大阪調理製菓専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-08-21

         

大阪調理製菓専門学校は大阪府にある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
大阪調理製菓専門学校は学校法人に認可されています。

大阪調理製菓専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
製菓・調理・栄養系 大阪府泉大津市東豊中町3-1-15 認可

姉妹校の情報

姉妹校に、大阪健康ほいく専門学校、幼保連携型すこやか認定こども園と、村川学園クループ校に、東京山手調理師専門学校、山手調理製菓専門学校があります。

大阪調理製菓専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR阪和線和泉府中駅

大阪調理製菓専門学校の入試情報

AO入試:面接審査または作文審査
一般入試:面接審査または作文
推薦入試:面接審査または作文

大阪調理製菓専門学校のオープンキャンパス情報

大阪調理製菓専門学校では、随時オープンキャンパスが開催されています。
オープンキャンパスの流れは、学校説明、体験実習、試食、設備見学、個別相談となっています。
学校説明では、入学アドバイザーから、授業や施設、就職などに関して、詳しく説明を受けることが出来るので、パンフレットに記載できない細かなことまで知ることが出来ます。
体験実習では、プロ仕様の器具、設備で実際に指導を受けることができ、毎回様々なメニューに挑戦することができるので、何度来ても楽しむことが出来ます。
交通費補助制度、無料送迎バス、無料宿泊体験など、遠方からの参加者の為に様々な補助制度があるので、該当地域に当てはまる参加者の方は予約の上ご利用をお勧めします。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

調理総合本科|学費:301~400万

概要

調理総合本科は、2年制で、すし和食クラスと、フランスイタリア料理クラスの2クラスがあります。
1年目は調理師科と同じ内容のカリキュラムを学び調理師免許の取得し、2年目からすし和食クラスと、フランスイタリア料理クラスコースに分かれて、店舗中心に実践の中で磨いていきます。
模擬店舗ではなく、付属のレストランで店舗を運営し、実際にお客様への料理を提供することで、味・サービス・価格など、趣味レーションとフィードバックを繰り返し、運営の総合力を身につけることができます。
産官学接続 企業・地方自治体との共同事業では、試作から企業のプレゼンなどを経て実際に百貨店などで販売い、ビジネスの中で料理を生かす力を身につけることが出来ます。

学費詳細・費用

調理総合本科 総額360万円
入学金:25万円
1・2年次授業料:76万円
1年次実習費:70万円
2年次実習費:96万円
1・2年次施設管理費 :10万円
その他、教科書代・実習費一式・レシピ帳・包丁セット・課外活動費等必要です。

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、調理師免許証、ふぐ免許証(ふぐ取扱登録者証)技術考査、食育インストラクター、フードコーディネーターなどがあります。

就職・内定先の実績

主な就職先・内定先ザ・リッツカールトン大阪、リーガロイヤルホテル、ハイアットリージェンシー京都、レストランリュミエール、レストランシャンソニエ、御所坊、なだ万、ひらまつなどがあります。

製菓総合本科|学費:301~400万

概要

製菓総合本科は、2年制で、オーナーパティシエクラスとパティシエ&ブーランジェクラスの2クラスがあります。
1年目は製菓・製パン・和菓子を学び製菓衛生師受験資格を取得し、2年目は、オーナーパティシエクラスとパティシエ&ブーランジェクラスに分かれて学びます。
オーナーパティシエクラスでは、パティシエとしての知識と技術を身につけながら、店舗運営、商品開発、製菓デザイン、アレルギー対策、授業マネジメントを学び、独立のノウハウを学びます。
パティシエ&ブーランジェクラスでは、製菓の基礎技術を反復練習し、さらに高度な洋菓子・製パンを作成し、作成できる種類の幅を広げます。

学費詳細・費用

製菓総合本科 総額347万3千円
入学金:25万円
1・2年次授業料:76万円
1年次実習費:70万円
2年次実習費:80万3千円
1・2年次施設管理費 :10万円
その他、教科書代・実習費一式・レシピ帳・包丁セット・課外活動費等必要です。

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、製菓衛生師(国家資格)、食育指導士、色彩検定、レストランサービス技能検定、実用フランス語検定、フードコーディネーター、パティスリーラッピング検定があります。

