました。
美術以外にも身になることを学べました。

口コミ元

ネガティブな口コミ

充実していないというのが正直な本音です。
授業によって当たり外れがありました。
外部から来た先生の授業はとってもタメになりますし、勉強になりますが、常勤の先生が行う授業はイマイチよくわかりませんし、これ今言う?これ今必要?と言ったような内容ばかりが多かったです。
外部から来た先生の授業はそこまで多くないのでハズレの授業の方が多いと感じました。
美術専門学校と名乗っている割にそこまで充実していませんでした。
レーザープリンターはようやく最近新しいのを入れましたが、基本的にプリンターは壊れていたり調子が悪かったりと使えない方が多かったです。
在学していても使うならお金を払えと言われる器具があったり、壊れているパソコンもしばしばあるりました。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*