ECCアーティスト美容専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-24

公開日:2019-05-30

         

ECCアーティスト美容専門学校は大阪府にある美容・理容・ヘアメイク系の専門学校です。
ECCアーティスト美容専門学校は学校法人に認可されています。

基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
ECC 美容・理容・ヘアメイク系 大阪府大阪市北区中崎西1-8-5 認可

姉妹校の情報

姉妹校としてECCコンピュータ専門学校、ECC国際外語専門学校があります。

パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

地下鉄谷町線中崎町駅/地下鉄御堂筋線梅田駅/阪急梅田駅/JR大阪駅

入試情報

AO入試:オープンキャンパス参加でエントリー資格、面接、エントリーシートによる書類審査
公募推薦入試:面接、書類選考
一般入試:面接、書類選考

オープンキャンパス情報

ECCアーティスト美容専門学校で行われるオープンキャンパスは3月末から5月にかけて、複数回実施されているようです。
対象は高校生以上で、各学科において個別に実施が行われているようです。
別途、個別相談会も実施しており、こちらは土日祝日を除いて毎日開催されています。
例えば、美容学科におけるオープンキャンパスは、「講師や在校生と一緒にECCアーティスト美容を体験!」と銘打ち、カット体験やカラー体験ができる日程を作っています。
学科によって体験型のオープンキャンパスの開催日程が異なるので、目標としている学科の開催日はHP上でチェックしておく必要があると思います。
また、オープンキャンパスに参加することで、現役の高校生は、AO試験エントリー資格を得ることができるので、入学を考えている方は積極的に参加した方がいいかと思います。
他にも特待生試験に関する情報や、選考料が半額になるなどの特典があります。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

美容科|学費:101~200万

概要

ECCアーティスト美容専門学校の美容科は、入学者数が「過去5年で5倍の勢いで増えている」という人気の学科になってきています。
直近3年は定員に達している状況にあるので、入学を考えている方は早めに考えておくべき学科のひとつかもしれません。
美容科は、通常の美容師のスキルに加えて、メイクやネイル、フェイシャルエステなどの技術を身に付けることができ、これらのことは学内サロンで学ぶことができます。
2年から3年をかけて、プロの美容師になるための基礎を身に付け、少人数制の中で学びを深めていきます。
少人数制であるので、美容国家試験対策も十分なサポートを受けることができます。

学費詳細・費用

美容学科 総額122万円
入学金:8万円
授業料:92万円
施設設備費:22万円

取得可能な資格一覧

美容国家資格、City&Guilds Accredited Programme SKILL1、City&Guilds Technical Qualification Level.3、JBMAメイクアップ検定 Professionalコース、サービス接遇検定準1級・2級、A・F・T色彩検定2級・3級、国際アイラッシュ協会技能検定

就職・内定先の実績

MODE K’s、AUBE、Lee、MASHU、資生堂美容室、at the garden Tokyo、blu:/creativity、HAIR&MAKE EARTH、PEEK-A-BOO、LIM、La Senteなどが内定先として挙げられています。
美容師を目指している学科なので、そのほとんどが美容室やサロンなどでの就職となっているようです。
ECCアーティスト美容専門学校の美容師免許取得率は97%となっており、全国平均よりも高い数字を出しています。
この結果も踏まえて、様々な場所において活躍できる人材が育っているのだと考えることもできるでしょう。

ビューティーアドバイザーコース|学費:101~200万

概要

ECCアーティスト美容専門学校のビューティーアドバイザーコースは「人気・有名ブランドへの圧倒的就職力!」で就職に強い学科コースのようです。
技術、知識、接客力の3つのスキルを実践的に学び、現場で活躍できる人材を育成していきます。
関西においてはトップクラスの就職実績を出しており、その指導力は徹底したものがあるようです。
ビューティーアドバイザー専用の実習室もあり、授業のカリキュラムで学生間でコンテストを行ったりなど、切磋琢磨して学習できる環境もあるようです。

