音響芸術専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

音響芸術専門学校は東京都にある映像・マスコミ・芸能系の専門学校です。
音響芸術専門学校は学校法人に認可されています。

音響芸術専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
映像・マスコミ・芸能系 東京都港区西新橋3-24-10 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

音響芸術専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

三田線御成門駅 / JR新橋駅 / JR浜松町駅 / 大江戸線・浅草線 大門駅 / 日比谷線神谷町駅

音響芸術専門学校の入試情報

AO入試:オープンキャンパス参加、書類審査、面接
一般入試:適性テスト、面接
推薦入試:書類審査、面接
音芸特待生入試制度:面接

音響芸術専門学校のオープンキャンパス情報

音響芸術専門学校では、学校説明、施設見学、体験授業、入試・就職情報、個別相談ができるオープンキャンパスを定期的に開催しています。
AO入試を受ける事を考えている方は、エントリー条件がオープンキャンパスの他、個別学校見学、学外説明会のいずれかの参加になります。
オープンキャンパスの内容は、参加者の志望進路などに沿ってカスタマイズしてくれます。
また、音響芸術専門学校の特徴でる少人数制の実習授業が体験できます。
ただし、参加者の人数調整をするため予約が必要であり、混雑状況によっては日程を変更しなければいけないので注意が必要です。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

録音・PA技術科|学費:501~600万

概要

録音・PA技術科は、音楽レコーディング・エンジニア、CGマスタリング・エンジニア、放送ミキサー・音声スタッフ、MAミキサー・選曲スタッフ、音響効果、ラジオミキサーなど、サウンドエンジニアとして必要となるスキルを在学中の2年間で身につけられます。
音響芸術専門学校では、高い業界就職率を持っており、これは1年生の時から就業意識を高めるため、ソニー・ミュージックスタジオなどの企業訪問を行っていることによるようです。
また、レコーディングスタジオやライブスタジオなど、プロ仕様の設備が整えられた環境で指導をしてくれます。

学費詳細・費用

録音・PA技術学科 総額533〜548万円
入学金:36万円
授業料:80万円
設備費:10万円
実習費:10〜20万円
年間納入金:119〜150万円

取得可能な資格一覧

取得できる資格は特にないようです。

就職・内定先の実績

ソニー・ミュージックスタジオ、ビクター青山スタジオ、ユニバーサルミュージックジャパン、テイチクスタジオ、HIBINO、東京音響通信研究所、TWO MX、キングレコード、エイベックスなどの大手レコード会社や各種イベントの音響を手がける会社で卒業生が活躍しています。
伝統校ならではの強みである業界との太いパイプと高い就職実績は、この分野での就職を考える時に有利に働くことでしょう。

ライブ音響・コンサートスタッフ科|学費:501~600万

概要

ライブ音響・コンサートスタッフ科は、コンサートPAエンジニア、演劇・ミュージカル音響デザイナー、ホール音響技術者、舞台装置オペレーター、舞台照明などアーティストとイベントやライブコンサートなどのステージを作り上げるライブスタッフを養成します。
自主企画のライブイベントやライブハウスでのパフォーマンス・ディビジョン、学外ライブなどを企画・運営するだけでなく、実際にプロが運営するライブイベントにも参加することができます
コンサート制作に必要な企画立案から宣伝・広告、ライブ実行まで、実習を通して学ぶことができます。
学内には、2つのライブハウスが設備されており、照明や音響設備はプロ仕様となっています。
これらのカリキュラムと設備の中で学ぶことで、プロの世界でも十分に通用する技術を習得することができます。

学費詳細・費用

ライブ音響・コンサートスタッフ科 総額533〜548万円
入学金:36万円
授業料:80万円
設備費:10万円
実習費:10〜20万円
年間納入金:119〜150万円

取得可能な資格一覧

就職・内定先の実績

アミューズ、アップフロントエージェンシー、オリエンタルランド、ヤマハ音楽振興会、マガジンハウス、オーバーレコード、東京芸術劇場、帝国劇場、国立劇場、明治座、東京文化会館、宝塚劇場などに卒業生を輩出しています。
公式HPで公表されている就職先実績は、コースによって分けられているわけではありませんので、他の学科と同等レベルの内定・就職先実績であると推測されます。
授業では、企業研究や会社訪問を実地しており、自分の適正を確認することができます。
また、音響・舞台・照明関連のアルバイトの求人も豊富で、就職活動にプラスになる体験をすることができます。

ミュージカル&ステージスタッフ科|学費:501~600万

概要

ミュージカル&ステージスタッフ科は、公演企画・制作スタッフ、ファンクラブ運営スタッフ、出演者マネジメント、舞台音響プランナー・オペレーター、舞台監督・演出部スタッフなどに必要な技術とノウハウを学ぶことができます。
カリキュラムは、企画、集客、スタッフ手配、物販企画、ファンクラブ運営などの制作業務のほか、照明、音響、映像といった技術職にも就けるような様々なカリキュラムを受けられます。
また、ミュージカル&マルチパフォーマンス科とのコラボレーションによる実習で、舞台スタッフを経験することができます。

