大阪情報コンピュータ専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2019-09-20

公開日:2019-08-21

         

大阪情報コンピュータ専門学校は大阪府にあるIT・コンピュータ・Web系の専門学校です。
大阪情報コンピュータ専門学校は学校法人に認可されています。

大阪情報コンピュータ専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
IT・コンピュータ・Web系
アニメ・ゲーム・マンガ系
大阪府大阪市天王寺区上本町6-8-4 認可

姉妹校の情報

姉妹校に大阪情報コンピュータ高等専修学校、大阪経済法科大学があります。

大阪情報コンピュータ専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オーキャンコース詳細

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

大阪市営地下鉄谷町線千日前線谷町九丁目駅/近鉄奈良線阪線大阪上本町駅

大阪情報コンピュータ専門学校の入試情報

指定校推薦:入学書類選考
学校推薦入学:書類選考
自己推薦入学:書類選考
一般入学:書類選考、面接、筆記試験(英語・数学I)

大阪情報コンピュータ専門学校のオープンキャンパス情報

大阪情報コンピュータ専門学校では、オープンキャンパスが随時開催されています。
IT・ゲーム・映像・デザイン・Webの授業が体験できる体験入学、高校1・2年生を対象にしたプレカレッジ、学校説明会などが開催されているので、ホームページからメニューを確認の上、興味のあるメニューに参加してみてください。
オープンキャンパスで参加にあたり、交通費補助、オリジナルグッズのプレゼント、選考料2万円免除、学校指定マンションに無料宿泊などがあるので、ぜひご利用ください。

コース詳細・著名な卒業生

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。
クリックすると詳細がご覧になれます。

情報処理IT系|学費:301~400万

概要

情報処理IT系は、ITスペシャリスト専攻(4年制)、ネットワークセキュリティ専攻(4年制)システムエンジニア専攻(3年制)ネットワークエンジニア専攻(3年制)Webエンジニア専攻(3年制)テクニカルコース(2年制)、ネットワークシステムコース(2年制)があります。
情報処理IT系の特徴は、データベース、プログラミング、ネットワークというITの3大技術を基礎から学び、1年次は基礎レベル、2年次は実践レベル、3年次は応用レベル、4年次はプロフェッショナルレベルとコースや専攻によって、段階的に確実に知識と技術を身につけることが出来ます。

学費詳細・費用

ITスペシャリスト専攻(4年制)、ネットワークセキュリティ専攻(4年制) 総額384万円
入学金: 12万円
授業料:60万円
実習費:18万円
施設・設備費:15万円
システムエンジニア専攻(3年制)、ネットワークエンジニア専攻(3年制)、Webエンジニア専攻(3年制) 総額291万円
入学金: 12万円
授業料:60万円
実習費:18万円
施設・設備費:15万円
テクニカルコース(2年制)、ネットワークシステムコース(2年制) 総額198万円
入学金: 12万円
授業料:60万円
実習費:18万円
施設・設備費:15万円
その他に教科書代、新入生合宿費や就職合宿費などの諸経費が必要です。

取得可能な資格一覧

取得を目指す主な資格に、オラクルマスター、エンベデッドシステムスペシャリスト試験、システムアーキテクト試験、ネットワークスペシャリスト試験、データベーススペシャリスト試験、情報処理安全確保支援士試験[、応用情報技術者試験、基本情報技術者試験、ITパスポート試験、C言語プログラミング能力認定試験があります。

就職・内定先の実績

就職実績に、ヤフー、NTTネオメイト、NTTスマートコネクト、日本総研情報サービス、日本HPなどがあります。

ゲーム系|学費:301~400万

概要

ゲーム系には、ゲームプランナー専攻(4年制)、ゲームプログラマー専攻(4年制)、ゲームデザイナー専攻(4年制)、ゲームクリエイター専攻(3年制)、ゲームプログラムコース(2年制)、ゲームCGデザインコース(2年制)があります。
ゲームを実際に作成しゲーム特有の技術を、1年次は基礎レベル、2年次は実践レベル、3年次は応用レベル、4年次はプロフェッショナルレベルとコースや専攻によって、段階的に確実に身につけることが出来ます。

学費詳細・費用

ゲームプランナー専攻(4年制)、ゲームプログラマー専攻(4年制)、ゲームデザイナー専攻(4年制)  総額384万円
入学金: 12万円
授業料:60万円
実習費:18万円
施設・設備費:15万円
ゲームクリエイター専攻(PG)(3年制)  総額291万円
入学金: 12万円
授業料:60万円
実習費:18万円
施設・設備費:15万円
ゲームプログラムコース(2年制)、ゲームCGデザインコース(2年制) 総額231万円
入学金: 12万円
授業料:60万円
実習費:18万円
施設・設備費:15万円
その他に教科書代、新入生合宿費や就職合宿費などの諸経費が必要です。

取得可能な資格一覧

取得を目指す主な資格、オラクルマスター、応用情報技術者試験[国]、基本情報技術者試験、ITパスポート試験、C言語プログラミング能力認定試験、CGクリエイター検定などがあります。