学費詳細・費用

ビューティーアドバイザーコース 総額122万円
入学金:8万円
授業料:92万円
施設設備費:22万円

取得可能な資格一覧

JBMAメイクアップ検定Basic・Professionalコース、日本エステティック協会認定 フェイシャルエステティシャン資格、日本化粧品検定2級、A・F・T色彩検定2級、色彩技能パーソナルカラー検定、メイクセラピー検定、サービス接遇検定準1級・2級

就職・内定先の実績

CHANEL、ALBION、LANCOME、DIOR、HELENA RUBINSTEIN、JILL STUART、SHISEIDO、RMK、IPSA、KOSEなどの内定先があります。
有名ブランドへの就職に強く、特にCHANELは17年連続、DIORは9年連続で内定者を出しているなど、学生の憧れているブランドへの内定を連続して出すことができています。
JMAメイクアップシニアアドバイザー資格の資格取得率は94%を誇っており、これは全国平均より高く、こういった資格取得を奨励していることも高い就職実績につながっているのだと思います。

ヘアメイクアーティストコース|学費:101~200万

概要

ECCアーティスト美容専門学校のヘアメイクアーティストコースは、1800時間を超える実習時間を要して技術力を習得していきます。
全国トップクラスのヘアメイク技術は世界でも通じるものがあり、大会では過去に世界1位になった実績もあるそうです。
講師陣にはヘアメイクを行うプロフェッショナルが在籍しており、各科目のプロが学生をアーティストに導きます。
また、多くの美容業界で求められている美容師国家資格の取得を目指し、卒業後の進路をより広げることも可能にしています。

学費詳細・費用

ヘアメイクアーティストコース 総額122万円
入学金:8万円
授業料:92万円
施設設備費:22万円

取得可能な資格一覧

美容国家資格、JBMAメイクアップ検定 Professionalコース、JBMAメイクアップ検定Expertコース、サービス接遇検定準1級、A・F・T色彩検定2級、国際アイラッシュ協会技能検定1級、日本エステティック協会 協会フェイシャルエステティシャン資格、着付け技能検定2級、ブライダルコーディネート技能検定

就職・内定先の実績

SHINKA、アトリエはるか ヘアメイクアーティスト、坪内美容院、タガヤブライダルヘアメイクアーティスト、STELLA、AFLOAT、at the garden Tokyoなど数多くの内定先を出しています。
美容室やヘアサロンでの就職も目立ちますが、ブライダル業界でも活躍されている方もいるようです。
2017年度においては、JMAメイクアップ技術検定2・3級の資格取得率が100%で、こういった資格が就職に有利に働いてもいるようです。
実際の授業では、ヘアメイクと、衣装との合わせ方など、より実践的な内容を学習していることもあり、企業側からは即戦力として考えているところもあるようです。

トータルビューティースタイリストコース|学費:101~200万

概要

ECCアーティスト美容専門学校のトータルビューティーコースは、美容師国家資格が取得可能で、トータルで人を奇麗にするプロを目指して学習を進めていきます。
3年制で学んでいきますが、1年次から専門的に学んでいき、より実践的な技術を身に付けていきます。
ヘアメイク、ネイル、ファッションスタイルイング、アイラッシュを学び、美をトータルプロデュースできる技術を習得していきます。
このことから美容業界のどこでも即戦力として活躍できるプロを目指します。

学費詳細・費用

トータルビューティースタイリストコース 総額122万円
入学金:8万円
授業料:92万円
施設設備費:22万円

取得可能な資格一覧

美容師国家資格、国際アイラッシュ協会技能検定1級、JBMAメイクアップ検定Professionalコース、JNECネイリスト技能検定試験1級、JNAジェルネイル技能検定試験上級、ネイルサロン衛生管理士、サービス接遇検定準1級、A・F・T色彩検定2級、JBMAメイクアップ検定 Expertコース、着付け技能検定2級、日本エステティック協会 認定フェイシャルエステティシャン資格

