尚美ミュージックカレッジ専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

尚美ミュージックカレッジ専門学校は東京都にある音楽・イベント系の専門学校です。
尚美ミュージックカレッジ専門学校は学校法人に認可されています。

基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
音楽・イベント系 東京都文京区本郷4-15-9 認可

姉妹校の情報

グループ校として、尚美学園大学、尚美学園大学大学院、があります。

パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

都営三田線春日駅から徒歩1分/東京メトロ丸の内線後楽園駅から徒歩5分/JR中央・総武線水道橋駅から徒歩10分

入試情報

AO入試:書類審査
推薦・一般入試:書類審査・面接、実技試験(学科によって課されないところもあります。)

オープンキャンパス情報

尚美ミュージックカレッジのオープンキャンパスは、ほぼ毎週日曜日に開催されています。
当日はまず、大ホールでの学校説明、希望する学科に分かれての学科説明、学科別の体験レッスン、といった内容になっています。
生徒が体験レッスンを受けている間は、保護者説明会が開催されています。
個別のカウンセリングもおこなうことができます。
参加すると、入試における、面接や実技試験の免除や、入学選考料の免除といった特典もあります。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

2年制学科|学費:201~300万

概要

2年制学科は、ヴォーカル学科、プロミュージシャン学科、ミュージックビジネス学科、アレンジ・作曲学科、音響・映像・照明学科、声優学科、ダンス学科、ミュージカル学科、ジャズ・ポピュラー学科、管弦打楽器学科、の11学科からの1つを選択する形となります。
どの学科も、現場で活躍している、プロミュージシャン、ダンサー、声優さんなどが講師となって指導してくれます。
カリキュラム自体は学科それぞれですが、例えばプロミュージシャン学科でしたら、同じ学科内でバンドを組み、1年間でコピー曲も含め16曲を仕上げてゆくことが授業の一貫となっています。
実際にここで組んだバンドでデビューした卒業生も輩出しています。
楽器を演奏したり作ったりする授業だけではなく、楽器の修理や制作に関する授業も受けられます。

学費詳細・費用

2年制学科 総額約270万円
入学金:20万円
授業料:約170万円
教育環境設備費:約80万円

取得可能な資格一覧

Microsoft Office Specialist(MOS試験)、ビジネス著作権検定、映像音響処理技術者資格認定試験 、ビジネス実務マナー検定、ヤマハ音楽能力検定制度(ヤマハグレード)、カワイグレード、Pro Tools技術認定試験、などといった資格を取得することができます。

就職・内定先の実績

映像・音楽・エンタテイメント関連企業への就職先が主となります。
アップフロントインターナショナル、アップフロントワークス、アップライズ、アミューズ、五木プロモーション、イドエンターテインメント、イノセントミュージック、イマジン、OORONG-SHA、エイビックサウンズ、エグジットチューンズ、エクセリング、エスエム・エンタテインメント・ジャパン、FWD、エムオン・エンタテインメント、エル・ディー・アンド・ケイ、岡田音楽事務所、小澤音楽事務所、オスカープロモーション、オデッセー、オフィスニグン二イバ、音楽出版社、音響ハウス、ガジェットリンク、といった内定実績があります。

音楽総合アカデミー学科|学費:501~600万

概要

音楽総合アカデミー学科は4年制のカリキュラムとなります。
ヴォーカルコース、ピアノコース、電子オルガンコース、ジャズ・ポピュラーコース、管弦打楽器コース、アレンジ・作曲コース、からの選択制をとっています。音楽関係専門学校では、日本で唯一の高度専門士の称号を得ることができるコースです。
また東京未来大学と併修によって、教員免許や幼稚園教諭の免許の取得が可能です。
さらに、社会福祉主事任用資格やレクリエーションインストラクターといった資格を取得することもできます。
2、3年次には自身が専攻しているレッスンとは別の専攻の実技レッスンんを受けることができて、演奏能力の幅を広げることができます。

学費詳細・費用

音楽総合アカデミー学科 総額約500万円
入学金:20万円
授業料:約330万円
教育環境設備費:約150万円

取得可能な資格一覧

高度専門士の称号、教員免許、幼稚園教諭免許、レクリエーションインストラクター、社会福祉主事任用資格、といった資格を取得することができます。

就職・内定先の実績

映像・音楽・エンタテイメント関連企業への就職先が主となります。
アップフロントインターナショナル、アップフロントワークス、アップライズ、アミューズ、五木プロモーション、イドエンターテインメント、イノセントミュージック、イマジン、OORONG-SHA、エイビックサウンズ、エグジットチューンズ、エクセリング、エスエム・エンタテインメント・ジャパン、FWD、エムオン・エンタテインメント、エル・ディー・アンド・ケイ、岡田音楽事務所、小澤音楽事務所、オスカープロモーション、オデッセー、オフィスニグン二イバ、音楽出版社、音響ハウス、ガジェットリンク、といった内定実績があります。

パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

楽しい授業ばかりで、楽器の初心者でも授業をしっかり聞けば、作曲やアレンジができるようになります。
現役の音楽業界で活躍している先生から学べるので、とてもいい刺激になります。
レコーディングのスタジオは最新の設備が整っています。
校内は教室内だけではなく、廊下にもエアコンが効いているので快適です。
生徒同士でお互いに作った曲を聴かせあったりできるので、とても参考になります。
定期的に就職セミナーや企業の方が来校して説明会を開いてくれるので、就職サポートは整っています。
少人数のクラスなので、丁寧に教えてくれます。
学科によっては課題がほとんど出されなくて楽なところもあります。
全体的に女子が多い学校ですが、校内で恋愛はしやすいほうです。

口コミ元

ネガティブな口コミ

作曲のための容量のいいパソコンや高価なソフトを購入しなければならず、入学時にそうした説明は一切ありません。
就職率は高いが、正社員で採用されている人は少ないです。
入学するのが音大よりやさしすぎるので、やはり音大の生徒とは実力差がつけられます。
練習用の個室は少なくて、音響が悪いので、練習になりません。授業によってはためにならない授業があります。
必ずしも音楽関係の業界に就職できるわけではありません。
音楽関係の専門学校なので、特に資格は取れません。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*