就職・内定先の実績

就職実績に、カプコン、スクウェア・エニックス、レベルファイブ、プラチナゲームズ、ガンバリオンなどがあります。

CG・映像・アニメーション系|学費:301~400万

概要

CG・映像・アニメーション系に、CG映像クリエイター専攻(4年制)、CGクリエイター専攻(3年制)、CG映像コース(2年制)、CGアニメーションコース(2年制)があります。
近年、映画、TV、アニメ、PVなど映像制作において、CG技術が不可欠になっており、CG・映像・アニメーション系では、基礎のデッサンや2DCGソフトから始めて、3DCGの作成、AVFXの作成など、段階的に、映像クリエイターやCGアニメーターに必要な知識と技術を身につけることが出来ます。

学費詳細・費用

CG映像クリエイター専攻(4年制) 総額384万円
入学金: 12万円
授業料:60万円
実習費:18万円
施設・設備費:15万円
CGクリエイター専攻(3年制) 総額291万円
入学金: 12万円
授業料:60万円
実習費:18万円
施設・設備費:15万円
CGアニメーションコース(2年制) 総額198万円
入学金: 12万円
授業料:60万円
実習費:18万円
施設・設備費:15万円
その他に教科書代、新入生合宿費や就職合宿費などの諸経費が必要です。

取得可能な資格一覧

取得を目指す資格に、マルチメディア検定、画像処理エンジニア検定、CGエンジニア検定、CGクリエイター検定、色彩検定、カラーコーディネーター検定試験、Webデザイナー検定などがあります。

就職・内定先の実績

就職実績に、東映アニメーション、ユーフォ―テーブル、スタジオカラー、イグニスイメージワークス、プラスディーなどがあります。

デザイン・Web系|学費:101~200万

概要

デザイン・Web系には、アートディレクター専攻(3年制)、グラフィックデザインコース(2年制)、Webデザインコース(2年制)、マンガイラストコース(2年制)があります。
デザイン・Web系では、基礎となるデッサンなど造形や観察を学んだうえで、それらを最先端のデジタルツールを使い表現・発展する力を身に身につけることが出来ます。
1年次は基礎レベル、2年次は実践レベル、3年次は応用レベルとコースや専攻によって、就業年数などが変わってくるので目的に合った専攻・コース選択が必要となっています。

学費詳細・費用

アートディレクター専攻(3年制) 総額291万円
入学金: 12万円
授業料:60万円
実習費:18万円
施設・設備費:15万円
グラフィックデザインコース(2年制)、Webデザインコース(2年制)、マンガイラストコース(2年制) 総額198万円
入学金: 12万円
授業料:60万円
実習費:18万円
施設・設備費:15万円
その他に教科書代、新入生合宿費や就職合宿費などの諸経費が必要です。

取得可能な資格一覧

取得を目指す主な資格に、CGエンジニア検定、CGクリエイター検定、マルチメディア検定、画像処理エンジニア検定、カラーコーディネーター検定試験、色彩検定などがあります。

就職・内定先の実績

就職実績に、リタワークス、ツーエムオーグラフィック、廣済堂、GoHands、OSPゴールドシーなどがあります。

ビジネス系|学費:101~200万

概要

ビジネス系には、ITビジネスコース(2年制)、OAパソコンコース(2年制)があります。
ITビジネスコースは、Word・Excel・Accessなどのビジネスソフトを使いこなし、ネットビジネスや経営学なども学ぶことでネット社会の企業経営に強いビジネスパーソンを目指すことが出来ます。
OAパソコンコースは、ビジネスソフト(Word・Excel・Accessなどのビジネスソフトの利用技術習得と、日商簿記検定資格取得で経営・経理に強り、事務系スタッフを目指すことが出来ます。

学費詳細・費用

ITビジネスコース(2年制)、OAパソコンコース(2年制) 総額198万円
入学金: 12万円
授業料:60万円
実習費:18万円
施設・設備費:15万円
その他に教科書代、新入生合宿費や就職合宿費などの諸経費が必要です。

取得可能な資格一覧

取得を目指す主な資格に、日商簿記検定試験、ITパスポート試験、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)、簿記能力検定試験、秘書技能検定、ビジネス能力検定(B検)ジョブパスなどがあります。

就職・内定先の実績

就職実績に、SGシステム、コメリ、ヤマダ電機、光通信、ソフマップ、アビバグループなどがあります。

大阪情報コンピュータ専門学校を卒業した有名人

大阪情報コンピュータ専門学校を卒業した有名人のデータは特にないようです。

大阪情報コンピュータ専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

授業内容や就職活動のサポートは充実しています。ただ2年制だと2年後期にある必修科目の影響で早期入社や研修に行けないことがあります。就職活動のサポートは自分がしっかり授業に出席しているとしっかりサポートしてもらえます。
パソコンのソフトを使っての勉強なのでなかなか難しく、当たり前だけどきちんと自分で勉強しなくてはついていけなくなります。
学校の設備は整っており勉強しやすい環境です 。駅の近くにもあるので交通便は悪くなく学校の近くに飲食店も沢山あるので環境はいいです。
先生方が熱心で、とても雰囲気の良い学校・学科です。充実した授業はもちろん、授業後の自習や先生への質問もしやすい環境が整っているので、ゲーム業界への就職を目指す人にとって過ごしやすい学科です。
就職実績については大手企業への就職実績があり、学内のサポートも充実しています。例えば、キャリアデザインの授業や学内企業説明会、有名企業によるトークライブイベント等です。

口コミ元

ネガティブな口コミ

一部の担当はいろいろなことを教えてくれますが、自主性に任せると言ってほとんど教科書での学習になる授業がありました。
大阪府だけしか求人がなかったので、求人はよくなかったです。担当した教員の半分は良くなかった。
設備がひどかったです。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*