就職・内定先の実績

SAWARABI、La Sente total beauty、資生堂美容室、STELLA、シュウ ウエムラ、ADDICTION、KAINO、Neolive、Hair Salon ShuShu、Nail Barなどの内定先実績があります。
美容師としてはもちろん、ネイリストやアイリストなど、美容業界全般での就職実績があります。
資格取得を奨励している学校の指導方針もあり、2017年度においては、国際アイラッシュ協会技能検定2級をはじめとして様々な資格試験において、その資格取得率は100%となっており、資格をもっての就職という点で強みを発揮しているようです。

ネイリストコース|学費:101~200万

概要

ECCアーティスト美容専門学校のネイリストコースは、2年間集中して学びを深めていきます。
日本ネイリスト協会本部認定校で学ぶため、初心者でも一流のプロになれることが大きな強みとなっているようです。
ECCアーティスト美容専門学校は、長い年月をかけて作り上げた実績から、日本ネイリスト協会認定校の中で、特に質の高い教育を実践している教育施設として認定されており、このこともあってか、資格取得の合格実績が他と比べると高いというのも特徴になります。
学内にある常設ネイルサロンを活用することで、より実践的に学ぶことができるのも強みになっていると思います。

学費詳細・費用

ネイリストコース 総額122万円
入学金:8万円
授業料:92万円
施設設備費:22万円

取得可能な資格一覧

JNECネイリスト技能検定試験1級、JNAジェルネイル技能検定試験上級、ネイルサロン衛生管理士、A・F・T色彩検定2級、サービス接遇検定準1級

就職・内定先の実績

WiLLネイリスト、ロココ&モカ、Juno Quartzネイリスト、AVANCEネイリスト、Neolive、Nail Bar、uka、FORTE、KAINOネイリスト、La Chouette、HAIR&MAKE AVANCE.、ネイルサロン Divaなどの内定先があります。
ネイリストの就職として、現在3年連続で正社員としてのネイリスト就職率が100%である、このコースでの実績は大きなものではないかと思います。
実践的に学び、資格を取得することで安定した職業に就く可能性が広がるのは、学生からしても安心感につながると思います。

ブライダル・ウェディングコース|学費:101~200万

概要

ECCアーティスト美容専門学校のブライダル・ウェディングコースでは、ブライダル業界に必要な必要スキルのすべてを学んでいきます。
すべてを学ぶので、おのずと活躍のステージが広がり、ブライダル業界ももちろん、そのスキルを活かして様々な業界でも活躍できる人材育成を目指します。
また、学びは現場実践主義で、ブライダル業界と連携し、インターンシップ制度などを活用しているようです。
24人以下での少人数クラスでの学習になるので、徹底してスキル、知識を習得することができるのも大きな特徴となると思います。

学費詳細・費用

ブライダル・ウェディングコース 総額122万円
入学金:8万円
授業料:92万円
施設設備費:22万円

取得可能な資格一覧

ブライダルコーディネート技能検定(国家検定)、BIA認定アソシエイトブライダルコーディネーター資格、A・F・T色彩検定3級、マナー・プロトコール検定3級、サービス接遇検定準1級、A・F・T色彩検定2級、色彩技能パーソナルカラー検定、きもの文化検定3級、秘書検定2級、日本エステティック協会 認定フェイシャルエステティシャン資格

就職・内定先の実績

マナーハウス写風館、日本セレモニーウエディングプランナー、THE GARDEN PLACE 蘇州園、フォーシスアンドカンパニーブライダルコスチュームアドバイザー、ブライダルハウス チュチュ、AIMER、ドリーマーウェディングプランナー、レックウエディングスタッフなどの内定先があります。
ブライダル専門のコースからの就職になるので、ウエディングプランナーなどブライダル業界で活躍されている方が多いようです。
これは、学校で学んでいるときから、インターンシップなどで、実際の現場での実習が多いこともあり、そのまま社員として継続して働く場合もあることが考えられます。