学費詳細・費用

ミュージカル&ステージスタッフ科 総額533〜548万円
入学金:36万円
授業料:80万円
設備費:10万円
実習費:10〜20万円
年間納入金:119〜150万円

取得可能な資格一覧

取得できる資格は特にないようです。

就職・内定先の実績

アミューズ、劇団四季、青山劇場、オリエンタルランド、オーバーレコード、浜離宮朝日ホール、帝国劇場、国立劇場、浅草公会堂、宝塚劇場、TEO、劇団わらび座などに卒業生を輩出しています。
公式HPで公表されている就職先実績は、コースによって分けられているわけではありませんので、他の学科と同等レベルの内定・就職先実績であると推測されます。
インターンシップでは、有料公演のアシスタントスタッフとして現場経験を積むことで、就職につなげます。

音響監督・ビジュアルアート制作科|学費:501~600万

概要

音響監督・ビジュアルアート制作科は、音響監督/アニメ音響制作スタッフ、アフレコ・アテレコミキサー、番組ディレクター/プロデューサー、音声収録スタッフ/カメラマン、映画録音ミキサーなど映像コンテンツの政策に必要な技術を身につけることができます。
カリキュラムは、音響・映像演出論などの基礎を学び、映像作品の撮影、編集、分析、MA技術を習得した後、学生自ら企画して行う作品制作の実習を行います。
また、人気職業である音響監督を目指すために、演出、音響技術、映像製作技法などを多角的に学べるオリジナルのカリキュラムが組まれています。

学費詳細・費用

音響監督・ビジュアルアート制作科 総額533〜548万円
入学金:36万円
授業料:80万円
設備費:10万円
実習費:10〜20万円
年間納入金:119〜150万円

取得可能な資格一覧

就職・内定先の実績

東京テレビセンター、HALF H・P STUDUO、APU、東宝スタジオ、東映東京スタジオ、オムニバス・ジャパン、東北新社、IMAGICA、SONY PCL、東京サウンドプロダクション、メディアハウス、サウンドデザインなどアニメやドラマ作品を制作するプロダクションに多くの卒業生を輩出しています。
在学中に、映像作品を多く企画・制作することで、映像制作のノウハウや音の演出に対する感性や知識を身につけることができます。
カメラ、マイク、編集機、ミキサーなどの機器を使いこなす技術力も高いレベルで養うことができます。

クリエイターズ・ディビジョン 夜間部|学費:101~200万

概要

クリエイターズ・ディビジョン夜間部では、社会人、ダブルスクールの学生など昼間通えない学生が、録音・PA技術科、ライブ音響・コンサートスタッフ科、ミュージカル&ステージスタッフ科、音響監督・ビジュアルアート制作科について学んでいます。
学費をサポートしてくれる音芸・特別奨学生制度があり、これは2年生の学費の一部あるいは全額を免除、AO入試3万円免除することができます。
カリキュラムは、卒業公演やライブなど、昼間の部と同じように実際の現場に役立つ実習に取り組むことができます。

学費詳細・費用

クリエイターズ・ディビジョン夜間部 総額179〜198万円
入学金:26万円
授業料:48万円
設備費:6万円
実習費:7〜14万円
年間納入金:78〜97万円

取得可能な資格一覧

就職・内定先の実績

Sony Music Studios,Tokyo、日本ビクター、キングレコード、マスタリングセンター、NHK、永田音響設計、東宝スタジオ、泉放送制作、東京テレビセンター、東京舞台照明、エイベックス・エンタテイメント、東京文化会館などに卒業生を輩出しています。
公式HPで公表されている就職先実績は、コースによって分けられているわけではありませんので、他の学科と同等レベルの内定・就職先実績であると推測されます。
音響・舞台・照明関連のアルバイトの求人を紹介しており、在学中からプロの現場で学ぶことで、就職活動に役立てることができます。

音響技術研究科|学費:401~500万

概要

音響技術研究科は、レコーディング技術、CDマスタリング技術、PA(SR)技術、機器制作・メンテナンス技術について学ぶことができます。
音響技術研究科は、音響専門学校で2年間学んだ後、音響技術研究科に進み、学外の演奏家、コンサートプロモーター、音楽ディレクター、求人企業などと連携を図ったカリキュラムをこなすことで、さらに専門的な技術を学ぶことになります。
在学中に内定を得るなど、内定率が高いのも魅力の一つと言えます。