就職・内定先の実績

主な就職先に、リーガロイヤルホテル、ハイアットリージェンシー京都、神戸ポートピアホテル、ベストプランニング、PlanDoSee、ラヴィマーナ神戸、クラブハリエ、ア・ビアント、シャ・ノワールがあります。

調理師科|学費:101~200万

概要

調理師科は、1年制で、日本料理専攻、フランス・イタリア専攻の2専攻があります。
1年間で、日本料理、中華料理、西洋料理の基礎から応用力まで身につけ調理師免許取得し、さらに、後期には、専攻で、専門性を高めることが出来ます。
全工程を一人で行う一人一製品実習や、3~5人の班単位で2~3品の料理を製作するグループ実習など、目的に合わせた様々なスタイルの実習が実施されています。
年間実習時間は、749時間にも上り国家資格取得に必要な390時間の調理実習時間の約2倍の実習量で確実に調理力を身につけることが出来ます。

学費詳細・費用

調理師科 総額181万円
入学金:25万円
授業料:76万円
実習費:70万円
施設管理費 :10万円
その他、教科書代・実習費一式・レシピ帳・包丁セット・課外活動費等必要です。

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、調理師免許証、ふぐ免許証(ふぐ取扱登録者証)技術考査、食育インストラクター、フードコーディネーターなどがあります。

就職・内定先の実績

主な就職先に、ザ・リッツカールトン大阪、リーガロイヤルホテル、ハイアットリージェンシー京都、レストランリュミエール、レストランシャンソニエ、御所坊、なだ万などがあります。

製菓衛生師科|学費:101~200万

概要

製菓衛生師科は、1年制で、パティシエ専攻、ブーランジェ専攻があります。
1年間で、パン、洋菓子、和菓子と製菓の全てのジャンルの基礎から応用力まで身につけ、製菓衛生師免許取得し、さらに後期には専攻で、専門性を高めることが出来ます。
全工程を一人で行う一人一製品実習や、3~5人の班単位で2~3品の料理を製作するグループ実習など、目的に合わせた様々なスタイルの実習が実施されています。
年間実習時間は、796時間にも上り国家資格取得に必要な420時間の調理実習時間の約2倍の実習量で、確実に調理力を身につけることが出来ます。

学費詳細・費用

製菓衛生師科 総額181万円
入学金:25万円
授業料:76万円
実習費:70万円
施設管理費:10万円
その他、教科書代・実習費一式・レシピ帳・包丁セット・課外活動費等必要です。

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、製菓衛生師(国家資格)、食育指導士、フードコーディネーターがあります。

就職・内定先の実績

主な就職先に、リーガロイヤルホテル、ハイアットリージェンシー京都、神戸ポートピアホテル、ベストプランニング、PlanDoSee、ラヴィマーナ神戸、クラブハリエ、ア・ビアント、シャ・ノワールなどがあります。

大阪調理製菓専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

座学、実習共にしっかりしているのでとても充実していました。
実習が、毎日あるのでオススメ出来ます。
プロになって現場で活躍したい人にはお勧めできます。
就職活動では、面接など不安な方は先生が本番形式で練習してくれるなどのサポートがありました。
資格に関しては、様々あり、食育インストラクター、ふぐの調理免許など将来役に立つのでオススメ致します。
約30〜40人で構成されたクラスが調理製菓合わせて8クラスあるので、自身のクラス内だけでも楽しく過ごせますが別のクラスと話したりすると更に楽しく過ごせました。
とにかく毎日実習ができて、たくさんのケーキやパンが学べたんで、就職した現在、職場で商品開発を担当することがあるのですが、学生時代のレシピ帳にヒントがたくさんあり、助かってます。

口コミ元

ネガティブな口コミ

先生に関しては当たり外れは激しいです。
必要事項を早めに連絡くれる先生と、そうじゃない先生に分かれたり、先生によって言ってる事がバラバラだったり、事務の人が発言した事と先生の発言が違ったりと意思の疎通が中途半端な所も多いかったです。
オープンキャンパスでは全国に就活先があると言われますが、県によっては学校のオススメが1つしかなかったりしますのでしっかり選ぶ事が必要となるので注意が必要です。
外観はとても綺麗ですが実習室は酷いものです。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*