エステティシャンコース|学費:101~200万

概要

ECCアーティスト美容専門学校のエステティシャンコースは、人に「美」と「癒し」を与える業界での活躍を担う人材の育成を行っています。
毎年の就職率は100%を誇っており、13年連続で毎年全員エステティシャンとして就職を実現させています。
エステ実習においては少人数制で行っており、クラス全員にサポートが行き渡り、確実にスキルアップできる環境が整っています。
学内には本物のエステサロンを常設し、一般のお客様に施術をすることで実践力を養っていることもスキルアップの上で重要な役割を果たしているようです。

学費詳細・費用

エステティシャンコース 総額122万円
入学金:8万円
授業料:92万円
施設設備費:22万円

取得可能な資格一覧

エステティシャンセンター試験資格、日本エステティック協会 AJESTGE認定上級エステティシャン資格、日本エステティック協会認定エステティシャン資格、JAA認定アロマコーディネーターライセンス、日本シニア検定、ビューティケアセラピスト検定、JNEC ネイリスト技能検定試験3級、サービス接遇検定準1級・2級、A・F・T色彩検定2級、日本エステティック協会AEA認定 エステティシャン資格

就職・内定先の実績

たかの友梨ビューティクリニックエステティシャン、defiエステティシャン、エステティックTBCエステティシャン、ソシエエステティシャン、H2Oエステティシャン、PMKエステティシャンなどの内定先があります。
大きな特徴は就職率が100%であることで、企業からの信頼の厚さが高い就職率に反映されている結果になっていると思います。
学内に実際のサロンを運営していることも就職の際に大きな強みとなっているのではないかと思います。

特殊メイクアーティストコース、特殊メイクアーティストコース+特殊造形クリエイターコース|学費:101~200万

概要

ECCアーティスト美容専門学校の特殊メイクアーティストコース、特殊メイクアーティストコース+特殊造形クリエイターコースは、プロ仕様の環境で、特殊メイク・造形スキルを養成を行います。
基礎から特殊メイク、造形を学び、このことを含め、海外で活動することを視野に入れ、英会話の学習も進めています。
制作活動においては、カポックプロダクツ、スモールスケールメカニカル、モンスタースーツ制作、エピテーゼの4分野に特化し高度な特殊メイク、造形の技術を学習します。
講師は業界トップのスペシャリストで、ハイレベルなスキルを身に付けることができそうです。

学費詳細・費用

特殊メイクアーティストコース、特殊メイクアーティストコース+特殊造形クリエイターコース 総額122万円
入学金:8万円
授業料:92万円
施設設備費:22万円

取得可能な資格一覧

特別な資格の取得はないようですが、造形会社制作スタッフや原型彫刻師、食品サンプル制作スタッフなどの職業を目指しているようです。

就職・内定先の実績

プライム1スタジオペインター、サンモルド、京映アーツサンズ・デコール美術製作、劇団四季小道具、角川大映スタジオ、藤波小道具などの内定先があります。
特殊メイクアーティストコースと言っても就職先は様々な業界にあり、日常生活の中で目にする物だったり、劇場で制作されている道具だったり、いろんな形で自身の技術で貢献することができそうです。

パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

ほかの学校にはないコースに特化した授業を受けることができる。
インターンシップも多く、数多くの現場経験が積める。
1クラス24名以下の少人数授業で1クラスにつき1人担任がついているし、現役プロ講師が丁寧に指導してくれるのもありがたい。
実力のある講師が多い。

口コミ元

ネガティブな口コミ

学費のほかにコンテスト代、資格受験料等が必要になる。
学費は安くないので、大多数の生徒が奨学金などを利用している。
就職は本人次第の部分もあるが、希望する業界、職種に就けなかったときは仕事を辞める人もいる。
食堂の施設がない。
校舎が各学科で点在しており、徒歩で移動するのが少し苦痛。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*