学費詳細・費用

音響技術研究科 総額533〜548万円
入学金:36万円
授業料:80万円
設備費:10万円
実習費:10〜20万円
年間納入金:119〜150万円 公式HPに学費の記載がないので、他学科と同様の金額を記載しました。

取得可能な資格一覧

就職・内定先の実績

サウンドイン・スタジオ、日本ビクター、テレビ東京、キングレコード、NHK、J-WAVE、ニッポン放送、スクウェア・エニックス、ナムコ、東京テレビセンター、エイベックス・エンタテイメント、ヒビノ、東京芸術劇場、東京テレビセンターなどに卒業生を輩出しています。
公式HPで公表されている就職先実績は、コースによって分けられているわけではありませんので、他の学科と同等レベルの内定・就職先実績であると推測されます。
外部ホールでの録音、コンサートPA業務、プロミュージシャンを招いてのレコーディング・セットを通じ、豊富な現場経験を積むことができます。
求人からの需要も高く、就職内定率は100%を維持しています。

ミュージカル&マルチパフォーマー科|学費:

概要

ミュージカル&マルチパフォーマー科は、ミュージカル俳優、舞台俳優、ボーカリスト、映画・テレビ俳優などに必要な技術を学ぶことができます。
指導内容は、発声、歌、演技、ダンスなど多彩な分野を、元宝塚歌劇団娘役をしていた春風ひとみ副学校長のほか、ミュージカル、演劇、バレエなどで活躍する講師の方達から学ぶことができます。
在学中は、ミュージカル、ストレートプレイ、歌、ダンスなどの発表会や公演を目標にした実習を行い、特にステージには劇団やプロダクション関係者を招待することで、デビューのチャンスにつなげることができます。
また、クリエイター系学科の学生と一緒に舞台を作る実習を行うことで、就職につがる経験をすることができます。

学費詳細・費用

公式HPには記載がありませんでした。

取得可能な資格一覧

就職・内定先の実績

劇団四季、TEO、帝国劇場、青山劇場、宝塚歌劇団、劇団扉座、劇団かかし座、劇団飛行船、劇団わらび、オペラシアターこんにゃく座、劇団ポプラなどに卒業生を輩出しています。
公式HPで公表されている就職先実績は、コースによって分けられているわけではありませんので、他の学科と同等レベルの内定・就職先実績であると推測されます。
音響芸術専門学校では、俳優、タレントを目指す学生だけを対象としたプロダクション、劇団関係者による説明会を開催しています。
また、オーディション受験を希望する場合は、無料で学内オーディションを受けることができます。

声優・パーソナリティー科|学費:

概要

声優・パーソナリティー科では、声優(アニメ・洋画)、ラジオパーソナリティー、リポーター/ナレーター、番組・イベントMCなどに必要なトレーニングを基礎から身につけることができます。
1年次に基礎をじっくり積んだ後、2年次には学内オーディショを卒業まで毎週開催します。
講師は、初代鉄腕アトム役の清水マリ、「ハリーポッター」ハグリットや「BLEACH」四楓院夜一、「結界師」豆蔵役の斎藤四郎、「名探偵コナン」ジョディ役の一城みゆ希らによって基礎から指導してくれます。

学費詳細・費用

公式HPには記載がありませんでした。

取得可能な資格一覧

就職・内定先の実績

東京テレビセンター、株式会社イカロス、IAMGICAディオ、アオイスタジオ、東京サウンドプロダクション、東宝スタジオ、音響ハウス、サウンドシティ、プロセンススタジオ、オムニバスジャパン、メディア109などに卒業生を輩出しています。
公式HPで公表されている就職先実績は、コースによって分けられているわけではありませんので、他の学科と同等レベルの内定・就職先実績であると推測されます。
声優・パーソナリティー科では、2年次に学内オーディションを開催しており、その合格率は一人あたり平均7.9社となっています。
また、この学内オーディションで、在学中にデビューした学生もいます。

音響芸術専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

同じジャンルの学校に比べ、少人数。
先生方との密接度が高い。また、土台をしっかり教えてくれたり、自主性を尊重しつつ、しっかりとしたルールも叩き込んでくれる。
施設は少し古い感じもしますが、ものとしてはいいものを使っています。
無駄なところを削って、機材はいいものを買っていると言われていました。
授業の中でAR検定、聴能検定、国家試験の舞台機構調整技能士試験の為の対策授業があり資格に必要な知識や技術を身につけることが出来ました。
舞台機構調整技能士はクラスの7割の人が合格していました。

口コミ元

ネガティブな口コミ

学費は高いですが、妥当です。
資格取得は個人で学校以外で適当に受ける。学校自体で資格取得の為の授業などはなかった。
駅から学校までの距離は短く徒歩五分圏内だったが、提携先の学生寮から学校までの距離が電車の乗り換えもあり、長かった。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*